ホーム

GS進学教室

都立高校入試にスピーキングテスト導入!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月15日 5:21 PM
  • 未分類

昨日、都立高校入試の改革について、ビッグニュースが飛び込んで来ました。英語の入試にスピーキングテストを導入することが都教委から公表されました。都立高校全校で実施し、全員必修の形にするとのことです。
この入試改革は、明らかに2020年からの大学入試改革を見据えてのものです。英語力については、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4つの力を満遍なく測れるように、英検やTOEIC等の外部テストが必修化されることが決まっています。最初の数年間は、センター試験に代わる(記述問題が多い)新しいテストも全員に義務付けられるので、受験生の負担がかなり大きくなることは間違いないと言われています。その段階で困らないように、高校受験の段階から「話す」力の養成に注力しようという狙いです。現在の入試は、まだ「読む」・「書く」が中心になっていて、「聞く」力を測るためにリスニングテストを全校で実施していますが(配点20点分)、「話す」力については(入試では)必要ありませんでした。
聞くところによると、中学校の現場サイドから、「入試にスピーキングがないため、英語で話すことに真剣に取り組まない生徒が多く困っている」という声が多く上がっていたことも背景にあるそうです。
現段階で判明していることを以下にまとめておきます。

◯来年度中に具体的なことを決定し、早ければ今の中2から、遅くても今の中1から実施する。
◯学力試験とは別の日程で(私立高校入試と都立高校入試の日程の狭間が有力)、1日スピーキングテストだけの入試日を設定する。
◯全校・全受験生で必修とする。
◯問題作成等は、外部の専門業者に委託する。
◯面接形式で行うか、コンピユーターに音声を入力する形で行うかは未定。
◯配点等も未定。

(次回に続く…)

バリバリ仕事します!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月13日 2:13 PM
  • 未分類

皆様、ご無沙汰しております。ブログもしばらくぶりの更新となってしまいました。
昨日で一旦落ち着いたため、本日は久しぶりに朝から仕事をしております。また今回も「後藤重病説?」が一部に流れているようですが、私は(ちょっと肥満以外は)いたって健康ですのでご安心ください。
ご心配をおかけしておりますが、授業や生徒対応、保護者面談、それ以外にも重要な仕事はきちんとこなしております。ただ、事務仕事は(緊急のもの以外)まったく手をつけられておりません。5日ほどサボっただけで、こんなに溜まってしまうのか…とちょっと辟易としています。主に経理や総務の仕事です。(給与の年末調整とか…) 結婚相談所の会員のフォローアップ、学校や塾のコンサル業務、業者の方との打ち合わせ等もしばらくお休みさせていただいていたので、本日から再開します。
今週末から私が忙しくなるのは、中3生の推薦入試対策です。小論文・面接・集団討論の練習にかなり時間を割くことになります。そうこうしているうちに、冬期講習会まであと2週間を切りました。冬休みの学習計画(GSシート)作成の点検や、調子を崩している(ぶったるんでいる)生徒のフォローアップ(締め?)等、この時期は手を抜けない仕事が目白押しです。
エンジン全開で走って行きたいと考えています。

お休みをいただきます

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月8日 9:07 AM
  • 未分類

大変申し訳ございませんが、個人的な事情により、本日より少なくとも数日間は「お休み」をいただきます。
ただし、この時期授業に穴を開けるわけにはいかないので、授業の直前に校舎に出て、終わったらすぐに失礼させていただくという形を取らせていただくことになると思います。
急きょ面談の日程を変更させていただいた皆様、誠に申し訳ございませんでした。ありがとうございました。
生徒・保護者の皆様にはしばらくご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解ほどお願い申し上げます。

ありがとうございます!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月7日 11:50 AM
  • 未分類

依然として、毎日のように新規の入塾手続きをいただいている状況です。ちょうど中3生の三者面談・受験校最終確定の時期と重なり、当然生徒指導も佳境を迎えているため、毎日バタバタになってしまっていますが、新しい出会いや刺激的な出来事も多く、充実した日々を過ごさせていただいています。

先日のブログで、かなり強い口コミによる入塾が増えているということを書きましたが、昨日以下のようなメール(ライン)を卒業生の保護者の方からいただきました。ご了解をいただいたので、転載させていただきます。

「◯◯さんには、勉強だけじゃなく、そういう部分も含めて、信頼できる大人に託すことが、子どもの成長には必要だと思うし、うちはそのお陰で今があるよ、と伝えてあります。宜しくお願いします。」

2人のお子様をGSに通わせていただいたのですが、在籍当時からたくさんの方をご紹介いただきました。最近新たに入塾いただいた方は、この方からGSのことを聞いて、「塾に入るならGSしかないよ」とまで言われていたそうです。その上で、最後入塾の決断をする際に、こんなことまで声かけしていただいていたなんて、ちょっと感激してしまいました。本当にありがとうございます。

このブログを書いていて改めて気付いたのですが、この2年くらいで、すでにGSを卒業した生徒の保護者の方と、今でも連絡を取り合ったり、飲みに行ったりする機会が多くなっています。在籍中からメールやラインでつながっていて、GSを卒業してもその繋がりがそのままになっているからなのですが、中学校や高校に進学した後も、勉強や生活面の相談に乗ることも少なくありません。そのやり取りの中で、こういうご紹介の話をいただいたりすることが増えているのです。このまま関係が続けば、大学受験はもちろん、就職や結婚の相談をいただくことも出て来るでしょう。(何しろGSは、就活塾と結婚相談所を併設していますから…) 正に一生のお付き合いとなるかもしれませんね。

今後も、こういうご縁を大切にして行きたいと考えています。

GSの入塾基準について<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月6日 6:23 PM
  • 未分類

GSの入塾基準について、「内申のオール4以上というのが厳しい」という声をいただきました。我々はそうは考えていません。
1つには、私や保護者の皆様が中学生の頃とは内申点の制度が変わっていることがあります。昔は「相対評価」で、5が7%、4が24%、3が38%…とつけられる割合が決まっていました。例えば30人のクラスだと、5は2人、4は7人しかつけられなかったのです。(逆に1や2も同じ人数につきました) しかし、15年年ほど前に「絶対評価」に変更となり、その割合が廃止されました。極端なことを言えば、全員に5をつけてもよいことになったのです。実際にはそこまで極端なケースはありませんが、特に最近は内申のつけ方がとても甘くなっているのです。東京都は、毎年中学3年生の評定を中学校ごとに(匿名で)公表していますが、その分布をじっくり見てみると、半分以上の生徒に5と4がついている中学校・科目がとても多いことに気付きます。全員の平均は3.8くらいの中学校が多くなっています。ということは、3は真ん中ではないということです。中学校で真ん中くらいに位置する生徒には4がついているのです。(中学校や科目ごとにその割合はかなり違っていて、確かにとても不公平だということはあるのですが、その話はここでは置いておきます)
以前は5と4は上位の30%くらいの生徒にしかつかなかったのですが、今は半分くらいの生徒についているというのが実態です。ほとんどの科目で、中学校の中で半分以上の成績を取ってくれればオール4なのです。進学塾の入塾基準としては、妥当な線だということをご理解いただけると思います。

もう1つ、今の入試制度においては、都立高校の入試はもちろん、私立高校の併願推薦を考えても、オール4以上ないと選択肢が非常に狭くなってしまうということがあります。それなりのレベルで抑えの高校が確定できないと、偏差値的に足りない高校にチャレンジがしにくくなっているという言い方ができるかもしれません。
私は、本来入試はすべて一発勝負であるべきだと考えている立場です。今の内申点の制度は、とても不公平であることに加えて、中学生にとってマイナス面が大きいと感じることが多いからです。(実技科目の点数2倍など、最悪だと思います) しかし、現実的にそういう制度になっている以上、塾としては対応せざるを得ないということです。特にここ2年間は、中3の最後(2学期)で内申点が大きく上がった生徒が多いのですが、定期テストの点数だけでなく、「平常点」の対策が功を奏していることは間違いありません。(この部分の具体的なことについては、ちょっとこの場では書けません…)

ただし、勘違いいただくと困るのは、入塾基準として提示しているのは1つの目安であって、内申点がオール4に満たないと入塾ができないということではありません。体験授業において、出来具合や取り組み、三者面談で意欲等を確認させていただいて、今後頑張って行く決意を確認できれば、入塾OKとなる場合もあります。そういう生徒は、入塾後に内申点が上がるケースも多いです。
(次回に続く…)

GSの入塾基準について<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月4日 6:43 PM
  • 未分類

依然として、毎日数名ずつの新規生が来校してくれている状況です。今年度(2017年度)は、おかげ様で新規入塾生の数が過去最多となりました。まだ2ヵ月あるので、さらに増えて行くと思います。新年度(2018年度)の募集についても、現時点での動きはかなり良く、ここ数日は新小4・新中1の来校が後を絶ちません。数年前に較べると、弟妹生も含めて、口コミの力がとても強くなって来ていることを感じます。特にここ2年間の、生徒たちの成績の伸び方や合格実績に因るところが大きいように感じていますが、GSの生徒・保護者の皆様はもちろん、地域の皆様とのパイプがだいぶ強くなって来た感触があります。今まで、GSに一番近い、六小・三小・三中・六中の生徒は数としてはあまり多くなかったのですが、ここに来で一気に増えて来ました。学校の保護者会やママ友の飲み会等で塾の話題になり、強烈にGSを勧められたというような声も伺うようになりました。感謝しかありません。ご紹介いただいている皆様、本当にありがとうございます。

ただし残念ながら、お越しいただいた生徒全員が入塾できるわけではありません。小学生も中学生も、ここ数ヵ月に入塾テストや体験授業をお受けいただいた生徒で、入塾基準をクリアして入塾となった生徒は、だいたい2/3くらいです。逆に言えば、1/3くらいの生徒は、テストでかなり点数が足りなかったり、体験授業でまったくついていけなかったり、面談で意志確認ができなかったりして、ご縁につながりませんでした。
GSでは原則として、新小4と新中1は入塾テスト、それ以外の学年は体験授業を受けていただき、終了後に三者面談を実施させていただくことになっています。テストや授業の様子で多少基準に足りなかったとしても、話をさせていただく上で生徒本人に覚悟を決めてもらって、強い意欲が伝わって来たり、足りない部分を補って行く約束ができれば、入塾許可を出すこともあります。
そのことを確認した上で、入塾基準として考えているラインをある程度明示しておきます。

<中学生の場合>
◯内申(通信簿)オール4以上
◯都標準偏差値(V模擬・W模擬レベル)55以上

<小学生の場合>
◯学校のテストではだいたい90点以上取れている
◯GSテストレベルの業者テストで偏差値50以上

現在通って来てくれている生徒で、このラインを下回っている生徒がほとんどいないということもありますが、一般的には、このラインを下回っていると、入塾直後はかなり苦しい状況が予測されます。
成績の基準に加えて、テストや授業中の集中力や、三者面談できちんと話ができるかどうかという部分も重視しています。それは新小4(現小3生)であっても同じことです。本人に何か質問した時に、お母さんの顔色を伺っているような状況だと合格は出しません。なぜかと言うと、入塾後は日常的に本人とそういうやり取りをして行くことになるので、それができないようだと塾でやって行くことができないからです。会話のキャッチボールができることが最低ラインですが、受験のことをどんな風に考えているのか、どんな学校を目指したいと考えているのかというところまでは、本人がある程度イメージを持って来て欲しいと考えています。難しいことではなく、都立なのか私立なのか、どんなレベルの学校なのかというような話です。もっと分かりやすく言えば、生徒本人に「塾(GS)に入って勉強を徹底的に頑張りたい!」という意志を持って来て欲しいということになります。保護者の方だけが盛り上がっていて、本人がただ連れて来られただけという状況は勘弁して欲しいのです。
そんなレベルのことは、まだ我が子には無理だと考えてしまう保護者の方が少なくないのですが、そんなことを言っているから子どもをスポイルしてしまっているのではないでしょうか? 子どもを信じて、きちんと日常的にコミュニケーションを取っていれば、小3生くらいでもそんなに難しいことではありません。実際、ここ数日で面談をした小3生たちは、ほとんどの生徒が「自分の言葉で」決意を語ってくれました。
(次回に続く…)

さあ、ラストスパート!<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年12月3日 1:32 PM
  • 未分類

中3生の内申がすべて確定し、三者面談もピークを迎えています。この週末で半分くらいのご家庭との面談が入っています。それに加えて、この1週間くらいは、入塾テスト・体験授業で平均で毎日3名ずつくらいの新規生の来校があり、そちらも三者面談が必須となっているため、毎日ちょっとバタバタになってしまっています。(はい、ブログをなかなか更新できない言い訳です)

中3の受験校について、今回一番問題となっているのは、都立高校の推薦入試についてです。昨年もまったく同じ状況だったのですが、最後の最後で内申点が上がった生徒が多かったのです。(今年で言うと、トータルで5点上がった生徒が2名、3点上がった生徒はたくさんいます) 都立進学重点校の推薦入試は、オール5近くないと合格の可能性がありません。今まで内申が足りないために選択肢の中になかったのに、今回上がったことによって急に受けたいと言い出した生徒が何人も出て来ました。もちろん、合格のチャンスが2回になるのは大きいですし、一般入試の前に同じ会場で場慣れできるメリットもあるわけですが、我々がどうしても慎重になってしまうのは、一般入試とはまったく異なる対策が必要となるからです。推薦入試は学力試験がなく、小論文・面接・集団討論のみで合否が決まります。(内申点の比重は40~50%です) もし推薦入試を受けるのであれば、12月中旬からの1ヵ月くらいで、小論文や面接・集団討論の練習にかなり時間を割かなくてはいけません。小6の時に都立中を受検した生徒は、(同じようなことを結構やって来ているので)あまり労力がかからないのですが、そうでない生徒は1から仕込まなくてはならないので、結構時間を取られてしまいます。当然、その期間も一般入試の勉強を疎かにすることはできないため、冬期講習中も含めて生徒たちの負担がかなり大きくなります。それで推薦で合格できればいいのですが、どこも倍率が高く不合格となる生徒の方が多いため、結果が出た後に落ち込んでしまって、(私立高校も含めて)一般受験に向けての追い込みに影響が出てしまうような生徒も少なくありません。特に内申が足りない生徒は、「ダメ元だよ」ということを言い聞かせて行くわけですが、実際に第一志望校の掲示板に自分の番号がないという場面に遭遇すると、なかなか感情をコントロールできなくなってしまうようです。
推薦入試は、今のところ3名の受検が確定していますが、今後さらに増えて来る可能性があります。
(次回に続く…)

さあ、ラストスパート!<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年11月30日 8:34 PM
  • 未分類

中3生の内申点は、今日の時点でほぼ半分の生徒が判明しています。全体としてはなかなかいい感じです。今のところ(1学期と較べて)横這いの生徒が1名で(下がった生徒はいない)、ほぼ全員が上がっています。平均で2点以上、中には5点も上がった生徒がいます。私立高校の推薦の基準に数点足りない生徒が結構いたのですが、数点上がって何とかぎりぎり滑り込んでOKとなった生徒が多いです。逆に、1点足りずにOUTとなった生徒もいます。これによって、受験パターンが大きく変わって来ます。残りの半分の生徒は、明日一気に判明することになっているので、なかなか大変です。

内申確定に伴い、GSでの三者面談が本格的にスタートしています。この場で受験校の最終確定となります。今まで(生徒本人とも保護者の方とも)かなりコミュニケーションを取って来ているので、今回はあまり時間がかからないケースが多くなっています。ただし、この後中学校の三者面談が終了した後、生徒本人が落ち込んで、保護者の方が血相変えて、飛び込んで来るケースが毎年何件かあります。中学校の方でダメ出しを食らって、受けたいところを受けさせてもらえないようなケースが出て来るのです。ほとんどのケースが、先生が制度を理解していなかったり、理不尽なことを言っているだけのケースが多いのですが、学校の先生は内申点という物差しでしか合格可能性を判断できないので、模試の成績や過去問の点数を持って行って見せるとOKとなるケースも少なくありません。過去の事例では、「結果については家庭で責任を持つから(先生や中学校を責めないから)」と言って納得してもらったり、「受験生の権利侵害で教委に相談する」と脅かしたりして、何とか調査書を書いてもらえることになったケースもありました。
(次回に続く…)

さあ、ラストスパート!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年11月29日 3:04 PM
  • 未分類

今朝起きた時、部屋の気温計は2℃を指していました。ちょうどお昼頃車を運転している時、ダッシュボードの気温表示は20℃になっていました。1日の中の寒暖差がこんなに大きいのも珍しいことです。明日からはまた気温は急降下(今日より10℃近く下がるとのこと)、本格的な冬に向かって行くようです。受験生は、体調管理にくれぐれもご注意ください。

先日全寮制の塾について書いたら、早速GSの保護者の方からたくさんリアクションがありました。一番多かったのは、「すぐにでも作ってくれ。迷わず入れる」という声でした(^-^; 長い期間GSに通わせていただいているご家庭に、そのご要望が多かったです。逆に、「うちは入れられないのだけど、全員強制ですか?」という質問や、費用がどのくらいかかるのかを気にしている方もいらっしゃいました。ちょっと待ってください。皆さん、気が早いです。将来を長い目で考えた時の「夢」です。
なぜ私が全寮制の塾を意識しているのかと言うと、「真剣に成績を上げにかかるためには、日常の生活習慣から変えないと難しい」ということを強く感じているからです。今までの(30年余りの)経験から、このことには確信を持っています。教室で週に何時間か上辺だけの指導をしても、(小手先のテクニックで目の前の成績は上がりますが)本当の意味での「人間的な力」や「将来を逞しく生きて行く力」をつけてあげることはできません。塾で受験期の数年間預かるわけですが、この数年間は単にどこの学校に行くのかということを選ぶだけでなく、将来どういう生き方をするのかを決める人生の中でも非常に重要な期間だと考えています。そんな重要な期間に、生活習慣や集団の中での関わり方、ものの考え方等、ちょっと大袈裟に言えば、将来生きて行く術をしっかりと身につけさせたいと真剣に考えているのです。もちろん、受験用の勉強をたっぷりしてもらうわけですが、先に挙げた部分さえしっかり鍛えられれば、受験用の成績なんてほっといても上がって行きます。

GSの生徒たち(特に受験学年)は、講習会の期間に成績が大幅に上がるケースが多いです。もちろん、普段より勉強量をたくさんこなしてもらうからということがあるわけですが、ほとんどの生徒が朝から夜遅くまで塾に籠っていて、休みの日(塾の授業がない日)もあまり多くないので、家で過ごす時間が短いということが理由の1つとして挙げられます。ちょっと暴論かもしれませんが、家にずっといて自分を律してペースを崩さずに受験勉強に臨める生徒は、ほとんどいないのが現実だと思います。GSに通って来ていただいているかなり優秀な層の生徒たちでもそうなのです。いわゆる普通の生徒たちの状況は、想像に難くありません。
さらに言えば、親との関係が子どもの成長にマイナスになっていると感じるケースも決して少なくありません。

◯毎日親子喧嘩をしているために、子どもが常にイライラしている。
◯子どもを極端に甘やかせてしまっているために、我慢ができなくなっている。
◯子どもに文句や叱責ばかり繰り返しているために、すっかり自信をなくしている。
◯子どもを溺愛するあまり親が他責思考になり、それが子どもに伝染してしまっている。(成績が上がらないのは学校や塾のせい等)
◯親が結果ばかり追及するために、子どもが失敗を極度に恐れてチャレンジすることができなくなっている。

というようなケースが代表的な事例です。非常に残念なことですが、この状況に陥ってしまっていると、塾でちょっとやそっとの指導をしたくらいでは、なかなか状況を打開することはできません。それでも何とかしなくてはならないのが、進学塾の立場です。保護者の方と連携を取りながら進めて行くわけですが、そういう部分を改善していただけたとしても一時的なもので終わってしまう場合が多く、根本的な親子関係の改善に至るケースはほとんどありません。

以上のような状況を、まとめて解決するためにはどうしたらいいのだろう…?と考えた末に行き着いたのが、「全寮制の塾」なのです。
(次回に続く…)

小4クラスは満席募集停止となります

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年11月28日 12:33 AM
  • 未分類

小4クラスは、現在体験授業の予約をいただいている方に入塾いただくと満席となるため、一旦募集停止とさせていただきます。
今後入塾ご希望の方は、ウェイティングリストにお名前を入れさせていただき、空きが出たり、クラスの増設が決まった段階でお声をかけさせていただく形となります。悪しからずご了承ください。
今年の小4クラスは、成績的にGS史上最も優秀なクラスなのですが(科目によっては平均偏差値が65近くあります)、人数的にも過去で一番多くなって来ました。

小5と中2も残席は数名となっています。中1はクラスを増設したばかりでまだ残席に余裕がありますが、ここに来てお問い合わせが増えて来ています。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る