ホーム

GS進学教室

塾は日本の文化です<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月17日 3:20 PM
  • 未分類

昨日、某サイトメディアの取材を受けました。私は今までテレビ・雑誌等様々な取材を受けたことがありますが、今回はちょっと勝手が違いました。外国人向けの英語メディアからの取材だったのです。運営しているのは日本の企業なのですが、編集長はフランス人の方ですし(英語はもちろん日本語もペラペラでした)、サイトの内容はすべて英語です。外国人向けに、日本の文化とその根底にある「こころ」を紹介するという内容です。今回は、その特集で日本の「塾」を取り上げていただくことになり、GSに声をかけていただいたという経緯です。(日本を代表して塾の文化を語るのですから、ちょっと責任重大ですね…)

私も今回お話をさせていただくまで知らなかったのですが、欧米に「塾」というものはないのだそうです。 概念としてもなかなか理解しづらいようで、「学校で勉強しているのに、何でそれ以外にもう1つ勉強する場所に行かなければいけないの?」と思っている方が多いそうです。塾は日本独自のシステムであると認識されているため(東アジアの国にはありますが)、日本の文化として取り上げていただくことになったわけです。日本の塾について知っていても、受験のための詰め込み教育をする場所で、子どもたちは嫌々通っていて、それによってプレッシャーを受けているというような、悪いイメージで伝わっていることが多いということでした。(これは日本の方でもまだいますね…)
私は、まず塾=悪というイメージを払拭しなくてはいけないという使命感を持ちました。まず、「子どもたちは総じて楽しく塾に通って来ている」ということに驚かれていました。イメージがだいぶ変わったとおっしゃっていました。

「なぜ日本には塾が必要なのか?」という問いに対しては、日本の教育制度、入試のシステムのところから話をしなくてはなりませんでした。
(次回に続く…)

ようやくウェイティングが0になりました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月14日 5:49 PM
  • 未分類

本日も、倉庫に車で机を取りに行きました。無理のない範囲で教室に机を入れ込んで、各教室の定員を1人ずつ増やす地道な作業を行っています。もちろん、ソーシャルディスタンスを今まで通り確保した上で進めなくてはならないので、パズルのような作業です。教室によっては、授業でプリントを配る際に、列を斜めに配らなくてはならないような状況が生まれています。そうしてみたら、前から見てすべての生徒の顔や机の上がはっきり見渡せるようになり、結果オーライとなりました。生徒たちは嫌かもしれませんが…
本日より中2の体験生が来てくれるのですが、これでようやく入塾ウェイティングの生徒がいなくなりました。春から数えると、20名近くの方にウェイティングでお待ちいただくことになってしまいました。順番が回って来るまでに半年くらい経ってしまった方もいて、中にはすでに他の塾に通い始めていた生徒もいました。せっかくGSに入塾希望でご連絡いただいたのに、本当に申し訳なく思います。私の中でも、入塾を待っていただいている方がいるという状況について、「何とかしなけれりば…」とずっと心に引っかかっていたので、今日でちょっと肩の荷が下りた感じがします。

こういうことをブログに書いているせいだと思いますが、来年度の入塾予約も毎日のようにいただいています。半年も前、まだ時間割が決まっていない段階でこんなにご予約をいただけるのは、本当にありがたいことです。ほとんどの方が、GSに通っている(いた)生徒の弟妹か、かなり強力な紹介です。ある意味GSのことをある程度知っている状態でお越しいただくわけですから、話がとても早いのがありがたいところです。GSの場合、「どんな塾であるか」を一般の方に説明するのが、なかなか大変なのです。(苦笑)

10月から様々緩和の方向へ<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月12日 2:10 PM
  • 未分類

10月を待たずに9月19日(4連休初日)から、多人数が集まるイベントの人数制限緩和が実施されることが決まりました。客が声を発する可能性があるものは定員の50%(座席の1つ置き)のままですが、声を発しないで済むものは定員の100%収容がOKとなります。クラシックコンサートや観劇、映画館等は座席をフルに使用してもよいことになります。面白いのは、同じコンサートでもロックコンサートは座席の半分しか使えないことです。遊園地も、絶叫系マシーンだけは1つ置きに座らせないといけないのだそうです。つい声を出してしまうので、感染リスクが高いから…ということのようです。言いたいことは分かるのですが、線引きがそんなにうまく行くのかどうか…

政府のこの決定を受けて、本日各学校で学校説明会等について検討をし直しているところが多いようです。来校者が質問等話をしなければ、座席をすべて使用してもよいということになるからです。今の落ち着いた状況が続けば、入試も普通にできる場合が多くなりそうです。
ただし実際には、大学入試では指定校入試やオンラインのみのAO入試の枠がかなり広がっていますし、高校入試でも神奈川の私立高校を中心に書類選考(のみ)枠を増やしているところが増えて来ています。ある高校の先生に話を伺ったのですが、「入試直前になってから、急に入試を行えなくなってバタバタすることは避けたい。はっきり言ってリスク回避です」とおっしゃっていました。都立高校で言えば、推薦入試の集団討論がなくなる可能性があります。(最近の都教委はこのあたりの判断がとても鈍いので、そのままやると言う可能性もあると思っています) 私立高校でも面接の廃止を決定した学校が増えて来ました。例年とは入試の形態が変更になっている学校が多いので、その部分の情報には十分注意してください。

10月から様々緩和の方向へ<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月11日 5:07 PM
  • 未分類

都内の新型コロナウィルスの感染者・重症者の数は、9月に入ってからだいぶ落ち着いて来ています。さすがの小池都知事も、10月からは様々緩和の方向で検討を始めているようです。東京発着が除外されていた「Go To キャンペーン」(後藤キャンペーンではない!)についても、10月からは解禁になるようです。他府県との移動自粛要請が解除される予定だからです。
これを受けて、学校説明会や模試についても、再開を考えているところが増えて来ました。10月半ば~11月末くらいに学校説明会がピークを迎えるのですが、コロナの状況の様子見で、オンラインかリアルかで迷っている学校が多かったのです。ここに来て、集合リアル説明会の開催を決断した学校が増えて来ました。おそらく人数を絞って、席の間を空けてという形になると思いますが、やはり完全予約制にしている学校が多いです。人気校の学校説明会は、正に「チケットピア状態」になっています。私も1校説明会の申し込みをしたのですが、予約開始時刻になかなかサイトにつながらず、つながった後も何度かエラーになってなかなか大変でした。
模試については、10月から学校や大学を借りての実施を再開することを公表したところがいくつかあります。GSの生徒に関係するところで言えば、中学入試の首都圏模試がそうですし、高校入試のV模擬もその方向です。ただしV模擬については、用意できる会場の数に限りがあるという理由で、塾に在籍している生徒は、それぞれの塾でテストを実施してくれという連絡が来ています。つまり、一般の会場で受けられるのは、書店個人申し込みの生徒のみだということです。会場テストの目的の1つとして、「初めての場所に行って、知らない生徒の中に交じってテストを受ける」ということがあります。要は本番に向けての場慣れを数多くさせたいということです。この観点で考えて、GSの生徒たちも書店申し込みにした方がいいのかどうかを検討をしているところです。
(次回へ続く…)

現在の生徒募集状況について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月9日 10:45 PM
  • 未分類

今年度は開校以来最も生徒数が多く、ほとんどの学年で満席・新規募集停止となってしまっていました。夏の時点で、ウェイティング(入塾待ち)の生徒が十数名になっていました。春に大きな教室の改装を行い(久しぶりにGSに来校された方は皆さん驚かれます)、収容人数を増やしましたが、こんなご時世の中でも新規入塾希望の方からのお問い合わせが多く、ウェイティングの数は増える一方でした。何とかしなければ…ということで、夏期講習中にも授業と並行して教室のプチ改装を行い、9月に入ってからも準備を進め、ようやく新規生の入塾を受け入れられる状況となりました。
この2週間は、ほぼ毎日入塾テスト・体験授業・手続きの方がいる状況です。本日の時点で、中2以外の学年は、入塾待ちの方が0となりました。中には半年以上お待ちいただいた方もいたので、当然のことですが、すでに他の塾に入塾を決められていた方もいらっしゃいました。物理的に難しい状況だったとはいえ、本当に申し訳ない気持ちです。中2については、まだ何名かの方にお待ちいだいています。9月中には何とか全員の方を受け入れられるようにしたいと考えていますので、もうしばらくお待ちください。
来年度の新中1については、早くも多くのご予約が入り始めています。(全員の方が入塾テストをクリアしたとすると)残り席が少なくなって来ている状況です。来年度からの入塾をお考えの方も、ご連絡は早めにお願い致します。春になってからだと、満席で空きがない可能性がありますので…

<現在の生徒募集状況>
幼児~小3→あと数名(曜日・時間帯による)
小4→あと3名
小5→満席・募集停止(待ち0名)
小6→あと数名(成績・志望校による)
中1→満席・募集停止(待ち0名)
中2→満席・募集停止(待ち3名)
中3→満席・募集停止(待ち0名)
高1→満席・募集停止(待ち0名)
高2・高3・高卒→あと数名(成績・志望大学・受講科目による)

来春の入試はどうなる!?<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月7日 6:13 PM
  • 未分類

東京都の私立中高協会は、入試の解禁日を遅らせることも検討しているようです。例えば中学入試で言えば、コロナの状況により2月1日からの実施が難しい場合は、日程を遅らせて実施することもあるという言い方をしています。今の状況だと、予定通りの日程で入試が行われるのかどうかは、その時になってみないと分からないですね…
もう1つ、入試を学校以外の施設で実施することも積極的に検討するとのことです。学校の中で実施すると、どうしても密状態になってしまうので、大学の教室や公共の施設等の大きな会場を借りて、間をけて座らせられるようにするためです。学校によっては、体育館に机を並べて座らせることを考えているところもあるようですが、寒さ対策が鍵となります。以前体育館で実施した際に、大きなボイラーストーブ?みたいなものを運び込んだ学校がありましたが、音がうるさかったり、そもそもあまり暖かくならなかったりして、クレームになってしまった話を聞きました。なかなか難しいですね…

保護者の方に話を伺うと、そもそも「電車やバスに乗って入試会場に行く」ということに抵抗があるとおっしゃる方も少なくありません。会社にも車で通うようにしているという保護者の方もたくさんいます。入試の日も、車で送迎したいと考えている方も多いです。学校としては、そのことも分かっているので、駐車場の確保等でも頭を痛めているようです。例年以上に、「あまり遠くの学校には受けに行かない」という流れが広がるかもしれません。

大学入試では、横浜国大が「共通試験」の結果のみで合否を判定するということを一早く公表しましたが、私立大学を中心に、これに追従することを決めた大学・学部が増えて来ているようです。高校入試では、内申点による選抜を中心とした推薦入試の比重が高まることが予測されています。例年以上に、2学期の内申が重要になるでしょう。

いずれにしても間違いなく言えることは、今年は入試情報を早めにしっかりと収集する必要があるということです。例年と入試の形態が違ったり、直前に急に変更になったりというケースが出て来ることが予測されます。後になって、「知らなかった…」という状況になってしまったら、それだけで不利になってしまいます。塾の役割もとても重要になりますね。我々も緊張感を持って取り組んでまいります。

来春の入試はどうなる!?<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月4日 4:40 PM
  • 未分類

新型コロナウィルスは、依然として収束に向かっている状況ではありません。全体の新規感染者数はやや減って来ていますが、2学期がスタートしてから子どもの感染者数は増えて来ているようです。子どもは感染しても重症化しないと言われていますが、それが安心材料にはなりません。まだまだ、気を引き締めて感染防止対策を徹底して行く必要があると思います。

そうこうしているうちに、来春の入試スタートまであと4ヵ月あまりとなりました。通常通り受験生を集めて入試を行えるのかが心配な状況です。そんな中、ここ数日で重要なニュースが相次ぎました。
昨日、東京都の私立中高協会が、「来春の入試において、オンライン入試は一切行わない」ということを発表しました。学校によっては、かなり前向きにオンライン入試を検討していて、システムを作り始めていた学校があることを知っています。来春については、それが使えなくなったということです。オンライン入試には、セキュリティの問題や、本人確認、不正行為の防止等、解決しなくてはならない課題がたくさんあるので、現状では止むを得ないと思います。ただし、埼玉・千葉等近隣他県は、まだオンライン入試についての取り扱いを明言していないので、今後の動向に注意が必要です。
もう1つ、私立中の来春の入試要項が確定し始めたのですが、出願書類にに通信簿のコピーが含まれている学校が結構あることが分かって来ました。昨年までは必要なかった学校で、急きょ変更したところもあります。これは、もちろん入試が行えなかった時に、選抜の材料として使用するためです。(中には、そのことを要項で明記している学校もあります) 私立中を受験する生徒は、都立中を受検する生徒ほど通信簿の評価を気にしていないと思うので、いきなりそんなことを言われると焦ってしまうかもしれません。
(次回に続く…)

学校行事も大混乱

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年9月1日 11:43 PM
  • 未分類

月が替わった途端に、「秋」となりました。今日は、久しぶりにとても過ごしやすい1日となりました。今年は、7月は涼しい梅雨、8月に入った途端に猛暑、そして9月は秋と、季節の変化がとても律儀です。今週末は、またまた「史上最強の台風」が上陸するという情報が出回り始めています。毎年「史上最強」を耳にしている気がしますが、それだけ異常気象なのだと思います。昨年の河川氾濫の恐怖を思い出します。今回は、まだどこに上陸する可能性が高いのかはっきりしていませんが、「備えあれば憂いなし」で、準備をしっかりしておいた方がいいですね。今日は防災の日なので、学校でもそういう指導があったところが多かったようです。

9月・10月は、学校行事が目白押しです。一番のメインは修学旅行・移動教室ですが、これか大混乱となっています。まず、5月・6月に予定していた学校はほとんど中止・延期となり、秋に振替となった学校が多かったのですが、中には2月・3月に予定されている学校もあります。高校入試がまだ決着ついていないはずの時期に予定が組まれている中学校もあります。
GSの生徒たちで言えば、9月上旬のこの時期に修学旅行・移動教室が予定されていた学校が多いのですが、「まだコロナの状況が収束していない中で本当に行くのか?」という議論がずっとなされていました。ここの対応でさらに混乱が大きくなっているのです。お隣の日野市は、すべて中止となりました。市教委の判断のようです。中には、出かける準備を始めた後に中止が決まった生徒もいて、かなりバタバタした様子が伝わって来ました。
驚くべきごとに、八王子は基本的に「Go!」なのです。今週末に出かける生徒が多いです。ただし、一部の学校は中止となっています。コロナ感染者が出た中学校等です。これは止むを得ないと思うのですが、最終的に学校(校長)判断に任されているという話もあり、対応に疑問を感じます。隣の市(学校)の生徒は修学旅行に行っているのに、自分たちの市(学校)は中止という状況は、子どもたちにとっては納得できない状況だと思います。行くと決めた以上、全員無事に帰って来てくれることを祈るのみです。学校や旅館の方で、万全の対策を立てての運営となる様子は伝わって来ます。

運動会についても、中止や午前中のみの短縮実施等、学校によって対応がマチマチになっています。例年は「大運動会」と銘打って行っているところ、今年は短縮実施のため「小運動会」という名称のバンフレットが配られた学校があって、笑ってしまいました。保護者の方も、自分の子どもが走る時しか入校ができない学校が多いようです。基本的に、組体操等の密着競技や、飴食い・パン食い等の食べる系競技はほとんど中止になっています。
今後は、特に中学校で毎年盛り上がる「合唱祭」についても、中止・短縮が検討されているところが多いようです。(練習も含めて)マスクをはずして歌うことにより、感染リスクが高くなってしまうからです。

昨年までは学校の中で普通にできていたことが、今年はこんなに制限されてしまうのですから、改めて生徒たちは可哀想だなぁと感じます。いつまで我慢の日々が続くのかは、まだ誰にも分かりません。

お見合い日和

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年8月30日 9:29 PM
  • 未分類

昨日・今日と、この週末はお見合いラッシュとなりました。ご存知ない方のために一応説明しておくと、GSには結婚相談所を併設しているのです。会員はほとんどが(元)教え子ですが、最近は紹介での入会もありますし、年輩の方も増えて来ました。(私より歳上の方もいます!)
この数ヵ月はzoomでのオンラインお見合いが多かったのですが、今回はすべて実際に会う「リアルお見合い」でした。一時はホテルのラウンジや駅ビルの喫茶店も閉鎖されていたり、ガラガラだった時期もあったのですが、特に今日は日曜日だったこともあり、どこも混んでいました。(お見合いやデートのカップルが多かったと思います) この状況1つとっても、withコロナがだいぶ浸透して来たことを感じます。婚活市場においても、いつまでも自粛ばかりしてられないぞ…ということなのだと感じます。

やはり、オンラインよりも、実際に会った方が話がうまく進む場合が多いです。もちろん、お見合いも感染対策を万全に取った上でということになるので、いつもより少し距離を取ったり、マスクをしながら飲み物を飲む時だけマスクをズラしてみたいな感じになるので、なかなか大変ではあるのですが、オンラインよりは話が弾む場合が多いです。
そのせいかどうか分かりませんが、この週末はお見合い成功率が100%でした! 全員が(結婚を前提とした)交際に入ったということです。夜この時間にも、電話やラインで相手とやり取りをしている会員が多いので、その報告を待っているところです。そういう報告は、毎日欠かさず受けます。それで、アチャーな対応をしている会員には、すぐにフィードバックをします。このあたりが、成婚率が高い要因になっているはずだと自負しています。

夏の終わりを迎えて、なんかみんな寂しさを感じでいるような気がします。夜はだいぶ涼しくなって来ましたし、セミの鳴き声が秋の虫に変わっただけで、何か寂寥感を感じますよね。特に、婚活をしている1人の方は、早く相手を見つけたいと考え出す時期のような気がします。(温もりが欲しくなるような…(^^♪) 実際GSでは、毎年秋に成婚となるケースが多いです。今年も無茶苦茶期待しています。

夏休みをいただきました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年8月27日 11:41 PM
  • 未分類

夏期講習会が終了し、講師たちも夏休みをいただいています。今年は、夏期講習の期間としては例年より短かったのですが、お盆休みがなくなってしまった(小6・中3はずっと授業があった)ことと、春からずっと続いていたリモートワーク・オンライン授業の疲れが抜けずに(普通に授業をやっている方が数倍楽です)、講師たちもなかなかしんどい状況が続いていました。ほぼすべての生徒・保護者の方とラインでつながったために、オンとオフの境目がなくなってしまったことと、やはり何と言ってもコロナの不安によるストレスが大きかったと思います。机・椅子のアルコール消毒や、密を避けるための準備等、感染防止対策に手間がかかったことも負担となっていました。生徒たちの前ではあまり見せませんでしたが、例年より疲労の色は濃かったと思います。(単にみんな歳を取っただけという説もありますが…) 少し遅い夏休みとなりましたが、しっかりリフレッシュして、次の戦いに備えたいと考えています。

私は例年、この期間に避暑地の温泉旅行に出かけることにしているのですが、さすがに今年は断念しました。GoToキャンペーン(後藤キャンペーンではない!)から東京都民が外されてしまったことから分かる通り、なかなか他県に出かけにくい状況があります。なので、今年は都内で感染リスクが少ないところをいくつか回って、昨日帰って来ました。温泉には入れませんでしたが(ホテルのユニットバスでした…泣)、3日間でだいぶリフレッシュできました。ずっと首都高を走っていたので、運転で疲れた感はありましたが…(トンネル内での右からの合流は、何度経験しても恐怖です)

本日より職場とジムに復帰しました。夏期講習中にさぼっていた事務仕事が死ぬほど溜まってしまっています…
この休みの間に、また八王子の中学校でコロナが発生しました。(あまり大々的に公表されていませんが)当該の中学校は臨時休校となっています。GSの生徒が在籍する学校では2校目です。今回も、幸いGSの生徒は「濃厚接触者」になっていないようですが、本当に紙一重の状況が続いていると認識しています。万一、GSの生徒に感染者が出てしまったら、しばらく休校にせざるを得ませんし、保健所に濃厚接触者として認定された生徒たちには、PCR検査を受けてもらわなくてはならなくなります。万全の対策を取って運営しているつもりですが、(表現が不適切かもしれませんが)次第に包囲網が狭まって来ているので、緊張感が高まって来ています。
引き続き感染防止対策を徹底することと、いつでも全面オンライン授業に切り替えられる準備をして、日々の状況を注視しています。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る