ホーム

GS進学教室

志望校の決定に際して<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年5月6日 1:53 PM
  • 未分類

もう1つ重要なことは、志望校を「決定」する前に、実際に学校を見学する必要があるということです。実際に見に行くと、志望校に対してリアリティが持てるようになるケースが多いのです。先輩たちの様子や学校の雰囲気を目の当たりにして、「どうしてもあの学校に行きたい!」という強い思いが出てくることが多いようです。子どもたちにとっては、抽象的なイメージだけだと確固たる目標には弱いということだと思います。
また、この時期までに学校見学をしていないと、秋の学校説明会や願書を取りに行った時など入試が押し迫った時期になって悲劇が起こることがあります。生徒本人が、学校の雰囲気が嫌だと言い出して、どうにもならなくなってしまうような場合があるのです。百聞は一見にしかずということでしょうか…

私が保護者会等で例としてよく挙げるのですが、例えば中大の附属高校でも、小金井の「中附」と荻窪の「中杉」ではまったく雰囲気が異なります。敷地・施設の広さや、私服と制服の違いに代表される校則等生徒管理の度合いの違い、中学校から上がって来る生徒の有無、(以前よりだいぶ差が縮まって来たとはいえ)部活の強さ・注力度等、180度違うと感じる部分もあるくらいです。
中学校から入学できる私立の中高一貫校は、そのあたりの雰囲気が学校によってとても個性的です。自分が合わないと感じる学校に入学してしまったら、6年間通うのは苦行でしかありません。
GSで毎年受験者が多い都立の進学指導重点校でも、西・国立・八王子東では学校の雰囲気はだいぶ異なります。やはり制服があるかないかの違いや、勉強に対するスタンス、生徒たちの雰囲気等、毎年学校の個性が強く打ち出されているように感じます。ここでも、成績だけではなく自分に合った学校を選ぶという視点が必要だと思うのです。

そういう意味では、小6・中3の受験生は、この時期(遅くとも7月まで)が学校見学のリミットだと考えます。まだ今であれば、志望校の変更が間に合うからです。10月・11月くらいになって、「やっぱり嫌だ」となってしまったら、結構面倒くさいことになります。
正式な学校説明会は、入試要項が確定した後の10月・11月くらいに実施する学校がほとんどですが、この時期から受験生向けの様々なイベントを実施している学校は多いですし、5月~6月には学校行事が目白押しです。また、特に何もイベントがなくても、事前に予約をすれば見学できる学校も多いです。重要なことは、学校の在校生がいる時に見学に行かないと意味がないということです。服装や雰囲気、来校者に挨拶をするかどうか、会話や活動の様子等、つぶさに観察できる時がベストです。そういう意味では、普段の授業がある日に見学できるのが一番理想的なのですが…
ホームページ等で情報を収集して、学校見学の予定を立ててください。もちろん、親子で一緒に行く必要があります。普段仕事で忙しいお父様方も、こういう場面こそお子様のために時間を取って欲しいと思います。ただし、親の価値観を一歩的に子どもに押し付けることのないように気をつけてください。
(次回に続く…)

GWもあとわずか…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年5月4日 9:57 AM
  • 未分類

早いもので、ゴールデンウィークも終盤に差し掛かっています。私は前半は半分仕事・半分プライベートという予定が多かったのですが、後半は完全にオフとさせていただいています。
考えてみたら、昨年の夏休み以降まとまった休みを取れていませんでした。塾講師としては当たり前のことなのですが、正月はないに等しいですし、最近は入試終了後の翌日から新年度が稼働し始めるので、なかなかしんどいですね… (都立高校の合格発表の日程が後ろ倒しになってきているためです)

今回は、近場で河口湖の温泉に籠っています。最近は、1年に2回はこういう体のオーバーホールをしないと、無理が効かなくなってきているような気がします…(*_*)
GW期間中ですが、車で1時間余りで来てしまいました。我が家が八王子インターから近いこともありますが、下手に街中を走るよりもスムーズですし、快適でいいですね。

昨日は天気がとてもよく、富士山の眺めが最高でした。一番左の写真は河口湖を遊覧中に撮影した富士山です。(本当にきれいなので、ぜひクリックして拡大して見てみてください) 露天風呂に1日2回入って、美味しい料理をいただいて、すっかり癒されております。
明後日より再度スイッチを入れ直して、生徒たちと向き合ってまいります。

志望校の決定に際して<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年5月1日 4:50 PM
  • 未分類

目標と目安は違うのです。受験生は(というか人間は)、明確な目標がなければ本当の意味では頑張れないのです。私がよく引き合いに出すのは、陸上競技の高跳びの話です。バーがあるから、何とかそれを越えようとして努力するわけです。もしバーがなかったら、マットの前で跳んでいても、おそらく記録は伸びないでしょう。一生懸命にジャンプする気すら起きないかもしれません。ただし、バーは高すぎても低すぎても、あまり効果がありません。自分が頑張ってぎりぎり跳べるかどうか…というところにバーを設定した時が一番記録が伸びるのです。
スポーツに本気で取り組んだことがある方には伝わると思いますが、最初は自分では「こんな高さ絶対無理!」と思っても、それを本気でクリアしようとして努力を続けているうちに、「もしかしたら跳べるかも…」というような感じに変わってきて、それが「もう少しでクリアできるのに…」となり、最後には「自分でも跳べてびっくりした」というようなことが起こります。受験勉強でも、同じようなことが起こるのです。ただし、その前提として、「明確で強固な目標を持っている」という共通項があることを忘れてはなりません。

私が常々感じているのは、偏差値等成績だけで志望校を決めないことです。この部分で言うと、2つの重要なポイントがあります。
1つは、自分の将来のことを考えて志望校を検討することです。中3生はもちろんですが、小6生であっても自分である程度は考えることをしなくてはなりません。もちろん、保護者の方がご協力いただかないと難しい側面もあると思います。まだ将来の職業の希望など決まらないので、とても親子で話ができる状態ではないという声を聞くこともありますが、それは保護者の方がすべて子ども任せにしてしまっているからです。少なくとも情報をきちんと与えて、子どもなりに考える場は提供しないとダメだと思います。
文系なのか理系なのかという視点もありますが、この部分はそれこそ高校生になってからいくらでも変わってしまう可能性があります。中学生くらいでの、数学ができるから(好きだから)理系、できないから文系というような区分けは、あまり当てになりません。私の教え子の中でも、中3の時数学の成績が悪かったのに、バリバリの理系に進んだ生徒は結構います。逆に、高校受験の時は数学がずば抜けてできた生徒でも、高校で数学や理科が全然ついていけなくなって、私大文系しか選択肢がないというような生徒も少なくありません。ちなみに私は文系です。(それでも高校受験の数学・理科くらいは極めているつもりです。そんなものなのです) いや、本当は体育会系という言い方が正しいかもしれませんが…
例えば、医学部志望なのに早稲田の附属中学・高校に進学することはまったく意味がありません。私の経験でも、早実に行きたいと言っていた中3生が、将来何したいの?と聞いた時に、医者になりたいと言ったというギャグみたいな話もあります。早稲田大学に医学部がないことすら知らなくて、そのことを伝えると、他大受験をしますと言う始末でした… 私は、どうしても医者になりたいという生徒は、慶應志木や慶応女子に進学することも止めることが多いです。大学での医学部進学の枠がとても狭いことと、経済的な部分の理由からです。
まったく難しいことではなく、せめてこのようなレベルでは将来のことを考えた上で志望校を決めて欲しいということです。小6・中3受験生のいるご家庭は、このGWの期間にでも、じっくりそのあたりのことを話し合って欲しいと思います。
(次回に続く…)

志望校の決定に際して<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月30日 12:18 AM
  • 未分類

志望校の決定に際して、注意しなくてはなないことや留意すべきポイントを列挙します。

まず、今の成績を基に判断しないことです。偏差値ランキング表を前にして、「今の成績が〇〇だから志望校はこのあたりから選ぼう」などどやってはいけません。内申点や偏差値は1つの目安にはなりますが、入試までまだ9ヵ月あるこの時期の成績で志望校を絞り込むことはまったくナンセンスです。毎年、ここからの時期で偏差値で10以上上がる生徒は決して少なくありません。私の今までの経験でも、1年間で偏差値が20以上上がった生徒は確かに存在します。特に、夏期講習会の前後で成績が見違えてしまう生徒は結構います。自分が本当に行きたい学校を決めて、そのために必要な成績を把握し、ここから頑張ってそこまで力をつけて行くというのが正しい志望校のあり方だと考えます。
そういう意味では、志望校を決めるのは小6・中3の受験生になってからでは遅いのです。小4や中1のうちに志望校を決めることも、決して早すぎるということはありません。早めに志望校を決定して、2~3年後の入試に向けて頑張って行くというような形が理想です。そうだとすると、特に小学生の場合は保護者の方がうまく誘導してあげないと難しいことは言うまでもありません。

もう1つは、この時期に志望校を決めたら、それを貫き通す必要があるということです。成績が足りないからと言って、志望校をどんどん下げようとする生徒がいますが、それでは志望校の意味がありません。自分の今の成績よりも遥かに上の志望校を決めたら(というかこの時期はほとんどの生徒がそうだと思います)、覚悟を決めて取り組んで行かなくてはならないのです。どこかの塾のキャッチコピーでありましたが、「第一志望は譲れない!」という姿勢です。例え成績が足りなくても、合格率が悪くても、「絶対に合格したい!」という強い思いを持って取り組んで行かなければ、奇跡が起こる可能性がなくなってしまいます。
この視点で言うと、「まだ成績が悪いので志望校は決められません」とか、「志望校は成績が上がったら考えます」とか言うのは絶対にダメなのです。私に言わせていただければ、そんなことを言っているから成績が上がらないのです。
(次回に続く…)

志望校の決定に際して<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月28日 8:58 PM
  • 未分類

保護者面談が毎日続いています。今は小6・中3受験生の面談を実施しているので、志望校の確定が一番重要なテーマになります。滑り止めの学校については、秋以降決めればいいと思いますが、第1志望校・第2志望校については、この時期に具体的に決めなくてはなりません。大きく2つの理由があります。

1つは、生徒たちのモチベーションを上げるためです。何だかんだ言って、受験生は日々ハードな受験勉強をこなして行かなくてはならないので、志望校が明確に決まっていないと、本当の意味で頑張り抜くことはできません。苦しい場面になった時に、「どうしても〇〇中学(高校)に行きたい!」という強い思いがあれば、諦めずに乗り越えて行くことができるはずです。実際、毎年志望校を(憧れ程度ではなく)本当に決めた瞬間から、見違えたようになって頑張り出す生徒は少なくありません。今年の中3生でも、今週から急に気合いが入って来たように感じる生徒がいます…

もう1つは、そろそろ過去問を意識した取り組みをして行かなくてはならないからです。例えばGSの小6・中3生で言うと、そろそろ単元学習がすべて終了するため、その後入試問題レベルの実践的な学習に入ります。(授業中や家で)実際の過去問を時間を計って解く機会も増えてきます。9月以降は、実際に自分が受ける学校の過去問に定期的に取り組んで行く中で、学校ごとの出題傾向や点数を取るためのポイント等を肌でつかんで行く訓練が必要になってきます。その時に、志望校が決まっていないと対策の立てようがなくなってしまいます。そういう意味でも、過去問演習がスタートする前のこの時期に、志望校を(本当の意味で)確定しておく必要があるのです。
(次回に続く…)

保護者面談スタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月26日 1:22 PM
  • 未分類

昨日より保護者面談がスタートしました。まず小6の私立中コースと中3、その後小5と小6都立中コース、最後に小4・中1・中2という順番で、ほぼ1ヵ月半に渡って続きます。毎日2~3名の方とお会いするような感じになるので、なかなか忙しくなります。

保護者面談の期間は、ブログの更新がしんどくなります。私はだいたい朝10時前には出勤することが多いのですが、午前中は出かけたり、学校や業者の方と打ち合わせが入ることが多いですし、この時期は事務仕事も結構あります。午後早い時間から夕方までが面談、5時前から授業に入り、手が空くのがだいたい夜9時半~10頃という毎日です。

当然、生徒指導が優先順位の一番目なので、そちらを手を抜くことはできません。特に今年は小6・中3で3クラスを担当しており(うち2クラスはクラス担任も…)、毎日緊張感の中で仕事をさせてもらっています。
ブログの更新も極力頑張りますので、温かく見守っていただけると幸いです。

中3保護者会

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月23日 4:47 PM
  • 未分類

本日、中3生対象の保護者会を実施しました。高校入試の最新情報や、現在の生徒たちの状況、今後の指導方針等についてお話しさせていただき、保護者の皆様にも受験のリアリティを感じていただくことを目的とした会です。
毎回感じるのですが、GSの保護者会はお父さんの出席率が高く、クラスによっては1/3がお父さんでした。土曜日だったこともあると思いますが、普段なかなかお父様方と接する機会がないので、とてもありがたいことだと感じます。

入試情報について、都立高校入試の変更点等重要な部分は、さずかにほとんどの保護者の方が認識されていましたが、私立高校の推薦入試のシステム等、細かい部分については初めて聞く方も多かったようで、この時期にきちんとお伝えできてよかったと思います。アンケートを見ると、保護者の皆様が一番衝撃を受けたであろうことは、どの高校からどの大学に(現役で)どのくらい進学しているかというデータでした。簡単に言うと、都立の学区2番手校からでは、いわゆる難関大学に合格するのが難しいということが、データで如実になってしまっています。だからこそ、進学重点校等、一番上のレベを目指して頑張って行こうという結論になるわけです。GSでは、過去4年間、都立の共通問題校(学区2番手以下の高校です)を受験した生徒はとても少なく、毎年1~2名程度という状況です。

今後入試までの道程もある程度お示しできたことと、実際担当している講師たちが直接お話をできたことで、一定安心感を持ってお帰りいただけたのではないかと感じます。もちろん、入試は甘くないということや、教科ごとの課題等、厳しい話もさせていただいたので、ご不安な部分も多々あると思いますが…
そのあたりのことを解消するために、早速来週から個人面談をスタートします。本日の保護者会の内容を受けて、この週末で本人としっかりコミュニケーションを取っていただいた上でご来校いただくことになります。現段階での志望校を確定することと、現在の問題点・課題をはっきりそさせて、今後の改善策を話し合うことになります。そういう意味では、個人面談は、第一志望校合格のための作戦会議の位置付けとなります。

復習ノートについて<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月21日 12:52 PM
  • 未分類

簡単にまとめると、生徒本人が、復習ノートを何のために作っているかということを理解しているかがどうかがとても重要だということです。「その問題のやり直し」をしているうちは、受験生としてはまだまだ「二流・三流」なのです。自分はこのことを本当に理解・マスターできたのか、次にテストで出てきた時に本当に点数を取れるのか、という視点が持てていないとダメだということです。復習ノートは、作った後に折りに触れて見直しをしなくては意味がないのですが、その部分についても根っこは同じです。
もちろん、授業ではそのことを何度も説明しますし、復習ノートの作り方をプリントにして配付したりすることもあるのですが、最初からそのことをきちんと理解して「次につながるノート」を作って来る生徒はそう多くありません。何度もやり取りをして行く中で、少しずつ内容が変わって来て、「あれっ、復習ノートの質がだいぶ良くなって来たな…」と感じた直後に成績が上がって来るということが少なくありません。

「頭では理解はできるんだけど、なかなか自分ではうまく作れない…」という生徒も少なくないと思います。そういう生徒にとって一番いいのは、うまく作れている友達や先輩のノートを見せてもらうことです。そうか、「こうすればいいのか…」と目から鱗が落ちたようになる生徒がいたりします。なかなか同じクラスのライバルには頼みにくい側面もあると思います。そこで、GSの職員室には、過去の先輩たちから進呈された見本となる復習ノートがいくつか用意されています。特に、短期間で成績を大きく上げて、奇跡と言われたような学校に受かった先輩たちの復習ノートは、やはり説得力が違いますね。興味がある生徒はぜひ見に来てください。保護者の方でもOKです。

復習ノートについて<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月19日 5:13 PM
  • 未分類

復習ノートのもう1つの形態は、間違えた問題の解き直しです。算数・数学等理系の科目や、小6・中3の秋以降の時期はこの部分の比重が高くなると思います。特に、模試や過去問等で間違えた問題のやり直しが重要です。「テストのやり直し」と書いてしまえば当たり前で簡単なことですが、実はこの部分の取り組み方で大きく差がつくのです。
これも小5や中1等、受験勉強を始めたばかりの生徒に多いのですが、ただ答えを羅列して書いて持って来るのは最悪です。それこそ、答えを見て写して来たの!?と感じるようなノートがあったりします。算数・数学では当然途中式や考え方が残っていなくてはなりませんし、文系科目でも答えに至る過程はまとめておく必要があります。ただし、それだけでは甚だ不十分なのです。途中の解き方・考え方等が書いてあったとしても、解答・解説をそのまま写して来たような復習ノートでは、これまた取り組む意味があまりなくなってしまいます。分からない問題は解答・解説を読んでいいのですが、少なくともその後何も見ないで自分の頭と手で解き直してみなくてはなりませんし、1問1問について、もう少しじっくり考えてみることが必要になります。

点数を取れなかったということは、その問題を解く上で何かしらの問題点・課題があったということです。数学で定理・公式・基本解法等、重要なことを忘れていた場合は、当然そのことをまとめ直しておかなくてはなりません。定理・公式そのものだけでなく、意味合いや使い方等、背景知識でまとめ直しておかなくてはならないこともあるでしょう。その知識を忘れないように、自分の頭にしっかり定着させておくことが重要であることは言うまでもありません。
ケアレスミスをして失点をした場合は、どこでどんなミスをしたのか、今後そのミスを防ぐためにはどうしたらいいのか、というところまで踏み込んで分析しておく必要があります。そこをいい加減にしていると、結局テストでいつまでも同じミスを繰り返すことになります。

さらに、テスト全体を通しての総括・分析も必要です。1つのテストのセットとして、解き方がどうだったのかをまとめておく必要があるのです。時間配分はどうだったのか、捨て問や見直しのタイミングの見極めはうまくできたのか、事前の勉強のやり方やテスト中の集中力に問題はなかったのか、というような点の振り返りをしておくことが重要です。さらに、次回のテストに向けての決意もまとめておくといいでしょう。
これだけのことをやると、最初はかなり時間がかかるはずです。しかしこれは慣れの問題なので、何度もそういう形で復習ノートを作っていると、ポイントが見えてくるため、短い時間で作ることができるようになってきます。
(次回に続く…)

復習ノートについて<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年4月18日 3:33 PM
  • 未分類

復習ノートには大きく分けて2つの形態があります。1つは授業で学習した内容について「重要事項のまとめ」をすること。もう1つはテストや授業中に自分が間違えた問題の「解き直し」です。
今回は、まず「重要事項のまとめ」について書きます。

復習ノートで最悪なのは、授業で教わったことをそのまま再現して来ることです。小5や中1等、復習ノートを作り始めたばかりの生徒に多いのですが、授業用ノートと並べてみると、そっくり同じノートが2冊できてしまっているようなケースがあります。中には、教師が板書したことだけ写して来るような生徒もいたりします。それでは復習ノートを作る意味がありません。
几帳面な中学生の女子生徒に多いのが、教師がしゃべったことも含めて、授業の内容をダラダラとたくさんまとめて来るケースです。下手をすると(?)、1回の授業の分で5~6ページも作って来る生徒がいたりします。これも、時間帯効果も含めて、あまり良い復習ノートとは言えません。

やらなければいけないことは、大きく2つです。1つは、授業で学習した内容で重要なこととそうでないことを仕分けして来ることです。当然、重要なことはしっかりまとめ直しておく必要があります。もう1つは、自分の頭というフィルターを通して来ることです。学習した内容をただ写して来るだけではダメなのです。自分でもう1度考えて理解して、自分の言葉でまとめ直すくらいのことが必要だと思います。重要な項目については、そのことの本質、根本的な意味まで踏み込んで考える癖をつけていかなくてはなりません。

まとめの復習ノートを作っている意味・効果があるかどうかを、保護者の方が簡単に点検する方法があります。お子様から復習ノートを取り上げて、そこにまとめてある内容についていくつか口頭試問してみてください。もし答えられないことが多いようであれば、復習ノートを作ることが目的になってしまっていて、何のために作っているのかが分かっていないということです。
当然、復習ノートは、学習事項を生徒たちが自分の頭に定着させるためのツールです。そういう意味では、後になってから見返すこともしなければ意味がありません。作りっばなしの復習ノートでは、学習効果につながらないのです。
(次回に続く…)

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る