ホーム

GS進学教室

2019年度の授業が始まります!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月17日 4:44 PM
  • 未分類

入試本番ももう目前に迫って来ていますが、それと並行して、2019年度の授業も2月より開講となります。2月開講の学年について、開講日と授業曜日を確認させていただきます。どの学年も、あと数名ずつ残席があります。まだ間に合いますので、ご希望の方はお早めにご連絡をお願い致します。

新小4 / 開講日2月5日 火・木
新小5 / 開講日2月1日 月・水・金
新小6私立中 / 開講日2月1日 月・水・金
新小6都立中 / 開講日2月1日 火・木・金
新中1準備講座 / 開講日2月11日 英語→火・水から選択 数学→月・金から選択

今週はテスト週間です!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月15日 8:34 PM
  • 未分類

今週は、授業の中で非受験学年のGSテスト(全国模試)が行われています。小6・中3はもう入試が始まっているので、もともと予定されていません。GSでは、日曜日に生徒たちを呼んで模試をやることは一切していません。特に中学生は部活等で来られない生徒が多かったり、会場テストや学校説明会等の予定が入る場合が多いこともありますが、せめて日曜日くらいは家族とのコミュニケーションをしっかり取ってほしいという思いもあります。それは、講師たちについても同じことを伝えています。講習会や日曜特訓、そしてこれからの入試期間等で、どうしても出勤してもらわなければいけない日曜日もありますが、それ以外はなるべく家族と過ごすことを指示しています。特に妻帯者たちには、記念日のプレゼントや日常的なお土産等についても指示することもあります。独身の者にはあまり飲み過ぎないようにという指示も…(笑)

昨日今日でそれぞれの学年で1~2科目ずつ終了しましたが、感じることは、やはり「この間頑張って来た生徒は結果が出ている」ということです。特に冬期講習会での頑張りと相関関係が強いように感じます。あとは、テストで点数を取りたい、成績を上げたいという思いの強さでしょうか…
中には、力がありながらミスを連発して、悔しい思いをしている生徒もいます。そういう生徒とは、テスト中の集中力や時間配分等についての反省会を開いたりしています。そういう生徒ほど、復習ノートの中身がとても重要です。テストで失敗したことを次に活かせるかどうかで、今後の成績の伸びが変わって来るからです。

成人の日に考える

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月14日 1:49 PM
  • 未分類

本日は成人の日です。昨日・今日と各地で成人式が行われています。八王子は本日オリンパスホールで式典が行われていて、昼過ぎ頃は南口周辺は歩くことすらできない状況になっていました。ビックカメラで撮影会みたいなことをやっていて、そちらに長蛇の列ができていました。個人ののぼりを作って持っているお兄ちゃんがいました。仲間を集めるためなのでしょうが、なかなか斬新なこと考えるな… 
昨年は、当日になって着物を着られないという可哀想な事態が多数出てしまいましたが、今年は今のところそういう話を聞きません。自衛策として、着物のレンタルを避けた新成人も多かったようです。一昔前によくニュースになっていた、式典の最中に酒を飲んで大騒ぎするというような話もあまり聞かなくなりました。ただ報道しなくなっただけかもしれませんが…
GSの卒業生たちの中でも、本日成人式を迎える者が多数いるのですが、今のところ誰の晴れ姿も見かけていません。校舎に顔を出したら、飲みに連れて行くぐらいしてあげるのに… まぁ、今日は昔の友だちとプチ同窓会でしょうね。

塾講師としてとても心配しているのは、2022年から成人が18歳になった時に、成人式をいつ開催するのか?ということです。まさか、センター試験(いや大学入学共通テスト)の直前にやるわけじゃないよな…と思って調べてみたら、「成人式は今まで通り20歳で行う」ということを公表している自治体が多いのです。(八王子も今のまま行けば、20歳だそうです) そりゃそうだよなとちょっとホッとする半面、何か違和感も感じてしまいます。成人の18歳の意味って何なのだろう…と。

2022年からの「18歳成人」というのは、民法の改正に伴うものです。ザックリ言えば、様々な契約を大人としてできる年齢が18歳からになるということです。これに先立って、公職選挙法の改正が行われ、すでに18歳から選挙権が手に入ることはご存知の通りです。高校の先生が、社会の授業の中で選挙の話をしにくくて困るとおっしゃっていたのが印象的でした。クラスの中に選挙権がある生徒とない生徒が混在していて、下手なことを言うと投票誘導になってしまうし…と。
それ以外の部分で言うと、飲酒・喫煙については別の法律で定められていて、今後も20歳にならないと嗜むことはできません。ここは意外と勘違いしている人が多いかもしれません。民法と連動しているわけではないのです。さすがに、高校在学中に合法的に酒を飲んだり喫煙したりできるようになるのはまずいでしょう。
少年法も、今のところまだ改正を検討している段階で、確定をしていません。民法の契約は18歳からできるのに、18歳・19歳のうちは罪をおかしても少年法で保護されるという変な状態になる可能性もあります。(少年法の改正(適用を18歳未満に引き下げる)については、反対の声も強いようです)

成人の日にあたって、「大人って何だろう?」ということを、真剣に考えてみるのもいいかもしれませんね。

追記)このブログをアップした直後に(ブログを見たわけではないようですが)卒業生から、「駅前にいるから先生来てよ!」と電話が入りました。代表してT先生が出かけて行きました。

いよいよ入試が始まりました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月12日 5:37 PM
  • 未分類

今年も入試が始まりました。
小6私立中コースは、埼玉県の前哨戦を「全員合格」で乗り切りました。来週末には都立中コースの生徒たちが出陣します。
中3生も本日が初陣です。地方の高校の東京会場受験ですが、結構気に入っている学校なので、何としても合格を勝ち取って来てほしいところです。

やはり、入試本番が始まると、校舎の中の雰囲気が違って来ます。ピリピリした感じではありませんが、いい感じの緊張感が漂っています。その雰囲気を察知取ってか、非受験学年の生徒も緊張していたりします。特に小5・中2の生徒たちには、この緊張感を肌で感じておいてほしいと思います。

中3生は、明日最後の会場テストが控えています。「最後に過去最高の成績を取る!」を合言葉に気合いが入っています。小6都立中コースは、明日の日曜特訓で最後の「入試バトル」を行います。まだ1度も合格最低点をクリアしたことがない生徒たちは、「最後の一発」にかけています。

この時期の受験生たちの勉強量・必死さ・集中力はなかなか大したものです。毎年感じるのですが、この感じにもう少し早く入ってくれれば、ほんと楽なのに…と思います。中学入試本番まであと3週間、私立高校入試まであと1ヵ月。受験生はまだまだここから伸びます。最後のひと伸びをさせられるかどうかが、第一志望校の合格率を左右します。最後の最後まで頑張らせます。

都立高校志望者動向<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月11日 1:23 PM
  • 未分類

都立高校の志望者動向第2弾です。今日は、多摩地区の学区2~3番手校です。
GSは、都立高校志望者のほとんどが進学指導重点校等の入試問題自校作成校を受験します。入試問題共通校を受験するのは、毎年1名いるかいないかという状況です。今年も現段階で受験予定者はいません。

       29年 30年 31年
町田 男子 1.4→1.4→1.4
町田 女子 1.6→1.4→1.3
日野台男子 1.3→1.3→1.3
日野台女子 1.5→1.1→1.4
南平 男子 1.5→1.6→1.5
南平 女子 1.6→1.7→1.7
昭和 男子 2.3→1.9→1.6
昭和 女子 1.3→2.1→1.7
武蔵北男子 1.7→1.5→1.4
武蔵北女子 2.0→1.8→1.7
小金北男子 1.7→1.9→1.4
小金北女子 2.1→1.9→1.4
調布北男子 1.2→1.1→1.4
調布北女子 1.2→1.2→1.5

八王子周辺の2~3番手校は毎年ほぼ倍率が安定しています。難易度が年によって大きくブレることはありません。私は、他の地域からの流入が少なく、地元の受験者の割合が高いからだと分析しています。そんな中で、南平の人気が毎年高いです。「どうしても都立」という層の生徒が安全策で受けるケースも目に付きます。
武蔵野北・小金井北・昭和あたりは、一昔前のバブル感はなくなって来ていましたが、今年もかなり減っています。MARCHあたりの付属高校に、受験生が流れている(奪われている)のは間違いありません。
調布北はここ数年低倍率でしたが、今年は普通の状態に戻りました。全体を見渡しても、倍率が極端に高い高校も低い高校も見当たらず、受験生がうまくバラけている感じがします。

ただ、何度も言いますが、これは現段階の「志望」を集計したものに過ぎないので、実際の出願状況は大きく変わってくることがあります。そのことを踏まえた上で参考にしてください。出願の決断はあくまでも「自己責任」でお願いします。

都立高校志望者動向<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月10日 8:10 PM
  • 未分類

都内の中3生の第一志望校調査の集計結果が公表されました。今年も、昨年に引き続き都立高校の志望者の割合が大きく減って、私立高校に流れている状況が見て取れます。
都立高校の志望者は、2年前と較べると実数で4200名(普通科だけでも2500名以上)減っています。割合で言うと、都立高校第が第一志望の生徒の割合は、71%→67%と4%も減りました。都立高校の定員自体も2年間で750名ほど減っているのですが、全体の倍率としては今年もかなり下がることになるはずです。
新しい大学入試を回避したいという生徒が増えていることと(付属高校の人気が急上昇しています)、私立高校の実質無償化の影響が大きいことは間違いないのですが、都立上位校の大学受験の合格実績の伸び悩みや、内申の実技教科の点数2倍をはじめとする入試改革(改悪)の影響が、じわじわとボディーブローのように効いて来ていることも間違いありません。このブログでは何度も警告していますが、この部分について都教委がきちんとした抜本的な対応をしない限り、今後も都立高校離れはどんどん加速して行くものと思います。ひと言で言うと、「様々な施策・改革が、子どもたちの方を向いていない」のです。大人の論理で様々なことを決めているため、子どもたちのそのしわ寄せが行ってしまっています。今ならまだ挽回は可能ですが、このままあと数年経ってしまうと、四半世紀前のように、都立高校がすぐには立ち直れない状況まで凋落してしまう可能性すら感じます。この15年くらいでせっかくここまで盛り返して来たのに、本当にもったいない話です。

この調査は、12月に中学校で実施した三者面談の結果を踏まえて、都内全生徒の現時点(その時点)での志望校を集計したものです。今後受験校が変更となる生徒も少なくありませんし、私立高校に合格して受験しなくなる生徒も出るため、これがそのまま本番の志願者数となるわけではありませんが、(当たり前ですが)毎年一定の相関関係があり、高校ごとの志願動向がある程度掴めるため、業界では注目されているデータです。
人気校やGSの生徒たちの中で受験者が多い学校を中心に、過去3年間の(この時点での)倍率を列挙してみます。
今日は進学指導重点校と中高一貫校・進学重視型単位制高校です。

       29年 30年 31年
日比谷男子 1.7→1.7→1.8
日比谷女子 1.7→1.7→1.5
戸山 男子 1.7→2.2→2.1
戸山 女子 1.3→1.6→1.8
青山 男子 1.7→1.5→1.9
青山 女子 2.2→1.6→1.9
西  男子 1.7→1.8→1.6
西  女子 1.7→1.3→1.5
八王東男子 1.0→1.4→1.0
八王東女子 1.3→1.4→1.3
立川 男子 1.8→1.8→1.7
立川 女子 1.5→1.4→1.6
国立 男子 1.4→1.7→1.6
国立 女子 1.7→2.0→1.7
武蔵 男子 0.9→1.0→0.7
武蔵 女子 0.9→0.6→0.8
大泉 男子 1.2→1.2→1.4
大泉 女子 0.9→1.5→1.1
富士 男子 1.6→1.0→1.1
富士 女子 1.1→1.0→1.0
新宿 共通 2.1→2.2→1.9
国分寺共通 1.6→1.6→1.7

進学指導重点校で言うと、目に見えて大きく増えているのは青山くらいです。あとは昨年よりは志望者を減らしている高校が多いです。
八王子東の男子は、2年前の悪夢の再来となり、定員割れを心配しなくてはいけないような状況になっています。(一昨年はそんなに倍率が低いなら…ということで実際の受験者は結構増えました)
中高一貫校は、ここから大きく倍率が動く可能性があるので注意が必要です。定員が少ないため、ある程度まとまって差し替え等になれば、倍率が大きく変動するのです。しかし、武蔵はしんどいですね。数年後の高校募集停止が決まった影響があるかもしれません。それだけに「どうしても都立上位校に行きたい」という生徒にとっては、狙い目となるのですが…
(次回に続く…)

ガッツリ食べてます!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月9日 3:01 PM
  • 未分類

冬期講習会の期間はなかなか忙しくてジムに2回しか行けなかったのですが、昨日の夜の時点で、BMI→22.8、体脂肪率→17.4%、体年齢→41歳と引き続き絶好調です。授業をやっているだけで燃焼・代謝する体になっているのではないかと感じるくらいです。
それをお伝えすると皆さん驚かれるのですが、この間食べる量はあまり減っていません。むしろ、肉を食べる機会は増えているくらいです。ただし、トレーナーの指導により、トンカツや唐揚げなどの揚げ物は基本的に絶って(これも好物なのですが…)、ステーキや焼肉などを食べるようにしています。ステーキはレアで血が滴っているくらいがいいそうです。左側の写真は、ある日のランチです。昼からこんなにガッツリ食べてしまうんです。ただし、必ずサラダをつけることと、ライスはお椀1杯だけにしています。(あたり前だ!という声が聞こえて来そうですが…) 良質のタンパク質を朝か昼に取ることを心がけています。その分、夜は軽目にしています。(私は晩酌の習慣もありません) ジムに行った日などは、夜を抜くこともあるくらいです。ただし、そんな時でもプロテインを欠かすことはありません。右の写真が、私の夜の御供です。今は、カフェラテ風味一筋です。

冬期講習会終了! いよいよ入試スタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月7日 10:20 AM
  • 未分類

本日で冬期講習会が終了します。非受験学年も含めて、冬休みの前と較べてかなり力がついて来たと感じる生徒が多いです。中には、点数はもちろん、表情や態度に自信が出て来て、別人かと見違えてしまうような生徒もいます。わずか2週間くらいでそんな状況が起こり得るのが、講習会のすごいところです。

そうこうしているうちに、今週から入試が始まってしまいます。小6は10日から、中3は12日から出陣となります。埼玉県の学校を滑り止め・お試しとして受ける生徒がほとんどですが、中には第2志望の学校を受ける生徒もいるので、校舎の中は緊張感が高まって来ています。

昨年から、都立中クラスの生徒も全員1月入試を受けさせるようにしています。GSでは今まで、都立中受検者の前受験については「どちらでもいいよ」というスタンスでした。入試本番の場慣れや(1つ合格をもらえるという)安心材料としてはいいと思うのですが、適性型とは謳っていても、入試問題の内容が都立中とはかけ離れている学校が多く、都立中の前哨戦としての意味合いをなさない学校がほとんどだったからです。中には、私立中型のような知識を前提とする問題が多く含まれていたりして、適性型とは名ばかりの問題を出題している詐欺のような中学校もありました。(いや、今もあります)
そんな折、昨年から西武文理中が「完全都立中準拠型」の入試を始めました。入試問題の形式・内容・難易度等、すべて「都立中そっくりに作る」という触れ込みでした。「埼玉の中学校が何で…???」という声が上がっていたことも事実ですが、先生方に伺うと、「都立中受検者には優秀な生徒が多いので、それらの生徒に1人でも入学して欲しい」という強い思いを感じました。ただし、「入学を前提としない、お試し的な受験も大歓迎です」ともおっしゃっていました。その証拠に、入試本番の点数や設問ごとの出来具合、本人がミスをした内容等の詳細を「報告書」という形で、合格発表と同時に郵送してくれるのです。かなり手間がかかかる仕事のようですが、「都立中入試の本番に向けて、少しでもお役に立てたら…」という学校のスタンス(受験生への愛?)を感じ取りました。メッセージで都立中入試に向けた激励が入っていたりして、「そこまでやるか?」と思ったくらいです。昨年GSで南多摩中に合格した生徒が、「西武文理の報告書がとても役に立って、自信を持って都立中を受けに行けた」と言っていたことを思い出します。
昨年生徒が持ち帰った問題を見ましたが、学校が事前に豪語していた通り、本当に都立中の過去問を研究して作った後が見て取れました。(かけ出しの塾講師が見たら、都立中の問題と見分けがつかないと思います) 先生方の中でプロジェクトチームを作って、1年以上に渡って勉強会を開いて来たそうですが、かなり苦労されたのではないかと思います。問題が(HPや過去問集で)公表されていないので、そのことがあまり知られていないのが残念です。
と、かなり学校を持ち上げるようなことを書いてしまいましたが、とにかくGSでは都立中受検者は全員西武文理中を受験します。都立中の前哨戦として位置付けています。都立中の本番に向けて、絶対にプラスになると考えているからです。出願はまだ間に合います。今年は、入試が所沢駅前のホールで行われます。あの田舎の奥の方(失礼!)まで行かずに受験できるのです。(これは大きなプラス要素ですね!) 都立中受検予定者は、前向きに考えた方がいいですよ。

冬期講習会最後の追い込み!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月6日 10:08 AM
  • 未分類

早いもので、冬期講習会も今日と明日で終了になります。さすがに小6・中3の受験生たちは、気合いが入っています。良い感じの緊張感も出て来ました。しかし、結果がすべての世界です。「頑張ったね。でも点数を取れなかったね(;_;)」で終わる訳には行きません。どんなことをしても、点数という結果につなげる必要があるのが、この2日間なのです。
入試問題バトルも予定されています。小6都立中クラスは南多摩中です。過去9年分の過去問をすべて2科目揃えて授業中に実施して来ましたが、これで本当に最後です。中3は八王子東高校。進学指導重点校の中では一番入りやすい高校の1つなので、ここではずすことはできません。この結果によって、本番の出願校を決定することになる生徒もいます。小6私立中クラスは、受験校がみんなバラバラだということもあり、入試問題バトルではなく、最後のGSテスト(全国模試)を実施します。目標は、過去最高の偏差値と、第一志望校の合格率で70%以上を叩き出すことです。

と書いたところで、小6の生徒たちが何人か登校して来ました。いつもよりかなり早い出足です。一番早い生徒は、校舎開校予定時刻より1時間近く早くやって来ました。下手をしたらまだ校舎が開いていなかった可能性があるのに、私が早く来ていることを見越していたかのようです。みんな、気合いが入っている感じがします。(ちなみに、早く集まって来ているのは全員女子生徒です…)

年が明けてから、かなり調子が上がって来ている生徒も目に付きます。最後の2日間の成果がとても楽しみです。

今年の抱負<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月5日 1:43 PM
  • 未分類

〇地域貢献
→もちろんGSの仕事を通してということですが、少し広い視野で地域のお役に立てることに取り組んで行きたいと考えています。今までも、無料または交通費程度で地元の中学校で講演を行ったり、市の児童福祉委員として環境改善に取り組んだりして来ましたが、もう少し腰を据えて恒常的にできることはないか考えています。教育→就職→結婚→妊活→子育て→家計相談→カウンセリングと、人生を長い目で考えて様々な支援をできるのがGSの強みです。この強みを、会社の繁栄だけでなく、八王子の地域貢献に活かして行ければいいですね。

〇アウトプット・発信の機会を増やしたい
→このブログもそうなのですが、私が今まで培って来た様々な知見を、もっと多くの方に発信して伝えて行きたいという思いは強いです。この業界で33年もお世話になって来たので、少しでも恩返しをしたいという(隠居間近の爺さんのような?)気持ちもあります。具体的には、講演・研修・コンサル等について、塾の仕事に影響が出ない程度には増やして行きたいと考えています。
私立学校や塾の研修・コンサルに携わる機会は、年々増えて来ています。単発の講演も、今までとは少し違うカテゴリーのものが増えて来ました。近々で言うと、GSの卒業生が何人も通っている都立高校での講演が決まっています。卒業生たちに、「他人のフリをしろよ!」という根回しをしている最中です。まだ詳細をお伝えできないのですが、某著名人の講演の後にお話をさせていただく機会もいただきました。数百人の動員が見込めているようなので、私自身とても楽しみにしています。

〇書籍を出版する
→毎年、何件かお話をいただくのですが、忙しさにかまけて受けられずにいます。今年は気合いを入れて頑張ってみようかと、(今は)思っています。内情を暴露してしまうことになりますが、(ゴースト)ライターの方にお願いして、2~3日程度のインタビューで仕上げてもらおうとすれば、何とでもなるのです。しかし、私にはポリシーがあって、全部自分で書いて(打って)、自分で校正までしないと気が済まないのです。(「子どもの幸せは親次第!」は、その形で完成させました。もちろん、編集担当の方にもかなりご協力をいただきましたが) なので、引き受けるとなると、毎日夜中に1~2時間作業して半年くらいはかかることになります。夜、授業後にジムに通うようになったこともあり、まだ迷いがあります。
最近依頼があった内容で言うと、前著の続きの「教育もの」をはじめ、「働き方に関するもの」、「人生の幸せに関するもの」と結構幅が広いです。自分としては、小説家デビュー(推理小説か恋愛もの笑)したいという野望があるのですが、どこからもオファーがありません…

〇どこか遠くへ行きたい
→今の日常から逃げ出したいわけではありません(笑)。海外とは言わないまでも、沖縄や北海道等、今まで行ったことがないところ(できれば近場ではなく)に出かけて、見聞を広げたい(のんびりしたい?)と考えています。それが可能なのは、GWか夏休みしかないわけですが、かなり早い時期に決断しないと、結局言ってるだけで終わってしまいそうな気がします…

まだまだあるのですが、とりあえずこんなところで。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る