ホーム > 未分類 > 入試問題バトル<その3>

入試問題バトル<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年7月20日 3:14 PM
  • 未分類

小6の都立中コースは、2月から入試問題バトルを実施しています。今までに、南多摩や武蔵の過去問を実施していますが、さすがにまだこの時期は(適性も作文も)合格点を取れる生徒はいません。ただし、適性の文系部分は満点近く取る生徒が出ていますし、作文も1番の要約は満点やそれに近い点数を取る生徒も出てきています。明日、夏前の最後の授業で、過去問に取り組んでもらう予定でいます。そろそろ全体で合格点を取る生徒が出てくるのではないかと楽しみにしています。毎年、夏の終わりには、2科目・3科目トータルで合格点を超える生徒が結構出て来ます。

小6の私立中コースや、中3のレギュラークラスでは、まだすべての単元の学習が終了していなかったりすることもあり、まだ全科目そろえて合格発表という入試バトルはできていません。(夏期講習の後半には、それが当たり前にできるようになります)
ただし、科目ごとに見ると、合格点あるいはそれに近い点数を取っている生徒も結構出て来ています。中3でGSの中では成績的に下の方の生徒たちでも、日大二高・三高レベルの過去問で、60点・70点くらいの点数を取っている生徒たちもいます。昨日、ある女子生徒が、「苦手だった数学で過去問で60点を超えられたので自信が持てた」というようなことを言っていました。夏に向けて、やる気が出て来たようです。

過去問を解いたら、点数を取れたとしても取れなかったとしても、その後にブラスにつなげて行くことがとても重要です。受験生本人というよりも、塾(講師)の指導力が問われる場面だと考えています。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=7486
トラックバックの送信元リスト
入試問題バトル<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 入試問題バトル<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る