ホーム

GS進学教室

都立高校推薦入試応募者数確定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月21日 2:06 PM
  • 未分類

都立高校推薦入試の応募者数が確定しました。推薦入試については願書の差し替えがありませんので、これで最終確定となります。この間お伝えして来た通り、都立高校第一志望の生徒数(率)は年々減って来ているのですが、今年の推薦入試については、出願者数が昨年より1300名ほど増えています。コロナの状況もあり、少しでも早く安心したいと考えた受検生が多かったことと、集団討論がなくなったため、(対策に時間を取られないので)とても受けやすくなったことが大きいようです。
進学指導重点校と多摩地区の学区2~3番手校について、倍率の3年間推移を列挙しておきます。合格者は定員ピッタリしか出さないので、これが実質倍率になります。

        19年→20年→21年
日比谷(男子) 3.1→2.5→3.0
日比谷(女子) 3.8→4.3→4.6
戸山 (男子) 4.0→3.6→4.0
戸山 (女子) 4.4→4.7→5.0
青山 (男子) 5.9→4.4→6.1
青山 (女子) 7.1→7.1→9.8
西  (男子) 3.2→2.5→3.2
西  (女子) 4.1→4.3→4.8
八王東(男子) 1.6→1.5→2.7
八王東(女子) 2.7→2.5→3.8
立川 (男子) 2.2→2.7→3.9
立川 (女子) 3.7→3.5→4.0
国立 (男子) 2.9→3.3→3.4
国立 (女子) 3.9→4.3→4.8
町田 (男子) 1.9→1.8→2.1
町田 (女子) 2.7→1.7→3.1
日野台(男子) 1.7→2.7→2.5
日野台(女子) 2.8→2.8→2.9
昭和 (男子) 2.9→2.5→2.9
昭和 (女子) 3.5→4.4→3.2
武蔵北(男子) 2.3→2.1→2.8
武蔵北(女子) 3.3→3.4→4.3
小金北(男子) 1.5→1.3→2.1
小金北(女子) 2.8→2.9→3.2
調布北(男子) 1.7→1.6→2.2
調布北(女子) 2.0→2.6→3.0

この一覧を見ていただければ一目瞭然ですが、トップ校・人気校が軒並み受検者数を増やしています。特に都心部の難関校の倍率がとても高くなっています。青山(特に女子)の倍率が毎年高いのは、他の学校より定員を減らしているからです。
例年のことですが、女子の人気校の倍率が高いです。倍率の男女格差がかなり大きくなった高校も多いです。男女でかなり合格ラインに差がつくことになるはずです。
多摩地区の高校(特に男子)の人気が落ちて来ていたのですが(昨年までは推薦入試で倍率2倍を切っているような高校が結構あった)、今年はどこの高校も過去数年では一番倍率が高くなっています。内申点で見ても、昨年よりかなり合格ラインが上がる高校が多くなるはずです。作文・小論文の比重を高くしている高校が多いので、そこでの一発逆転もありそうです。
来週火曜日が入試です。例年は2日間に渡って入試を行った高校が多いのですが、今年はコロナの状況を踏まえて、1日のみで終了します。

今週は高校入試のスタートです!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月18日 6:08 PM
  • 未分類

昨日で中学入試の前受験と大学受験の共通テストがすべて終了しました。いつも以上に力を出し切れた生徒、ミスをしたことに気付いて悔やんでいる生徒様々ですが、いずれも1月の戦いはこれですべて終了なので、次はいよいよ2月1日以降の本命校入試となります。
今週金曜日からは、私立高校の入試がスタートします。東京の高校の単願(第一志望)推薦入試と、埼玉県の併願校受験です。都立高校の推薦入試は来週です。第一志望校の推薦入試を受験する生徒は、当然ここで合格すれば受験が終了となります。さずかに緊張感が漂って来ています。最後の詰めをしっかりさせて、送り出したいと思います。

今週から本格的な入試期間に入ることもあり、校舎内の人口密度を下げるために、学年・クラスによっては、本日から授業の一部をオンラインに切り替えています。校舎全体で、受験生に協力してもらっている形です。受験生は、体調に注意して全力で戦って来て欲しいと思います。

大学入試・都立中入試もスタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月16日 1:05 PM
  • 未分類

いよいよ大学入試もスタートです。本日から「共通テスト」が始まりました。
今年の高3生は、受験について本当に大変な思いをして来ました。6年前から大学入試の制度が変わると言われ続け、そのほとんどが1年前になってボシャり、問題の形式・内容だけが大きく変わるという状況です。過去問もありませんし、問題例や予備校の模試もブレているので、今日から蓋を開けてみないと、どんな問題が出題されるのかよく分からないという入試です。それに加えて、このコロナ禍です。最後の1年間、学校や予備校も休みの期間が多く、息抜きに出かけることも許されず、家に閉じこもって悶々と受験勉強を続けて来ました。緊急事態宣言が出される中、何とか入試は行われていますが、会場はどこも厳戒態勢です。何とか、最後くらい良い思いをして終わって欲しいと強く思います。
GSは今年度から本格的に高校部をスタートしました。集団授業としてはまだ高1生のみですが、個別指導やオンラインで高3生(高卒生)も数名います。全員元気に会場に向かったようです。今日の夜には自己採点結果が出ると思うので、楽しみです。
今日は暖かいですね。今温度計が14℃を指していますが、ここからまだ気温が上がるようです。昨年までセンター試験の日にこんなに暖かったのは記憶にありません。

明日は都立中受検組もいよいよ入試スタートです。西武文理中の適性型試験に全員が臨みます。都立中のそっくり問題で(毎年のように問題が当たる!)、当日の成績表(設問ごとにできたか、どう間違えたか分かる)がもらえるので、都立中の前哨戦としてはうってつけなのです。特に三多摩地区の都立中受検者は、多くの生徒が受検します。今年も緊急事態宣言の中で、300名以上の受検者を集めています。
明日は一転また寒くなるようです。特に狭山は(八王子よりもさらに)寒いので、受検生は注意してください。

高校・大学の授業もオンラインに…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月12日 9:01 PM
  • 未分類

私は、高校や大学で授業を担当する機会を多くいただいています。不定期ではありますが、多い時は月に1回くらいのペースで出かけていました。(もちろん、GSの授業に影響を出さないようにという大前提は守っています) 一昔前は、八王子の公立中学校からも結構お呼びがかかったのですが、地域で有名になり過ぎたのか、本音を語り過ぎて学校の先生方の不評を買ったのか(苦笑)分かりませんが、ここ数年は声がかからなくなりました。
八王子市内の高校・大学に出かけることが一番多いのですが、最近は結構遠い高校・大学(と言っても日帰りできるレベルですが)に呼ばれる機会も増えて来ました。それが昨年からは、コロナの影響で、予定されていた授業が中止になったり、オンラインになってしまったりという状況になっています。年末の大学の授業もオンラインでしたし、明日予定されている高校の授業は、先週までは高校にお邪魔して対面でという予定でしたが、緊急事態宣言が出されてから、急きょオンラインに変更となりました。GSの授業でzoomには慣れていますし、私はあまり違和感がないのですが(特に大学生はzoomで授業を受けることにも慣れています)、せっかくの一期一会の機会なので、できれば生徒・学生や先生方と直接お会いして、授業をやりたかったなぁとしみじみ思います。もちろん今はこの状況ですから仕方ないのですが、1日でも早くコロナが終息して、また学校・大学にお邪魔できる日が来るといいなぁと強く思います。

どこの高校・大学で授業を担当しているかということは、(当然ですが)守秘義務がありここで書くわけには行きません。1つ楽しいエビソードを挙げておくと、高校・大学の授業で、GSの卒業生がいた(教えた)ことが3回あります。うち1人は事前にこっそり伝えてあったのですが、他の2人は当日初めて知ったらしく(うち1人は私も事前に知りませんでした)かなり驚いていました。「先生、何でここにいるんですか!?」状態です。高校・大学で勉強している教え子の様子を生で見られるなんて、本当に素晴らしい機会をいただいていると思います。

成人式は中止ですが…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月11日 3:28 PM
  • 未分類

本日は成人の日です。しかし、八王子市は直前になって式典の中止が決定し、教え子たちもさぞ残念がっているだろうな…と想像していました。しかし…
昼前に駅方面に買い物に出かけたのですが、一瞬目を疑いました。南口のコンコースは、晴れ着や袴・スーツの若者たちでごった返していたのです。式典が行われる例年と同じような感じで、人の波をかき分けて駅の方に抜けるのがとても大変でした。みんな、「やだ~、久しぶり~♡」とか言って抱き合っていたり、とても近い距離で顔を寄せ集めて話し込んでいたり、(ほとんどがさすがにマスクはつけていましたが)無茶苦茶密の状態になっていたことは間違いありません。
思わず、通りがかりの若者に「今日は中止じゃないの?」と聞いたら、「式は中止ですけど、みんなで集まるのが目的なんで、あんま関係ないっす」「フォトスポットが用意されて、ぜひ写真を撮れって言ってたので、来るのは問題ないのだと思って…」と言っていました。その後覗いてみたら、ファミレスや居酒屋は昼からほとんど満席っぽい感じになっていたので、何時間も旧交を温めていた若者が多かったのだと思います。今年はあまり暴れている若者をみかけませんでしたが、例年通りパトカーや救急車が何台か待機していましたし、若者たちが集まることはある程度見込まれていたということなのでしょう。

私は今回のことから、いくつかの点ついて考え込んでしまいました。

〇若者たちは、成人式の「式典」については、あろうがなかろうが別に何とも思っていない。私が声をかけた若者が言っていたように、みんなで久しぶりに集まって、ワイワイ盛り上がるのが目的なので、式典を中止にしてもあまり意味がなかった。晴れ着を予約していたりした子たちは、それを着ないで済ますなどどいう選択肢は最初からなかったのだと思います。(若者たちのこの気持ちは理解できます)

〇今回のことは、若者たちの責任ではない。(緊急事態宣言の発令が直前に出されたために)中止の決定がぎりぎりになってしまったこともありますが、式典の中止を告知する時に、市がきちんと明確なメッセージを発信するべきでした。「密を避けることが目的なので、集まるな!」と。少なくとも私が見た限り、そんなメッセージはどこにもありません。(「フォトスポットを利用してください」というバカなメッセージは見つけましたが…) 何のために式典を中止にするのかということが、少なくとも当事者たちにはまったく伝わっていませんでした。これだと、市が責任を回避しただけだと言われても仕方ないでしょう。万一これで感染が広まってしまっても、「若者たちが勝手に集まっちゃったので…」と言うことかできるわけです。

〇これは国の発信ですが、「夜8時以降の飲食店営業禁止」についても、間違ったメッセージで国民に伝わってしまっているように感じます。今日の若者たちも、おそらく「夜8時までは居酒屋で盛り上がってもOK」と捉えているはずです。そうでなければ、昼から大人数で居酒屋に入って飲むようなことはしないでしょう。話をせずに静かに飲むということも考えられませんし…

まとめて言うと、メッセージの発信の仕方1つで、感染防止という非常に重要なミッションすら、うまく行くか行かないかが左右されてしまうのだろうということです。手段と目的の混同という側面もあると思いますが、日常生活やビジネスにおいて、我々も十分に気をつけて行かなければならないことだと強く感じました。

都立高校志望者動向<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月10日 5:48 PM
  • 未分類

都立高校の志望者動向第2弾です。今回は、多摩地区の学区2~3番手校です。
GSでは、都立高校志望者のほとんどが進学指導重点校等の入試問題自校作成校を受験します。今まで、入試問題共通校を受験する生徒はとても少なかった(毎年1~2名)のですが、ここ数年、自校作成校でも十分に合格できる力がある生徒が、「積極的な選択」として共通問題校を受験するケースも散見します。(部活等やって)余裕を持った高校生活を送りながら良い成績を取って、あわよくば指定校推薦を狙うというような考え方をする生徒が増えて来ているのです。

      19年→20年→21年
町田 男子 1.4→1.1→1.1
町田 女子 1.3→1.0→1.3
日野台男子 1.3→1.6→1.7
日野台女子 1.4→1.6→1.5
南平 男子 1.5→1.3→1.4
南平 女子 1.7→1.1→1.3
昭和 男子 1.6→1.6→1.5
昭和 女子 1.7→2.1→1.5
武蔵北男子 1.4→1.3→1.6
武蔵北女子 1.7→1.5→1.5
小金北男子 1.4→1.3→1.2
小金北女子 1.4→1.7→1.5
調布北男子 1.4→1.3→1.5
調布北女子 1.5→1.4→1.5

八王子周辺の2~3番手校は毎年ほぼ倍率が安定しています。町田・南平は、昨年ここ数年間で最低倍率だったのですが、今年は少し盛り返しました。
昭和や「3北」も、一時のバブルの感じはありません。
MARCHあたりの付属高校に、受験生が流れている(奪われている)のは間違いありません。私立高校無償化拡大の影響が(他の地域に較べても)大きいように感じます。

何度も言いますが、これは現段階の「志望」を集計したものに過ぎないので、実際の出願状況は大きく変わってくることがあります。そのことを踏まえた上で参考にしてください。出願の決断はあくまでも「自己責任」でお願いします。

都立高校志望者動向<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月9日 1:32 PM
  • 未分類

都内の中3生の第一志望校調査の集計結果が公表されました。今年も、引き続き都立高校の志望者の割合が大きく減って、私立高校(特に付属高校)に流れている状況が見て取れます。
都立高校が第一志望の生徒の割合は、この5年間で71%→64%と7%も減りました。普通科だけでも、実数で昨年より約2000名減っています。私が一番驚いたのは、今まで何とか踏ん張っていた進学指導重点校がかなり減ってしまったことです。7校で昨年より180名減っています。
何と言っても、大混乱してまだ先行き不透明な新しい大学入試を回避したいという生徒が増えていることと(その分付属高校の人気が急上昇しているわけです)、私立高校無償化の枠が拡大している影響が大きいことは間違いないのですが、今年はコロナの状況により少しでも早く(私立高校で)安心したいという受験生が増えている状況もあるようです。
この調査は、12月に中学校で実施した三者面談の結果を踏まえて、都内全生徒の現時点(その時点)での志望校を集計したものです。今後受験校が変更となる生徒も少なくありませんし、私立高校に合格して受験しなくなる生徒も出るため、これがそのまま本番の志願者数となるわけではありません。ただし、(当たり前ですが)毎年一定の相関関係があり、高校ごとの志願動向がある程度掴めるため、業界では注目されているデータです。

人気校やGSの生徒たちの中で受験者が多い学校を中心に、過去3年間の(この時点での)倍率を列挙してみます。
今日は進学指導重点校と進学重視型単位制高校です。

      19年→20年→21年
日比谷男子 1.8→1.6→1.5
日比谷女子 1.5→1.6→1.7
戸山 男子 2.1→2.1→2.1
戸山 女子 1.8→1.9→1.8
青山 男子 1.9→2.2→1.8
青山 女子 1.9→2.3→2.2
西  男子 1.6→1.6→1.3
西  女子 1.5→1.6→1.3
八王東男子 1.0→1.0→1.3
八王東女子 1.3→1.3→1.3
立川 男子 1.7→1.8→1.8
立川 女子 1.6→1.5→1.4
国立 男子 1.6→1.4→1.3
国立 女子 1.7→1.7→1.5
新宿 共通 1.9→1.6→1.4
国分寺共通 1.7→1.5→1.7

進学指導重点校は全体では減っていますが、戸山・青山の人気は引き続き堅調です。
西・国立の減り方は、ちょっと想定外です。
新宿もここ数年でかなり人気が上がっていたのですが、今年は過去数年で一番少なくなりました。
(次回に続く…)

1月9日以降の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月8日 9:21 AM
  • 未分類

昨晩、2度目の緊急事態宣言が発令されました。内容をかなりじっくりと読み込みましたが、受験生に大きな影響はありません。(現段階では)入試は予定通り行われますし、学校・塾への休校・時短要請もありません。文科省は(我らが萩生田さん)、「感染者が出たくらいで、学校を一斉休校にするな」という言い方をしているくらいです。どうしても入試を予定通り実施したいからこそのもの言いだと思いますが、言い方はちょっとどうなの…と感じてしまいます。いずれにしても、(入試当日の対応も含めて)学校・塾は、万全の感染対策を講じた上で、最後まで受験生指導を継続して行くということです。

明日、1月9日以降の授業は通常通り実施します。ただし、(企業へのテレワーク推進要請もありますが)入試直前期の校舎内の密を避けるために、1月18日以降、一部の授業をオンライン(zoom)に切り替える可能性があります。この点については、改めて連絡致します。

冬期講習会終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月7日 8:48 PM
  • 未分類

本日で冬期講習会が終了しました。(まだ最終コマの授業が続いていますが…)
この状況の中で、講師も生徒も誰1人として体調不良者が出ず、全員が元気にやり切れたことがとてもすばらしいことだと感じています。(奇跡的なことなのかもしれません)
生徒たちは本当によく頑張りました。特に小6・中3の受験生たちの頑張りは大したものです。ほぼ全員が毎日11時間くらい塾に籠っていました。みんなお弁当を2食持って来ていました。(保護者の皆様ありがとうございます!) さすがにこの時期ですから当然なのですが、集中力に欠けることなく、必死に取り組んでいました。
昨日、小6生は全員自分の第一志望校の「過去問バトル」を行いました。結果は悲喜交々ですが、1つ特筆すべきことは、全生徒の半分くらいの生徒が、ボーダーラインから数点以内(上下とも)に位置していることです。ここから3週間、どっちに転んでもおかしくないところにいるということです。中3生も同じような状況の生徒が多いです。最後の追い込みのやりがいがあるというものです。
講師たちもよく頑張りました。生徒たちが11時間校舎にいるということは、講師たちもそれ以上いるわけです。講師の平均年齢が高い塾ですから、なかなかしんどかったと思います。生徒たちが褒めてくれないので、私がこの場で褒めてあげたいと思います。「おじさんたち、よく頑張った!」

いよいよ日曜日から入試が始まります。緊急事態宣言が出されましたが、入試は普通に行われる予定です。なんかワクワクする感じがあります。今まで頑張って来たことが、成果として形になって来るであろうからです。とにかく、体調に気をつけて、全力で戦って来てほしいです。

長期的な計画が立てにくい世の中に…<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年1月6日 1:07 PM
  • 未分類

今は、ビジネスだけに限らず、プライベートにおいても目標・計画がなかなか立てにくい状況です。
私は、1年のうち少なくとも1回(できれば2回)は温泉旅行に行って、(多少太ったとしても笑)旨いものをたらふく食べて、何も考えない時間を過ごすと決めていました。前職の会社を辞めてから9年間はずっとそれを叶えられていましたが、2020年はちょっと微妙でした。感染リスクを避けるために、ビジネスホテルに籠って、ルームサービスとユニットバスで我慢する羽目になったからです。(まぁ、とりあえずお出かけができて、非日常を過ごせたので良しとしましょうか…) 今年もまだ温泉旅行の計画が立てられる状況ではありません。
ジムも2ヵ月通えない期間がありました。(当然太りました。オンライン授業であまり動かなかったこともありますが…) 今回の緊急事態宣言下では、ジムは営業OKのようなので、感染防止を徹底した上で頑張ろうと思います。
GSは、塾以外の副業の部分で結構売上があるのですが(結婚相談所・FP・塾や学校のコンサル等)、昨年新しい方向性を1つ追加したいと考えていました。しかし、コロナの影響もあり、こちらもストップしてしまいました。今年再度チャレンジするかどうかを思案中です。
プライべートではもう1つ大きな目標があるのですが、ちょっとここでは語れない内容です。どちらかと言うと運任せの側面が強いので、あまりしゃかりきにならずに頑張ろうと思います。

最近歳を取ったせいか、病気や大きな怪我をすることなく無事に1年間過ごせることが、とてもありがたいことだと思うようになりました。特にコロナの状況下においては、それが奇跡的で幸せなことだと感じています。昨年はみんな大変な思いをして生きて来たと思いますし、今年も様々不安を感じている方も多いと思います。年初に「今年「は」良い年になりますように…」と発信している方が多いことも共感できます。しかし、私は1年の始まりにあたって、なんなワクワクする感じの方が強いです。「具体的に何?」と言われると困るのですが、様々なことが楽しみで仕方ないのです。
同じ状況下であっても、気持ちの持ち方1つで日々の幸福感は変わります。このことはどうしても皆さんにお伝えしたいと思います。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る