ホーム

GS進学教室

都立高校願書差し替え日程の憂鬱<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年10月6日 5:40 PM
  • 未分類

都立高校の願書を差し替える場合、まず出願した高校に行って、願書を取り下げて来なければいけません。最初の出願はすべて郵送で済みますが、差し替えは(2回とも)わざわざ高校に出向かなければならないのです。その日程が2月10日となりました。今までで一番早い日程です。
2月10日は、大半の生徒が私立高校の受験に出かけています。私立の中では本命校の受験をしている生徒も多いです。翌日も入試が控えている生徒もたくさんいます。当日の問題を復習して、翌日に備えることも重要なことです。そんな中で、都立高校に願書の取り下げに出かけなくてはならなくなるわけです。保護者が代わりに行くことも可能ですが、合格発表が当日に行われる高校もありますし、この日は保護者も忙しいのです。そんなことは都教委も十分分かっているはずです。

それ以上に問題なのは、その時点で願書の差し替えを決断させることの無意味さです。中には、公表された都立高校の倍率(だけ)を見て差し替えをを決める生徒もいるでしょう。しかし、割合として多いのはそうではなく、私立高校の合否結果を踏まえて差し替えをする生徒です。少なくとも、GSでは過去の生徒たちは全員そのケースでした。
わかりやすいように具体例を挙げます。例えば、2月10日に中大附属高校を受けていたとします。そこで合格を取れれば、都立西にチャレンジ。万一中附がダメだったら、八王子東で確実に合格を取りに行く。そんなケースが多いのです。私立高校は滑り止めの(併願確約を取れた)高校のみ受験して、都立高校は最初から受験する高校が決まっていて変えることはない、という生徒は問題ないと思いますが、GSの生徒たちのように私立も都立も常にぎりぎりの勝負(チャレンジ)をしている場合は、毎年こういう戦いになっているということはお伝えしておきたいと思います。
もうお分かりだと思いますが、2月10日に取り下げだと、私立高校の合格発表の結果を見てからだと、動くことができないのです。14日が再提出なので、そこには私立高校の合格発表を見てからで間に合うのですが、10日に取り下げていないと再提出はできませんし、取り下げた高校に再度提出することもできません。このルールに基づいて準備をすると、都教委の意図とはまったく逆の動きが加速することになります。少なくとも、塾ではそういう指導をせざるを得ません。(どうやら、都教委はそのことに気付いていないようです) 法に触れたりルールを逸脱しているわけではありませんが、広がるとまずいので、詳細はここでは書けません。

私は、最初都教委に悪意があると考えていました。もともと、私立の結果を見てからの取り下げなど想定していない。(みんな忙しい)2月10日にぶつけることによって、(面倒な)差し替えを極力少なくしたい。私立高校の受験に配慮することなど絶対にしない…と。
都庁に勤める教え子と話をしていて、真意が分かり愕然としました。「2月11日が祝日、12日が土曜日、13日が日曜日なので、そこは仕事をしないんです。だから、機械的に10日に前倒しになっただけです」と… 受験生たちの利便性よりも、自分たちの休みを優先して日程を決めているのですから、呆れてものが言えません。私立高校だったら、絶対にそんなことはしません。もしそんなことをしたら、最難関レベルの人気校を除いて、あっという間に淘汰されてしまうでしょう。一歩譲って、カレンダー通りにしか仕事をしないのであれば、1日後ろにズラして、14日取り下げ、15日再提出にするべきです。入試が21日ですから、準備の時間は十分にあります。
数年前に、マークシートを導入したのに、合格発表の日程が後ろ倒しになったのも同じ理由でした。(土日が2回入るから…) こんな受験生不在の状況になってしまったのも、ここ数年の出来事です。(実技教科内申2倍もそうですね…) こういう1つひとつのことが、都立離れを加速していることに、都教委はそろそろ気付くべきでしょう。

現在の生徒募集状況

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年10月4日 5:21 PM
  • 未分類

9月末で会社の中間決算が出ました。GSは今年開校10年目の節目を迎えていますが、半期の売上としては、過去最高額を記録することができました。生徒数が過去最多となっているためです。今年度の新規生も、ほとんどが紹介による入塾です。このコロナ禍の中で、本当にありがたい限りです。関わっていただいいる皆様に、この場をお借りして感謝申し上げます。
現在生徒数は130名程度ですが、もうこれ以上大きくは増やせない状況となっています。2号館(2校舎目)の話も、何度か契約直前まで進んだのだすが、その度に何かが起こり(2年前の春はコロナが流行り始めたタイミングと重なりました) さて、来春はどうなるでしょうか… 物件との絡みもありますので、何とも言えない状況です。(今年の春、GSの下の1階が空いたのですが、あっという間に他の塾が入ってしまいました。現在GSの入っているビルには、3つの塾が共存しています。それぞれターゲットがまったく異なるので、競合はしていませんが…)

という状況なので、入塾をお考えになっている方は、お早めのアクションをお願い致します。
今現在、入塾が可能な学年と残席は、小5(1名)、中1(2名)、中2(1名)、高1(2名)、高2(科目による)となっています。
中2は、昨年からずっと2クラスが満席となっていましたが、10月から1名空きができました。ウェイティングの方が4名いたので昨日ご連絡したのですが、全員の方がもうすでに他の塾に通っている状況でキャンセルとなりました。長い方は半年以上、短い方でも2ヵ月以上お待ちいただいていたので、当然だと思います。せっかくのご縁をいただいたのに、申し訳なく思います。ということで、中2は今がビックチャンスです! ご希望の方は、今すぐご連絡を。早い者勝ちです!
9月以降、来年度の新中1(現在の小6)のお問い合わせが続いています。今ご予約をいただている方がすべて手続きとなると、1クラス分が満席となってしまいます。全員の方が入塾テストで合格となるわけではありませんし、来年度は最初から2クラス作れる可能性もありますが、ご検討いただいている方は、早めのご連絡をお願い致します。2月の2週目から中学生としての授業がスタートします。11月1日より、入塾テスト・入塾面談を実施致します。

都立高校願書差し替え日程の憂鬱<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年10月3日 1:20 PM
  • 未分類

今日は日曜日ですが、受験生たちは、会場テストや日曜特訓で戦っています。中3の私立模試は午前中で終了したので(都立模試はもう少しかかります)、生徒たちから自己採点の結果がラインで入り始めています。早速、復習を始めている生徒もいるようです。このスピード感がとても大事です。賛否両論あるとは思いますが、この生徒・保護者の方との距離の近さが、GSの大きな「ウリ」の1つです。
講師の何名かは、ワクチンを打ちに出かけています。副反応が出ませんように… こちらも戦っています。

都立高校の入試制度ネタが続きます。それほど、このブログネタになる(突っ込みどころが多い)制度改革が続いているということです。
これも(一般の方は)ご存知ない方が多いと思うのですが、都立高校の一般入試は、1回出願した後に、他の高校に願書を差し替えることができます。都立高校は私立高校と違って1校しか受験をできないので、受験生により慎重に受験校を選ばせてあげようという趣旨の制度です。これ自体はすばらしいことだと思います。
しかし、来春の入試日程が公表された後、この「願書差し替え日程」について様々波紋が起こっているのです。来春の入試では、2月10日に願書取り下げ、14日に再提出ということになりました。塾関係者や入試に詳しい方は、この時点で「えー!」というリアクションをしているはずです。とんでもないことなのです。私はこのことから、都教委の悪意すら感じます。
(次回に続く…)

都立高校男女枠撤廃正式決定!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年10月2日 3:55 PM
  • 未分類

皆さんは、この都立高校の男女枠撤廃による一番の「被害者」は誰だと思いますか? 「来年以降ボーダー付近で女子にはじき飛ばされてしまう男子」でしょうか?、「今まで男子より点数が高いのに不合格とされた女子」でしょうか? 確かに、ちょっとかわいそうな側面はありますが、(事前に公表されている)その時その時のルールに従って選抜を行っているのですから、仕方ありません。大学の医学部の入試で、女子を不利益にする不祥事がありましたが、あれは、事前にそのこと(男女別の定員等)を公表せず、裏でこっそり男子を優遇していたから大きな問題になったのです。
実は一番の被害者は、私立の女子校です。東京都全体で、今と較べると女子が600名も多く都立高校に合格(入学)してしまうのですから、影響はかなり大きいのです。特に、(単願が少なくて)都立高校併願者が多い中堅校です。都立の進学率が高い地域の方が影響が大きくなります。ということは、八王子地域の女子校は軒並み影響を受ける可能性があるということです。男子校は、歩留まりを間違えると大変なことになります。今までと較べると手続き率が高まる可能性があるので、定員オーバーというような事態に注意が必要です。それは共学校でも同じです。手続きの男女比率が変わって来るからです。

何人かの高校の先生とこの件でお話ししましたが、やはり女子校の先生方は大変な危機感を持っています。今までだったら、ぎりぎり都立高校に落ちて入学してくれた比較的優秀な生徒が、今後はぎりぎり都立高校に合格して逃げられてしまうことが多くなることが想定されるからです。高校の魅力をより高めて、受験生と保護者にしっかり伝えて行こうという動きが強化されています。来年度から、新しいコース・入試形態をスタートする高校も多くなっています。このレベルの私立高校は今後、第一志望(単願)の生徒をどうやって増やすかがポイントになるでしょう。合格した時点で入学を決めてくれれば、都立高校の定員変更などまったく関係ないのですから…

都立高校男女枠撤廃正式決定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年10月1日 1:18 AM
  • 未分類

入試まであと4ヵ月あまりに迫った中3生にも影響が出てしまいます。今まで1割枠を導入していなかった高校も含めて、全校で1割枠が導入されることになったからです。昨年までに較べると、女子のボーダーが下がり、男子のボーダーが上がる高校が増えることになります。分かりやすく言うと、ボーダー付近では男子が女子にはじき飛ばされてしまうということです。(一部男子の方がボーダーが高い高校もあるので、注意が必要です)
一番影響が大きいのは、学区の2~3番手の高校だと思います。八王子地域で言うと、日野田・町田・南平のレベルです。進学指導重点校(自校作成校)では、内申の差を入試本番の点数でひっくり返すことが可能です。問題が難しくて、差がつくからです。(GSの生徒たちは、このパターンで合格を勝ち取ることが多いです) ところが、共通問題の上位校は、みんなが高得点(80~90点台)を取ってしまうため、内申の差をなかなか埋めることができないからです。

数年後(早ければ今の中1の代)に男女枠が完全撤廃となりますが、そうなると、かなり影響が大きくなることは確実です。都教委の試算によると、今と較べると全体で男子の合格者が約600名減り、女子の合格者が約600名増えことになるようです。ちなみに、この完全撤廃のタイミングで、推薦入試も男女枠が撤廃されることが決まっています。こちらは、一般入試以上に影響が大きくなります。内申・面接・集団討論・小論文すべてにおいて、女子の方が平均点が高いからです。下手をすると、推薦入試合格者のほとんどが女子で占められてしまうような高校が出てしまうかもしれません。集団討論も男女混合になると思うので(そうでなければ不公平です)、男子は女子に勝たないと合格できないという戦いが待っていることになります。

分かりやすいように、具体的な人数でシミュレーションしてみました。
1クラス39人だとして考えます。あくまでも平均値による試算ですが、今は男子20名、女子19名です。ご存知ない方も多いと思いますが、実は都立高校の定員は現状男子の方が多いのです。東京都の中3生の在籍者数比率によるからです。これが全校1割枠導入によってほぼ同数になり、全校2割枠導入によって、男子19名、女子20名と人数比が逆転します。最終的に男女枠が撤廃されると、男子18名、女子21名くらいとなる見込みです。1クラスで見たら、男子2名が女子に入れ替わるだけなので、大した問題ではないと感じる方がいるかもしれません。ただし、これがすべてのクラス・すべての高校で起こるわけです。(平均値で計算したので、そういうことです) 全体で見たら、かなり大きな影響があると言わざるを得ないでしょう。
ただし、この1クラス試算によって、都教委が言い訳に使っていた「トイレや更衣室等、高校の施設面で大きな問題が起こる」ということは、詭弁だったということがわかりました。学校単位で見たら、何とか対応できる範囲でしょう。
(次回に続く…)

都立高校男女枠撤廃正式決定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月30日 7:50 AM
  • 未分類

都立高校の入試について、大きなニュースが続いています。男女別の定員について、ようやく廃止の方向で進めることが発表されました。全国の公立高校で、男女別の定員が定められているのは、東京都だけとなっていたのです。これについて、「男女差別だ!」「ジェンダーフリーの世の中にそぐわない!」という批判が高まっていました。世論が大きくなって来たことと、裁判になったら(都教委が)負けるというような声も出始めたので、都教委も重い腰を上げざるを得なかったということです。
具体的に言うと、ほとんどの高校で、女子の方が合格最低点が高くなってしまっていたのです。同じ点数でも、男子だったら合格、女子だったら不合格という事例が多くなって来ていました。全体的に内申が女子の方が高いことと、中堅・下位校では学力(テストの点数)的にも女子の方が高い場合が多いからです。中には、1000点満点で200点以上ボーダーの差があった(女子の方が高かった)高校もありました。

ただし、依然腰が引けた対応は続いていて、「段階的に進めて、数年後に完全に撤廃する」という形が提示されています。一気に完全撤廃できなかった理由として、「トイレ・更衣室等、施設面の対応が追い付かない」「私立高校の募集に影響が出てしまうのを避けたい」ということを挙げています。これについては、一定理解できる部分もありますが、今まで対応が遅れたことが、これだけ問題を大きくしてしまった要因なので、もっとドラスティックな改革をしてもよかったと感じます。
最近の都立高校(都教委)の改革は、期限を明確に切らないで、あやふやにしたまま進めることが多くなっています。一昔前、石原都知事の時代に、都教委の幹部の方とお話されせていただく機会があったのですが、あの頃は、都立高校改革への熱い思いと共に、スピード感、スケジューリングの綿密さ等に、感動した記憶があります。「こんな感じで幹部が本気で取り組んでいるんだから、そりゃ都立高校の改革は成功するだろうな」と感じていました。私立高校の先生方が、「都立高校の改革のスピードについて行けない」とこぼしていたことを思い出します。その後、都立高校(の一部)が一気に復権を果たし、大学入試でも私立高校と対等に勝負できるようになったことは、皆さんもご存知だと思います。今は、都立高校離れがじわじわと進んでいます。時代背景、大学入試改革の失敗、コロナの影響等、様々な要因があるのですが、私は都教委のこの間のぐだぐだの対応が、都立高校離れの大きな要因の1つになっていると感じています。

男女枠の撤廃について、今後の具体的な流れは以下の通りです。
〇来春の入試(今の中3の代)から、全校で定員の「1割枠」を導入。
〇その結果を分析して、(早ければ今の中2の代から)全校で定員の「2割枠」を導入。
〇その結果を分析して、(早ければ今の中1の代から)全校で男女別定員を廃止。
と公表されています。こういう書き方をしているので、実施時期は後ろにズレて行く可能性があります。

「1割枠」「2割枠」というのがピンと来ない方のために説明しておきます。例えば「1割枠」というのは、定員の9割を男女別に選抜して、残りの1割を男女混合で選抜するということです。結果、最後の1割が全員女子になってしまう高校もありますし、女子の方が多くなってしまう場合が多いのです。今までは、一部の高校のみ「1割枠」を導入していたのですが、それを来年から全校に広げるということです。
(次回に続く…)

10月以降の授業について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月29日 4:41 PM
  • 未分類

明日で緊急事態宣言が全面解除されることになりました。八王子でも、新規感染者数がだいぶ少なくなって来ています。
これに伴い、10月1日(金)より、高2以下すべての学年・コースで、授業を通常通り校舎での対面授業に戻します。(高3のオンラインコースのみ、引き続きオンラインで行います)
ただし、GSタイムや、自習室の利用については、引き続き制約がありますので、システムの「お知らせ」と「メッセージ」を確認してください。
登校前の検温、マスクの着用、校舎に着いた時の手洗い・消毒等は、引き続き励行をお願いします。

都立高校スピーキングテスト正式決定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月28日 10:22 PM
  • 未分類

都立高校のスピーキングテストについて、今公表されていることをまとめます。

◯今の中2の学年から実施。
◯ベネッセが運営するスピーキングテスト「ESAT−J」を使用。
◯出願は7月下旬〜9月上旬。ネットでベネッセに直接。個人情報(写真も)を提出。
◯期末テストが終了した11月末の日曜日に、大学や高校等の外部会場に生徒を集めて実施。
◯イヤホンマイクを使用して、タブレットに吹き込む形式。
◯出題は8題を想定。タブレットの問題を見て、それについて英文を読んだり、イラストの状況を英語で説明したりする問題が中心。
◯採点は海外にデータを送って行う。
◯1月中旬にA〜Fの6段階で結果が返って来る。それを内申書に明記。
◯都立高校の入試では、それを20点〜0点までの4点刻みに変換して、現行の1000点満点に加算。
◯スピーキングテストを受験しなかった場合は、不利にならないように、入試の英語の得点等からスピーキングの点数を換算。
◯今年の中3生が、実験台として同じテストを全員受験させられる。(今週予定されている生徒が多いです)

まあ、突っ込みどころ満載ですが、一番は、この感染防止対策を徹底している中で、中3生に教室で一斉にしゃべらせることの愚かさです。(周りの生徒との距離とか、マスクを取るのかどうかとか、詳細がまだわかりませんが… これによりクラスターが発生したら、目も当てられません)
私がすっかり力が抜けてしまったのは、「スピーキングテストを受験しなくても、不利にならないように扱う」という方針が加わった時です。少なくとも数ヵ月前までは、受けなかったら入試で0点として扱うと言っていたのです。この間公表されている会議の議事録はすべてチェックしていましたが、簡単に言うと、各方面から反対されて突き上げられて、都教委が最後に日和ってしまったのです。一番大きかった声は、テストや採点の公平性と、個人情報をベネッセに吸い上げられることの是非についてでした。
これにより、入試で点数は取れるけどスピーキングは苦手という生徒は、事前のスピーキングテストを受けない方が有利になるということですから、すでに公平な選抜の体をなさなくなってしまったということです。
私は、スピーキングテストについて、こうやって公表された後でも、まだポシャる可能性があると思っています。大学入試がそうであったように…

都立高校スピーキングテスト正式決定!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月27日 12:48 AM
  • 未分類

都立高校入試において、英語のスピーキングテストが行われることが正式に決まりました。今の中2の生徒たちからです。何年も前から話には出ていましたが、大学入試の方で英検等民間テストの導入がポシャったので、当然都立高校の方も中止にするものと思っていました。元々は、新しい大学入試に対応できるように…という意図で導入が検討された経緯があったからです。

配点は1000点満点に20点を加算するということですから、100点満点にすると14〜15点分になります。大きいですよね。あくまでも、英語の100点分とは別に扱われるようです。
スピーキングテストは、入試とは別日程で、11月末に行われます。会場テストのように、大学や高校の教室を借りて生徒たちを集める形になる可能性が高いです。

最大の問題点は、スピーキングテストが民間のテストだということです。ベネッセがすべて請け負請け負うことが決まっています。私がスピーキングテストに一貫して反対している理由はここにあります。都教委が一括して運営するなり(無理ですが)、都立高校の現場の先生が手間暇かけて実施するなら、まだ許せるのです。多額の費用をかけて(税金です)、民間にポンと丸投げしてしまう姿勢が許せないのです。マークシートの導入もそうですね。マークシートを導入したのに、入試から合格発表までの日数が延びているのですから、誰も納得しないでしょう。企業との癒着・既得権益ありきになっていると言われてしまうのは当然です。
(次回に続く…)

健康管理が最優先<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月26日 12:59 AM
  • 未分類

私がこの10年間で、それまでと変えた(変わった)ことを列記してみます。

〇かなり痩せた
→昔の私しか知らない方は、しばらくぶりにお会いすると皆さんかなり驚かれます。ついに具体的な数字をバラしてしまいます。20年前は98kgでした。10年前は88kgでした。今は78kgです。(「痩せてもまだ78キロもあるんかい!」というツッコミが聞こえました。身長が184センチありますからね…)20年間、毎年着実に1キロずつ痩せていることになります。まずは、このことがとても大きいのです。

〇睡眠時間をきちんと確保するようになった
→10年前までは、平均3~4時間睡眠でした。「自分はショートスリーパーだから、全然大丈夫!」と思っていましたが、まったく違いました。この10年間は、少なくとも6時間、できれば7時間は睡眠時間を確保するようにしています。健康面や頭の働きがまったく違って来ることに気付きました。人間としての生産性がまったく変わります。皆さん、悪いことは言いません。睡眠時間はきちんと確保しましょう。忙しい時ほど、このことを意識してください。受験生もです。

〇週1日は必ず休むようになった
→当たり前のことかもしれませんが、私にとっては画期的なことでした。自分で会社を経営している身としては、なかなかそうは行かない時もあるのですが、余程のことがない限り、週1回は休んでいます。その上で、休みの日はなるべく外に出かけるようにしています。会社勤めの時に、内に籠ってしまい、外の世界をほとんど知らずに過ごしてしまったことへの反省・反動です。出先でも仕事のメール・ラインは常に気にしなくてはならないのは仕方ありません。GS開校以降は、1年間に2回は温泉旅行に出かけるようにしていたのですが、コロナの影響でこの2年間は行けていません。早く行けるようになる日が来るといいなぁ。

〇夜10時半以降食事をしなくなった
→これも普通の人には当たり前のことだと思いますが、塾講師にはなかなか厳しいミッションなのです。GS開校以降は、基本残業をしないで授業終了後速攻で帰宅して、(10時半までに)家で食事をするようにしています。しかも、腹八分目を意識しています。10年前までは、ほぼ毎日夜中2時~3時にどか食い(1日1食の日も多かった)していましたから、そりゃ痩せるだろうよ…という感じです。

〇定期的に運動するようになった
→これは3年前からですが、定期的にジムに通うようになりました。一時はコンスタントに週3日通っていたのですが、今はペースが少し落ちています。しかし、どんなに忙しくでも週1日は行くようにしています。痩せたことはもちろんですが、体質が(筋肉質に)変わったことが大きいです。駅のコンコースなど、階段を一気に駆け上ることができます。セレオ北口のところの階段はなかなかしんどいですが…

〇ストレス減
→会社を経営している以上、ストレスがないと言えば嘘になります。一般の方にはなかなかご理解いただけないのですが、給料をもらう立場と払う立場では、仕事に対するプレッシャーはまったく異なります。おかげ様で、今はGSの経営状態はかなり余裕がある状態になっていますが、開校してから数年間は、給料日の直前に会社が私個人から借金して給料を支払っている状態でした。今でも、給料日に無事に給料を支払えると、ホッとします。(昨日給料日だったのですが、講師が増えたこともあり、GS史上最高の給与支払い額となりました。社員・講師の皆様に感謝です。もっともっと、支払える金額を増やせるようにして行きたいと強く思います。)
しかし総体的には、仕事のストレスは10年前までと較べるとかなり少ないです。仕事の時間だけの問題ではありません。優秀で素直な生徒や、様々理解のある保護者の方が多いこと、生徒指導・受験指導を安心してスタッフに任せられることが大きいと感じますが、一番は、理想とする塾・会社にするために、自分で決定したことをタイムラグなしに実行できることです。大きな会社組織に所属している時は、そこの実感をまったく持てず、とにかく何をやるにしても、時間がかかり過ぎたこと(やりたいことができなかったこと)がストレスになっていたことに気付きました。ものの本によると、中小企業の経営者(社長)は、長生きする方が多いのだそうです。(自分もそうありたいものです) その一番大きな理由は、「様々なことを自己決定して進められるから」ということらしいです。(納得できない)やらされ仕事をしていると、どんどんストレスが溜まって行く(そして早死にする)ということにつながるのでしょうか。
もう1つは、塾はもちろんですが、結婚相談所・FP事務所・カウンセリングルーム等、「すべての仕事がみんなの幸せにつながっている」という実感を持てていることです。仕事がどんなに大変でも、「目の前の人が幸せそうになっている、そしてその役に立てている」という感触を得られているので、頑張れているような気がします。

予定外に長々と引っ張ってしまいましたが、お伝えしたかったことは、今の私は健康面も精神面も絶好調だということです。もう50代後半に足を踏み入れてしまいましたが(いわゆるアラ還?)、大袈裟に言うと、最近が心身共に人生で一番調子が良いかもしれません。皆様のお役に立てるように、まだまだ良い仕事をして行きたいと考えています。(ちょっと事情もあり)あと20年は現役で頑張る所存です。
皆様も心身の健康に留意して、充実した毎日を送っていただきたいと思います。

ホーム

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る