ホーム > 未分類 > 小石川中の「入学手続き」に関するトラブル・続々報

小石川中の「入学手続き」に関するトラブル・続々報

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年2月22日 11:39 PM
  • 未分類

本日、都教委から発表があり、補欠で繰り上がるはずだったのに、不合格とされていた生徒たちの合格が正式に決まりました。(結局、8名中2名はすでに繰り上がっており、本日合格となったのは6名でした)
当然の判断ですが、決定が遅れていたので、都教委はこんなレベルの自浄能力もないのか、また今回も知らんぷりをするのか、と怒りを感じ始めていたところでした。とにかく、当該の子どもたちが傷つかずに済んで良かったです。

都教委発表の文章の中でも、「締め切りを過ぎてからの手続きに問題がある」という指摘があったことにも触れており、そういう意味ではかなり踏み込んだものだと評価できます。当然、今後その部分についても、検証・公表が行われるでしょう。

ただ1点、問題が残るのは、補欠番号38番、39番あたりの生徒が、ある意味被害を被った形になってしまったことです。
今回の判断は、「一旦合格となったのに不合格とされた生徒」の救済に限定されているため、「後から通常なら合格だったと分かった生徒」は対象にならなかったということです。私は納得できないのですが、もうこれ以上は進展しないと思います。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=8579
トラックバックの送信元リスト
小石川中の「入学手続き」に関するトラブル・続々報 - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 小石川中の「入学手続き」に関するトラブル・続々報

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る