ホーム

GS進学教室

都立高校入試終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月25日 10:04 AM
  • 未分類

昨日、都立高校の入試が終了しました。
世間では「プレミアムフライデー」なるものが導入され、夕方3時には仕事をやめて帰ろう!というキャンペーンが行われていますが、都立高校の入試が3時過ぎに終了して生徒が帰って来るので、我々にとっては違う意味で特別な金曜日となりました。

生徒たちの手応えは様々だったと思いますが、みんな「やりきった感を」持って帰って来てくれたように思います。
答案再現をしてもらって、我々が採点をして点数を出しました。夜10時までには、全家庭に点数の状況と合否の可能性をお伝えしました。

毎年感じるのですが、特に進学重点校等の難関高は、理社で差がつきます。昨日のGSの生徒たちの結果を見ても、理科社会共に100点が数名いますし、90点以上はたくさんいます。一方で、60点台の点数を取ってしまった生徒もいて、1科目で30点くらい差がついてしまっていることになります。
理科社会の問題は、決して易しくはないのですが、特に理科について、昨年までのような悪問がなくなり、生徒たちにとって解きやすくなったような気がします。社会は世界地理の問題で差がついているようです。GSの生徒たちはそこがよくできていて、全員の平均点は90点くらいあります。

国語と英語は、やはり作文以外の記述問題がほとんど出題されていません。採点の効率を考えてのことだと思いますが、ちょっと寂しいですね。各学校であまり差がつかないのではないでしょうか? 漢字とリスニングは満点を取る生徒も多いので、ここで落とした生徒は苦しくなります。
リスニングと言えば、西高で大きなトラブルがありました。(これについては後日書きます)

やはり数学で差がつきます。日比谷、西は問題がかなり難しいです。男子は70点、女子は60点を取れば十分でしょう。国立、八王子東あたりは、GSの生徒でも(男子は)90点台、80点台が何人かいるので、力がある生徒は高得点が可能です。半分を切ってしまうと、苦しいと思います。

GSの生徒たちは、かなり余裕でボーダーラインを超えた生徒が多いはずです。しかし、ボーダーギリギリのところだと推測される生徒も数名います。合格発表まで待つしかありません。長いです。

万全の状態で入試本番へ

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月23日 11:00 PM
  • 未分類

本日で、中3生の授業、入試前のスケジュールがすべて終了しました。明日がいよいよ都立高校の入試日です。
本日は明日に備えて早めに生徒たちを送り出し、職員たち総出でカツ(勝つ)を食べに行きました。(私も今日だけは、20時以降の食事も解禁です) もうお腹一杯です。

全体として、万全の状態で入試を迎えることができたと思います。
まず、体調不良者が1人も出なかったことが一番です。これだけインフルエンザが猛威を奮っている中で、今日も全員が元気に取り組んでいました。(この部分については、保護者の皆様にも感謝です)
気持ちの部分についても、数日前までは何人か心配な様子があったのですが、最後に来て開き直ったのか、今日はすっかり復活していて安心しました。
得点力でも、ほとんどの生徒が、今までで一番良い状態で入試を迎えることができたと思います。本日、私は難関クラスの数学の授業だったのですが、西高の過去問で、クラス平均点が77点でした。最後で、今までの最高点を更新した生徒も多いです。
すべての科目がそういう状況のようです。特に理科社会は、最後の追い込みが効いた感触もあります。

最後に1人ひとりと握手をして送り出しましたが、みんなとてもいい表情をしていました。
大丈夫でしょう。明日はやってくれると思います。とても楽しみです。

小石川中の「入学手続き」に関するトラブル・続々報

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月22日 11:39 PM
  • 未分類

本日、都教委から発表があり、補欠で繰り上がるはずだったのに、不合格とされていた生徒たちの合格が正式に決まりました。(結局、8名中2名はすでに繰り上がっており、本日合格となったのは6名でした)
当然の判断ですが、決定が遅れていたので、都教委はこんなレベルの自浄能力もないのか、また今回も知らんぷりをするのか、と怒りを感じ始めていたところでした。とにかく、当該の子どもたちが傷つかずに済んで良かったです。

都教委発表の文章の中でも、「締め切りを過ぎてからの手続きに問題がある」という指摘があったことにも触れており、そういう意味ではかなり踏み込んだものだと評価できます。当然、今後その部分についても、検証・公表が行われるでしょう。

ただ1点、問題が残るのは、補欠番号38番、39番あたりの生徒が、ある意味被害を被った形になってしまったことです。
今回の判断は、「一旦合格となったのに不合格とされた生徒」の救済に限定されているため、「後から通常なら合格だったと分かった生徒」は対象にならなかったということです。私は納得できないのですが、もうこれ以上は進展しないと思います。

あと3日…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月21日 1:04 PM
  • 未分類

都立高校の入試まで、あと3日となりました。私立高校の方でそれなりの高校(世間で言うところの難関高)に合格している生徒が多いのですが、ほとんどの生徒が都立高校が第一志望なので、緊張感が継続しています。(例えば難関クラスで言うと、私立一本だった生徒は2名だけでした。その2名は早稲田と慶応にそれぞれ進学が決まっています。残り十数名は、全員が都立進学指導重点校を受験します)
本当に、高校入試の戦いは長丁場ですね。中学入試は本当に実質数日で終わってしまいますが、今の高校入試の制度だと、1月22日から3月2日まで、延々と入試・発表が続いて行きます。生徒たちはもちろん、保護者の方も我々も、体力・精神力はいっぱいいっぱいのところに来ているような気がします。

生徒たちは、授業のない日も含めて毎日、ピンと張り詰めた雰囲気で黙々と取り組んでいます。他の学年の生徒たちもその雰囲気を察知取っているのか、気を遣っている感じがあります。理科・社会の勉強が中心になっていますが、3教科の方も不安な科目を中心に、最後の追い込みをかけています。毎年感じるのは、「この感じでもっと早くから取り組んでくれていたら、こんなに苦労していないのに…」ということです。まぁ、こんな感じで1年間続けていたら、生徒たちは持たないでしょうけど…
1月の最後の模試の成績では、C判定・D判定の生徒も結構いましたが、あれから1ヵ月で過去問の点数が伸びて来た生徒が多く、1000点満点で見ると、かなり余裕が出て来た生徒も増えて来ました。現状でまったく足りないという生徒はいません。しかし、どう見てもボーダーぎりぎりにいるであろう生徒が数名います。これらの生徒は、あと3日の取り組みと、当日の気持ちで合否が分かれるのだと思います。生徒たちや保護者の方にもそのこと(正に5分5分の戦いですよということ)は伝えてあるので、全員がそのことを認識して進んでいる状態です。

毎年この時期になると、私の頭にリフレインしている曲があります。この時期カラオケに行くと(ってこの時期はあまり行けないけど…)、つい思いを込めて歌ってしまいます。武田鉄矢率いる海援隊の「声援」という歌です。「3年B組金八先生(何シリーズ目か忘れました…)」の主題歌なのですが、知っている方はどのくらいいるでしょうか? 「もう我々にできることは何もない。後は、お前たちが本番で頑張って来るんだぞ!」という内容です。(あくまでも私の解釈ですが…)

君に声援送ります♪
がんば~れ がんば~れ
頼む がんばれ がんばってくれ~♪

小石川中の「入学手続き」に関するトラブル・続報

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月20日 1:51 PM
  • 未分類

小石川中の問題は、その後の情報を総合すると、結構根が深い話になって来ています。

皆さん冷静に考えていただきたいのですが、小石川中への入学意志がありながら、突発的な緊急事態により手続き締め切りに間に合わなかった保護者の方が8名もいたということに、違和感を感じませんでしょうか? 都教委が公表している理由も、「家が遠いから」というような到底納得できないようなものでした。
私の経験則からすれば、「そんなことは絶対にあり得ない」というのが結論です。本当に止むを得ない緊急の理由で、1人~2人そういう方が出てしまう場合はあるでしょう。それについては、校長が「手続き締め切り前に」認めていれば、周りがとやかく言うべき問題ではありません。当然その生徒は、締め切り時点での人数にはカウントしなくてはなりません。しかし、8名もの方がそんな状況だったとは到底思えません。
であるならば、結論は1つしかありません。「学校側が積極的に、締め切りを過ぎてからの手続きを促していた」ということです。そうだとすると、締め切り時点で都教委にへ報告した数字が8名少なかったことも理解できます。締め切り時点では、まだ正式に手続きするということが確定していなかったからです。

では、なぜ学校側がそんなことをしたのか? それを裏付けるような話が出回り始めました。合格したのに合格通知を取りに来なかったご家庭に取りに来るように督促の電話をしたり、締め切り時点手続きをしていないご家庭に電話を入れて、入学意志の確認をしたりしています。入学しないのであれば、辞退届をFAXや郵送で提出するようにという話だったようです。ここまではあまり問題がない対応です。都立学校の場合は、辞退届を提出するのが慣例になっていますから、手続き上のやり取りだったわけです。
ただしここから先が訳が分からなくなって来るのですが、その際に辞退届の提出がないと正式な辞退とならないという話をされているようなのです。今回の問題では、おそらくここが最大の問題点であったと私は感じています。まず、合格発表の当日に合格通知を受け取らなかった時点で権利は消滅するはずですし、翌日の正午までに正式な手続きに行かなかった時点で、(自動的に)合格・入学の権利を辞退したことになります。(募集要項にもその旨明記されています) それなのに、期限が過ぎても辞退届が出ていないので、まだ手続きの可能性があると学校側が考えていたのは間違いないでしょう。そう考えれば、期限を過ぎてからの手続きがこんなにたくさん発生したことについて、少なくとも理解することはできます。
さらに、学校側が辞退をしないで入学するように説得していたという情報もあります。辞退する場合はどこの中学校に進学するのか、本当にそれでいいのか等を何度も確認し、窓口に来校して辞退届を出した際には、お偉いさんが奥から出て来て許可が必要だったというような話もありました。

以上の情報を総合すると、以下のような青写真が描けます。(これはあくまでも私個人の推測です)
小石川中は、都立中の中でも入学辞退が飛び抜けて多い学校です。私は、このことは誇ってもいいことだとすら考えています。御三家をはじめとして、私立最難関中との併願者が多いことを意味するからです。しかし、学校はそうは考えていなかったのではないでしょうか? もしかしたら、都教委から入学辞退者を減らすようにプレッシャーがかかっていたのかもしれません。毎年補欠で入学して来た生徒たちが、正規合格の生徒たちと較べて、学内の成績で劣っていたというような事情があったのかもしれません。(別の学校の校長先生からそういう話を伺ったことがあります) 特に 正規合格で成績が上位だった生徒について、私立中とどちらに進学しようか迷っていたり、私立中の補欠繰り上げをぎりぎりまで待って…というようなケースでは、学校側が何とか入学してほしいという思いを持ったとしても不思議ではありません。もしそうだとすると、大学入試の合格実績に対するプレッシャーがかなりかかっていたことも想像できます。
そんな事情の中で、1人でも入学辞退を減らそうとして最後の最後まで粘っていて、電話等口頭で入学を説得して、手続きは期限を過ぎてからでも構わないと伝えていたというようなことは考えられないでしょうか? 

いずれにしても、今回の問題は曖昧な決着は絶対に許されません。こうなってしまうと、入試の公平性等についても、過去に遡って疑われてしまいます。来年以降、受検を考えている生徒たちにも影響が出て来る話です。小石川中だけでなく、都立中高全体にも影響が及びます。
徹底的な調査・究明が必要です。今回の件の真実と、再発防止策の公表をお願いしたいと思います。

小石川中の「入学手続き」に関するトラブル

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月19日 12:01 PM
  • 未分類

都立小石川中の入学手続き、そして補欠合格繰り上げに関して、大きなトラブルが発生しています。簡単に言うと、一旦補欠繰り上げ合格とされた何名かの生徒が、実は不合格でしたということになってしまったのです。経緯については、都教委がHP上で公表しています。

http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/press/2017/pr170217b.html

簡単に言うと、「正規合格者中の手続完了数」をHP等で正式に発表した後に、正規合格者のうち8名が期限を過ぎて「追加手続き」をしたために、補欠繰り上げ合格決定とされていた何名か(最大8名)が入学できなくなったというものです。現段階では情報が錯綜していて、まだ嘘やミスの隠ぺいがありそうです。
中学校側(都教委?)は、繰り上げの電話をしていないから、まだ正式な合格ではなかったと言っているようですが、これがまず間違いです。補欠待機者には繰り上げ順位の番号がついています。2月10日の時点で手続き者数が報道発表された時点で、都教委発表の文章に、「入学辞退者が出たため、募集人員に満たない人数が繰上げ合格者となる」と明記されていました。ということは、この時点で不足数までの番号までに入っている生徒は、自分は繰り上げ合格となったという認識を持つわけです。(その後に当該の資料が赤で修正されましたが、これもおかしいです。締め切り時点ではそうではなかったのですから…)
その後、繰り上げ合格の連絡がなかなか来ないのでおかしいと感じた保護者の方が都教委に問い合わせて、手続き締め切り時間を過ぎてから8名が追加手続きをしたことが判明したという経緯です。都教委は、時間前に全員が窓口には来ていたとしていますが、これも新聞報道とは異なります。(一部報道では、電話をしただけというご家庭もあったと言われています)

今回で言えば、補欠番号30番~37番の生徒がその対象だとされていますが、実際には補欠が繰り上がっても辞退した生徒が何名かはいるはずですから、この番号の中の前半の方の生徒には繰り上げ合格の連絡が入っていると思われます。逆に、可哀想な状況になってしまったのは、38番以降の生徒にも何名かはいるはずです。(実はそっちの方も大きな問題なのですが、その人数は依然闇の中です)
いずれにしても、一旦合格とされた生徒が、実は不合格でしたとされた事実を考えると、子どもたちや保護者の方の落胆は想像に余ります。その生徒たちのご家庭には、校長が改めて説明するとのことですが、中には納得しない生徒・保護者の方も出て来るでしょう。

校長は取材に対して、「完全に自分のミス。規定通りに対応すべきだった(手続きを認めるべきではなかった)」とおっしゃっています。しかし、期限を過ぎてから手続きをできた8名の生徒たちについて、問題が大きくなったから今さらダメだとは言えないでしょう。これも理解できます。であるならば、一旦繰り上げ合格と認識した生徒を含めて、さらに補欠番号順に8名は追加合格にするべきです。何度も言いますが、一度は「合格」という認識を(正式な報道発表で)持たせてしまったのです。それを、後になって「やっぱり違った」という対応が許されるわけがありません。子どもたちの受ける傷が大き過ぎます。入学者の定員が少し多くなってしまいますが、採点ミスなどがあった場合、都立中高はそういう対応をしています。(実際小石川中では5年前にも出題ミスがあり、4月に入ってから9名が追加合格となった経緯があります)
これについても、決断するなら今のタイミングしかありません。校長なり学校独自で判断するのは難しいと思います。都教委が決断をすべきレベルの話です。良識ある判断を期待します。

私立高校入試終了→さあ、都立高校へ!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月18日 11:51 AM
  • 未分類

昨日の合格発表を以って、GS生の私立・国立(こくりつ)高校の入試がすべて終了しました。以下に合格校をまとめておきます。これ以外に、早稲田・慶應をはじめ、補欠待機の生徒が数名います。そのうちの1名は第一志望校なのですが、過去のデータからすると、繰り上げ合格となるとしても都立高校の合格発表後の予測です。シビアな状況を抱えつつ、都立高校の入試に向かいます。

戦前の予想通り、合格者数・合格率共、過去最高の状況です。しかし、普段の成績や過去問の点数からするとあってはならない不合格者も出してしまいましたし、合格した生徒の中にも、普段しないようなミスをいくつもしているような生徒や、前日の授業で確認したことを落としてしまっている生徒もいて、反省材料が結構あります。ほとんどの生徒が都立高校が第一志望だということもあり、今週の授業でそのあたりについての話をしました。

さあ、あとは都立高校です。入試本番まで残された日数は、今日を入れてもあと6日間です。まだまだ、ここからの取り組みで合格可能性はどちらにも大きくブレます。
特にこの週末、今日・明日の取り組みがとても重要です。もちろん、理社の追い込みを徹底してかけさせます。(この時期の時間対効果は、理社の方が高いことは明らかですから…) ただし、英・数・国の3教科についても、まだまだやるべきことはあります。勘を鈍らせないように、過去問も何年分かは解かないといけません。
本日は、7時間の授業が予定されていますが、それ以外の時間にも生徒たちはそれぞれの状況に応じて課題に取り組んでいます。とにかく、悔いを残させないように、最後まで徹底して取り組ませます。

<GS進学教室 2017年度 私立・国立高校入試合格校> (複数合格あり)

筑波大附属 早大学院 早稲田実業 慶應義塾 慶應志木 桐朋 立教新座 
明大明治 明大中野 中大附属 中大杉並 成蹊 城北 錦城 日大二 
明学東村山 東京電機大 帝京大学 帝京八王子 拓大一 八王子 八王子実践 
栄東 西武文理 聖望学園 日大明誠 

都立高校応募者数最終確定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月16日 12:37 PM
  • 未分類

今日は、多摩地区の学区2~3番手校を中心にまとめます。
最初の段階で倍率が低かった高校は上がり、高かった高校は下がったところが多く、最終倍率は1.3倍~1.8倍の間に収まりました。

町田 男子 1.5 + 1
町田 女子 1.5 + 6
日野台男子 1.3 - 1
日野台女子 1.5 - 4
南平 男子 1.6 -11
南平 女子 1.7 - 7
昭和 男子 1.3 +10
昭和 女子 1.4 +24
武蔵北男子 1.4 + 5
武蔵北女子 1.8 - 9
小金北男子 1.7 -15
小金北女子 1.8 -15
調布北男子 1.3 + 1
調布北女子 1.6 +16

都立高校応募者数最終確定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月15日 9:36 PM
  • 未分類

都立高校の一般入試は、本日の願書差し替えの結果を受けて最終応募者数が確定しました。
各校の倍率と差し替えによる増減数をまとめます。
今日は進学重点校と中高一貫校・進学重視型単位制高校です。
      
日比谷男子 2.5 - 2
日比谷女子 2.0 -14
戸山 男子 1.9 - 8
戸山 女子 1.7 + 5
青山 男子 2.0 + 2
青山 女子 2.1 + 4    
西  男子 2.0 - 3
西  女子 1.7 -15
八王東男子 1.3 +25
八王東女子 1.4 - 1 
立川 男子 1.7 -20
立川 女子 1.5   0
国立 男子 1.6 + 7
国立 女子 1.5 - 6
武蔵 男子 1.7 + 3
武蔵 女子 1.9 + 9
大泉 男子 1.6 + 5
大泉 女子 1.2   0
富士 男子 2.3 - 1
富士 女子 1.7 + 9
新宿 共通 2.4 -49
国分寺共通 1.8 - 7 

私立高校入試終了!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月13日 10:50 AM
  • 未分類

昨日までの3日間で、都内の私立高校の入試が終了しました。早慶高等一部の高校を除いて、本日までに合格発表も行われ、結果もほぼ出揃いました。
戦前の予想通り、GSの生徒たちは本当によく頑張ってくれました。3日間のうち、3日とも受験した生徒が半分、2つ受験した生徒が半分という状況で、総数で大変多くの高校を受験したのですが、トータルの合格率はほぼ80%です。全勝で終了した生徒もたくさんいます。最難関高にチャレンジした生徒が多かったことを勘案すれば、なかなかの合格率だと思います。(もちろん、例年よりかなり合格率が高いです)
合格校については、すべての結果が出揃った段階でご報告します。

しかし、この時点で進学する高校が決定した生徒はまだ20%くらいです。ほとんどの生徒が都立進学指導重点校が第一志望だからです。願書の差し替えが本日(中学校の方での)締め切りなので、昨日の夜は私立高校の入試結果を踏まえて、その部分の相談でバタバタしました。結局、数名が願書の差し替えをすることになりました。成績的には少し足りない状況でも、チャレンジすることを決めた生徒もいます。もちろん、何としても合格させるつもりで最後の追い込み指導をしますが、勝負に行けば負けるリスクもあるわけです。そのことをきちんと説明した上で、本人・保護者の方とも完全に納得していただいた上での決断です。決めた以上、あとは本番で合格点を取ってもらうのみです。

都立高校の入試まで、あと11日。ここからが本当の勝負です。都立高校全員合格を目指した最後の戦いが、本日よりスタートします。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る