ホーム

GS進学教室

保護者面談継続中<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月27日 4:04 AM
  • 未分類

3つ目、これが一番やっかいなのですが、保護者の方が子どもに伝えたいことを間接的に伝えて欲しい(言い聞かせて欲しい)というものです。勉強や受験に関することならともかく、生活面や親への態度、中学校生活や部活、友人や異性関係、将来のこと等について、親がうまく指導できないので代わりにお願いしますというケースが多いです。受験に関することで言うと、志望校が親と子供で食い違っている時に、親が考えている方向に誘導したいという場合もあります。

1つ例を挙げましょう。志望校に向けてまだ成績が足りなくて、勉強の追い込みに入っていなければいけない時期に、家で携帯ばかりいじっていて全然勉強時間が確保できていない生徒がいるとします。家での生活管理の部分ですし、そもそも携帯を買い与えたのは親なのですから、本来は保護者の方の責任で改善させるべき事案だと思います。しかし、これがなかなかうまくいかないケースが少なくないのです。そもそもそれで言うことを聞くような生徒であれば、勉強しなければいけない時期にそういう状況にはならないでしょう。最近は、こういう部分も含めて塾講師の仕事だと割り切るようにしていますが、やはりちょっと複雑な思いはあります。
それ以外の部分も含めて、子供と真剣に向き合えなくなっている保護者の方の割合が増えているような気がします。(GSにお通いいただいてるご家庭は、全体と比較するととても少ないとは思いますが…) ちょっとしたことを子供に伝えたり、行動を改めさせることが、とても大変なことになってしまっているのです。

そういう生徒たちでも、我々が真剣に向き合えば話は伝わるし、行動についても(一時的には)改善させられることが多いです。親の言うことは聞かないのに塾講師の言うことを聞くというのは、単に立場の違いによるものです。このことを以って、塾講師はすごいだろということではありません。指導力に定評のある教師が、自分の子供に対しては指導が通らないというのはよく聞く話です。
ただし、塾講師が誰でもその役回りができるかと言うと、残念ながらそうではありません。経験もあると思いますし、生徒・ご家庭と本気で関わる覚悟を決めないと難しいでしょう。我々は、行動を改めさせるために、その場で携帯を確約してもらったり、毎日夜中に家に電話したり、家に乗り込んだり(!)ということを当たり前のようにしているので、生徒も観念せざるを得ないのだと思います。
しかし、これが本当に生徒のため、ご家庭のためになっているかと考えると、そうでない場合の方が多いと言わざるを得ません。
(次回に続く…)

保護者面談継続中<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月26日 1:37 PM
  • 未分類

保護者面談の際に私どもがいただく「宿題」は、大きく分けて3種類あります。

1つは一番多いパターンですが、「〇〇が苦手なので対策を立てて欲しい」とか、「勉強の仕方をもう少し細かくレクチャーして欲しい」とか、どちらかと技術的な部分のものです。この時期(1学期)は、国語の漢字・英語の単語・数学の計算に関する相談が多いのも特徴です。これはそんなに難しい話ではなく、授業の前後や休み時間に生徒本人と話をした上で、課題を与えて点検してあげることでだいたい解決します。苦手な部分は、勉強の量が足りないケースがほとんどなので、きちんと勉強をさせてあげれば、少しずつ結果につながってきます。

2つ目は、「受験生としての意識が甘いので話をして欲しい」とか、「家でまったくぶったるんでいるので締めて(絞めて?)欲しい」とか、精神的・気持ちの部分のものです。中学生の男子生徒に多いのが特徴ですが、最近は女子生徒や小学生でも結構そういう話になります。確かに、家で保護者の方が小言を言ってもあまり効果はないので(というか逆効果のことが多い)、その必要があるのであれば我々の方からさせてもらった方がいいと思います。なぜか中学入試をした中学生に多いのですが、定期的にガツンとやって刺激を与えてあげないと努力が継続できない生徒が一部にいることも事実です。
一番困るのは、塾ではとてもよく頑張っていて成績も上がってきているのに、保護者の方から「締めてくれ」依頼をいただいてしまうケースです。塾ではこれだけ頑張っていて成果にもつながっているということをご説明しても、家での様子を毎日見ている保護者の方は納得ができないようで… そういうケースは、生徒本人を呼んで勉強についての話をした上で、家での過ごし方や親との関わりについての話をすることになります。「母ちゃんに心配かけるなよ…」と、切々と諭す場面もあります。
(次回に続く…)

保護者面談継続中<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月25日 1:07 PM
  • 未分類

3つ目、これが一番重要な点だと考えているのですが、面談にお越しいただいた保護者の方に元気になって帰っていただくことです。
ただし、元気になっていただくと言っても、面談で耳触りの良いことばかりをお伝えするというわけではありません。どちらかと言うと、GSの講師たちは歯に衣着せずはっきり申し上げることが多いため、他の塾の「事なかれ面談」に慣れてしまっている保護者の方は、驚かれることが多いようです。「ダメなものはダメ」、「できないことはできない」と言いますし、感じていることはそのままストレートにお伝えします。面談の場で腹の探り合いをしても、生産性が上がらないからです。
今回の面談でも、志望校に対して「今のままでは合格可能性は0です」とお伝えせざるを得なかった方も何人かいました。ただし、そこで終わってしまったら意味がないので、現状の課題を明確にして、今後どうしていくかということを、提案したり相談して決めることになります。今のままだと可能性が0なのですから、本人の意識・取り組み等を相当変えてあげないといけません。結果として、面談が終わる時に(あるいはその後の生徒の様子の変化で)、不安な点が多少解消できると共に、今後の方向性が少し具体的に見えて安心していただければいいわけです。

その際に、前述したようにこちらが「宿題」をいただくことになることが多いわけですが、この宿題の内容は大きく分けて3つのパターンに分けることができます。
(次回に続く…)

保護者面談継続中<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月23日 7:56 PM
  • 未分類

5月は保護者面談月間となっています。平均すると、毎日2名の方とお会いしているような状況です。現在7割くらいの方との面談が終了したところです。
この時期の保護者面談の目的を列挙してみます。

〇塾やご家庭での様子・成績等を共有化する
〇問題点があれば、今後の対策を検討(決定)する
〇志望校を確認(決定)する
〇保護者の方が不安に感じていることを解消していただく
〇保護者の方のご要望を承る
〇塾での今後のスケジュール等をお伝えする

私が保護者面談に臨むにあたって、特に気をつけていることが3つあります。
1つは、極力「聞く」ことに徹することです。場合によっては「聴く」ことが必要になる場面もあります。(「聞く」と「聴く」の違いは、カウンセリングの世界では常識なのですが、ここでは解説しません…) しかし、結果としてはどうしてもこちらの方がたくさん話すことになってしまう場合もあります。そういう時は(密かにですが)反省しています。
2つ目は、宿題を持って帰るのは保護者の方ではなく、塾側だということです。特に小学生で状況が思わしくない場合に、ご家庭でこうして欲しいとか、こういう部分で協力して欲しいとか、お願いをしてしまうケースががあります。もちろん、最低限でそういう部分はあってもいいと思うのですが、あれもこれもということになると、保護者の方の負担感が増えてしまいます。「そういうことが家ではできないから塾に通わしているのに…」という不満を感じてしまう場合もあるでしょう。子供の状況を変えてあげるために、塾でやるべきこと(宿題)をお約束した上で、「塾でこういう風にするから、家でもこの部分については協力して欲しい」という言い方をするように心がけています。中学生の場合は、家でこうして欲しいとお願いしても無駄になる場合が多いので(笑)、あまりそういう場面はありません。
今週も、たくさん「宿題」をいただいてしまって、ちょっと大変です…
(次回に続く…)

大阪の住民投票の結果を見て感じたこと<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月21日 8:37 PM
  • 未分類

今回の住民投票の結果を受けて、若い皆さんが政治や社会に対して閉塞感を感じなければいいなと考えています。(私が一番書きたかったのはこの点です) あの年代別のグラフを見てしまうと、「若者がいくら主張したとしても、どうせ高齢者の意見が採用されてしまう」とか、「選挙に行っても意味がない」とか感じてしまうことがあるだろうと想像します。また、今後数十年間で、少子高齢化が一気に進むので、20代の人口が減って、60代以上の人口が増えることは(大阪に限らず)既成事実となっています。そのことを踏まえて考えると、ますますその思いが募ってしまうのかもしれません。
選挙の際に投票に行くことはもちろん、公職選挙法で許されている範囲でネット・SNS等で意見を表明したり、様々な場面で政治や社会に積極的に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか? (これは、私の若い頃の自戒も込めて書いています…) 特に、ネット選挙が解禁になって以降、若い皆さんの出番は確実に増えてきていると感じます。今後ネット投票をできるようにしようという議論も当然出てくるでしょう。

一方で、今回の大阪都構想についても高齢者の方の反対でつぶされた形になっているため、「10年後・20年後のことを本当に考えているのか?」とか、「高齢者は保守的すぎて話にならない…」というような意見も多数目にしました。私は、これについても少し違う感じ方です。高齢者の方が保守的なのは当たり前ですし、年金受給や医療・福祉の部分が少しでも削られてしまう可能性があるのであれば、不安になるのは当然だと思います。歳を取れば取るほど、現状を維持したい、これ以上悪くなりたくないという本能的な部分が思い・行動として出てくることもあると思います。
今回の大阪都構想に限らず、現在の財政状況を改善するために、一定みんなで痛みを分かち合わなくてはならないということは事実だと思います。今回は、橋下さんの発言や今までの行動から、その部分に不安に感じてしまった高齢者の方が多かったということだと分析しています。反対派がそこをうまく誘導したという言い方もできるのかもしれません。

私は、橋下さんは好きな政治家なので(あくまでも個人的なキャラクターをということですが…)、引退を正式に表明されたことはとても残念です。まだ(私と較べても)お若いので、別の道でこれからもご活躍いただきたいと思います。

ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月20日 8:30 PM
  • 未分類

<ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正>

4月25日~5月1日付「それでも自転車に乗りますか?<全5回>」の記事内容について、内容的に問題があるというご指摘を多数いただきました。(警察庁の方からもいただきました) 私の(小さな塾の)ブログに書いただけであれば、こんなに大きな反響につながらなかったと思いますが、いくつかのニュースサイト・まとめサイト等に転載され(いずれも報酬関係は存在しておりません)、そのうちの1つが桁違いのアクセス数があり、その内容が各種SNS等で拡散されたために、大きな混乱を招いてしまったようです。誠に申し訳ございませんでした。以後情報発信する際には、内容等についてより慎重に精査し、誤りや誤解を招くような表現をしないように注意してまいります。また、今回の件だけで電話・メール・ブログのコメント・SNS等で数百件に及ぶご指摘・問い合わせをいただきました。そのすべてについて返信等でお答えすることができないことをご容赦ください。ご丁寧にご指摘いただいた皆様、誠にありがとうございました。

以下の点について訂正させていたたきます。
〇6月1日以降も自転車の違反に「青切符」は導入されません。
→私も、今までの自動車の違反と同じような反則金と連動する「青切符」が導入されるという認識はありませんでした。しかし、元の原稿を読み返してみると、「青切符」と断言してしまっている部分もあり、そのように理解されても仕方ないと思いました。摘発された場合は、1度目の違反から「赤切符」になります。ただし、不起訴になって罰金の支払いが免除になったとしても、安全講習受講の条件の違反回数には1回としてカウントされるとのことです。
〇安全講習の受講及びその際の費用徴収についても、「青切符的制度」ではありません。
→裁判所に出頭しての罰金の支払いや、前科として残ることがないという意味で、「青切符・反則金と同じ位置づけである」と私が感じて書きましたが、これが的外れであるとのことです。今までの摘発・罰金の支払い等に加えて、安全講習の受講を義務づけるという考え方に基づいているので、お手軽に安全講習受講をどんどんさせるという趣旨のものではないということです。

警察庁の方からも、上記の2点については訂正して欲しいというご指摘をいただきました。ただし、それ以外の自転車の安全運転の啓蒙や保険の加入奨励等については、感謝のお言葉もいただきました。どの程度摘発が厳しくなるのかという点については、最終的にお答えをいただけませんでした… 

大阪の住民投票の結果を見て感じたこと<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月19日 4:30 PM
  • 未分類

以上のことから導き出される結論は、世代間での投票率の差がかなり大きいだろうということです。20代の投票率がかなり低く、60代・70代の投票率がかなり高いことが予測されます。
現時点でこの年代別のデータは公表されていませんが、過去のデータを紐解いてみると、大阪市に限らずどの地域でもこの傾向ははっきりしています。例外なく、年代が上がるほど投票率は上がりますし、60代・70代の投票率は、20代の2倍~3倍にもなるケースが多いです。この状況のために、世代ごとの人口が同じくらいであっても、高齢者の方の考えが反映されることになる場合が多くなるわけです。

もう1つ、昨日のブログを書いた後に気付いたのですが、期日前投票の影響も大きかったのではないでしょうか? 今回は、期日前投票をした方の数が、全投票者の20%以上もいたのです。この部分については、組織票も多かったようですし、病院や老人ホーム等での投票も結構あったようですので、当然年代が上の方の割合が高かったことが推測されます。そうであるらば、反対票の割合も(当日投票よりは)高かったはずです。
一方、出口調査というのは、(当たり前ですが)当日投票をした方の分しか反映されていません。そのあたりのことも、私が昨日感じた違和感の理由になっているのではないかと思いました。

ただ、私はこのことによって、「こんな大事なことを決めるのに投票に行かないなんて、最近の若者はけしからん。おかげで高齢者の考えが優先されて、都構想がつぶれてしまったじゃないか…」という考え方には賛同できません。確かに、20代・30台くらいの若い世代の方がもっと投票に行っていれば、結果は違っていたかもしれません。当日忙しかったら、期日前投票にも行けただろうという指摘もその通りだと思います。
しかし、このことは何も今に始まったことではないのです。笑い話のようですが、今の高齢者の方が若者だった頃(30~40年前くらい前)のデータを見てみると、やっぱり20代の投票率が一番低いのです。今よりは、少しその差が小さい感じはしますが、年代が上がるほど投票率が高くなる傾向も変わっていません。今の若者が政治に無関心でダメなのではなく、社会の構造的にそういうことになってしまっているのです。
お恥ずかしい話ですが、私自身のことを振り返ってみても、20代の頃はほとんど選挙に行きませんでした。日曜日にほとんど仕事があったからということもありますが、前述した通りそれは理由になりません。30代になって少し行き始め、40代ではさらに機会が増えて、今はほとんど欠かしたことがありません。これから50代・60代では、おそらく(自分の)投票率はかなり高くなると思います。政治的関心が高まったというよりも、生活に余裕ができたり、同世代がみんな行くからとか、話題に乗り遅れないようにというような消極的な理由が大きいように思います。
(次回に続く…)

大阪の住民投票の結果を見て感じたこと<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月18日 5:17 PM
  • 未分類

昨日、大阪都構想の是非を問う住民投票がありました。この投票は法的拘束力を持つため、賛成が1票でも上回れば2017年度からの大阪市の分割が決定するところでした。結果についてはご存じだと思いますが、僅差で反対多数・否決となりました。開票率90%を超えてもまだ接戦だったため、思わずテレビの前を動けなくなりました。(余談ですが、テレビの生中継よりもネットの情報の方が開票率が上がっていくのが早かったことには驚きました…) 戦前の予想では、もっと差がついての反対多数と言われていたので、最後の最後で橋下さんを筆頭とする賛成派がかなり巻き返したという言い方もできるのだと思います。

この結果については、橋下さんもおっしゃっていた通り、大阪市の「民意」ですから、外野の私がとやかく言うべきものではありません。ただし、結果の詳細を眺めていて、何か釈然としない感じを受けたことは否定できません。
一番は、年代別の投票結果と全体の結果との整合性が取れていないように感じたことです。このブログを書いている時点で、年代別の投票率や賛成・反対の結果は公式なものとして発表されていません。(私の探し方が悪いだけかもしれませんが…) 私の手元にあるのは、マスコミが行った出口調査の結果です。3社のものがあるのですが、だいだい似たような結果です。その結果を見る限り、20代~40代は圧倒的賛成多数、50代・60代は拮抗(2社の出口調査では賛成が過半数です)、70代以上のみが圧倒的反対多数という状況でした。そのデータを見る限り、年代別の得票数を合計しても、全体の結果につながるようには見えないのです。

もちろん、出口調査の結果ですから(サンプルがそんなに多くなく)偏りがあるでしょうし、実際の年代別の結果とは誤差があるのかもしれません。さらに、少子高齢化により、70代以上の方の数がかなり多いのではないかと感じて調べてみましたが、これも違うことが分かりました。大阪市は、実は30代・40代の人口が多く、70代の人口よりも多いのです。(一番少ないのは50代・次が20代ですが、世代別の人口の偏りはあまりないという言い方が正しいと思います)
そうなると、結論はただ1つしか考えられません…
(次回に続く…)

大学入試改革の影響は中学入試にも…<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月16日 4:40 PM
  • 未分類

もう1つの大きな波は、ずはり「英語入試」です。小学校で英語が正式な教科となることが決定してから、入試科目に英語を取り入れる中学校が少しずつ増えてきてはいましたが、今春の入試で一気に導入校が増えました。都内だけでも、(帰国枠ではなく一般枠で)20校以上が「英語入試」を実施しています。もちろん、5年後の大学入試におけるグローバル化を見越してのものです。新しい大学入試の制度下では、TOEFL等の外部テストが必修化されるという話も含めて、今までの暗記型ではない本格的な英語力が必要とされるようになることが予測されています。それを意識しての改革であることは、論を待ちません。
だたし、今年の入試科目に英語を取り入れている中学校でも、さすがに英語を必修としている中学校はありません。(一部の帰国性入試やグローバル入試を除く) 国語・算数・英語の中から2教科選択という形や、国語・算数・理科・社会・英語から3教科~4教科選択というような形となっていた中学校がほとんどです。算国理社の4教科の中で極端に苦手な科目があって、英語を早い時期から習っていてそこそこできる生徒が、その苦手な科目を英語に替えて受験するような使われ方が多いと思います。帰国子女等で特別な事情がある生徒も一定数いるでしょう。ただし、私もいくつかの問題を見てみましたが、どの中学校も英語のテストは非常に簡単なので(私でも満点近く取れるような問題がほとんどでした。当然ですけど…)、帰国子女レベルの生徒が極端に有利ということはないように感じました。

2020年から小学校で英語か正式の教科となり、通信簿の評定にも入ってくるようになると、今は英語の入試を行っていない中学校も何らかの対応をしなくてはならなくなるなってくるはずです。英語の科目を(一般枠でも)必修とする中学校が出てくるかもしれません。この件で、頭を悩ませている中学校の先生方も多いようです。
入試が変わってくれば、当然塾としても対応していかなくてはなりません。現時点ではまだ様子見の段階ですが、2~3年後を目途に具体的に考えていくことになると思います。

クールビズ

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月14日 12:42 PM
  • 未分類

手元の気温計で30度を超えました。真夏日です。明日も同じような感じになるようですが、聞くところによると、5月に3日連続で真夏日となるのは観測史上初とのこと。
最近、春と秋が短くなっているように感じるのは私だけでしょうか? ついこの前まで寒かったと思うのですが… 我が家の炬燵を撤去したのは2週間ほど前でした。
今年の夏は蒸し暑くなるようですね。今日も外を歩いていると結構堪えるのですが、40度近くになる時期はどうなってしまうのか、今から不安です。

ということで、GSは本日より「クールビズ期間」とさせていただきます。当面、5月中は(まだ涼しくなる日もありそうなので)「併用期間」とさせていただきますが、6月1日以降は完全に移行します。
ご理解の程、お願い申し上げます。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る