ホーム > 未分類 > 支給型奨学金がいよいよ始動!<その4>

支給型奨学金がいよいよ始動!<その4>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年10月27日 12:10 AM
  • 未分類

昨日、この件について自民党からさらに詳細の公表がありました。あやふやだった部分が少し見えて来ました。

〇基本的には2018年度からとするが、一部2017年度から給付を始める。(一部って何だろう…)
〇収入要件については、「住民税非課税世帯」とする。(やっぱり…)

それ以外の金額や成績要件等については、今までの情報と変化がありません。
昨日コメントを入れていただいた方も書かれていた通り、簡単に言えば、今回の給付型奨学金は、公的扶助の一環にあたるもので、決して今までの奨学金の延長にあるものではないということです。貸与型奨学金の返済で苦しんでいる若者たちを救済することが目的のものでもありません。現在奨学金を「借りて」いる学生のほとんどは、新しく創設される給付型奨学金の支給要件は満たさないため、やはり今後も貸与型に頼るしかないわけです。
ちなみに、この新しい支給型奨学金の対象となる学生は、現段階の試算では、年間2万5千人程度と言われています。現在貸与型の奨学金を利用している学生は120万人以上いるので、対象となるのはほんの一握りであるということがご理解いただけると思います。そういう意味では、騙されてはいけません。

ただし、「抜け道」がないわけではありません。抜け道と言えば悪いこと、違法なことというイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。
例として不適切かもしれませんが、私はGSを開校して後の2年間は住民税が非課税でした。なぜかと言うと、住民税は、前年の「収入」ではなく「所得」にかかるからです。 この違いを理解できていない方も多いと思うので、少し説明してみます。
1年目は、その前年に(無職の期間が長く)ほとんど収入がなかったから当然なのですが、2年目はGSがある程度軌道に乗って、それなりには収入がありました。では、なぜ所得が0になったのかと言うと、「所得控除」がかなりあったからです。収入から、いわゆる会社で言うと必要経費にあたる控除分を差し引いたものが所得で、税金はその所得に対して一定の税率をかけることになっているのです。所得控除にはどんなものがあるかを以下にまとめます。

給与所得控除  … まず、給与の額から自動的に一定の割合(年収により異なる)の金額が控除されます。例えば、年収400万円の場合は、134万円が控除分です。
基礎控除    … 全員一律に38万円です。
配偶者控除   … 配偶者の年収が103万円以下の場合、38万円です。
扶養控除    … 児童手当の創設に伴い、15歳以下の控除はなくなりました。被扶養者の年齢により、38万円から63万円(大学生の場合)が控除されます。ただし、今回の給付型奨学金の創設に伴い、大学生の扶養控除を見直すということが言われています。
社会保険料控除 … 健康保険や年金等を支払った分は全額控除されます。確定拠出年金や、小規模企業共済等も対象です。
医療費控除 … 通院や入院にかかった費用、薬代等から一定の金額(通常は10万円)を差し引いた金額が控除されます。

それ以外にも、生命保険料や地震保険料控除、住宅ローン控除、雑損控除、寄付金控除等、細かいものまで含めるとかなりの種類があります。すべてが年末調整で処理できるわけではないので、年度末に確定申告が必要になります。
私の場合は、当時母が施設に入院していて、年間の医療費が200万円ほどかかっていたため、医療費控除分で税金の対象となる所得がマイナスになっていたということです。当然、自分で確定申告をして、一旦支払った所得税の数十万円が返って来ましたし、翌年の住民税も非課税になりました。私は、その後も毎年確定申告をしていて、母親が亡くなった後も、年に数万円は税金が戻って来ています。
自分で確定申告をしないと所得税は戻りませんし、住民税もその所得に対してかかってしまうので、ご注意ください。ここで結構損をしている方もいらっしゃるような気がします。このあたりのご相談は、GSのFP事務所へどうぞ… 私の持っている資格は、国際最上級資格のCFP(R)と、国家資格の2級FP技能士です。(1級もすでに受験していて11月9日に合格発表ですが、おそらく取得できる見込です)

また話が逸れている気がしますが、ある程度の収入があったとしても、(私のような)事情により住民税非課税となっている場合は、支給要件を満たす可能性があるということです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=8044
トラックバックの送信元リスト
支給型奨学金がいよいよ始動!<その4> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 支給型奨学金がいよいよ始動!<その4>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る