ホーム

GS進学教室

一問の重み・一点の重み<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月19日 10:38 AM
  • 未分類

この時期、どうしても高校野球が気になります。特に応援している高校があるわけではありませんし(菅生には頑張って欲しいけど…)、試合の結果というよりその過程やドラマ、あるいは監督さんの生徒指導法に注目しています。夏期講習中は生で見る機会はほとんどないので、夜帰宅後、「熱闘甲子園」を見るのですが、今年は特に壮絶な試合、ドラマが多いような気がします。昨日もあったのですが、9回2アウトランナーなしから追いついたり、延長戦で3点を取られた後に4点取って逆転勝ちをしたりという普通だと考えられないような展開が多いです。特に昨日のその試合は、踏ん張っていたいた2年生のピッチャーが最後サヨナラ押し出し(四球)を与えてしまうという、悲劇的な幕切れとなりました。その負けたチームの監督さんの試合後の選手たちを思いやる振る舞いや、「ラストミーティング」での話は、涙なしでは見られない感じでした。
私が改めて感じたことは、「勝負ごとは絶対に最後まで諦めてはいけない」、「結果も大事だけど、そこに至るまでの過程がとても重要である」ということです。

私はこう見えても(?)バレーボーラーだったのですが、高校時代は真剣に全国大会を目指して活動していました。試合形式の練習をしていて、疲れてちょっと緊張感が欠けて来た時などに、(鬼軍曹のような)先生に「春高予選準決勝、ファイナルセット14対14! さあこの1本が勝負!」というような叱咤を飛ばされていました。少し解説すると、春高というのは春の高校バレーのことで、野球で言うと甲子園のような存在のバレーボーラーにとって一番重要な大会です。当時は東京から2校(今は3校)が出場できたので、予選の準決勝で勝てば春高出場が決まるのです。また、今のようなラリーポイント制ではなく(9人制ではありませんよ!)、1セット15点先取の3セットマッチでした。2セット先に取れば勝ちということです。つまり、予選の準決勝ファイナルセットの14対14という場面は、(ジュースなので)どちらか先に2点連続で点を取った方が、全国大会の出場が決まるという非常にシビアな場面なのです。普段の練習の段階から、その場面を想像して1本取りに行くという意識で取り組んでいたということです。
そんなこんなで迎えた私が高3の時の最後の春高予選で、我々はベスト4まで勝ち進みました。準決勝です。これに勝てば念願の春高出場が決まります。ファイナルセットではありませんでしたが、2セット目で何と!実際に上記の想定と同じ、14対14の場面に遭遇したのです。今までの練習はこの場面のためにあったのだということは、後になって冷静に振り返ったら分かることで、その場面ではみんな頭が真っ白になっていました…
(次回に続く…)

一問の重み・一点の重み<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月18日 11:15 AM
  • 未分類

毎年見ていて感じるのは、同じような力を持っている生徒の中で言うと、際どい勝負となった時に、ぎりぎり勝てる生徒はいつも際どく勝てるし、ぎりぎり負ける生徒は常に際どく負けていることが多いということです。1問差で不合格となる生徒の顔触れは、あまり変わらない場合が多いです。抽象的な言い方をすれば、受験でも勝負強い生徒と勝負弱い生徒が存在するということになります。
普段の勉強の甘さ、性格的な部分も含めた雑さ、テストでの時間の意識の甘さ、見直しの下手さ、メンタルの弱さ等、様々な要因があるわけですが、この部分は、普段の習慣から含めて余程腰を据えた取り組みをして行かないと、なかなか変えることはできません。

1つに絞って言えば、普段から常に入試本番を想定して取り組んでいるかどうかということになります。入試本番のかなり緊張した中で、時間に限りがある状態でテストに臨むわけですから、普段からその場面でのアウトブットをイメージして取り組んでおかないと、力を出し切れなくなってしまいます。もちろん、GSでの入試問題バトルは、そのイメージトレーニングを意図しています。
今ちょうど高校野球がたけなわですが、以前ある強豪校の監督がおっしゃっていたことが鮮明に記憶に残っています。「普段の練習から、常に1点差で勝っている状態の9回裏2アウト満塁という場面を想定して、1球1球緊張感持って取り組めるかで勝負強さは決まる」というような内容でした。
(次回に続く…)

一問の重み・一点の重み<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月17日 10:10 AM
  • 未分類

やはり、夏の非常に重要な目標をクリアできるかどうかという戦いにおいて、「1問・数点足りずに不合格だった」という事実は、生徒たちにかなりインパクトを与えたようで、当事者たちはもちろん、それ以外の生徒にも「明日は我が身」という感覚が広がり、クラス全体に緊張感が充満しました。それ以降、授業中の雰囲気もさらに変わって来ましたし、質問に来る生徒も急に増えて来ました。入試本番の合否をリアルにイメージできたということもあると思います。我々がいくら言葉で伝えても、頭では理解できるというレベルで終わってしまっていたのですが、ようやく自分のこととして捉え始めた生徒が多いのだと思います。

当たり前のことですが、1問・1点で合否が分かれるということは、入試本番でも毎年のように起こっていることです。最近は実質倍率2倍前後の学校が多くなっていますが、競争率が2倍ということは、正規分布を前提とすれば、ボーダーライン付近に一番多くの生徒が集まることになります。数点差で受かった生徒と数点差で落ちた生徒がたくさん出ているということです。
特に都立高校がとてもシビアで、情報公開制度によって、入試本番の点数(最近は答案のコピーも)が返却されるのですが、周りの生徒と(1000点満点の点数を)比較することによって、合格最低点もほぼ掴めるので、それこそ「1000点のうち1点足りずに自分は不合格だった」というような事態が判明してしまうことがあるのです。だいたいそういう生徒に限って、とんでもないミスをしでかしているケースが多いので、そのことに気付いてしまうと、しばらく立ち直れない場合も多いです。
(次回に続く…)

本日も真剣勝負が続いています!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月16日 12:45 PM
  • 未分類

小6の穎明館入試バトルがスタートしました。やはり、朝から緊張感があります。

先日の中3の中大附属高校バトルは、難関クラスの7割以上の生徒が、全体でも半分以上の生徒が3科トータルで合格最低点をクリアしました。欲を言えばもう少し合格者が欲しかった状況ですが、夏の前に較べると大きく点数が上がって来ている生徒がほとんどですし、入試までまだ半年ある時期としては、まずまずの結果だと分析しています。
昨年の中3もそうでしたが、やはり国語の仕上がりが早いととても楽な戦いになります。今回も国語の全員の平均点は余裕で70点を超えています。本番の公表されているデータで見ると、合格者平均も上回っている点数です。中附の国語は文章の分量がとても多いのですが、時間内に処理するスピードがだいぶついて来たようです。
英語も90点・80点という点数を当たり前に取る生徒が出て来ました。全体的に、文法部分の得点力が夏の前と較べるとだいぶ力がついて来ています。今回は長文で差がついています。1つの長文がかなり難しかったので、取れるところから手をつけるという嗅覚が重要になります。
数学は問題が難しく、本番の平均点も低い問題でしたが、半分以上の点数は取れる生徒が多くなって来ました。ただし、解説を聞くとまだまだ点数を取れたと感じる問題も多いようで、ここから夏の終わりに向けて、あと10点・20点の上積みをどうして行くかがポイントになります。

今回も、ボーダーライン付近に多くの生徒が集中しました。ぎりぎりの勝負をした生徒で、1問差(6点以内)で合格した生徒が2名、逆に1問差で不合格となった生徒が4名いました。合格発表をした後にその状況も伝えたのですが、やはり「あと1問取っていれば合格だったのに…」という生徒は、相当悔しそうな感じでした。正に「1問の重み」です。

本日も真剣勝負が続いています!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月14日 4:27 PM
  • 未分類

ついこの前始まったばかりだと思っていた夏期講習会も、本日で2/3が終了します。ゴールが見えて来ました。受験生の場合、ゴールというのは単に日程が終わることではありません。力をつけて、点数を取れるようにして終わることです。
本日は、朝から中3生が入試の本番のような感じでピリピリしています。中大附属高校の入試バトルが控えているからです。夏期講習中の最大のヤマ場を迎えていると言ってもいいかもしれません。最終的には早慶や明大明治等の最難関高を目指している生徒が多いので、このタイミングで中附は確実に合格ラインを超えておかなくてはなりません。「中大合格」は、夏の全員の共通目標の1つに掲げてやって来ました。本日合格ラインを超えた生徒は、最終クールで早実バトルにチャレンジする権利が得られます。ダメだった生徒はその権利すらもらえず、明八に再チャレンジとなります。今日の結果の意味・重要性は、生徒たちが一番分かっています。
解いている様子を見ていても、今までとは確実に雰囲気が違います。「絶対に点数を取る!」という強い意志を感じる生徒が多いです。すでに終了した科目の答案を講師たちが採点していますが、答案の中身もだいぶ変わって来て驚いています。あとは結果です。あと1時間もあれば結果がまとまるでしょう。

小6私立コースは、明後日穎明館バトルを予定しています。都立中コースは、2月より南多摩バトルを継続してずっと行って来ていますが、夏の終わりにも予定されています。こちらも、全員がクリアしなくてはならないミッションです。
(次回に続く…)

企業はイメージが重要です(笑)

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月13日 10:36 AM
  • 未分類

というわけで、おニューの眼鏡はたった1日でお払い箱となりましたが、イメチェンを狙っていたのもあっただけに残念です。
後藤の取り巻き(?)の保護者の方からも、「イメチェンの雰囲気を見たかった…」という声があったので、特別に写真を公開します。(これは、企業のイメージ戦略の1つです)
ねっ、イメチェンしたでしょ(笑)。私が声高に主張するまでもなく、仕事をしている時に較べると優しい表情に見えると思いますが、プライベートではいつもこんな感じです。

この写真でもお分かりいただけるはずですが、夏に入ってからかなり痩せています。今は毎日体重や腹囲を計って報告する義務はなくなったのですが、昨日の夜、ついにGS開校以来過去最低体重を記録しました\(^o^)/ 引き続き、頑張ります。あっ、もちろん生徒指導も…

ついに2台持ち…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月12日 11:53 AM
  • 未分類

私もついに2台持ちの仲間になってしまいました… と言っても携帯電話のことではありません。ガラケーとパッドの2台持ちの期間が長かったのですが、数年前にスマホに統一して今に至ります。(私はギャラクシー一筋です。あの大きい画面に慣れてしまうと、他の機種には戻れません…)

そうではなくて、眼鏡の話です。先日眼鏡の度が合わなくなって新調したという話はブログに書きましたが、具体的に言うと、車を運転している時などに遠くがぼやけて標識の字が見にくくなって来た状況でした。中休みの間に出来上がって(今は数時間で出来てしまうところが多くなっていますが、遠近両用だと結構時間がかかるのです…)、その後運転をしましたが、はっきり見えるようになりとても快適だったのです。
昨日が仕事での使い初めでした。最近、生徒や保護者の方に顔が(?)怖いと言われることが多かったこともあり、秘書からの進言もあったので、今までに較べると少し丸みがあり優しい感じのフレームに変えました。その効果もあり、「眼鏡変えましたね?」とか「かっこよくなりましたね!(ほとんど言わせた)」と生徒たちに声をかけられて、有頂天になっていたのでした。しかし…
手元が見にくいことに気付いてしまったのです( ゚Д゚)。パソコンを打っていて何か違和感があったのですが、眼鏡の角度を変えると大丈夫だったりして、何とかなるだろうと高を括っていました。授業に行っても、手元のテキストや生徒のノートがちょっと見にくい感じがありました。それでも問題なく授業をこなしていたのですが、最終コマの中2の授業で「事件」が起きました。夜になって、目が疲れていたこともあったと思います。図形の証明を板書していたのですが、テキストのFとKを見事に見間違えて書いていたのです。ある生徒に、冷静に「先生、それKではなくてFですよ」と指摘してくれたので事なきを得たのですが、ショックが大きかったことは言うまでもありません。(動揺を悟られずに授業を進められるのはさすがです…)

確かに、眼鏡を作る際に、「遠くを合わせてしまったので、手元がゆがんだり見にくくなったりする可能性がありますよ」とか、「できればドライブ用と仕事用と眼鏡を掛け分けた方がいいですよ」とか言われていました。私の目の状況だと、遠くも近くも1つの眼鏡で完璧にカバーするのは無理だとも… それでも、まぁ大丈夫だろうと意に介していなかったのですが、仕事の初日から言われていたことがその通りになってしまったわけです。
ということで、今日からは完全に2台持ちの生活をする覚悟を決めました。新しく作った眼鏡は完全に車の運転用。今まで使っていた眼鏡(2つあります)は、遠くがしんどくなって来たのですが、近くはくっきり見えるので、仕事では元の眼鏡に戻しただけですが… 
これで、授業に支障が出ることはありませんので、ご心配なく。遠くが見にくいと言っても、一番後ろの生徒の顔・取り組みははっきり見えますよ… まぁ強いて言えばですが、外を歩いていて、遠くから手を振られても誰だか分からないことがあるかもしれないというくらいです。

若い頃は、眼鏡の掛け替えをしている方を見ていて、「大変だなぁ…」と感じていたのですが、自分がその仲間になってしまうとは… 私は四捨五入するとまだ50歳です(十の位を四捨五入すると100歳だ!)し、それ以外の部分では体年齢と精神年齢はかなり若いと自負しています。ちなみに、昨日体年齢をしばらくぶりに計測したら43歳でした(#^^#) 夏に入ってから(特に夏祭りの後)体重が4キロほど落ちているのが大きいと思います。夜の腹筋はちょっとさぼっていますが…
今後も、(節制も含めて)体はしっかり鍛えてまいりますので、ご安心ください。

夏期講習会も後半戦へ

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月11日 12:02 PM
  • 未分類

本日より夏期講習会も後半戦に突入します。
私は休みの初日に八王子祭りではしゃぎ過ぎてしまい、珍しく夏バテ気味になってしまいました(>_<)  死ぬかと思うほど暑かったのです… 休みの間校舎で事務仕事等はしていましたが、ブログを書く気力が湧かず、5日間もさぼってしまいました…
昨日あたりから少し涼しくなって来たこともあり、体調も戻って来ました。本日より、またバリバリ生徒たちと対峙します。

夏の後半は、小6・中3の受験生にとってとても重要な時期です。今まで学習して来たことを、点数という成果に結びつけられるかどうかという点に尽きます。過去に小6・中3のスタート時点では全く成績が足りなかったのに、1年後にいわゆる「奇跡の合格」を果たした生徒たちは、例外なく夏の終わりにある程度の成果が形となって見えて来ています。
偏差値という指標も重要ですが、我々はそれ以上に過去問での得点力を重視しています。問題の難易度や問われる学力の質が、模試とはまったく異なるからです。
このブログでは何度も書いて来ていますが、夏の終わりには、自分の第一志望校より1ランク下の学校の過去問ではトータルで合格最低点をクリアする必要があると考えています。GSでは毎年夏の終わりに、小6は「穎明館」「明八」「帝大」あたり、中3は「中附」「中杉」「国分寺」あたりの過去問を使用して、真剣勝負をさせます。毎年入試の結果と照らし合わせてみても、夏の終わりにここで苦労していると、それよの1ランク上の学校への合格はとても苦しくなってしまいます。
昨年の中3のように、ほとんどの生徒がその目標をクリアしたクラスは、最終日に早実の過去問にチャレンジせることもあります。(昨年は早実は全滅でしたが、年によってはすでにこのタイミングで早実レベルをクリアする生徒も出て来ます)

そう考えると、何としても結果を出さなければいけない勝負どころまで、あと2週間を切っているわけです。正に、最後の追い込み、ラストスパートというタイミングです。

夏期講習間もなく前半戦終了!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月5日 4:26 PM
  • 未分類

中3の入試バトルがスタートしています。本日は、明大中野高校の過去問を3科揃えて実施しています。この後すぐに採点して、夜9時に合格発表を行うことになっているので、さすがに生徒たちも緊張して問題に向かっています。早慶高や都立進学重点校を目指す生徒たちは、ここではずすわけには行かないことがよく分かっているからです。
その前哨戦として、都立高校の理科の過去問を実施しました。夏の前はとても苦戦していた生徒が多かったのですが、今日は全員の平均点が余裕で80点を超えています。これが夏の成果です。(100点が出なかったのは残念ですが…)

生徒たちが一番変わったのは、点数を取りたいという強いこだわりが出て来たことです。当然、そのためには分からないこと、苦手なことをそのままにしておくわけには行かないので、質問に来る生徒も増えました。授業前の時間やや休み時間等の時間の使い方、集中力も変わって来ました。「頑張った分は必ず点数につながる」ということが、実感として分かって来たのも大きいです。

小6の都立中クラスでは、いよいよ本日より銀本バトルが始まります。あの厚い過去問集(写真)を、3~4ヵ月で1冊全部解き切ります。もちろん、丸つけ・採点は我々の方ですべて行いますので、こちらもなかなか大変なのです。採点するからには、事前にある程度解いておかなくてはなりません。まぁ、毎年とても楽しい作業ですが…

夏期講習間もなく前半戦終了!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年8月4日 10:26 AM
  • 未分類

早いもので、明日で夏期講習会の半分が終了します。小6・中3はすべての期間授業がありますが、小4・小5・中1は明日で一旦終了となります。後半は、新たに中2・高1の授業がスタートします。
小6・中3の受験生は、さすがに気合いが入って来ました。クラス雰囲気や、個々の生徒の得点力は、夏に入ったばかりの頃とまったく変わって来ました。質問・相談に来る生徒も増えて来ましたし、ようやく本当の意味での点数へのこだわりが芽生えて来ました。毎日十数時間勉強することが当たり前になって来て(体も慣れて来て)、苦にならなくなって来たこともあると思います。毎年感じるのですが、こんなに大変なことをやっているのに、みんな悲壮感がなくて楽しそうに取り組んでいるのがすばらしいと思います。

受験勉強は何が「大変」なのかと言うと、長時間勉強しなくてはいけないことではありません。確かに、夏期講習中はほとんどの生徒が1日14時間くらい(塾で10時間、家で4時間というのがモデルケースです)は勉強しているので、大変であることは間違いありません。しかし、長時間机に座っていればいいわけではありません。学習したことを、日々点数という成果に結びつけないとならない、夏が終わった時に成績を上げなくてはならない、過去問である程度点数を取れるようにしなくてはならないということが、本当の意味で大変なのです。逆に言えば、こんなにたくさん勉強して(机の前に座って)いたとしても、まったく成果につながらないのであれば、(受験生としては)まったく意味がないわけです。

毎年のことですが、中3生は夏の終わりに、自分の第一志望校より1ランク下の高校の過去問で、3科・5科トータルで合格ラインを超えることを最大の目標としています。都立で言えば国分寺、私立で言えば中央や明治の付属高校ということになります。これがクリアできないと、秋以降とても苦しい戦いとなりますし、全然足りない状況となれば、(そのレベルの高校に合格するのも大変なので)志望校の変更が必要になって来る場合もあります。昨年は、夏の終わりにはクラスでほとんどの生徒がこの目標をクリアしました。今年のクラスは、1学期の時点では昨年のクラスよりも平均偏差値等は上でしたし、同じ時期に過去問をやっても平均点で上回ることが多い状況です。そういう意味ではとても楽しみです。
明日折り返し地点を迎えるので、どこまで仕上がって来ているかを過去問バトルで確認することになっています。明日は明大中野高校の過去問にチャレンジします。生徒たちには、ここを取りあえずの分水嶺・マイルストーンとして提示して来ているので、さすがに意識が高まっているようです。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る