ホーム

GS進学教室

毎日新しい出会いが…<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年12月9日 1:28 PM
  • 未分類

この1ヵ月で、20名以上の新規お問い合わせをいただき(ほとんどの方に入塾いただくことになると思います)、様々お話をさせていただく中で、「世間でのGSに対するイメージ」をだいぶ伺うことができました。私自身なかなか勉強になったわけですが、その「口コミ」が正しい部分と必ずしもそうでない部分とがあるので、この場で整理しておきたいと思います。

<GSってこんな塾だよ ~口コミ分析その1~>

〇通っている生徒のレベルが高い
→これはそうとも言えるし、そうでないとも言えます。ほとんどの生徒が難関校を目指していて、「最終的には」優秀な成績になる生徒が多いですが、その生徒たちが入塾時から成績が良かったわけではありません。1年間なり2年間で成績を上げて、難関校に合格して行く生徒が多いのです。小6・中3になってから(特に夏期講習会の前後で)大きく成績を上げる生徒が多いのが特徴です。これには(ここでは詳細書きませんが)明確な理由があります。

〇難関校の合格率が高い
→うちのような小さな塾は、(大手塾と較べると)合格者数では勝負にならないので、合格率が話題に上っているのはありがたいです。合格率については、何度かブログでも公表していますが、ここ数年で言うと、小6私立中と中3の第一志望校合格率が約70%(都立進学指導重点高校は72%)、都立中の合格率は38%です。これを高いと言うのかどうかは皆様のご判断に委ねたいと思いますが、GSでは成績が足りなくても、行きたい学校は積極的に受けさせているので、それを含めての合格率であることを踏まえて見ていただけると幸いです。

〇学習環境が整っている
→はい。ここには自信を持っています。最近、他の塾から転塾して来た生徒・保護者の方は、まずここで驚かれる方が多かったです。授業中ですら収拾がついていなくてうるさかったり、自習室では遊んでいる生徒がいたり…というような話を聞かされることが多いのです。GSでは、授業がない時間帯に生徒が50人以上自習している時が結構あるのですが、講師との質問のやり取りの声以外はシーンとしていて、教室に本当にそんなにたくさん生徒がいるの?と感じることが多いのではないかと思います。それほど、生徒たちは集中して取り組んでいるということです。「生徒たちが本気で勉強しに来ている塾」であることは、誰が見てもそう感じるはずなので、間違いないと思います。こういう部分の学習環境ってとても重要で、これが塾のスタンダードになっているので、途中から入塾して来た生徒も、必然的にそんな感じで勉強するようになって行きます。

〇カリキュラムが速い
→小学生は、大手塾と較べるとやや緩やかです。特に小4・小5のうちは、どちらかと言うとじっくり型のカリキュラムです。復習をしっかりして、確認テストで出来をチェックして…ということを繰り返して行きます。大量の宿題を抱えて睡眠時間を削ってやらないと終わらなかったり、消化不良のままどんどん進んでしまうということは、(ほとんど)ありません。一方中学生は、近隣他塾と較べるとかなり速いはずです。科目にもよりますが、中2までで3年分の単元をほとんど終了して、最後の1年間は入試問題対策に特化した授業を行っています。都立進学指導重点校やMARCH以上の付属高校等の最難関校に合格するためには、それが絶対に近道だと確信しているからです。中1のうちは学校より数ヵ月早く進んでいるくらいですが、中2の夏くらいからカリキュラムは一気に加速します。
(次回に続く…)

毎日新しい出会いが…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年12月7日 7:36 PM
  • 未分類

その後も、毎日1人ずつ入塾希望の方からの新規お問い合わせをいただいています。短い期間で見れば、GS開校以来最も多い状況だと思います。ご紹介いただいている皆様、本当にありがとうございます。
GSにお問い合わせをいただく方は、「どんな塾か分かっていて、ある程度覚悟を決めてから」ご連絡をいただいているケースが多く、また「塾に入るならどうしてもGS!」と考えていただいている方も多いので、基本的にお問い合わせいただいた方はほとんど入塾につながっています。 どの学年も残り席が少なくなって来ているので、締め切り効果もあると思います。

GSは、開校3年目以降(この5年間)は、折込チラシを入れていません。このホームページ・ブログはありますが、SEO対策も特にしていません。それでもブログをほぼ毎日更新しているためか、話題によっては検索上位に出て来ることが多いようですが…
特にここ2~3年の入塾は、ほとんどが「口コミ」によるものです。私は面の皮が厚いので、どんな口コミを聞いたかのか伺うようにしています。本当のことを教えてくれない方もいますし、社交辞令で多少盛られていることもあると思いますが、次回のブログで(次回かよ!?)最近耳にした口コミの内容を列挙した上で、私なりに解説を加えてみます。こういうことをブログに書いてしまうのが、面の皮が厚いと言われる所以です(苦笑)。
(次回に続く…)

ついに記述問題も延期に!?<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年12月5日 7:50 PM
  • 未分類

大学入試の共通テストにおける記述問題の延期(実質中止)がようやく決まりそうです。本日政府・与党が方針を決定し、文科省に申し入れ(実質指示)を行ったとのことです。「今のままでは理解が得られない」ということが理由のようですが、「何を今さら言ってるの!?」とみんなが感じていると思います。明日には正式発表されると思っていますが、これで大学入試改革は「ガラガラポン」となるわけです。いっそのこと、センター試験に戻すところまで決めてしまえばいいのに…と強く思います。
新型英検についても、大きなトラブルがあり(吹き込んだデータがなくなっていた…)、年度内の実施が中止となりました。次年度は別の業者を使って立て直すとのことですが、こちらについても、もう見限られてしまっている感じです。
高校2年生で大学受験を考えている生徒たちは、この間結構しんどい思いをしていると思いますが、ここである程度スッキリした形となるので、気持ちを立て直して頑張ってほしいと思います。
ベネッセがどういうコメントを出すのか、とても興味深いです。

毎日新しい出会いが…<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年12月3日 9:11 PM
  • 未分類

中3生の受験校がすべて(一旦)確定しました。(一旦)と付け加えたのは、今後都立高校の一般入試については、まだ変更となる余地があるからです。今年は差し替えの日程が受験生にとって非常に不親切なので、出願までには確定をしないといけないケースが増えて来ると思います。
小6私立中コースの方の受験校最終確定面談もスタートしました。こちらも12月中旬までに終了する予定です。

こちらの面談については、私の担当分はすべて終了したのですが、その後も毎日のように三者面談が入っています。新規入塾を希望される方が正に殺到している状態となっているからです。この2週間で言えば、14名の新規お問い合わせがあり、9名の方の入塾が確定しました。2名の方が検討中、残りの3名の方はこれから入塾テスト・体験授業が予定されています。この時期は一番新規生が動く時期とは言え、1日に1人ずつ生徒が増えているのですから、本当にありがたい限りです。このままのペースで行くと、1年間で365名(今年は366名!)生徒が増えてしまうことになります。大変だ…笑
お問い合わせをいただいているほぼ全員の方が、GSにお通いの方や卒業生(の保護者の方)からのご紹介によるものです。皆様、本当にありがとうございます! 全員の方に直接お礼をお伝えできていないのが申し訳ないのですが、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

学年によっては、残り席が少なくなって来ています。一番残席が少なくなっているのは、新中1です。過去にも何度があったのですが、今年もかなり早い段階で満席締め切りとなる可能性が高いです。今のペースだと、年内に募集停止となってしまうかもしれません。入塾をご検討いただいてる方は、お早めにご連絡をお願い致します。

内申点が続々と確定しています<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年12月2日 7:01 PM
  • 未分類

中3生の内申点は、本日までに全員確定しました。今回は、内申の結果が出てから受験校を検討し直さなくてはならなくなった生徒や、中学校の三者面談に向けて特別に作成を立てておかなくてはならない生徒がとても少なく、改めてこちらで三者面談を希望された保護者の方はあまり多くありませんでした。面談もあと数名で終了となります。ただし、毎年何名か出てしまうのですが、中学校の三者面談で話がこじれてしまって(受けたい高校を受けさせてもらえない等…)、緊急の連絡が入って来たりする場合があるので、今週いっぱいは気が抜けません。

いずれにしても、これで内申点と受験校がすべて確定となるりので、あと目の前には入試本番しかありません。「入試当日にどうやって1点でも多く取るか」という非常にシンプルな戦いに専念できるのです。
毎年感じることですが、受験生はここからの2ヵ月でまだまだ伸びます。言い方を変えれば、ギリギリの勝負になる学校を受ける生徒たちは、ここからひと伸びできた生徒は合格圏に入れるし、伸びなかった生徒は一歩足りずに終わってしまうということです。
人生のうちで、こんなに集中して本気で勉強に取り組める期間はそうはありません。私自身の半生(まだ半分のつもりです)を振り返ってみても、(中学受験や大学受験はしていないので)中3の12月~2月の期間が一番勉強したと思います。(それまでとそれ以降は部活三昧だったということもありますが…) そのおかげで、偏差値や過去問の点数では足りなかった高校に、最後の最後でひと伸びできて合格できたと思っています。

「もう2ヵ月しかない」と感じる受験生が多いと思いますが、「まだ2ヵ月もある」という言い方もできます。全力で戦い抜きましょう!

内申点が続々と確定しています<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月30日 4:11 PM
  • 未分類

中3生の内申点の確定は、あと数名を残すのみとなりました。中にはひどい中学校があって、内申点告知された翌日に受験校をすべて確定しなくてはならないケースもあります。普通は1週間、短くても数日間は猶予があります。内申点によって、都立高校の受検校はもちろんですが、私立高校で併願を取れる高校が変わって来るため、その相談・検討する時間が必要なのです。翌日までと言われてしまうと、1晩しか猶予がないので、様々なことがバタバタになってしまいます。こういうところを1つとっても、中学校が生徒のことをきちんと考えているかどうかが透けて見えて来ます。

今回の三者面談で「最終確定」しなくてはならないのは、都立高校の推薦入試を受けるかどうかと、私立高校の併願推薦(確約・優遇)を取って受ける高校についてです。私立高校の一般入試は1月末くらいの出願日までは変更ができますし、都立高校の一般入試は、(ここからの得点力を踏まえて)2月上旬の出願までに決めればOKです。都立高校の場合、極論を言えば2月12日・13日の取り下げ・再提出までに決断をすれば間に合います。中には、「うちの中学校はここからの変更は認めていない」というバカなことをおっしゃる先生がいたりしますが、都立高校の差し替えは都教委が全都で決めたルールなので、現場の一教師がその生徒の権利を奪うことが許されるわけがありません。
私立高校の併願推薦(確約・優遇)は、この時期に確定しないと、後で追加・変更することができないのです。なぜかと言うと、中学校の方で取りまとめた上で、12月15日以降私立高校の方と折衝を行うからです。今年の日程で言うと、遅くとも12月13日(金)までに中学校の先生に明確に伝えていないと、受けることができなくなってしまいます。また、埼玉県や山梨県の私立高校を受ける場合は、中学校を通して交渉することができないので、生徒・保護者が個人的に学校と交渉して確約をもらって来なくてはなりません。このあたりのことは、一般的な受験生・保護者の方は意外とご存知ない方が多いので、注意してください。

いずれにしても、来週いっぱいくらいで最終結論を出さないといけません。受験生にとって、ある意味勝負所を迎えているのです。

今日は何の日?

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月29日 3:23 PM
  • 未分類

唐突ですが、皆さん、今日は何の日かご存知でしょうか? ちょっと考えれば、「いい肉」の日であることには気付くと思います。精肉会社や焼肉屋さんの涙ぐましい努力によって、だいぶ浸透して来たようです。「たまには家族で(家族でなくても)肉をガッツリ食べよう!」というのは悪い話ではありません。話は逸れますが、恋人同士で一緒に焼肉屋に食事に行くようになれば、ゴールイン間近であるという通説があります。確かに、初めてのデートで焼肉屋へ行くというのは、いろんな意味でないでしょうから、ある程度は当たっていると思います。
いや、違うんです。11月29日が金曜日と重なると(1/7の確率ですね)、「いい筋肉の日」なのだそうです。これも、トレーニングジムの皆様の涙ぐましい努力の賜物なのだと思いますが、ここまで来るとちょっとこじつけ感がプンプンしますね…

私は、ジムに通い始めて1年2ヵ月が経過しますが、ちょっと大袈裟に言うと、ジム通いを始めて人生が変わりました。体重や体脂肪が大きく減って(ついに肥満の領域を脱出しました)、確実に筋肉がついたことにより、疲れにくくなったり、力が出るようになったりという肉体的な改善もありますが、ストレスをほとんど感じなくなったり、訳の分からない有能感(力では負けないぜ!というような笑)が芽生えたりというような、気持ちの上でのプラス効果が大きいように感じています。おそらく、「テストステロン」等のホルモンの分泌が活性化したことが大きいのだと思います。中高年の皆様も、始めるのに遅いということはありません。ぜひジムに通うことを検討してみてください。(私の行っているところは)会費もそんなに高くありません。
手首を痛めていて、しばらくジムを禁止されていたのですが、本日病院に行って、無理しない程度にやるなら…という条件付きでOKをもらいました。禁断症状が出て来ているので(ほとんど病気だ)、嬉しい限りです。

内申点が続々と確定しています<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月28日 1:43 PM
  • 未分類

今週は、中3生の内申点確定週間です。昨日までに、すでに半分近くの生徒が「告知」をされています。一番遅い生徒は来週月曜日になります。
やはり今年も最後の最後になって上がった生徒が多いです。一番多いのはトータルで3点上がった生徒ですが、今のところ5点以上上がったバブリーな生徒は出ていません。(毎年何人か出るのですが…) ただ、都立高校のことを考えると、トータルで3点上がれば、(得点力が同じだとしても)受検校を1ランク上げることが可能なので、とても大きいです。
内申点について毎年感じることですが、やはり最後の最後は先生受けする生徒の方が有利です。もっと具体的に言えば、大人とコミュニケーションをきちんと取れる生徒ということになるでしょうか。口数が少なくて何を考えているか分からないような生徒は不利になってしまいます。授業中の積極性・意欲のところで評価に差がついてしまっていることもあると思いますが…
GSに通っている生徒たちの中で見ても、定期テストで同じ点数であっても、内申の評価に差がついてしまっています。これからお子様が中学生になるご家庭は、このことは知っておいた方がいいと思います。

最終的に確定した内申を基に、受験校の最終確定に入っています。中学校の三者面談より先に作戦を立ててしまう必要があるのです。なので、今週末から来週前半にかけては、我々もちょっとバタバタになってしまいます。
(次回に続く…)

日曜日も追い込みに入ります!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月26日 5:02 PM
  • 未分類

「秘密」と言うと大袈裟ですが、簡単に言うと、「都立中の作文で書く内容を、その場で初めて考えている生徒はいない」ということです。乱暴に言ってしまえば、暗記しているフレーズをつなぎ合わせて文章にしているという感覚だと思います。
「体験」についてがその最たる部分で、「体験ストック」と言って、こういうテーマで来たらこの体験を書くということを、生徒は少なくとも10パターン、多い生徒は30パターンくらい頭に叩き込んであります。入試問題を解く時は、テーマを確認した上で、どの体験にしようか頭の中のメモリーから探し出す作業をします。中には、「〇〇の1つ覚え」みたいに、何でもかんでも自分の得意体験パターンに持ち込もうとする生徒もいますが、意外とはまるように書ける場合が多いことに驚きます。
体験だけではなく、最初の結論や最後のまとめの書き方についても、自分の型をいくつか覚え込んでおいて、それをつなぎ合わせて書いている生徒は多いです。その際に、絶対に書いてはいけない流れやタブーの話題も併せて理解しておけば、尚良いと思います。都立中の作文は、厳密な論理性を要求されるわけではないので、それで高得点を取れてしまうのです。

ただし、このレベルに到達するためには、かなりの本数作文を書き込んでいなくてはなりません。GSの生徒たちは、少なくとも1日1本(週に7本)以上は作文を書いています。夏休みや冬休みは、毎日3~4本です。もちろん、1回書いて終わりではなく、採点して返却されたもの(原則、すべて当日中には返却しいます)で合格点に届かなかったものは書き直しもしなくてはなりません。ザッと計算すると、1年間で400本~500本くらいは書いている計算になります。
過去問については、自分が受検する学校についてはもちろん、ほとんどの都立中の問題を過去十数年分は解き切っています。それに加えて、840ページもある全国公立中高一貫校の過去問集(いわゆる銀本)をひたすら解いて来ています。北から順番に今九州地方に入ったところで、そろそろ終わりが見えて来ている状況です。
これだけの本数を生徒が書いているということは、当然私がすべて採点をしているということです。(銀本等も含めて、生徒には一切採点をさせていません。というか生徒にはできません…) このくらいのことをやらせる時は、講師も覚悟が必要だということです。
実は私、先週末くらいから手首を痛めていて、病院に行ったら「関節炎&腱鞘炎」と診断されました。でも、左手なので、採点のし過ぎが原因ではないと思います。ジムかな… しばらくバーベルやダンベルを持てないのが痛い…

日曜日も追い込みに入ります!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月25日 3:24 PM
  • 未分類

昨日の日曜特訓で、私は小6都立中クラスの作文の授業を担当しました。昨日も書いた通り、1日で作文の得点力を大きく伸ばすチャンスの日だと位置づけていました。前半は、過去問を1本解いて点数を出して、解説→やり直しといういつもの流れで授業が進みましたが、途中休憩を挟んで残り時間が2時間半となったところで、「都立中作文マラソン」の時間となりました。都立中の作文頻出テーマを書いたカードをたくさん用意しておいて生徒に引かせて、そのお題について400字の作文を書かせるというちょっと遊び心ある企画です。書けたらその場で採点して、合格点(70点)を取れたら次のカードを引いて…ということを繰り返して行きます。2時間半と言えば、だいたい一流のマラソンランナーが42km余りを走り切る時間です。その時間、休憩も取らずに作文を書き続けたわけです。
こんな経験をめったにできないと思いますが、マラソンで言うところのフローの状態になって書き続けると、作文に対する感覚が変わって来ることがあります。書くことへの抵抗・怖さがなくなって、自信を持って書くことができるようになることもありますが、言葉にできない「書ける感覚」が掴めて来る場合があるのです。あまり頭を使わずに、手が勝手に動いて行く感じでしょうか… この感覚を身につけるためには、とにかく1日に絶対的な量をこなすことが大前提なので、毎年この時期にこういう時間を取るようにしています。

ちょっと皆さんに考えてみていただきたいのですが、生徒たちは2時間半で400字の作文を何本くらい書き切ると思いますか? 点数にならないものをいくら書いても意味がないので、70点という合格点を取れた枚数です。
昨日は、一番書けた生徒で9本合格でした。16分で1本書き切るペースです。なかなかのハイペースだということがご理解いただけると思います。全生徒の平均は6本くらいです。これでも、普通の感覚からすると「書くのが速いなぁ」と感じる方が多いと思います。これには、一般の方があまりご存知ない「秘密」があるのです。
(次回に続く…)

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る