ホーム > 未分類 > 夏期講習会スタート!<その2>

夏期講習会スタート!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年7月27日 2:22 PM
  • 未分類

再度書きます。夏期講習で成績を上げるために必要なことは、学習した内容を「翌日までに」きちんと「できるように」しておくことです。当然、「 」をつけた2つのキーワードが重要だということです。

平常時は、週に1回しか授業がない場合も多いので、翌週の授業までに復習をしておけばあまり困ることはありません。しかし、講習中は毎日授業があるのです。翌日は、さらに授業が進んで行きます。前日の学習内容が覚束ない状態だと、次第に授業について行けなくなってしまいますし、テストで結果につなげることが難しくなります。その日の復習を、その日のうちにやり切って行かないといけないということです。
講習中は1日に3科目とか4科目授業があるので、時間の使い方がとても重要になります。集中して取り組むこと、無駄な時間を使わないことがポイントです。

もう1つの「できるように」という部分を理解できているかどうかも重要です。「分かるように」ではありません。「できるように」です。もっときちんと言えば、「テストで点数を取れるように」ということです。
英単語のスペル、漢字、数学の公式などの知識がうろ覚えの状態だと、テストで再現することができません。ただ眺めて覚るというような勉強法がダメな理由はそこにあります。
算数・数学・理科などの科目は、理解できた後に、自分で手を動かして答えを出すという作業が入ります。計算力の問題もありますし、限られた時間内に解かなくてはならないという要素もあります。そのあたりのことをきちんと意識して復習に臨んでいるかどうかで、成果に差が出てくるのです。

今日で早くも4日間の1クールが終了しますが、クラスの中でも確認テスト等の成果で大きな差がついて来ています。私の目から見ていると、やはり授業中の集中力や、復習の取り組み具合と結果は一致しています。そういう意味では、テストの結果は「偶然」ではなく「必然」なのだと確信しています。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=7532
トラックバックの送信元リスト
夏期講習会スタート!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 夏期講習会スタート!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る