ホーム

GS進学教室

都立高校入試終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月22日 1:39 PM
  • 未分類

都立高校の入試が終了しました。インフルエンザ等が流行り始めている中で、全員が万全の体調で入試本番に向かえたことは何よりでした。「とにかくやり切った感」を持って帰って来られた生徒が多かったのも良かったです。

自校作成問題は、全体的に難化しているように思います。上辺の知識だけでは解けない問題が多く、ハイレベルの演習も含めて、かなり踏み込んだ学習をしていないと合格点は取れません。一方、共通問題の3科目(英・数・国)は組し易い感じになりました。この部分でも「差別化」を図っているように感じます。
理科の問題が難化してしまいました。生徒たちには、特に最後の追い込み期は、「100点を取りに行く戦い」をイメージさせて取り組んで来ましたが、今年の問題はなかなかしんどかったと思います。1問1問取り出せば(そして教師が見れば)大したことないのですが、問題文が不必要に長くなったり、3つ〜4つの細かい知識がすべて分かっていないと点数にならないような問題が増えたりして、点数を取りにくくなっています。昨年と較べると平均点(合格必要点)がかなり下がることは間違いありません。

今年の最大の問題点は、合格発表まで10日間も間が空いてしまうことです。私の知る限り、待たされる日数は過去最長です。マークシートを導入していながら、都教委はいったい何をやっているのかまったく理解不能です。ちょっと生徒たちが可哀想ですね。特にボーダーライン上の生徒にとっては、苦しい10日間だと思います。

いよいよ明日都立高入試!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月20日 9:02 PM
  • 未分類

長い長い入試の戦いも、いよいよ最終局面を迎えました。明日、都立高校の一般入試です。中学入試は1月10日から、高校入試は1月18日からスタートして、丸々1ヵ月以上に渡って五月雨式に入試が続いていました。生徒・保護者の方はもちろんですが、我々塾講師にとっても、体力的にも精神的にもなかなかしんどい1ヵ月でした。
今年の中3生たちも、本当によく頑張って来たと思います。この1年間で、成績や得点力はもちろん、人間的にも一回り二回り成長したなぁと感じる生徒が多いです。結局。明日都立高校を受検に行く生徒は在籍者の半分くらいとなってしまいましたが、全員に十分合格の可能性があります。本日も先程まで最後の授業が行われていましたが、適度の緊張感の中で、とても良い雰囲気でした。私が素晴らしいなぁと思うのは、すでに進路が決まっている生徒たちも、誰1人途中で落伍することなく、本日まで一緒に勉強をやり切って来たことです。傍から見ていると、誰が明日受験する生徒で誰が受験しない生徒なのかが分からない感じです。
もうここまで来ると、我々は祈るしかありません。頼む、頑張れ、頑張ってくれ~!

新中1は残席僅かとなりました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月18日 8:22 PM
  • 未分類

GSは、教室があまり大きくないこともあり、少人数定員制で運営しています。各学年最大2クラスまでしか設置することができません。そのため、毎年満席となり募集停止となってしまう学年が出てしまいます。
現在の状況で言うと、新中1は徐々に生徒が増えて来て、2クラスがほぼ満席に近くなっています。残席は数名となりました。新中2・新中3もそれに近い状況となっています。入塾をお考えの方は、お早めにご連絡ください。一度募集停止となってしまうと、しばらくお待ちいただくことになる可能性があります。数年前に、中1のこの時期に満席募集停止となり、ウェイティングの生徒が10名以上となって、中3の5月まで順番が回って来なかった年がありました。
また、GSはカリキュラム進度がとても早いので、そういう意味でも早めの入塾をお勧めします。科目にもよりますが、中1のうちに中2の半分くらいまで、中2までに中3の分をほぼ終了してしまう科目もあります。

入塾に際しては、体験授業と三者面談をお受けいただく必要があります。授業について行けるかどうかというよりも(最初はついて行けないのは仕方ないことなので…)、本人の意欲と保護者の方の覚悟を確認させていただくことが目的です。

残すは都立高校入試本番のみ!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月17日 9:03 PM
  • 未分類

昨日で、私立高校の入試がすべて終了しました。あと残すは、今週金曜日に都立高校の一般入試のみです。
昨日は最後の日曜日だったので、授業を5時間半みっちり行いましたが、その前後も生徒たちは過去問を解いたり、暗記物を詰め込んだり、各自必死に取り組んでいました。本日は授業はありませんが、ほとんどの生徒が自習室に籠って勉強しています。講師に記述の採点をしてもらっている生徒も多いです。さずかにみんな、目の色が違います。毎年思うのですが、この集中力が1年間続いたら、とんでもないくらい成績が上がるのになあと…

結局、都立高校を受検するのは、在籍者の半分くらいになりました。今年度のスタート当初は、都立志望の生徒が圧倒的に多かったのですが、少しずつ私立(特に付属高校)に流れ始め、私立高校無償化の枠拡大が最後のひと押しとなり、半分の生徒がすでに進路が確定してしまいました。もちろん、私立で満足できるところに合格した生徒が多いということでもあります。
さあ、あと4日。最後の追い込みを効かせて、「都立高校全員合格!」を達成したいと考えています。

都立高校一般入試最終応募者数確定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月15日 12:02 PM
  • 未分類

今日は、多摩地区の学区2~3番手校をまとめます。
最初の段階で倍率が低かった高校は上がり、高かった高校は下がったところが多く、最終倍率は1.2倍~1.8倍の間に収まりました。そういう意味では、この「願書差し替え」という制度は、倍率調整機能として機能していると言えます。

町田 男子 1.2 - 3
町田 女子 1.2 + 4
日野台男子 1.6 -13
日野台女子 1.6 - 8
南平 男子 1.4 + 6
南平 女子 1.3 +13
昭和 男子 1.5 - 6
昭和 女子 1.7 -10
武蔵北男子 1.2 + 9
武蔵北女子 1.4   0
小金北男子 1.6 + 1
小金北女子 1.7 - 6
調布北男子 1.5 + 1
調布北女子 1.8 + 1

都立高校一般入試最終応募者数確定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月14日 7:50 AM
  • 未分類

都立高校の一般入試は、昨日の願書差し替えの結果を受けて最終応募者数が確定しました。
各校の倍率と差し替えによる増減数をまとめます。
今日は進学重点校と中高一貫校・進学重視型単位制高校です。
      
日比谷男子 2.2 - 2
日比谷女子 2.1 - 4
戸山 男子 2.5 - 7
戸山 女子 2.1 - 8
青山 男子 2.4 -16
青山 女子 2.3 -12    
西  男子 1.9 - 4
西  女子 1.9 - 1
八王東男子 1.4 +10
八王東女子 1.6 + 1 
立川 男子 1.8 -14
立川 女子 1.8 + 1
国立 男子 1.6 + 2
国立 女子 1.7 - 4
武蔵 男子 1.4 + 4
武蔵 女子 1.3 +12
大泉 男子 1.2 + 8
大泉 女子 0.7 - 2
富士 男子 1.3 + 3
富士 女子 1.2 + 4
新宿 共通 2.0 + 6
国分寺共通 1.6 - 9

一般的に、進学指導重点校の最難関校は差し替えで応募者が減る場合が多いのですが、やはり八王子東・武蔵・富士あたりは増えましたね。みんな考えることは同じだったようです…
日比谷・戸山・青山は少し減りましたが、それでもかなり厳しい戦いになりそうです。都立高校も、いつの間にか「東高西低」の状況が定着してしまいました。

都立中入学辞退者数

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月13日 10:31 AM
  • 未分類

都立中に合格して、入学手続きをしなかった生徒の数を以下にまとめます。トータルでは例年並みの数です。辞退数の多さの順位は、例年とほぼ同じ位置付けになっています。もちろん、難関私立中との併願者(合格者)が多い学校が辞退数も多くなりす。私は、これがそのまま学校の、特に大学受験のところのレベルと相関関係がある(出てくる)と考えています。
繰り上げ合格はこの人数より少し多めに出ています。補欠が繰り上がっても、入学意思を示さなかった生徒が一定数いたからです。(この人数も都心部の中学校の方が多いようです)

~都立中合格者の入学辞退数~( )内は昨年数

小石川 28名(21名)
桜修館 11名(18名)
武蔵  11名( 7名)
大泉   9名(10名)
三鷹   9名( 6名)
白鴎   8名( 7名)
両国   5名( 5名)
立川国際 5名( 3名)
南多摩  3名( 2名)
富士   1名( 3名)
合計  90名(89名)

都立中入試終了→高校入試スタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月10日 1:09 PM
  • 未分類

昨日、都立中の合格発表がありました。今年は、GS始まって以来最も在籍者・受検者が多かったのですが、半分くらいの生徒が合格を勝ち取って来てくれました。全体の倍率が6倍近い中で、みんなよく頑張ってくれたと思います。しかし、模試の成績や過去問の点数からすれば十分可能性があったのに、残念な結果となってしまった生徒もいるので、我々の中では悔しさの方が強いです。
私は作文を担当していたので、今年はとにかく大変でした。大袈裟に言うと、1年中ずっと作文の添削をしていた感じです。1人あたりの生徒が書いた作文(書き直しも含めて)の量は、おそらく全国でどこにも負けていないはずです。そんな状況の中、「作文は必ずその日のうちに返却する」というマイルールを設定していたので…(>_<)
休む暇なく、本日より新中1の授業がスタートします。英語と数学は、春期講習会までに中学校で1学期に学習する単元をほとんどやってしまいます。中学校でも最初のテストの結果がとても重要です。中学入試で悔しい結果となり、高校入試でリベンジを誓った生徒たちは、3年後に向けた戦いが始まることになります。

我々も、中学入試が終わってホッと一息つきたいところですが、そうも行きません。今日から都内の高校入試がスタートしています。昨日も前日特訓で、最後までみっちり鍛えました。みんな、とても良い表情でした。気合いは入っています。そろそろ生徒が帰って来る時間です。中学入試同様、今日の夜から合格発表が始まります。緊張感に包まれた日々が、まだまだ続きます。

都立高校一般入試応募者数確定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月8日 12:55 PM
  • 未分類

今年の都立高校全体の倍率は1.40と倍となりました。これは、昨年と並んで今の入試制度となってから27年間で最低の倍率です。
私立高校無償化枠拡大の影響は、欠席率(私立高校に合格して都立高校は受けなくなる)のところに出て来ると予測しています。
今日は、多摩地区の学区2~3番手校を中心にまとめます。
    
       昨年 → 今年
町田 男子 1.5→1.3
町田 女子 1.5→1.2
日野台男子 1.3→1.7
日野台女子 1.5→1.7
南平 男子 1.9→1.4
南平 女子 1.7→1.2
昭和 男子 1.5→1.6
昭和 女子 1.7→1.8
武蔵北男子 1.4→1.2
武蔵北女子 1.4→1.4
小金北男子 1.6→1.6
小金北女子 1.5→1.7
調布北男子 1.7→1.5
調布北女子 1.7→1.8

このレベルの高校は、毎年ほぼ同じ水準で推移しているところが多いのですが、ここ数年は大きく受検者数が上下している高校も目につきます。
八王子地域で言うと、町田・南平が下がり、日野台が上がりました。

都立高校一般入試応募者数確定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年2月7日 12:23 PM
  • 未分類

都立高校一般入試の出願が昨日で締め切られ、出願数が確定しました。
各校の倍率を昨年と比較して列挙します。
今日は進学重点校と中高一貫校・進学重視型単位制高校です。
      
       昨年 → 今年
日比谷男子 2.5→2.3
日比谷女子 2.1→2.1
戸山 男子 2.6→2.5
戸山 女子 2.2→2.2
青山 男子 2.3→2.5
青山 女子 2.1→2.4 
西  男子 1.7→1.9
西  女子 1.6→1.9
八王東男子 1.2→1.3
八王東女子 1.3→1.5
立川 男子 1.7→1.9
立川 女子 1.6→1.8
国立 男子 1.7→1.6
国立 女子 1.7→1.7
武蔵 男子 1.7→1.3
武蔵 女子 1.2→0.9
大泉 男子 1.8→0.9
大泉 女子 1.5→0.8
富士 男子 1.6→1.2
富士 女子 1.4→1.1
新宿 共通 2.2→2.0
国分寺共通 1.9→1.6

進学重点校等最難関レベルの高校は、今年も東高西低の状況となりました。都心部の高校は倍率が高く、多摩地域の高校は倍率が低いということです。その分、多摩地域の私立付属高校(早慶・MARCH等)は、どこも厳しい戦いとなっています。八王子東(特に男子)は定員割れの心配もされていましたが、「そこまで倍率が低いなら…」と考えた受験生が一定数集まって来ているようです。
戸山・青山は依然として厳しい戦いです。今の時点で倍率が2倍を超えている高校は、かなり厳しい戦いになることは間違いありません。
注意が必要な点が3点あります。

〇2月12日・13日のところで、願書の差し替え・再提出ができます。それによって多少出願数・倍率が変動する場合があります。
〇高校によって当日の欠席率にかなり違いがあります。同じ進学重点校の中でも、例えば日比谷・西(特に男子)は例年欠席率が高いですが、八王子東はとても低いです。地域性と、併願している私立高校・国立(こくりつ)高校の人気度の違いによるものです。分かりやすく言うと、日比谷や西はここから倍率が下がる可能性が高く、八王子東はほとんど下がらないということです。
〇中高一貫校は、現時点で定員割れとなっている高校が多いのですが、もともと定員が少ないので注意が必要です。男女各30名ほどしか募集をしません。差し替えや当日欠席によって、倍率が大きく変動することがあります。学校によっては、最終的に全入になることもあります。逆のケース(差し替えで倍率が上がる)の方が多いです。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る