ホーム > 未分類 > ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正

ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年5月20日 8:30 PM
  • 未分類

<ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正>

4月25日~5月1日付「それでも自転車に乗りますか?<全5回>」の記事内容について、内容的に問題があるというご指摘を多数いただきました。(警察庁の方からもいただきました) 私の(小さな塾の)ブログに書いただけであれば、こんなに大きな反響につながらなかったと思いますが、いくつかのニュースサイト・まとめサイト等に転載され(いずれも報酬関係は存在しておりません)、そのうちの1つが桁違いのアクセス数があり、その内容が各種SNS等で拡散されたために、大きな混乱を招いてしまったようです。誠に申し訳ございませんでした。以後情報発信する際には、内容等についてより慎重に精査し、誤りや誤解を招くような表現をしないように注意してまいります。また、今回の件だけで電話・メール・ブログのコメント・SNS等で数百件に及ぶご指摘・問い合わせをいただきました。そのすべてについて返信等でお答えすることができないことをご容赦ください。ご丁寧にご指摘いただいた皆様、誠にありがとうございました。

以下の点について訂正させていたたきます。
〇6月1日以降も自転車の違反に「青切符」は導入されません。
→私も、今までの自動車の違反と同じような反則金と連動する「青切符」が導入されるという認識はありませんでした。しかし、元の原稿を読み返してみると、「青切符」と断言してしまっている部分もあり、そのように理解されても仕方ないと思いました。摘発された場合は、1度目の違反から「赤切符」になります。ただし、不起訴になって罰金の支払いが免除になったとしても、安全講習受講の条件の違反回数には1回としてカウントされるとのことです。
〇安全講習の受講及びその際の費用徴収についても、「青切符的制度」ではありません。
→裁判所に出頭しての罰金の支払いや、前科として残ることがないという意味で、「青切符・反則金と同じ位置づけである」と私が感じて書きましたが、これが的外れであるとのことです。今までの摘発・罰金の支払い等に加えて、安全講習の受講を義務づけるという考え方に基づいているので、お手軽に安全講習受講をどんどんさせるという趣旨のものではないということです。

警察庁の方からも、上記の2点については訂正して欲しいというご指摘をいただきました。ただし、それ以外の自転車の安全運転の啓蒙や保険の加入奨励等については、感謝のお言葉もいただきました。どの程度摘発が厳しくなるのかという点については、最終的にお答えをいただけませんでした… 

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=5267
トラックバックの送信元リスト
ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正 - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > ブログ記事の内容に関するお詫びと訂正

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る