ホーム > 未分類 > 都立高校入試終了!<その2>

都立高校入試終了!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2016年2月26日 9:12 AM
  • 未分類

都立高校の各科目の入試問題の難易度の変化について、全体的な状況を簡単にまとめておきます。
他の塾も含めて多くの受験生の答案再現結果を見た上で書いていますが、あくまでも後藤の主観によるものですのでご了承ください。

<国語>
やはり記述問題が少なくなった分、生徒にとっては解きやすくなったと思います。漢字も例年並みかやや易しくなったところが多く、共通問題も含めて平均点は上がる学校が多いはずです。国語の講師たちに言わせると、「入試がつまらなくなった」ということらしいです…

<数学>
共通問題でマークシートが何問かに導入されたこと以外は、大きな変更はありません。難易度も例年並みの高校が多いと思います。強いて言えば、共通問題は少し平均点が下がるかな…?という感じがしています。やはり、日比谷・西の問題は難しいですね… 前半と大問の(1)でしっかり点数を取り切ることがポイントです。

<英語>
国語同様に、書く問題が減った分が少し点数アップにつながりそうです。共通問題も少し平均点が上がるものと予想します。八王子東・国立あたりも7割の勝負となりそうです。リスニングは例年並みです。(と生徒たちが言っていました)

<理科>
明らかに難化です。かなり優秀な生徒でも90点はなかなか難しいでしょう。進学重点校でも、84点くらいで合格ラインだと思います。ただ、70~80くらいに多くの生徒が固まるので、それを下回ると苦しくなります。学区2~3番手校では、70点取れば十分勝負になると思います。
問題自体はそんなに難しくないのですが、例によって問題文が長く、いくつかの資料を見較べないと解けない問題があったりして、生徒たちにとってはとても解きにくくなったと思います。「読解力」の勝負になってきているようにも感じます。

<社会>
記述問題の形式等は例年通りです。並び替え問題が選択式になったのでそこは解きやすくなりました。難易度は例年並みだと思います。ただし、「世界」に関してかなり突っ込んだ知識が問われていたり、ちょっと変な計算問題があったりして、そのあたりで戸惑った生徒が少なくないものと想像します。その部分を踏まえると、少し平均点が下がるかもしれません。

コメント:2

すがる 2016年3月7日

理科の問題でミス?のような報道がありますが(都教委は問題ないとの見解を発表)もし可能でしたら、先生の見解をブログで取り上げていただけませんか?

gs_staff 2016年3月8日

書くつもりでいましたが、塾として都教委に正式にミスの指摘をして、その返事をいただけることになっていたため、自重していました。お約束の期限に返事をいただけなかったので、公開することにしました。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=6824
トラックバックの送信元リスト
都立高校入試終了!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 都立高校入試終了!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る