ホーム > 未分類 > 絶対に〇〇すると決めること<その6>

絶対に〇〇すると決めること<その6>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月28日 6:54 PM
  • 未分類

<この3年間で後藤が新たに始めたこと・取った資格>

〇進路アドバイザー→今さらですが、再度きちんと勉強し直そうと思い立ちました。受験はもちろん、就職や奨学金・社会の動向まで包括的な知識が必要とされるので、とてもためになりました。大学新聞社が主催している資格です。

〇就活塾→10時間の研修を受けて、指導システムと教材を使用することができるようになりました。かなり手厚く面倒を見ています。この2年間、内定率は100%です!

〇心理カウンセラー→民間資格ですがカリキュラムをこなした後に4つの試験に合格しました。日本心理カウンセラー協会に所属して活動しています。GSにカウンセリングルームを併設していますが、カウンセリングに携わっている時は専用のコスチュームを着用する決まりになっています。見たことあるかな?

〇ドリームゲートアドバイザー→経済産業省の後援事業の専門家として認定されています。起業を考えている方の支援が主な業務ですが、私は当然学習塾の開業・運営専門で活動しています。こちらのご縁で、初めての著書(共著)を出版することができました。

〇講演・研修→この仕事については、会社に属している時から多くの機会をいただいていましたが、独立してからは守備範囲がかなり広がりました。塾講師として中学校・高校に呼ばれる機会が一番多いのですが、心理カウンセラーとして小学校に呼ばれたり、母校の大学での就活講演、新聞社主催の新聞の活用法についての講演、一般企業の社員研修等に関わりました。今話が出ている講演のテーマは、「幸せになる方法」(!)です。

〇仲人士→全国結婚相談業教育センターの認定資格です。一応士業なんですね… 日本仲人協会に所属して活動しています。全国約1万人の会員とマッチングが可能です。お見合いのセッティング・立ち会いだけでなく、一般的な婚活・妊活の相談にも乗っています。私の他に、マリッジアドバイザーの資格を持つ女性スタッフがいます。

〇ファイナンシャルプランナー(2級)・AFP→母親の介護・相続に関わる手続き、自分の確定申告や保険の見直し、会社の経理や事業承継(気が早い!)等で常々このあたりの知識の必要性を感じていました。勉強時間はあまり取れなかったのですが、自分が実際に経験してきていることがほとんどだったこともあり、意外に高得点(約90%!)で合格できました。次は1級とCFPにチャレンジしようという野望を持っています。(これは相当しんどいです…)

〇終活ライフケアプランナー→よく見てください。「就活」ではありません。「終活」です。FPの勉強をしている中でその存在を知り、興味を持ちました。勢いで資格を取りました。主に定年退職後の生活の充実、エンディングノート・遺言書の作成、相続対策等についての支援を行います。今後ニーズがますます高まってくると思います。

〇今年の4月から「特別公務員」の肩書きを拝命することになりました。これについてはまだ詳細を書けないので、また後日に。

これらはすべてこの3年間に初めて手掛けたことなので、振り返ってみると自分でもなかなかチャレンジングな日々を送ってきたなと感じます。
私がこれらの仕事に関して、肝に銘じていることが2つあります。
1っは、これらはあくまでも副業なので、本業である塾の仕事に影響を出さない範囲で取り組むということです。週5日は授業に入っていますし、午後~夜にかけてはほとんど塾の方に貼りついています。それ以外の仕事は平日の午前中に入っていることが多いですし、お見合いの立ち会いは週末土日の午前中が勝負どころです。(八王子の京プラがメインスポットです。明日も勝負がかりのお見合いが1件入っています…) 就活支援は(学生が忙しいので)夜遅い時間に行うこともあります。資格試験の勉強は、夜ふかししてやっています。(あまり時間を取れていないけど…)
2つ目は、「子どもたちの一生の幸せのために」というGSのコンセプトに照らし合わせて、それからはずれる(単に儲けるためだけの)ことには手を出さないと決めていることです。考えてみたら、受験→就職→結婚→出産→カウンセリング→ライフプラン→終活に到るまで、人生のほぼすべての期間において専門知識を基に支援をすることができます。あとは保育士の資格くらいでしょうか… 取りませんけど(笑)。
受験で第一志望校に合格しても、その後就活や婚活のところで躓いていたり、人生に悩み苦しんでいたり(残念ながら自ら命を絶った教え子もいます)するのを見るにつけ、子どもたちの人生においてもう少し力になってあげられるたのではないかということをかなり前から考えていました。塾講師の無力を感じていたと言ってよいかもしれません。その部分にわずかな一歩でも踏み出せたような気がしています。
考えてみたら、就活塾やカウンセリングルームに相談に訪れるのはほとんどが元教え子ですし、結婚相談所の会員も元教え子の割合が高いです。(30代女子がほとんどです。先日も1人結婚が決まって、とても幸せそうにしています(^^♪) そういう意味では、インターネットの威力はすごいと改めて思います。20年前の教え子から突然連絡が来たりします。私がホームページ・ブログや様々なサイトに露出していることもありますが、SNSの「友達候補」に突然出てきたりすることもあるようです。(1度も連絡を取り合ったことがないのに、今だにどういう仕組みかよく分かりません) いずれにしても、10年前にはあり得なかった状況です。そのうち、教え子の「終」活支援に携わることも出てくるのでしょうか… 長生きしないといけないですね。

GSの生徒・保護者の皆様、ご安心ください。50年後くらいまでを見据えた、お子様の一生の幸せを支援する体制が万全に整いました(笑)。まずは目の前の受験で結果を出せるように、全力で取り組んでまいります。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=4912
トラックバックの送信元リスト
絶対に〇〇すると決めること<その6> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 絶対に〇〇すると決めること<その6>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る