ホーム

GS進学教室

なぜ志望校が決められないのか?<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年7月7日 6:35 PM
  • 未分類

志望校をなかなか決められない理由の3つ目は、「学校のことがよく分からない」という理由です。数年前までであれば、「それも含めて受験ですよ。親子で自分に合う学校を見つけてください!」と厳しい言い方をしていたのですが、昨年からは、「それも仕方ないな…」と感じるようになりました。コロナの影響で、学校説明会や公開授業、文化祭等の受験生が見に行ける学校行事がことごとく中止になってしまっているからです。今までであれば、自分に合う学校がわからないと言っている生徒は、遅くとも小5・中2の段階で学校説明会や学校行事にいくつも出かけてもらい、在校生たちの様子も含めて、校風や入学後の詳細をじっくり見て来てもらいました。そうすれば、学校による雰囲気の違いや、自分に合う・合わないという部分が皮膚感覚として掴めて来るので、その中で「どうしても行きたい!」と思える学校が1つ・2つは見つかったケースが多かったのです。
昨年は、学校説明会をオンラインで行っている学校がほとんどでした。オンラインでは、学校の情報は手に入りますが、通学路を実際に通ってみての印象や、先生方の熱意、在校生たちの活動の様子等、受験生たちが一番知りたい「学校に実際に足を踏み入れての感覚」がわからないのです。学校行事でそのあたりの雰囲気は掴みやすいのですが、昨年は、そもそも中止となってしまったり、部外者立ち入り禁止となった学校が多く、その機会も奪われてしまいました。
今年度に入ってからも同じような状況が続いていて、この夏休みくらいからはリアル説明会や公開授業を再開する予定だと言っていた学校が多かったのですが、またここに来て感染者が増えて来ているため(本日東京の新規感染者は900名以上となっています。八王子でも中高生の感染者を少しずつ耳にするようになりました)、夏休みに向けて緊急事態宣言の再発令も検討されているようです。そうなると、学校としても、受験生や保護者を学校に呼んでのリアル説明会はさすがにできなくなってしまいます。10月・11月の学校説明会や学校行事がピークとなる時期までには、(ワクチンが行き渡ることもあり)コロナも少し落ち着くのでは…と言われていますが、さてどうなるでしょうか…

こんな状況の中で、学校の情報を集めるのはなかなか大変です。特に、子どもたちが自分に合う学校を見つけることは、とても難しいです。ホームページやオンライン説明会等で、集められる情報を集める必要がありますが、そこから先は、「リアルな口コミ」に頼るしかないと考えています。実際にその学校に通っている生徒・保護者の方から話を聞ければ一番いいのですが、それが難しい場合は、塾講師の経験・ネットワークをフルに活用するのがいいと思います。受験生に長いこと真剣に向き合って来た講師であれば、その生徒に合う学校・合わない学校を的確に示してくれるでしょう。ちなみに、GSの講師たちの指導経験年数の平均は20年くらいです。まぁ、おじさん集団だということです。

なぜ志望校が決められないのか?<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年7月5日 7:14 PM
  • 未分類

今週の生徒たちの重要なミッションは、GSシートを作り込むことです。もちろん、ただ作ればいいわけではなく、夏の成果に結びつくような、実効性・有効性のあるものでないと意味がありません。学習計画の内容やスケジュールは講師たちが点検してアドハイスをして行くのであまり心配していないのですが、私が一番危惧しているのは、志望校が書けない生徒が出てしまうのではないかということです。小6・中3はこの時期はもうさすがにいないと思いますが、小5や中1・中2は、毎年何名か出てしまいます。先週の授業でGSシートを配布したのですが、中1のクラスでその場で現時点での志望校を書いてみるように指示しました。少し時間を取ってから見て回ったのですが、半分くらいの生徒しか埋められていませんでした。家庭で相談した上で、今週中には埋めて持って来る生徒が多いと思いますが、ちょっと危機感を持ちました。
GSでは、中学受験では小5の9月から、高校受験では中2の9月から、模試で志望校(6校まで)の合格率判定を出すことになっています。そういう意味でも、小5・中2の生徒は、この夏で志望校を一旦決め切らないとならないのです。もちろん、その後の状況によって変わることはあるわけですが…

この間生徒たちと話をしていて、志望校を決められない(書けない)理由が大きく3つあることに気付きました。
1つは、「お母さん(お父さん)に聞かないと…」というパターンです。小学生や中1くらいだと、毎年このフレーズを何人かから聞くことになります。端的に言えば、受験が自分のことになっていないのです。志望校のところでそういう感じの生徒は、結局勉強についても他人事になってしまっているケースが多いことは言うまでもありません。塾に通って本格的に受験勉強をしているわけですから、現時点での志望校は自分が言えるようにしておいて欲しいと思います。もちろん、授業の中では頻繁にそういう話はしていますし、保護者の方とも面談でお話はしているのですが、(特に志望校については)生徒本人が自分のこととして捉えていないと意味がないと考えています。

2つ目は、「自信がないから書けない(言えない)」というパターンです。本人の中では漠然とでも行きたい学校があるのに、自分には無理だと決めつけていたり、恥ずかしいからという理由で書かない(言わない)のです。中には、「成績が上がったら志望校を考えます」というような生徒がいたりします。ちょっと厳しい言い方になりますが、そんなことを言っているから成績が上がらないのです。志望校の目標というのは、そういう性質のものではありません。どうしても行きたいと思える学校を探して決めて、そこに合格できるように頑張って成績を上げて行くのが受験勉強です。小5や中2のこの時期であれば、偏差値で10以上足りなくても全然OKです。GSでは毎年、1年間でそのくらい成績が上がる生徒が結構いるからです。もちろん、それらの生徒たちは、我々が見ていても頭が下がるくらいの努力を続けていることは言うまでもありません。
このパターンには、「本当は志望校違うやろ!?」というパターンも含まれます。例えば中学生で、志望校は付属高校で「明治か中央あたり…」というような言い方をする生徒については、私はちょっと疑ってかかります。「本当は早慶に行きたいんじゃないの?」と振ってみたりします。最初はごにょごにょ言っているのですが、そんな時私は「じゃあ、早実と中附両方受かったらどっち行く?」と聞いてみるようにしています。(実際は入試日が同じなのであり得ない仮定なのですが…笑) そうすれば、ほぼ全員が「早実」と答えます。その時点で志望校の変更が確定です。今までの例で言えば、それでも最終的には紆余曲折を経て中附を受けることになる場合もあるわけですが、早実という目標を掲げなかった場合と較べて、中附の合格率がかなり高くなることは間違いありません。
(次回に続く…)

夏の目標と計画

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年7月3日 8:10 PM
  • 未分類

受験生にとって、一年間で一番重要な時期である夏期講習会がスタートするまで残り3週間を切りました。夏は絶対に失敗することが許されないので、事前の準備・計画がとても重要になります。
まずは、明確な目標を設定することです。夏は何だかんだ大変なので、この夏を何のために頑張るのかが本人の中で明確になっていないと、頑張り切ることが難しいかもしれません。受験学年の生徒はもちろんですが、非受験学年の生徒も、志望校を明確にする必要があります。どうしても〇〇中学校(高校・大学)に行きたいという思いが強ければ強いほど、頑張りが効くようになります。めげそうになった時、諦めそうになった時に、この部分の思いが自分を支えてくれます。
偏差値や過去問の点数、内申点等、具体的な数字の目標も必要です。夏が終わった時にどこまで成績を上げるのかを、志望校の目標から逆算して設定することになります。受験学年の生徒は、〇〇中学(高校・大学)の過去問で合格ラインを超えるという目標がリアルでいいと思います。(GSでは入試バトルを頻繁に行います) ここの数字の目標を的確・妥当なところで設定できるかがとても大きいです。今の自分の状況からかけ離れた高い目標を設定したり、逆に今の成績とほとんど変わらないような低い目標を設定しても意味がありません。
毎年夏が終わった時に、夏の前と較べてトータルの偏差値で10以上がる生徒が結構出ます。中には20くらい上がる生徒もいます。その生徒たちの顔を思い出して言えることは、もちろん夏の間頑張り切ったのは当然ですが、やはり明確な目標を持っていたことです。

目標を設定したら、あとはそれを達成するための具体的な計画をしっかり考えることです。各科目ごとに、自分の弱点・課題をしっかり見つめて、それを克服するために、何をどのように取り組んで行くのかを決めて行きます。この時に、精神論に流され過ぎないことが重要です。「毎日気合で問題をたくさんやって、計算力をつける!」みたいな計画を立てて来る生徒がいますが、これではダメなのです。(気持ちは分かりますが…) 何の教材を使って、いつどのくらい、どうやって取り組むのかを具体的に決めなくてはなりません。ポイントは、成果確認をするということです。計算練習であれば、答え合わせをして、間違えた後の解き直し・確認が必要です。その上で時間を計って取り組んで、以前より点数を取れるようになっていることを確認する必要があります。要は、「夏の前にできなかったことができるようになった」ということを増やして行くことが重要だということです。

それなりの塾に通っている場合は、日々の宿題・課題や、確認テストの結果、復習ノートの点検等によって、そのあたりを1人ひとり確認してくれることになります。ただし、それは最低ラインなのです。苦手なところや課題は各自違うわけですし、自分で計画を立てて、自分ごととして取り組んで行く必要があります。こういう大事な局面で失速してしまうのは、受験が他人事で、やらされ勉強になってしまっている生徒です。周りがみんな目標を持って必死に取り組んでいる中で、いやいや取り組んでいたら結果が出るわけがありません。
GSでは来週中に、「GSシート」というフォーマットを用いて、生徒たちに目標・計画をまとめてもらうことになっています。講師たちが目標の妥当性や計画の内容を確認して、不十分な生徒とは話をしながら数週間さらに作り込んで行くことになります。遅くとも、17日までに完成させる計画です。そういう意味では、夏期講習前のこの数週間はとても重要な期間なのです。

ワクチンをいつ打つか?

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月30日 7:29 PM
  • 未分類

GSの職員にもワクチンのクーポンが届き始めました。自治体にもよりますし、もちろん年齢の高い人から順番に回って来るので、まず(50代後半に分類される)私からです。ワクチンを打つかどうかについては様々な判断があると思いますが、私は打つつもりでいます。
八王子の私の年代は7月中旬から始まるのですが、私は基礎疾患がないので、1回目が8月中旬からとなっています。2回目はその3週間後です。ネットで予約を取ることになるのですが、いつにするかの判断がなかなか難しいところです。夏期講習の期間と重なっているからです。すでに接種した方から話を伺うと、特に2回目での副反応が結構出てしまったという方が多いです。腕の痛みと、発熱・だるさが多いようですが、接種の当日と翌日は仕事をはずしておいた方がいいとアドバイスをくださった方もいます。一応大事を取って、お盆休みと8月末の夏期休暇にうまくスケジューリングしようと考えています。授業に穴を空ける訳には行かないので…

本番一発勝負の怖さ<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月28日 7:24 PM
  • 未分類

私なりに全力は尽くしましたが、結果だけで言うと散々な結果となりました。この数週間で言えば、練習でもあれだけ酷かったことはないと言える状況でした。2小節目で躓き始め、それからしばらくメロメロになりました。何とかごまかしながら(ごまかせてないな…)立て直して、後半はまずまず。特にサビのリピート以降はほぼ完璧に行けたと思います。逆に言えば、前半あれだけメロメロで、後半よく立て直したなと自分で褒めてあげたいくらいです。生徒たちや保護者の方から、「先生頑張ったね!」とか「そんなに酷くなかったよ♪」となぐさめられましたが、それがまた辛くて…(苦笑)

確かに、2ヵ月前は(楽譜を読めない、♭♯って何? 、鍵盤のドレミの場所すらよく分からない)まったくのど素人でした。そこからの2ヵ月は、大袈裟ではなく結構しんどい戦いでした。昼間ピアノにほとんど触れないので、実はグランドピアノと同じ鍵盤サイズの電子ピアノを購入し、夜中に1~2時間練習していました。次第に指が動くようになって、楽譜を全部暗譜できたあたりから少し楽しくなりましたが、最後まで思うように行かず苦しみました。発表会当日も朝3時間ほど練習をして向かいましたが…
舞台に立って(座って)、緊張はあまりしていなかったと思います。大勢の前で話をすることには慣れていますし、平常心で弾き始めたはずでしたが… 今になってみると、ちょっと慎重になり過ぎて、大事に行き過ぎたような気がします。もっといつも通り、大胆に行けばよかったかなと… どうせ下手なのに、「うまくやらなきゃ…」という意識が強くなり過ぎてしまったことも反省点です。
あれだけ練習はしたのですが、やはり本番一発勝負の怖さを改めて痛感しました。特に、(他の楽器もそうだと思いますが)ピアノの怖さに改めて気付きました。本番で1つミスをしてしまうと、もう取り戻せないのです。入試やスポーツでは、1つのミスは次の問題・次のプレーで挽回することができます。問題を解いている途中、プレーの最中でも修正することが可能な場合があります。しかし、音楽は大事なコンクールやコンサート(発表会)でのその一瞬のミスは、もう帳消しにはできないのです。だからこそ、普段の練習の積み重ねが大事ですし、常に本番を意識した練習が重要になるのだと思います。音階や次の指の動きを考えて弾いているうちはダメですね… 指が勝手に動くレベルまで弾き込まないと、ああいう場では通用しないのだろうと感じています。今の自分のレベルでは、まだとてもとても…

初めてのコンサート(発表会)はこんな状況でしたが、今になって改めてチャレンジさせていただいてとても良かったと思っています。考えてみたらとても無茶なミッションでしたが、少なくとも本番に向けて全力で挑戦できたこと、まがりなりにもそれなりにピアノを触れるようになったことは、自分にとってとても大きな財産となりました。そういう意味では、こういう機会をくださったピアノ教室の先生と生徒たちには、とても感謝しています。しかし、ビアノを今後も続けるかと言われると、ちょっと微妙です。今後入試が近くなって来ると、仕事の方もさらに忙しくなりますし… 「言い訳はダサいぞ!」と常に生徒に言っているのは誰だ!?

本番一発勝負の怖さ<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月26日 10:08 PM
  • 未分類

本日仕事をお休みさせていただきました。まったくプライベートな理由で申し訳なかったのですが、ピアノの発表会(コンサート)に出演するためです。はい、私がです。
私を昔から知っている方はよくご存知だと思いますが、ピアノは本当に触ったことすらないレベルでした。それが、ひょんなことからピアノ教室の(しかもハイレベルクラスの)発表会に出演することになり、2ヵ月ほど猛特訓を積んで来ました。最初は右手と左手が同じように動いてしまうというとんでもない状況でしたが、次第に形になって来ました。最後にペダルを使うレッスンに入ったのですが、ペダルを使うとせっかく固まって来た指が乱れてしまうため、ペダルは免除させてもらいました(苦笑)。
2ヵ月で、延べ80時間はピアノを弾いたでしょうか。ピアノ教室の子どもたちに較べると全然少ないのですが、結構ハードに仕事をこなしながらということを考えれば、自分でもよく頑張ったと思います。

さて本番。本格的なホールで、当然グランドピアノ。響きがいつもと全然違うし、ライトが当たり、お客さんがみんな自分を見てる。出演者は、私以外全員小中学生で本格的なコンクール出場レベル。しかも、GSの生徒が3名もいる!という完全なアウェー状態でした。
結果は…
(次回に続く…)

期末テストスタート!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月23日 5:18 PM
  • 未分類

いよいよ中学生の期末テストがスタートしました。八王子は、本日から金曜日にかけて行われる中学校がほとんどで、来週半ばまでにほぼすべての中学校で終了します。中高一貫校の生徒と高校生は、その次の週に予定されている学校がほとんどです。
GSは、定期テストの期間も通常通り授業を行います。2週間くらいに渡って通常授業をお休みにして、定期テスト対策のみに切り替えている塾もありますが、私はそんなことをしたら、様々マイナスの方が大きいと考えています。中学校の過去問を配布している塾もありますが、言語道断です。そもそも法に触れますし、長い目で見て生徒のためになりません。生徒のためを考えていない塾の見分けは簡単です。定期テスト対策に中学校の友だちを連れて来るよう呼びかけをしています。それが、塾生にとってプラスかマイナスかを考えれば、結論は明らかです。

授業前の時間は、期末テストの勉強をしていて(分からないところを質問したり…)、時間になったら通常の授業がスタートする感じです。前回書いた通り、期末テスト中も毎日のように部活がある生徒もいるりので、なかなか大変そうです。中学生のこういう様子を見ていると、中学受験をすることのメリットを改めて感じます。小学生はこの時期も、定期テストや部活に振り回されることなく、受験勉強に専念できています。(運動会や修学旅行等学校行事はありますが… 今年は、八王子もほとんどの小学校が日光に出かける予定です)
いずれにしても、期末テストで結果を出させるべく、本日も全力で指導します。

なぜ今日部活の大会が…?

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月20日 7:49 PM
  • 未分類

前回も書いた通り、今週ほとんどの中学校で期末テストが予定されています。中3生はもちろん、中1・中2生にとっても、今回のテストと1学期の内申点はとても重要なのです。担当の先生が変わった科目が多いこと、単元的に努力が報われる内容が多いこともあり、テストの点数や内申点が大きく変動するケースが多いからです。
この週末にどのくらい時間を取れるかが大きいことは間違いありません。定期テストの対策は、最後はどのくらい時間をかけられたかの勝負になるからです。

ところが…
本日部活の大会に出かけている生徒が多いのです。当然、(公式戦の前日ですから)昨日も長時間練習で拘束されているケースがほとんどです。運動部(球技)が多いのですが、吹奏楽部もコンクールが近いということで、長時間拘束されている生徒が多いです。期末の勉強が捗るはずがありません。
夜帰って来てからやれよという話になるわけですが、この暑い中朝から夕方まで走り回っていて、帰宅してから長時間勉強に取り組める生徒はそんなに多くありません。意志の問題ではありません。子どもたちは、体力的に限界に近いところで戦っているのです。
ほとんどの中学校が今週期末テストであることは、当然把握できているはずです。都内全域で見ても、ほぼ同じ感じでしょう。なぜ今日のタイミングで公式戦を入れるのか理解に苦しみます。高校野球ですら、期末テストが終わってから本格的に試合が組まれています。中学生はなぜそのあたりの配慮がなされないのでしょう。まったく子どもたちのことを考えていない大人たちが、運営しているからです。
生徒に聞いたのですが、中学校としては、定期テストの1週間前から部活の活動停止となるそうです。勉強に時間を取れよということです。ただし、大会がある生徒は例外として活動を黙認しているそうです。私は、この対応が間違っていると思います。中学校としてそういう方針で行くなら、大会があろうが何だろうが、同じように禁止するべきです。その上で、公式戦の日程変更を連盟に具申すべきでしょう。それが教育の一環としての部活のあり方です。
こういう状況になっている以上、自衛が必要です。生徒本人には難しいので、保護者の方が子どもを守らなくてはいけません。すべて学校や顧問の言いなりになる必要はないということです。

結果につなげる6月

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月17日 8:26 PM
  • 未分類

先週は小中学生の全学年・全コースでGSテスト(全国模試)を実施しました。来週からは、中学生の期末テストが始まります。中高一貫校の生徒と高校生は7月に入ってからとなる学校が多いです。
夏期講習を前にして、この時期のテストはとても重要です。結果はもちろんですが、自分の弱点をしっかりあぶり出して、夏の計画立案につなげなくてはなりません。
この時期のテストは、範囲が狭いことと、学習単元が計算等基礎的な内容が多いこともあり、努力を結果につなげやすいのです。実際、GSテストの結果を見ていると、頑張っている生徒の成績が上がって来ていることに気付きます。逆に、勉強量が極端に減っていたり、部活を言い訳にしているような生徒は苦しくなって来ています。特に今回は、普段から丁寧さに欠ける生徒たちの成績が思わしくなかったように思います。そういう生徒たちは、夏まで待てないので、講師たちが様々働きかけを行っています。

中学生は、さすがに来週からの期末テストに向けて、気合が入って来ています。ようやく勉強のペースが上がって来たようです。授業前の時間は、理科・社会の質問・相談に来る生徒が多くなっています。中には実技科目の質問を持って来る生徒もいるのですが、誰にどの科目の質問をしたらいいのか困っている場面を見かけます。まず、誰でもいいので声をかけてください。こちらで、適切な講師に振りますので… なぜか、私のところには体育の質問が集まって来ます(笑)。
期末テストは、今週末の取り組みが非常に重要です。今日・明日で再度、気合を注入しようと考えています。

ブログ復旧しました!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月15日 9:35 PM
  • 未分類

サーバートラブルのため、ブログの更新がストップしていました。
この1ヵ月くらいの記事が消えてしまっていたので、その修復作業に時間を取られました。
これでサーバーが増強されたので、今後こういうことはもうないと思います。
雨降って地固まるということで…

今回の件で改めて分かったことは、このブログを楽しみにしていただいている方がとても多いということです。
バグってしまってから、心配してご連絡いただいた方がとても多かったのです。
中には、「正確かつ迅速な情報とても助かっています」とか、「本音でここまで書けるのってすごいと思います」とか、「心の拠り所にさせてもらっているので、これからも頑張ってください」とか、涙が出そうなメッセージも何件かいただきました。
皆様、本当にありがとうございます!
ファン・愛読者の皆様のためにも、今後も頑張ります!

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る