ホーム

GS進学教室

9月入学その後<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年6月5日 10:13 AM
  • 未分類

今年度の行事やカリキュラムを3月までに詰め込むのは無理があるので、最初から年度を1ヵ月延長して、少し余裕を持って進めて行くのはなかなか良い案だと思います。入試についても、その分後ろ倒しできるわけですし、受験対策が遅れている生徒も、少しは不安を解消できるのではないでしょうか。
それが、2つ目の課題とも結びつきます。長い目での9月入学への制度変更です。政府内でも案としては出ているようですが、私は、この感じで入学時期を毎年1ヵ月ずつ後ろ倒しして行くのがいいのではないかと考えています。そうすれば、5年計画で無理なく9月入学に移行できることになります。
来年度から9月入学に変更するとなった時の最大の問題点は、1学年に生まれが17ヵ月分の生徒が集まってしまうことです。1学年の生徒数が今までの1.4倍くらいになってしまうので、教室のキャパや教師の数が足りなくなることは自明です。その不足分を一気に解消するのは難しいでしょう。(小学0年生の期間を半年設置するという案もありますが、これは現実的ではないでしょう) それが、1学年13ヵ月分の生徒が5年続く形であれば、何とか対応できるようになると思います。
今のまま9月入学に移行した時の大きな問題点は、もう1つあります。小学校入学が半年遅くなって7歳になってから入学する生徒がたくさん出るわけですが、これは世界に類がないくらい遅いスタートになってしまうのです。そこで、少し長い目で制度変更をして、入学時期を逆に半年早めて、5歳のうちから小学校に入学できるようにするという案が浮上しています。これに伴い、幼稚園・保育園の入園も半年早まることになりますし、出口のところで言えば、高校卒業や大学卒業も半年早まることになります。私は、これもとても良いことだと考えます。少子化が進んでただでさえ労働人口が減って行くので、それを少しでも解消できることになるからです。2歳・3歳くらいの家庭の育児の負担が少し小さくなるメリットもあるかもしれません。その年頃の子どもを抱えている保護者の方は、子どもが幼稚園(保育園)に入る時が来ることを心待ちにしているという話をよく聞きます。

9月入学が実現すれば、外国(欧米)と入学時期が揃うので、留学生の問題や、海外の大学への入学時期の問題は解消されることになります。国際化を進めるという観点で言うと、これはとても大きいことだと思います。企業や公官庁の就職時期の問題や、会計年度とのズレを指摘する声もありますが、これは小さな問題です。国や自治体・企業が、9月入学に合わせて制度を変更すればいいだけの話です。5年もあれば、準備の時間としては十分でしょう。
この9月入学の議論で顕著になったのは、「できない理由」ありきになってしまい、そこで思考がストップしているケースがとても多いということです。全体的に見れば、少し長い目で9月入学に切り替えることは、メリットの方が多いことは間違いないと思います。であるならば、どうしたらできるのかをみんなで知恵を出し合って、議論を前に進めて行くべきだと考えます。
私は、(コロナによる大混乱の)このタイミングで9月入学に切り替えられなかったら、永久にできないと感じています。最初は、それこそ来年から強引に切り替えてしまえばいいのに…と考えていました。しかし、様々情報が出て来るに従って、「数年かけて切り替える派」に立ち位置を変えました。今では、それが一番混乱が少なく、メリットも大きくなると確信を持っています。

9月入学その後<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年6月4日 8:45 AM
  • 未分類

このブログでもすでに書いた通り、来年度からの9月入学への制度変更はなくなりました。ただし、これで立ち消えとなったわけではなく、数年後に向けては確実に議論が進んでいます。
この問題は、大きく2つのことに分けて考えなくてはいけないのです。1つは、今年度これだけ休校が続いてしまったので(今後も再度休校になる可能性もあります)、今目の前の学習や、来春の入試をどうするのか?ということです。2~3ヵ月カリキュラムが止まってしまったので、これを今年度中に取り戻すのは現実的に難しい状況です。学校では、土曜日の補習や夏休みの短縮により、授業時間を確保しようとしていますが、子どもたちの体力やモチベーションが落ちていることあり、焼け石に水の感じがします。(私は無理をして詰め込むのは、逆効果だとすら感じています)
この問題を解決するために、この時期に政府や自治体が検討しているのは、入試や年度の後ろ倒しです。センター試験に代わる「大学入学共通テスト」については、センター試験と同じ1月中旬に予定されていましたが、これを1月末~2月上旬くらいに延期する案が有力になって来ています。公立高校の入試も、数週間くらい遅らせることを検討している自治体が多いようです。都立高校の入試については、まだ具体的な検討には入っていないようですが、3月に延期することは検討すべきでしょう。これに合わせて、学校の暦についても、年度を4月まて継続する案も出ています。今年度のみ、卒業式や終業式を4月に行うということです。必然的に、入学式や始業式は、4月末かGW明けとなるわけです。私は、これはとてもいい案だと考えています。
(次回に続く…)

6月8日(月)以降の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年6月3日 9:45 AM
  • 未分類

6月8日(月)から校舎での授業を再開したいと考えておりましたが、またちょっと雲行きが怪しくなって来ました。
ここに来て東京での感染者(特に多摩地域)が増え始めていることと、他県では学校を再開した途端にクラスターが発生してしまったところもある状況で、まだ安心できる状況ではありません。東京では、昨日の夜「東京アラート」が発令されて、今後の状況次第では学校や塾も含めて再度営業自粛要請が出される可能性もあります。

6月8日(月)以降の授業については、現状ではぎりぎり(6月6日(土))まで様子を見ての判断とさせていただきたいと考えています。GSテストについても同様です。
①今のまましばらくオンライン授業継続
②通塾授業とオンライン授業併用
③完全に平常授業再開
いずれの可能性もありますので、心づもりだけはしておいていただけると幸いです。現在の社会の状況を踏まえて、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

情報収集の重要性<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年6月2日 10:49 AM
  • 未分類

情報の信憑性を担保するにはどうしたらいいのか? そこで重要となるのが、人脈・コネクションです。私には今までの教え子が数千人いますが、30歳・40歳になっても付き合いがある者も結構います。(これもSNSが発達したおかげです) 優秀な生徒が多かったので、医者や弁護士になった者は多いですし、公務員で言うと、内閣府・文科省・厚生労働省・都庁・八王子市役所に今も音信がある教え子がいます。(偉くなって、それなりの立場についている者も…) 最近では、ベンチャーに就職して経営に携わったり、自分で起業してバリバリ頑張っている者も増えて来ました。
教え子の保護者の方が、官僚も含めて様々重要なポジションについていて、情報をいただけるケースもあります。過去では、総理の側近として働いていた方もいました。私は保護者の方と飲みに行くケースがとても多いのですが、やはり社会の前線でバリバリ活躍されている方のお話はとても勉強になります。私は大学卒業後(在学中から)ずっとこういう狭い世界で働いているので、最近は意識して他の世界の方から学ぶように心がけています。とてもありがたいことですが、これが自分にとってものすごく大きな財産なのだと改めて実感しています。
学校の先生との人脈も大きいですね。中学・高校の先生だけでも、数十人くらいの方とは懇意にさせていただいています。ラインやフェイスブックでつながっていたり、(接待ではなく)個人的に飲みに行ったりすることもあります。現職の先生はなかなか情報を漏らせないので、今までのケースでは退職した先生からの情報がとても貴重でした。都立進学指導重点校の元校長の方3名と、退職後(私立高校に再就職された方もいました)も連絡を取り合える関係だったのですが、様々勉強させていただきましたし、とても貴重な情報をいただきました。時には、現職の都立高校の校長に口聞きをしていただいたこともありました。(法に触れるようなことや道義的に問題があるようなことではありません)

不確かな情報については、これらの人脈を活用させていただいて、真偽や今後の可能性を確認してからブログに書くようにしています。直近で言えば、コロナの影響による学校の休校や企業への支援、9月入学への制度変更、来年の入試の変更点等について、メディアに正式に公表され前に、情報の真偽について確認することができたので、ブログに書くことができた次第です。
今後も皆さんのお役に立てるように、「重要な情報をどこよりも早く正確にお伝えする」ということにこだわっていきたいと考えています。

情報収集の重要性<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年6月1日 10:34 AM
  • 未分類

情報のスピード感という意味では、SNSに勝るものはありません。私が重宝させていただいているのは、やはりツイッターです。様々な情報が一番早く手に入るという意味では、ツィッターに勝るものはありません。それをもう少し詳しく堀り下げたい時に、フェイスブックの記事や様々な方のブログを利用しています。私はツイッターでつぶやくことはほとんどしませんが、情報収集用にアカウントを2つ持っています。(裏アカではありません) 実は、GS進学教室のアカウントもあるんです。ほとんど休眠状態ですが…
ツイッターでは、調べたいことがある時に、その項目を検索します。(ハッシュタグをつけたりつけなかったり…) そうすると、だいたい欲しい情報が手に入ります。はっきり言えば、多くのいらない情報の中から、数少ない重要な情報をピックアップできるかどうかがホイントです。特にツィッターは、まったくの嘘情報や罵詈雑言が飛び交っているので、ちょっと注意が必要です。
ブログについては、まったく1から検索すると言うよりは、信頼できる情報源をいくつかキープしておいて、定期的にチェックする方がいいと思います。例えば入試の制度変更や、次年度の予測、勉強方法等についてであれば、3つくらいのブログを定点観測しているだけで、情報に乗り遅れることはないでしょう。この私のブログも、そういう使い方をしていただいている方が増えているようなので、嬉しい限りです。実はこのブログのコメント欄には、毎日のようにたくさんのメッセージをいただいています。投稿数が多すぎることと、一時誹謗中傷や罵詈雑言が増えてしまったために、公開しないように設定を変更しました。今でも私のところにはすべて届いていますが、このブログについての感想・激励等をたくさんいただいています。数が多すぎて、1つひとつに対応はできていません。申し訳ございません。(尚、明らかに法に触れるような投稿・メッセージについては、IPアドレスや発信元住所等を押さえてあります)

ここで問題となるのは、その情報の信憑性についてです。どこよりも早く重要な情報を発信しようとすると、真偽が不確かな状態で情報を収集しなくてはなりません。確定した情報は様々なメディアに掲載されるので、情報としての価値は下がってしまいます。
(次回に続く…)

情報収集の重要性<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年5月31日 9:11 AM
  • 未分類

このブログも含めてGSは、「受験情報等について、的確な情報や裏情報を早く伝えてくれる」という評判になっているようです。今回のコロナ休校下でも、感染状況や学校再開のディテール、入試の変更点等、まだどこにも公開されていないような情報を知ることができてありがたかったというメッセージを何件かいただきました。GSに通っていない保護者の方、(教委も含めて)学校の先生や塾の講師の方の読者が多いことも分かっています。(30代の男性の割合が高いことからもそれが分かります。都庁付近の住所からのアクセスも多いです笑) そういう情報は、「どこでどうやって収集しているのですか?」 とご質問をいただくことも多いのですが、今回はそのあたりのことについて書いてみます。

まず、皆さんだいたい想像ついていると思いますが、この時代に紙の情報は全然ダメです。雑誌や書籍は情報が掲載された時にはもうその情報は古くなってしまっています。新聞の情報は重要ですが、それでも半日から1日のタイムラグがありますし、すべての情報が掲載されているわけではありません。テレビもあまり役に立ちません。ニュースではさわりの部分しか報道されませんし、ワイドショーは視聴率を稼ぐために、センセーショナルで偏った報道になりがちです。
誤解のないように確認しておきますが、社会全体の流れを理解したり、教養を身につけたりという視点では、これらの媒体にも非常に有効な部分があります。私も日経新聞は毎日隅から隅まで目を通していますし、雑誌・書籍は(娯楽ものを除いても)月に40冊は読んでいます。(速読という武器があるのが大きいです) 今書いているのは、入試情報や教育制度等、細部も含めたリアルな情報をどうやって集めるのかということです。

結論としては、やはりネット情報に頼ることになります。その際に注意しているのは、情報の信憑性です。1次情報か2次(3次)情報かを見極めて、極力1次情報にあたるようにしています。具体的に言えば、都立高校の入試制度については、都教委のホームページで確認するというようなことです。2次情報だと、時々情報が間違っていることがありりますし、(意図しているしていないにかかわらず)発信者の推測・願望が入っている場合があるので注意が必要です。私が発信する時は、「確定している事実」と「私の予測」を明確に分けて書くようにしています。
情報のスピード・機動性という側面では、SNSを避けて通ることはできません。
(次回に続く…)

情報収集の重要性<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年5月30日 8:55 AM
  • 未分類

「受験において、情報戦で乗り遅れた生徒はとても不利になる」ということは、紛れもない事実です。そのことはほとんどの受験生(保護者の方)が認識していると思いますが、実際に節目節目で情報をきちんと手に入れられているかと言うと、残念ながらそうではありません。後になってから、「そのことをもう少し早く知っていれば…」と後悔してしまっている方も多いのが実情です。
最近の例を挙げると、私立高校の無償化と幼児教育の無償化についてがそうでした。
私立高校の無償化は、3年前から東京都で、今年から全国で導入されたのですが、私立高校に進学する生徒に年間40数万円が支給されようになったのです。年収制限はありましたが、3年前の時点で年収約760万円、今年からは年収約910万円というラインですから(控除が多ければもっと上がる)多くのご家庭が対象になっていました。しかし、導入1年目に新高1となる中3生(保護者の方)のほとんどのご家庭がこのことをご存知なかったのです。GSでは、保護者会等でお伝えしていたので問題なかったと思いますが、世間一般的には、高校に入学してから初めて知ったという方が多かったようです。
幼稚園・保育園の無償化は、昨年の10月から実施されました。3歳~5歳の期間は、年収に関係なく原則全員無料となります。(給食費等を除く) このことも、あまり知れ渡っていなくて、該当の子どもを持つ保護者の方にそり情報をお伝えしたら、えらく感謝された記憶があります。(私が何かしたわけではないのに…)

今この時期で言えば、個人・企業を対象として、様々な給付金・補助金が制度化されています。申請すればもらえるお金で、まだ手付かずのものはありませんでしょうか? 私はFPとしての活動もしていますが(一応CFP®の資格を持っています)、この2ヵ月くらいは、このあたり(給付金・補助金)についてのお問い合わせをたくさんいただいています。その中で、様々な情報をお伝えするわけですが、結構知られていないことが多く、「助かった…」と言われることが増えています。

無償化の時に強く感じましたが、今回のコロナ支援についても、発信する側に問題があることは間違いありません。例えば私立高校の無償化について言えば、すべての中3生にプリントを1枚配れば済むだけのことなのですが、そんな案内が配られたという話を(少なくとも私は)一度も聞いたことがありません。私などは、一応制度としては確立したけど、きっと全員に申請されては困るのだろうと邪推してしまいます。
結論としては、こういう情報は自分から取りに行かないといけないのです。その上で、的確なタイミングで(申請等)行動を起こさなくてはなりません。
(次回に続く…)

情報収集の重要性<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年5月29日 8:38 AM
  • 未分類

ちょっとプライベートな事情があり、2日半ほどお休みをいただきました。授業も休講→振替とさせていただき、ラインでの学習報告・相談への対応も遅れてしまいました。ご迷惑をおかけした生徒・保護者の皆様、大変申し訳ございませんでした。昨日の夕方の授業から完全に復帰していますので、ご安心ください。
ブログは… はい、書き貯めをしていました。今回は3日分書いてあって、アップロードボタンを押すだけにしようと思っていました。忙しくなることが事前に分かっている時など、時々そういうことはあるのですが、教育・受験関連で重要なニュースが飛び込んで来た時は、そちらを優先して書き直して差し替えることもあります。今回は、八王子の小中学校の夏休みも含めた今後の授業スケジュールが発表になるタイミングだということが分かっていたので、フォーマットだけ書いておいて、決定した日程だけ流し込んで更新しました。新鮮な情報をお届けするために、涙ぐましい努力をしていることもあるということは、ご理解いたたけると幸いです。

昨日の新たな情報で言えば、9月入学への制度変更について、少なくとも来年度からの変更は完全になくなったということと(文科省に裏を取りました)、緊急事態宣言が解除になった途端、小金井市の病院でクラスターが発生し多くの(まだ人数がはっきりしません)感染者が出てしまったことが特筆すべき情報だと思います。北九州でも感染者がまた増え始めたという報道もありましたし、緊急事態宣言が解除になったからと言って、気を抜いてはいけないことは間違いありません。今まで以上に感染対策をしっかりして、経済活動を徐々に再開して行くタイミングです。新しい生活様式についても、大袈裟・極檀だと言う人もいますが、私は全体的には賛成です。(一部オイオイと感じる項目もありますが…)

特にこういう非日常の社会の中では、正確な情報をいち早く収集することが非常に重要だと感じます。もちろん、コロナウィルスの感染対策や様々な施設の休業情報、給付金・補助金の申請に関する情報等が重要になります。給付金や補助金は申請しないと支給されないので、うっかり忘れてしまったりすると、得られるはずの利益を失ってしまうことになります。
受験生で言えば、学校の今後のスケジュール、入試の制度変更、学習の進め方等に関する情報の収集が非常に重要です。このあたりの情報について、知っている生徒と知らない生徒では、成果や効率に大きな差がついてしまいます。信頼できる塾に通っている受験生はあまり心配がいりませんが(的確に情報を発信してもらえるため)、そうでない生徒(保護者の方)は、自分で積極的に情報を取りに行くことが必要になります。信頼できる情報源を、複数用意しておくことがポイントだと思います。
(次回に続く…)

オンライン授業を学習成果につなげるために<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年5月28日 8:38 AM
  • 未分類

世間ではオンライン授業花盛りですが、特に進学塾においては、授業以外の対応の部分で学習効果に差がついていることは間違いありません。私がリサーチした限りにおいては、この部分を意識して取り組んでいる塾はあまり多くありません。授業をzoomで実施している塾はたくさんありますが、「授業をやって終わり」となってしまっていて、授業以外の学習管理・個別対応まで意識や手が回っていない塾が多いのが現状だと思います。それだけに、この部分をやり切れれば、大きな差別化につながるはずだと考えています。

塾としての対応は今まで書いて来た通りですが、身も蓋もないことを書いてしまうと、学校や塾が休校となって、オンライン授業+家庭学習の形になったことによって、「学習格差」がより大きくなってしまったことは厳然たる事実として存在します。意識が高く自分で勉強できる生徒は(時間がたっぷりあるので)どんどん学習を進めています。とにかく、普段より学習時間が圧倒的に多くなっていることが伝わって来ます。一方、意識が低く自分で勉強ができない生徒は、学校や塾がなくなってしまった分勉強時間が減ってしまっていたり、生活サイクルが乱れていたり、ゲームやユーチューブにはまってしまっていたりという状況になっています。
GSの生徒たちは、全体的に勉強に対する意識が高いですし、高い明確な目標を持ってい生徒も多いので、この休校期間でプラスの差別化ができた生徒が多いと思います。生活習慣や最低限の家庭学習の管理等、保護者の皆様に全面的にご協力いただけていることもとてもありがたいです。しかしそれでも、クラスの中で学習成果に大きな差がついて来ていることは否めません。学校のクラスの一般的な生徒たちの中では、もっと大きな差がついているはずです。

私が実感しているのは、今後塾についても大きく2極化が進んで行くであろうということです。こういう非日常の期間が長かったからこそ、生徒・保護者の方のハンドリングや、家庭学習をきっちりさせられるかどうか、最終的にはその中で成績を上げて合格させられるかどうかというような、塾や講師の本当の実力が問われて来るのだと思います。そしてそれに伴うコストパフォーマンスも含めて、塾がシビアに評価されるようになるはずです。資金繰りが苦しくなっている塾も多くなっているようですし、夏を挟んでつぶれる塾もかなり出て来てしまうと思います。(私の知り合いの塾でも、やばくなって来ているところがいくつかあります) 一方で、ここを乗り切ることによって評判が上がり、さらに発展して行く塾も出て来るでしょう。(もちろん、GSもここに入れるように日々精進して参ります)
私がポイントだと感じているのは、生徒・保護者の方と「人間と人間としての泥臭い関係を築けるかどうか」「100%(近い)本音の部分で語り合えるかどうか」というような部分です。こういう時だからこそ、塾としての原点回帰が必要なのだと思います。

緊急事態宣言解除!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年5月27日 8:49 AM
  • 未分類

八王子の小中学校もようやくスケジュールの連絡が入り始めました。やはり、他の自治体とほぼ同じ流れになっています。

①6月 1日~ 分散登校で1日2~3時間程度
②6月 8日~ 全体授業開始 午前中のみ 給食なし
③6月15日~ 通常授業開始 給食再開 部活も制限付きで再開

また、八王子市としての夏休みのスケジュールも発表されました。教委としては、市全体で同じ日程で行きたいようですが、一部の学校ではさらに短縮したいという動きがあります。

小学校の夏休み 8月1日~26日
中学校の夏休み 8月6日~23日
小学校の夏休みを当初の予定より長くしたのは、子どもたちの体力等に配慮したからとのことです。

生徒たちにとってショックだろうと感じるのは、修学旅行や移動教室、水泳の授業、部活の公式線等が軒並み中止(一部延期)になっていることです。特に中3生は、このまま部活を引退となる生徒も多いようで、そこに懸けていた生徒たちのショックは計り知れません。

GSは、6月7日までは現在の体制(休校・オンライン授業)を維持します。コロナの感染状況が悪化しなければ、8日(月)から校舎での授業を再開する予定です。ただし、小中学校に倣って1~2週間はオンラインとの併用等、変則的な形となる可能性があります。詳細は、来週半ばまでにはお知らせ致します。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る