ホーム

GS進学教室

さあ、期末テスト!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月22日 4:18 PM
  • 未分類

まとめて言うと、テスト中の45分なり50分の間だけ集中しようと思っても、なかなか難しいということです。普段勉強をダラダラやる癖がついていたり、「ながら勉強」が当たり前になっているような生徒は、やはりテストでの集中力に欠けて、見直しもきちんとできない場合が多いようです。
これは私の中でまだ確証がないのですが、家で常にリビングで勉強している生徒と、自分の部屋に籠って1人で勉強している生徒とでは、テストでの集中力の度合いに違いがあるのではないかと感じています。一概にリビング勉強がダメだということではありません。特に小学校の低学年から4年生くらいまでは、その方が成績が良い生徒が多いというデータを見たことがあります。親とのコミュニケーションの密度とも関係があるのかもしれません。しかし、小6の受験期や中学生になったら、ある局面では自室に籠って(自室がない場合はそれと同じような環境を作って)1人で集中する訓練をするべきだと考えています。非常に分かりやすく言ってしまうと、「中学生にもなって1人で勉強できない生徒は、集中しきれない場合が多い」ということです。
私が確信があるのは、友だちと一緒じゃないと勉強できないような生徒は、集中できていないということです。過去の生徒たちのことを思い出しても、これはほぼ100%当てはまります。定期テストの前になると、誰かの家に集まって「みんなで」勉強していたり、最悪の場合マックやファミレスに集まっているようなケースもあります。(GSの生徒でそんな話を聞いたら、かなり厳しい指導が入ります) 塾の自習室に来ている場合は問題ないと感じるかもしれませんが、これも友だちと示し合わせて「何時に行こうね」とかやっている生徒は、だいたい集中できない生徒です。たくさん席が空いているのに、常に隣合わせで座るような関係も×です。

本来、受験勉強は孤独なものです。入試本番は、誰も助けてくれません。信用できるのは、今まで自分が積み重ねて来た努力のみです。その孤独な戦いに耐えられない生徒から脱落して行きます。意味なく群れてはいけません。もちろん、切磋琢磨しているいいライバル関係であれば、まったく問題はありません。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月21日 12:36 PM
  • 未分類

GSの生徒たちは、中学校の中では成績が上位の生徒が多く、英語や数学は毎回100点も結構いて、クラス平均は90点を超える状況です。定期テストの前に慌てて勉強している生徒はほとんどいません。GSはカリキュラムがとても早く、中学校よりは数ヵ月前に学習していますし、その後確認テストやGSテスト等で何度もチェックを繰り返して定着した頃に中学校でテストがあるので、余裕があるのは当然です。
ただし、毎回100点を取りに行く戦いをしているので、ある意味大変です。1つもミスが許されないわけですし、英語は中学校の教科書の単語・熟語はもちろんのこと、本文と訳を完全に暗記した上でテストに臨む生徒が多いです。

中1・中2は、直前の授業で期末テストの範囲の総復習テストを実施することが多いのですが、そこでの様子を見ていて感じるのは、見直しの上手い下手で差がついているということです。まず、スピードがない生徒が負けます。解き終わらないような生徒は論外ですが、時間ぎりぎりまで解いている生徒は、まず満点近くの点数は取れません。単に手が遅いというよりは、勉強不足で解き方を完全にマスターできていないケースの方が多いです。ほとんどの生徒が余裕を持って解き終わっているのですが、集中して見直しをしている生徒はだいたいミスを見つけて直せますし、だだボーッと眺めているだけの生徒はやっぱりケアレスミスに泣くケースが多いです。もちろん、見直しのポイント等もレクチャーするわけですが、どういうわけか、見直しができない生徒は、何度指導しても集中して見直しに取り組めないのです。
点数へのこだわりが足りないとか、自分はできていると思い込んでいるとか、様々な要因がありますが、私が感じるていのは、普段の生活から改めないとこの部分もなかなか改善されないということです。
(次回に続く…)

さあ、期末テスト!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月20日 3:51 PM
  • 未分類

今週は、中学生の期末テスト週間です。すでに始まっている中学校は1つだけで、ほとんどが明日から来週にかけて行われます。中高一貫校は7月に入ってからとちょっと遅い日程になっています。
生徒たちには口を酸っぱくして伝えているのですが、1学期の期末、そして内申点の結果がとても重要なのです。初めて内申点をもらう中1生はもちろんのこと、中2・中3生も、学年が替わって一番成績を上げやすいタイミングだからです。学習内容が基本的な単元が多く、努力が点数に結び付きやすいということもあります。先生が替わった科目も多いようなので、最初の印象付けがとても重要です。最初に「この生徒はできる」と思わせてしまえば、その後多少テストではずしても、5がもらえるケースが多いのです。(もちろんその逆もあり得ます)

GSは、普段は難関校受験に向けてかなりハードなカリキュラムを進めています。定期テストの期間中も、平常授業についてはそれを緩めることはありません。ただし、通常の宿題・課題等の量が減ることも含めて、授業時間外では徹底して期末シフトに入っています。土曜日のGSタイムや授業がない日にも、期末テストの勉強をするために多くの生徒たちが集まって来ています。GSでは、学校の教科書準拠のワークを5科目分持たせているので、それに取り組んでいる生徒が多いです。
この期間になると、質問に来る生徒の数が増えるのですが、今のところ理科・社会の質問が圧倒的に多くなっています。中には実技科目の相談に来ている生徒もいすま。教師たちの中にそれぞれ得意科目があるので、生徒たちはそこを見極めて人を選んで持って来ているようです。なぜか、私のところには体育の質問を持って来る生徒が多いです(笑)。
(次回に続く…)

こちらも増刷決定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月19日 4:16 PM
  • 未分類

すみません。また宣伝です。

「マネして完成! 事業計画書」
ドリームゲート編  発行/技術評論社

http://www.dreamgate.gr.jp/sp/publish/

こちらは3年前に発売となった書籍ですが、本日増刷(3刷)が決定したと出版社の編集の方から連絡がありました。(これでまた印税が入ります(^o^))
この手の書籍としてはまずまずの状況で、3年間じわじわ売れ続けているとのことでした。

自分で起業しようと考えている方に向けて、金融機関から融資を受けるための事業計画書の作り方を解説しています。10種類の業種別にポイントをまとめていて、私がその中の学習塾部門を担当させていただいています。
付録のCDロムに、業種ごとの事業計画書やプレゼン資料のフォーマットが収録されているので、それを打ち替えながら作成して行けば、提出用資料が完成してしまうという優れものです。
これから起業を考えている方はもちろん、興味がある方はぜひ手に取ってみてください。

保護者面談終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月17日 9:45 PM
  • 未分類

本日で、前期の保護者面談がすべて終了しました。講師5名で担当しましたが、4月末にスタートして今日までかかったので、1ヵ月半以上に渡ってやって来たことになります。私も本日最後の追い込みで、午前中、午後、夕方と3名の保護者の方とお会いしました。そのうち1件は、事情があり家庭訪問での4者面談となりました。家庭訪問は、必要であればいつでも行います。ご希望のご家庭はお声をおかけください。生徒本人は間違いなく嫌がるでしょうが… お父様と面談する際は、ご希望があれば居酒屋で行うこともあります。こんなことができるのは、うちのような個人塾の最大のメリットの1つだと考えています。(昨年は、そのご希望が多く、おかげでダイエットのリバウンドをしてしまいました(>_<))
夕方以降、授業をこなしながらになるので、面談期間はそれ以外の仕事をこなして行くのがなかなかしんどくなります。このブログもほぼ毎日更新するのが、結構しんどいのです。(今日はこんな時間になってしまいました(>_<))

私どもは保護者面談をとても重要な機会だと考えています。家での生徒たちのリアルな様子を知ることができること、志望校や将来のことに対してのご家庭の考え方を確認できることが大きいです。特に志望校については、生徒本人と保護者の方が言っていることが違う場合があるので、それを擦り合わせることが重要なミッションです。ここにブレがあると、生徒が本気で受験に向かえないケースが多いからです。
成績や取り組みが思わしくない生徒を浮上させるための方策を保護者の方と相談して決めることによって、それを実行に移すきっかけとなる場合も多いです。事実、保護者面談の後、生徒たちが急にやる気になって取り組み出したり、成績が上がって来るケースが多いのです。本日のGSタイムには、中学生が期末テスト前だということもありますが、今年度最多の人数が集まって来て、必死に勉強をしていました。
保護者の方が抱えている不安を取り除くことも、面談の重要な目的の1つです。保護者の方が入試に向けて不安になっていると、子どもに良い影響はありません。面談では、極力保護者の方に話をしていただいて、少しでも不安を取り除いて帰っていただくことを意識しています。

来週は、中学生にとってとても重要な期末テストが控えています。それが終了したら、夏期講習会に向けて気持ちを高めさせた上で、具体的な計画作りに入ります。

部活に翻弄されないように注意!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月16日 1:05 PM
  • 未分類

確かに、八王子地域においても、あまりにも酷い部活・顧問が散見することは事実です。様々な意味で、子どもたちがスポイルされてしまっています。そういう部活は、避けることができるのであれば関わるのを避けた方がいいですし、どうしても避けられないのであれば、その中で身を守る算段を立てなくてはなりません。子ども本人だけでそれが難しいのであれば、保護者の方にも頑張っていただく必要があります。

ただし矛盾したことを書くようですが、私は「結局、生徒本人次第である」と考えています。GSでは、そういうとんでもない部活に身を置きながらも、勉強との両立をやりきって、難関校に合格して行く生徒が毎年少なからずいます。その生徒たちの顔を思い浮かべると、やはり共通項があることに気付きます。ひと言で言うと、「部活を受験勉強の言い訳には一切しなかった」ということです。部活を遅くまでやって塾に遅れて来ることもあったりしますが、集中力に欠けることはあまりありませんし、家庭学習でも手を抜くことはありません。体が疲れていたり、土日も含めて時間の制約がある中で、いつ勉強しているんだろう…と感じることもあります。そして、部活が終わった後の時期以降の集中力・気合いがすごいのも特徴です。部活で鍛えた体力と精神力をすべて受験勉強にぶつけて、最後の数ヵ月でかなり力をつける生徒が多いのです。
しかし一方で、平気で「部活が忙しかったので宿題をできていません」というようなことを言う生徒もいます。そんなことを言っている生徒は、部活がなくても勉強を頑張れない生徒です。今すぐ、部活か塾のどちらかを辞めるべきでしょう。
(次回に続く…)

部活に翻弄されないように注意!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月15日 4:30 PM
  • 未分類

誤解をされると困るのですが、私は塾講師の中でも「部活推進派」です。もちろん、自分が中学・高校・大学と相当ハードに活動して来た経験が大きいわけですが、「中学校や高校で、勉強だけしていてもつまらないでしょ」と思っています。実際、GSでは毎年ハードな運動部に所属している生徒が多いのですが、その中でも勉強との両立をやりきって、難関校に合格して行く生徒が少なくありません。

ただし、ここ数年の様子を見ていると、一部の部活はとても理不尽で、はっきり言って顧問の人間性を疑わざるを得ないケースもあるのです。体罰・暴言が日常茶飯事になっていたり、土日や春休み・夏休み等は、それこそ1日も休みなく拘束されたり、修学旅行なんか行ってる場合じゃないだろと言われたり、高校なんて無理しないで行けるところに行けばいいだろと言われたり… 挙げればきりがありません。
昨年、いわゆるブラックと言われている部活の練習をたまたま学校の前を通りかかって見る機会に恵まれました。校庭の金網の外からしばらく見ていただけでしたが、「なるほど、これは酷い…」と納得しました。教師の言葉使いや、生徒たちの様子、練習の進め方等、こんな指導がよく中学校で許されているなと驚きました。そんなに(時間や精神的に)ハードに練習をしているのに、大会では「出ると負け」だと聞いていたのですが、「そりゃそうだろう」と感じました。生徒たちがまったく楽しそうではなく、萎縮していていかにも嫌々やらされている感じだったからです。普段の発言等も併せて考えれば、顧問の教師の自己満足のために部活を利用しているだけで、生徒の成長・自主性・達成感などまったく眼中ないのだろうと想像できます。
ここ2年間で、GSの生徒が関わる部活の中で一番酷かった顧問2名が異動になったので、生徒や保護者の方と「イェーイ!」とハイタッチしていたのですが、やはり伝統・文化はそう簡単に変えられないようで、新しく来た教師も段々と染まって来てしまっているようです。

お伝えしたいことは、異常な部活や顧問に翻弄されて、大事な進路や中学校生活を犠牲にすることのないようにして欲しいということです。
(次回に続く…)

部活に翻弄されないように注意!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月14日 6:15 PM
  • 未分類

この時期に毎年感じるのですが、特に中3生は部活で大変な状況になってしまっている生徒がたくさんいます。

来週からほとんどの中学校で非常に重要な期末テストが始まりますが、今週末も部活の試合が入っている生徒が結構います。土曜日に勝てば、日曜日も…ということで、2日ともつぶれてしまう可能性がある生徒もいます。当然、それに向けて練習の追い込みにも入っているので、期末の1週間前になっても、普通に(いや普通以上に)遅くまで活動をしています。
定期テストは、普段から勉強をきちんとしていたとしても、暗記物を中心に最後の追い込み(勉強量)が結果に直結するので、なかなかしんどい状況になっています。(特に期末は9教科あるので大変です…)

これは他の地域でも例があるのか、八王子特有の問題なのか、おかしな校長や顧問の個人的な問題なのか判断がつかないのですが、部活の試合のために運動会や修学旅行を欠席せざるを得ない生徒も結構います。今年のGSの中3生で言えば、修学旅行を丸々欠席した生徒はいませんでしたが、試合に合わせて1日早く帰って来た生徒がいました。それが当たり前のような感じになっているのですが、私は本当にそれでいいのだろうか…?と疑問に感じます。
八王子のほとんどの中学校は、秋(9月~10月)に京都・奈良に行くのですが、物理的な制約があるため、いくつかの中学校が1学期に回されているのだと思います。(抽選で時期を決めるという話を聞いたことがあります)
部活の大会で言うと、中学校側と言うよりも運営側に問題がある場合が多いようです。例えば、今週末はほとんどの中学校が期末テストの直前であることは最初から分かっているのに、そこに重要な最後の大会を入れられてしまうわけです。「まったく配慮がないので現場も困っている」ということをおっしゃっていた先生もいました。

毎年一番苦しくなるのは、ブラバンと陸上部生徒です。運動部のほとんどがこの時期の最後の大会に負けたら引退となるわけですが、ブラバンのコンクールは夏(8月上旬)にあるので、そこまではかなりハードに取り組むことになります。陸上部に至っては、11月頃に最後の大会(記録会?)があって、そこまでは普通に活動している生徒もいます。(特に長距離や駅伝を専門としている生徒がしんどいです)
周りの生徒たちが受験勉強に100%打ち込んでいる中で、部活にかなり時間を取られてしまうわけですから、体力的にも気持ちの上でも相当厳しい状況になってしまいます。
(次回に続く…)

2018年度都立中高入試日程

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月13日 12:28 PM
  • 未分類

来春の都立中高の入試日程が発表になりました。

<2018年度都立中入試日程>

出願 / 1月10日~16日
入試 / 2月3日
発表 / 2月9日
変更点/ 白鴎が帰国・外国人枠を新設。適性Ⅲを新たに実施する。

<2018年度都立高校入試日程>

〇推薦入試
出願 / 1月23日
入試 / 1月26日・27日
発表 / 2月1日
変更点/ 合格発表が従来より1日前倒し。

〇一般入試
出願 / 2月6日・7日
入試 / 2月23日
発表 / 3月1日
変更点/ ・ 入試日程が1日早くなったことに伴い、出願も合格発表も1日前倒し。
     ・ 進学重点校等の入試問題グループ作成が廃止となり、各学校ごとの自校作成となる。

都立高校の日程が1日前倒しとなったのは、24日が土曜日だからだと思われます。都立中は土曜日に入試を実施するのに、都立高校は土日をはずすことにこだわるのはなぜなのでしょう? 全校規模になると、教職員の代休等の調整が難しくなるからかな?とか、勝手に想像しています。昨年、都教委が基本的に土日は採点業務を行わないというようなことを言っていましたが、ということは入試が終了してから2日間答案を寝かしておくということなのかな? まぁ、どうでもいいことですが…
ちなみに、2019年からは、2月23日が天皇誕生日で祝日になる可能性が高いのですが、入試日程をどうするのかちょっと気になります。

進学重点校が自校作成に戻るのは大歓迎です。ここ数年、グループ作成となって問題の質が低下していた科目もあったので、改善の方向に向かうと思います。現場の先生の負担は増すことになるわけですが、私の耳に入って来る限りにおいては、歓迎の声の方が多いです。何人かの先生からは、「問題を難しくする」「記述問題を増やす」という具体的な方向性を伺っています。一部の高校では、学校説明会で、それに近い話が出ています。

子どもたちが将来なりたい職業<その9>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年6月12日 3:14 PM
  • 未分類

そういう意味では、家庭でのキャリア教育における父親の役割はとて大きいと感じています。最悪なのは、お父さんが家で仕事の愚痴や上司の悪口を言っていたり、休み明けに仕事行きたくないオーラを出していたりして、子どもに「仕事は嫌なもの」「自分は社会になんか出たくない」というようなネガティブイメージを植え付けてしまうことです。それはお金を稼ぐことのイメージにも繋がることで、「嫌な仕事を我慢してやることによって、その対価として給料をもらうことができる」という認識を子どもが持ってしまうのは、とてもまずいことだと思います。最近の子どもたちと話をしていると、お金を稼ぐのは悪いことだという、何か後ろめたい感覚を持っている子どもが少なくないと感じるのですが、このあたりも影響しているのかもしれません。
父親が(大変ではあるけれど)充実して仕事に取り組んで、お客様や社会の役に立つことによって、その対価としてお金を稼いでくれているということが伝わっていれば、少なくとも子どもたちが仕事に対してマイナスのイメージを持つことはないと思います。もっと言えば、汗水垂らして働いたり、技術やアイディアを打ってお金を稼ぐことは、とてもすばらしいことなのだということを、親が子どもに身をもって伝えてあげて欲しいということです。

これは、仕事に関してだけでなく、夫婦関係・家族関係についても同じことが言えます。子どもの前で常に夫婦喧嘩をしていたりして仲が悪ければ、子どもが結婚について良いイメージを持てなくても仕方ないでしょう。親子関係がぎくしゃくして崩れていたら、子どもが親になった時に理想の親子関係を築けと言われても無理があると思います。そういう意味でも、親がロールモデルにならないと、子どもが幸せな家庭を築くのが難しくなってしまう可能性があります。

再度確認します。子どものキャリア教育や将来の幸せについて、本当の意味で子どもに伝えきれるのは、親しかいないのです。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る