ホーム

GS進学教室

都立高校入試終了!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月27日 7:52 AM
  • 未分類

前回書いた通り、進学重点校に合格するためには、理科・社会で高得点を取ることが必要条件です。できれば90点、最悪でも80点というのが1つの目安です。もしどちらか1科目で60点くらいを取ってしまったり、両方とも70点くらいを取ってしまうと、その20点以上の差を3教科で取り戻すのがなかなか大変なのです。
今年のグループ作成校の問題を見ていて、今年は特にそういう戦いになったのではないかと感じています。3教科の方で、(例年以上に)差がつきにくい問題となっている高校が多かったからです。
全体としては、英語の難化と数学で取りやすい問題が増えたという点が特筆すべき点だと思います。教科ごとに今年の特徴を簡単にまとめてみます。

<英語>
リスニングは昨年から明らかにレベルが上がりましたが、今年も同じレベルです。大学入試や社会のグローバル化の方向性を反映しているのだと思います。しっかり「聴く」訓練をしていないと満点を取るのは難しいです。そういう意味では、ここでも差がついているわけですが、共通問題校でも同じ問題を使用していることを考えると、果たしてこのレベルの出題が妥当なのかどうかは疑問です。
全体的に見ると、長文や出題の内容は例年と較べても難しくなっていると思います。難しい単語が増えていることと、(特に対話文の)長文が長いこと、そして長文の内容・テーマが中学生にとっては理解しにくいものが多かったためです。国立ではLEDに関する内容(昨年は3Dプリンターでした!)、日比谷と立川ではGPSに関する内容が出題されました。一時早慶高や国立(こくりつ)付属高校でも多い時期がありましたが、理系や医学・化学技術等に関する内容の出題が今後も増えてくるのかもしれません。長文では、戸山・八王子東・青山が自校作成問題でしたが、他の高校に較べると若干解き易かったようです。
やはり日比谷の問題は別格ですね。長文の内容も英作文もハイレベルなものが多く、そこそこ英語の力がある生徒でもかなり手こずったのではないかと想像します。こういうレベルの戦いになると、帰国子女や英検準1級を持っている等、英語で突き抜けた力を持っている生徒が有利です。(それは当然ですね…) 記述の部分点を含めて、粘って粘って1点ずつ積み重ねて行く必要があります。ただし前提となる語彙力がないと、その勝負にも参加できないと思います。いずれにしても、付け焼刃の勉強ではどうにもなりません。
(次回に続く…)

都立高校のボーダー予想について<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月26日 12:20 PM
  • 未分類

再度の確認です。
都立高校の入試終了後、コメント・メール・電話等で、「〇〇高校は何点くらい取れば合格できるんですか…?」というようなお問い合わせを何件かいただいていますが、今年は予想も含めて一切お答えしませんので、悪しからずご了承ください。

もう1つ、私がボーダー予測を出すのを止めようと思った大きな理由があります。それは、高校によって(特に記述部分の)採点基準がかなり違うということが分かってきたからです。今までも薄々そんな感じを受けていましたが、この1年間でその部分がかなりリアリティを持って掴めてきました。
入試問題の自校作成問題が昨年の入試からグループ作成となり、複数の高校で同じ問題を使用するケースが多くなってきました。私は、同じ問題の採点基準が高校によってどれだけ違うのかということに興味を持っていました。そんな中、我々にとっては渡りに船のことが起こったのです。例の「採点ミス事件」の影響で、受験生たちに点数はもちろん何と本番の答案のコピー(もちろん採点済みで問題ごとの点数も入っているもの)を配付するというとんでもない措置が取られたのです。しかし、都教委は思いきったことを決めたものです。そこで新たにミスが判明したり、採点基準に対しての疑念が出てきたり、自分たちの首を絞めることにつながる可能性もあるのです。答案のコピー配付は希望した生徒に対してのみですが、GSの卒業生たちにもらって来てくれと頼んだことは言うまでもありません。
持ってきてもらった答案を前にして、まず採点ミスがないかどうかを点検してしまいました(笑)。さすがにそれはなかったのですが、採点基準は予想以上に高校によって差があることが確認できたのです。数学で言うと、証明や作図は加点法で点数をつけているのですが、どこまで書いてあって何点というラインが高校によって微妙に異なっていました。一番違いが大きかったのは、関数や図形の計量問題での途中式の扱いです。答えが合っているのに途中のつながりがおかしいケースでは、満点がついている高校とほんの少しの部分点しかもらえていない高校とにくっきり分かれていました。国語の記述・作文については、主観の要素が大きいためもともと基準を統一するのは難しいと思いますが、やはり高校によって甘い・辛いの差があったようです。

同じ問題であっても、高校ごとの採点基準がこれだけ異なるのであれば、入試当日に生徒に答案再現してもらったものを我々が採点して出した点数・結果の信憑性はあまり高くないということです。私は都内の様々な塾にネットワークがあるため、都立高校の入試当日の夜に高校ごとの得点分布を一定数掴むことができます。昨年までは、それを集計してボーダーライン予測を出していたわけです。しかし、その根本の部分である採点基準が高校ごとにこれだけブレがあるということが認識できたので、当日の夜・あるいは合格発表日にボーダー予測を慌てて出すことの意味があまりないと考えた次第です。
4月以降、本番の得点開示の結果が集まってから集計すれば、実際のボーダーラインが掴めることになります。ただしもうその時点では、(今年の受験生及びその関係者の)皆さんは興味を失っているでしょうけど…

都立高校入試終了!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月25日 11:54 AM
  • 未分類

都立高校の入試が終了しました。GSの生徒たちは、みんな「やり切った感」を持って帰って来たようでしたが、答案再現が終了した後はさすがにみんな疲れ切った様子が見られました。それは講師たちも同様で、採点・集計が終わった瞬間に、一気に肩の力が抜けて虚脱状態となりました。ほとんどの生徒が例年の合格ラインを超えていることは確認できましたが、微妙なラインにいる生徒も数人います。験を担いだのと、元気を回復するために、みんなで「とん勝つ」を食べに行きました(笑)。
昨日はあのようなブログを書いたのにもかかわらず、夜遅くまで私の携帯は鳴り続けました。(ほとんどが同業者でしたが…) やはり、どのあたりが合否ラインになるのかが気になるのですね…

グループ作成校の問題は全部見切れていないので、まだコメントできる状態にないのですが、共通問題の方は5教科すべて目を通しました。ひと言で言えば、問題の傾向・難易度瀬等、例年通りの感じです。強いて言えば、数学で2次関数(放物線)の出題がなかったことと、英語のリスニングの難易度が高くなっていることが特筆すべきことになるでしょうか。
理科・社会も、例年通り(特にここ2年間と)の出題だと言ってよいでしょう。理科は問題数は変わっていないのですが、配点の変更がありました。昨年までは、1問2点の問題から5点の問題まであって配点がいびつだつたのですが、今年はすべて1問4点になりました。これは、明らかに採点ミスの可能性を減らすための変更です。結果的に大問では生物分野だけ配点が少ない形となりました。その分大問1と2で生物の問題が多くなっていたので、全体として帳尻を合わせたのかもしれませんが…
昨年までに較べると、とてもいい問題になったと思います。はっきり言って、昨年の問題は題意が掴みにくかったり(結局1問は全員に加点措置が取られました)、理科的に本質的でない部分を問うていたりして、悪問が多かったのです。昨年はその部分にかなり批判が集まったので、今年は万全の体制で作った感じが伝わってきました。作問者が変わったのかもしれません。そういう意味では、(問題のレベルはあまり変わっていなくても)生徒たちにとっては少し解き易くなったと言えるでしょう。
生徒の力通りに点数が出る問題であるという言い方もできると思います。実際、GSの生徒たちで言うと、普段の成績や過去問の点数の位置づけとほぼ一致する結果となりました。
100点は1人だけでしたが、全受験者の半分近くが90点以上を取ってきました。記述・作図問題を、ほとんどの生徒が点数を取りきってきたのが大きかったと思います。

社会も記述で差がついているように思います。最近の傾向として、時事問題に関連した内容が多いということです。今年で言えば、デフレ(7文字指定なので「デフレーション」まで書けないと点数がもらえません)、少子高齢化、地方の雇用の創出による地域経済の発展等、特に日本経済の状況について、机の上の勉強だけでなく、ニュース・新聞等を興味を持って見る習慣をつけないと高得点を取るのは難しいのかもしれません。

いずれにしても、進学重点校レベルに合格するためには、理科・社会共に90点は取りたいところです。最悪でも80点くらいをキープしておかないと、3教科がグループ作成問題であることを考えると、苦しい戦いとなることは間違いありません。

都立高校のボーダー予想について<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月24日 9:04 AM
  • 未分類

本日は都立高校の入試日です。大変申し訳ないのですが、今年は都立高校のボーダー(合格最低点)予想を行いません。それを期待してこのブログを見ていたただいた方もいらっしゃるかもしれませんが… 昨年の入試の時に、私のブログの情報により各方面に様々ご迷惑をおかけしてしまったためです。
進学重点校については、結果としてはほとんど実際のボーダーと誤差の範囲に収まっていたのですが、ある高校だけは大きく読み間違えてしまいました。(GSの生徒も含めて)私の身の回りに特別選考の1割枠で合格した生徒が何人もいたためです。後になって、私が予測として出した点数よりも(1000点満点で)高いのに不合格だったという生徒が多くいることが判明し、(1割枠を除く)実際のボーダーがもっと高いことが分かりました。
その高校の受験生本人、保護者の方、高校のOBや高校の教職員と思われる方からもご連絡をいただきました。お叱りの声もありましたし、中には私のブログの情報を見て「自分はそんなに点数が取れなかったのか…」とかなり落ち込んでしまったという生徒もいました。
あくまでも個人の予測ですし、実際のものとは異なる可能性もあるということも明記した上で書いてはいたのですが、結果として読みがはずれた時に嫌な思いをさせてしまう可能性があるのであれば、止めるべきだと判断しました。自分で考えている以上に、このブログの影響が大きいということが分かってきたことも理由の1つです。
もちろん、同じ理由により、お電話・メール等でお問い合わせいただいてもお答えしかねますので、ご了承ください。(昨年は、まったく面識のない方から結構メールや電話でお問い合わせをいただきました。「〇〇高校は何点くらい取っていれば合格できるのか…?」というご質問が多かったのです)
昨年は、入試の期間(都立高校の入試当日から合格発表日まで)はブログのアクセス数が爆発的に増えていました。(1日で数千件になった日もありました) おそらく、ここの合格最低点等の情報を得たいと考えた方が、検索してたどりついたケースが多かったのだろうと推測しています。今年も同じような状況で、このブログにたどり着いた方もいらっしゃるかもしれません。お役に立てなくて、申し訳ございません。

いよいよ明日!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月23日 8:34 PM
  • 未分類

明日、いよいよ都立高校の入試が行われます。1月16日から私立高校の入試がスタートして、1ヵ月以上戦いが続きました。GSで一番多くの高校を受験した生徒は実に9校もの入試に行っています。8校や7校の生徒もいます。体力勝負以外の何物でもありません。生徒や保護者の方はもちろん、我々塾の講師たちもそろそろ(体力的・精神力的に)限界点が近づきつつあります。それもこれも、明日ですべて終了となります。(GSの生徒では都立の結果次第で2次募集に向かう生徒はいないので…)

今日は中3生の授業はありませんでしたが、ほとんどの生徒たちが自習室に集まって来て思い思いの勉強をしていました。やはり、理科・社会の知識の最終チェックをしていた生徒が多かったようです。今日になって理科の質問に来た生徒がいましたが、「おい、そんなことが今まで分かっていなかったのか…」というような質問もありました。そういう時に限って、その内容が入試本番で出題されることが結構あるのです。その生徒はもう完璧になったと言っていたので大丈夫でしょう。
昨日の最後の授業で、理科の過去問を例によって35分間で実施しましたが、全員の平均点は84点くらいに留まりました… 進学重点校受験組の平均点も89点と90点に一歩届きませんでした。96点・95点という一問ミスの生徒が何名かいましたが、100点は出ませんでした。楽しみは本番に取っておくことにしましょう。ほとんどの生徒が自分の受ける高校で言えば合格点を取っているのですが、あと1~2問を本番で取り切って欲しいのです。

生徒たちは、今まで本当によく頑張ってきたと思います。あとは明日、悔いを残すことのないように全力で戦い切ってくれることを願っています。もちろんも全員が合格を勝ち取って来てくれることも…

あと3日!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月21日 7:09 PM
  • 未分類

都立高校入試まであと3日となりました。
本日の授業は国語・英語・社会という文系科目dayですが、理科も個人的にノートやプリントのチェックをしています。
明日は日曜日ですが、理科の授業の時間をたっぷり取ってあります。毎年見ていて感じるのですが、最後の過去問演習の点数が本番に向けてとても大きいのです。自信を持って行けるかどうかという部分にも影響があります。今からちょっとドキドキしています。
最後の1週間の様子を見ていて感じるのは、勉強量と過去問での点数の安定感はほぼ一致しているということです。最後に来て勉強の量が足りていなかったり、やるべきことをやっていなかったりすると、如実に点数に出てしまうのです。
月曜日は授業はありませんが、知識の最終チェックと記述・作図の添削は最後の最後までやらないといけないでしょう。あと3日… まだまだできることはたくさんあります。

あと5日!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月19日 12:38 PM
  • 未分類

私立高校・国立(こくりつ)高校の入試がようやくすべて終了しました。1月16日からスタートして、実に1ヵ月以上に渡って長い戦いが続きました。
残されているのは、明日高専の合格発表が控えていることと、私立高校の補欠待機(繰り上げ候補者)となっている生徒が数名いることです。これらの生徒は都立高校の合格発表の日(高校によっては翌日)に繰り上げ合格となるかどうかが判明するため、まだしばらく待たなければなりません。

GSの中3たちは、私立高校の方でも本人が納得できる結果を残してくれた生徒が多いのですが、やはりほとんどの生徒が都立高校を第一志望としているため、ここからがいよいよ本当の勝負となります。入試本番まであと5日ですが、特に都立は理科・社会を中心に、最後の追い込みがそのまま点数に直結してしまいます。分かりやすく言うと、さすがに「一夜漬け」は無理ですが、「一週間漬け」は十分効いてしまうということです。
私は理科を担当しているため、その最後の追い込みの急先鋒に立っています。理科を例に取って、最後の追い込みで生徒たちがどんなことをしているのかを具体的にお伝えします。大きく3つの柱があります。
1つは、知識事項の最終確認です。一問一答チェックは1学期の時点からかなり時間をかけてやらせてきましたが、最後の2週間は少しレベルの高い一問一答集をプリントで配付し、詰め込み・確認をさせています。2分野(特に生物分野)は、これだけでほとんど満点近く取れてしまうようにすら感じています。
2つ目は、記述・作図・実験手順等の対策です。都立の理科・社会は、毎年この部分で3~4題の出題があり、本番で点数の差がついている部分なのです。ただし、出るパターンは一定限られているので、きちんと時間を取って練習をさせれば、恐れるに足りないレベルです。授業の中でも点検していますが、最後の1週間は個人的にやらせて持って来させて添削チェックをしています。文章がおかしいところや、図を書く上でのポイントがズレているところは、再度やり直させてチェックする必要があります。
3つ目は、過去問で点数を取り切る感覚を養うことです。夏以降、理科の過去問は15年分くらい解かせてきました。最終的には20年分近くになると思います。一昔前の過去問をやらせる時は、ゆとり時代のあまりにも簡単な年度は割愛したり、単位をこちらで直したり(g重をNにとか)するような手間がかかりますが、他県の問題とは傾向が大きく異なるため、都立の過去問の数をこなさせることにこだわっています。今は、過去問を解かせる時は35分間でやらせています。本当は30分にしたいのですが、完璧な見直しの練習も含めて、少し時間に余裕を持たせています。ずっと、(グループ作成クラスと共通問題クラス合わせて)生徒全員の平均で90点を目標にやってきているのですが、なかなかそのラインに届きません。87点・88点のところまでは行くのですが、もうひと息です。100点を取る生徒も、何回かに1回は出るようになってきました。今週末最後のチャンスで、初の平均90点と、1人でも多くの生徒に100点取らせること。これが私の今の最重要ミッションです。当然、過去問の中で間違えた問題を完璧に復習することがとても大切です。復習ノートの中では、その周辺知識も含めてまとめることになっています。ほとんどの生徒が2~3問のやり直しをするだけなので、あっという間に終わってしまうのですが、ここ(テスト後の復習)で手を抜いている生徒は、最後入試本番で痛い目に遭うことが多いので注意が必要です。
他の科目とのかける時間のバランスも大切なのですが、一般論としてはやはり最後は理科・社会に時間をかけるべきでしょう。(最後の5日くらいに限って言えば)点数の「時間対効果」が他の科目と較べて大きいからです。社会担当のM先生との時間の取り合いが壮絶ですが…(笑)。

あと5日。悔いを残させないように、やるべきことをすべてやり切らせて、入試本番に送り出したいと考えています。

都立高校最終応募者数確定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月17日 10:30 AM
  • 未分類

都立高校の一般入試は、昨日願書の差し替え再提出があり、最終応募者数が確定しました。
進学指導重点校と多摩地区の学区2~3番手校について、差し替えによる増減と最終倍率をまとめました。
これらのレベルの高校の中では、差し替えにより応募者数が減った高校が多いのですが、これは私立高校の合否結果を受けて、都立高校はより安全な受験をしようと考えた生徒が多いことを表しています。逆に、西高校が増えているのは、私立高校でそれなりの結果を確保できたので、都立高校でチャレンジ!という層が流入してきたということです。
ちなみに、願書を引き取ったのに再提出をしていない生徒が、普通科だけで150名近くいることを特筆しておきます。

<進学指導重点校> 差し替え増減→最終倍率
日比谷男子 - 5→3.25
日比谷女子 - 8→2.40
戸山 男子 -19→2.76
戸山 女子 -16→2.18
青山 男子 - 9→2.38
青山 女子 -16→2.11
西  男子 + 3→2.20
西  女子 + 1→1.75 
八東 男子 + 8→1.50
八東 女子 - 3→1.45
立川 男子 - 3→2.08
立川 女子 + 7→1.52
国立 男子 -22→1.98
国立 女子 -15→1.88

<多摩地区学区2~3番手校> 差し替え増減→最終倍率
町田 男子 + 4→1.52
町田 女子 +13→1.47
日野台男子  ± 0→1.41
日野台女子 - 3→1.55
昭和 男子 -19→1.68
昭和 女子 -26→1.71
武蔵北男子 -20→1.54
武蔵北女子 - 3→1.36
小金北男子 + 2→1.67
小金北女子 + 7→1.55
調布北男子 - 4→1.67
調布北女子 + 1→1.88

都立中未手続き者数

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月16日 11:41 AM
  • 未分類

都立中に合格して、入学手続きをしなかった生徒の数を以下にまとめます。辞退数は昨年より20%以上少なくなりました。男女比はほぼ同数です。
ただし、補欠繰り上げはこの人数より少し多めに出ています。補欠が繰り上がっても、入学意思を示さなかった生徒が一定数いたからです。(この人数も都心部の中学校の方が多いようです)

~都立中合格者の入学辞退数~( )の中は昨年数

小石川  22名(20名)
桜修館  12名(20名)
武蔵   11名(16名)
両国    9名(11名)
三鷹    7名(13名)
南多摩   7名( 7名)
大泉    4名( 7名)
立川国際  4名( 5名)
白鷗    4名( 4名)
富士    4名( 4名)

合計   84名(107名)

高校入試はまだまだ続きます<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年2月14日 6:12 PM
  • 未分類

まだ私立高校の入試が続いています。
本日もいくつかの高校で合格発表がありました。補欠繰り上げの予定時間が設定されていた高校もあり、何人かに繰り上げ合格の連絡が入りました。
2次試験の面接で埼玉県の奥地(?)まで出かけて来た生徒もいます。
明日は高専の入試と、やはり2次試験で面接に行く生徒がいます。早稲田や国立(こくりつ)高校等最難関の合格発表も控えています。

そんな中、都立高校に向けた追い込みの授業も本格化しています。今日はクラスによっては2時~9時半までほとんど休みなく授業が続いています。特に理科・社会はここから10日間が本当の意味での勝負どころです。(進学重点校はもちろん)グループ作成校を受ける生徒は90点、それ以外の生徒は80点が本番での目標です。決して甘い戦いではありません。授業中はもちろん、それ以外の時間もやるべきことをやりきってもらう必要があります。

毎年思うことですが、高校入試はとても長い戦いです。この1週間はずっと緊張を張りつめた状態が続いています。生徒・保護者の方はもちろんですが、講師たちも体力・精神力共にぎりぎりの戦いをしています。あと10日… 最後まで戦い抜くのみです。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る