ホーム > 未分類 > 私立高校も無償化決定!?<その3>

私立高校も無償化決定!?<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2017年1月18日 3:06 PM
  • 未分類

この私立高校無償化の影響は、GSの生徒たちの中でも出始めるのではないかと感じています。さすがに今の中3生は、もう受験が目前に迫っているので大きな影響はないと思いますが、それでも最後の最後合格した高校の中で、都立に行こうか? 私立に行こうか?という選択になった時に、「年間44万2千円が支給されるのであれば、私立でいいかな…」という判断をするご家庭が出る可能性は感じています。「親に経済的な負担をかけたくないから絶対に都立!」と言っている生徒も結構いるのですが(ほんと健気だ…)、生徒本人もこのニュースを聞いたら、少し考えが変わるかもしれません。(あくまでも、年収760万円未満のご家庭が対象ですが、GSでも保護者の皆様と話をしている中で、意外とこの条件を満たしているご家庭が多いことが分かってきました)

今の中2生たちの間には、そうでなくても私立(付属校)への流れがあります。GSでは、今年の中3生までは優秀生のほとんどが都立進学重点校を志望していました。実際には、どうしても内申点が取れなくて、途中で私立高校にシフトする生徒もいましたが、できることなら都立トップ校に行きたいという生徒が多かったのです。
今の中2生で私立高校志望者が急に増えて来た一番大きな理由は、大学入試が不透明だからです。彼(彼女)らが大学受験をする年から、センター試験が廃止になることは決まっていますし、記述式の問題が増えること、英語は外部テストを利用するようになること、2次試験では面接・小論文等で人物重視の選考をすること等が情報としては伝わって来ていますが、実際どうなるの?という具体的なことはまだほとんど見えて来ていません。このあたりの不安が大きいため、大学受験をすることのリスクを感じていて、であるならば私立の付属高校に入って(入れて)しまおうと考えている生徒・保護者の方が多いのです。
それに加えて、今回の私立高校無償化です。こうなって来ると、内申点の実技科目2倍という「バカな制度」も都立高校離れの要因となって来ます。一気に私立高校(特に付属高校)への流れが大きくなっても、何ら不思議ではありません。GSのような、「ほとんどの生徒が都立進学重点校を目指している塾」ですら、早くも私立へ流れる動きを感じるのですから、東京都全体ではかなり大きな影響があることは間違いないでしょう。いずれにしても、都内の高校入試が大きな分岐点を迎えていることは間違いありません。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=8373
トラックバックの送信元リスト
私立高校も無償化決定!?<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 私立高校も無償化決定!?<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る