ホーム > 未分類 > 都立高校推薦入試スタート!<その2>

都立高校推薦入試スタート!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年1月28日 2:22 PM
  • 未分類

昨日で無事にすべてのスケジュールが終了しました。最後の面接は、比較的淡々と進んで、あまり突っ込まれずに終わった生徒が多かったようです。それが良いのか悪いのかは分かりませんが… 面接の15分くらいの間で、試験監の先生たちと仲良くなれたと言っている生徒もいました。これはある種の才能だと思います。

合格発表は来週の木曜日。1週間も間が空きます。私立の先生方に言わせると、「だから都立はダメなんだ」ということになるわけですが、私もそう思います。小論文の採点に時間がかかるとか言っても、せいぜい3日後くらいには合格発表をするべきでしょう。待たせ過ぎです。一般入試の方はもっとひどくて、昨年から正確さと共に迅速な処理をするためにマークシートを導入したにも関わらず、合格発表までの日数が前年より長くなったというギャグのような落ちがついていました。グループ合同選抜をやっていた頃ならいざ知らず、今は学校の中で採点・合格発表が完結するのですから、そんなに時間がかかるはずはありません。公務員なので土日に働かせてはいけないという不文律があったり、ミスをしないように何度もチェックするからという理由が出てくるのですが、要はやる気の問題です。発表までの期間を短縮するということを決めないから、工夫も生まれないのです。
私立高校無償化の件もありますし、都立高校もこのあたりの「顧客サービス」を真剣に考えて行かないと、今後長い目で生き残れなくなるでしょう。これは高校ごとというより、都教委の幹部の皆さんの意識の問題です。(ここ数年の様々な対応を見る限り、まったくこのあたりのことは意識していないように感じます)

推薦入試を受検した生徒たちにとって重要なことは、ここは不合格のつもりで、一般入試に向けての勉強のペースを絶対に緩めないことです。私立高校の入試も近づいて来ますし、実はこの1週間はとても大事な期間です。そして、来週木曜日の合格発表で不合格となっても、決して落ち込まないで、淡々と勉強を継続して行くことが重要です。
生徒たちには、何度もそのあたりのことを確認して来ているのですが、そうは言っても「あわよくば…」という期待をしてしまうのが受験生の心理なのです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=8421
トラックバックの送信元リスト
都立高校推薦入試スタート!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 都立高校推薦入試スタート!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る