ホーム > タグ >

センター試験廃止!?<続報>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2013年6月8日 12:51 PM
  • 未分類

「センター試験廃止」→「到達度テスト導入」の件について、もう少し詳しい情報が入ってきました。
まず、実施する時期ですが、高2からスタートすることが分かりました。早い時期から意識を持ってきちんと準備させたいという意図のようです。高2の何月に始まるのかは明示されていませんが、いずれにしても大学受験の準備の仕方が大きく変わってくることは間違いありません。昨日、ある有名私立進学校の校長がインタビューに答えていましたが、「もし本当にその形で実施されるのであれば、学校行事やカリキュラムなどを抜本からいじらないとダメだと思う」とおっしゃっていました。それはそうだと思います。
その視点で考えた時に、どう考えても中高一貫校の生徒の方が有利になることは間違いないでしょう。「到達度テスト」は、一応学習指導要領で学習済みの範囲から出題するとのことですが、中高一貫校は、中学校からの前倒しカリキュラムで訓練をより多く積むことができるわけです。都立(県立)高校の生徒が苦しくなるのは当然です。今までは、高校入学後少し差があったとしても、高3の夏以降の追い込みで何とか現役で間に合ったというケースが多かったはずです。高2から入試がスタートすると、追いつけないうちに戦いが始まってしまうことになります。高校受験の際の指導がより重要になってくると思います。特に英語は、大学入試まで見据えた指導が必要になってくるでしょう。

普通に考えれば、部活や学校行事をやっている場合ではなくなるはずですが、文科省はそうは考えていないのです。私個人的には、ここが一番怖いところです。
「部活や学校行事を、高3まで一生懸命やる生徒は大いにやって結構。早い段階から高い目標を持って学習に励む生徒に機会を与えたい」ということです。
つまり、高校生の中で早い時期から選別化をして、一部の優秀な生徒を囲って「エリート教育」を施していく。英語をマスターさせ、できれば留学もさせて、グローバル社会に貢献できる人材を育てていく。その一環としてのセンター試験廃止なのです。

今、小中学生のお子様をお持ちの方へ。近い将来、お子様をどちら側に入れるつもりですか?

ホーム > タグ >

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る