ホーム > 未分類 > 教育無償化の流れが一気に加速!?<その2>

教育無償化の流れが一気に加速!?<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年4月27日 4:04 PM
  • 未分類

この(労働者の給与から強制的に天引きする)形で保険料を徴収するのは、一番確実な形です。消費税の増税だと、(一律課税のため)低所得者の負担感が増えるというデメリットがあります。累進課税のように、給与額に応じて拠出するのがあるべき姿だと思います。教育国債についても、私は否定的な立場です。結局、回り回って将来の世代に負担を押し付けることになってしまうからです。今の子育てにかかる費用は、今の負担で乗り切るという発想で制度を組み立てるべきでしょう。

ただし、今後その形で「子ども保険」のような形を導入するとすることになれば、違う意味での不公平感が強くなる恐れがあります。子どもがいない世帯や、もう子育てを終えた世帯は、恩恵を受けられないのに保険料だけ支払わなければならなくなるからです。社会全体で子育て支援を…という方向性に理解を示す国民は多いと思いますが、「何で子どもがいないのに子ども保険を払わなければならないんだ?」とか、「我が家は幼稚園・保育園の高い費用をすべて払い続けたぞ!」と感じる家庭は少なくないでしょう。実際、都内で私立高校を卒業したばかりのご家庭からは、「なぜ、もう少し早く私立高校の無償化を決めてくれなかったのよ…」とか、「とても不公平ですよね?」という恨み節の声が聞こえて来ています。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=8873
トラックバックの送信元リスト
教育無償化の流れが一気に加速!?<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 教育無償化の流れが一気に加速!?<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る