ホーム > 未分類 > 非常に重要な1週間です!<その1>

非常に重要な1週間です!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年12月20日 2:50 PM
  • 未分類

冬期講習会まであと1週間を切りました。入試を直前に控えた小6・中3の受験生は言うまでもありませんが、それ以外の学年の生徒にとっても非常に重要な期間です。今まで積み残した苦手な部分を集中的に学習して克服したり、計算・漢字・英単語等に腰を据えて取り組めるのは、年に3回の長期休みの期間しかありません。塾での授業時間数はもちろんですが、家で学習できる時間を考えると、(学年にもよりますが)普段の1ヵ月分以上に相当します。小6・中3は、ここで最後の追い込みをかけないと、第一志望校に届かなくなってしまう生徒もいます。そういう意味では、最後のチャンスということになります。

毎回このブログで書いていますが、実は講習会に入る前の1週間がとても重要な期間なのです。(ちょうど今週がその期間にあたります) 小5以上の生徒は、休みの期間の学習計画と3学期の成績の目標を、GSシートにまとめさせています。現状の成績と課題を明確にして、1月以降の目標を設定し、具体的な学習計画に落とし込ませるためのものです。これについても、もうとっくに計画を立て終わっていて、面談まで終了している生徒もいれば、まだ作成に手間取っている生徒もいます。このあたりのスピード感が、学習成果につなげるという視点で、大きな差につながっているように感じます。

中3生で推薦入試を受験する生徒たちは、その対策が本格化しています。昨日は、都立高校の推薦入試対策を2時間半に渡って行いました。集団討論のテキスト・採点表を配付して、討論の流れのイメージ作りをさせました。実際に模擬練習を行うのは、冬期講習が終わってからです。小論文の過去問を1年分書かせて添削をしましたが、生徒によってかなり差が大きい状況です。もうすでにほぼ仕上がっている感じの生徒もいれば、1から書き方を修正して行かないとまずい感じの生徒もいます。特に難関校は、小論文の配点が高いところが多いので、ここで頑張らないと合格が厳しくなります。模擬面接は先週末から始まっていますが、明日までに全員1度は実施する予定です。想定質問一覧を配付して、答える内容を考えておくことになっていますが、さぁ果たして…
今年は推薦入試を受験する生徒が多いのですが(在籍者の半分以上)、面接も小論文も基本1対1で対応する必要があります。もちろん、普段の授業をこなしながらですので、我々の方がかなりハードワークになっています。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=8280
トラックバックの送信元リスト
非常に重要な1週間です!<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 非常に重要な1週間です!<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る