ホーム > 未分類 > 絶対に〇〇すると決めること<その1>

絶対に〇〇すると決めること<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年3月21日 2:19 PM
  • 未分類

祝日ですが、朝から忙しく活動しています。通常の授業やGSタイムもありますが、本日は生徒面談・保護者面談がたくさん予定されています。春期講習会に向けた計画作りの部分で、提出されたGSシートのフィードバックを中心に、生徒1人ひとりと話をする機会が多くなっています。GSシートの作成は、小5以上の学年に課しています。学期の終わりにあたって、年間に3回作成することになっています。ただし新中1生は、定期テスト・内申や高校入試の仕組みについてまだイメージが湧いていないので、春休み中に「中学入学ガイダンス」を実施して、その内容を踏まえて目標を設定してもらうことになります。

毎回このGSシートとその後の推移を見ていて感じるのは、「決める」ことの大切さです。もちろん、学習計画を具体的に立案して、それをきちんと実行に移していくことが重要なのですが、それ以前の部分で大きく差がついているように感じています。「絶対に成績を〇〇まで上げる」とか、「絶対に〇〇中学(高校)に合格する」という決意の部分です。成績で言えば、「偏差値でいくつにする」とか、中学生の場合は「内申点をいくつまで上げる」とか、具体的な数字を設定して、その目標を達成する前提での計画になっていなければ意味がないわけです。最終的には、志望校が明確になっていないと、本格的な受験勉強を頑張りきれません。
生徒たちは、放っておくと自分でこの部分ができない場合が多いのです。一応、志望校は口に出して(GSシートに書いて)高い目標は設定するのですが、その目標を達成するために偏差値や内申が「今のままでは足りない」ということが分かっているはずなのに、「これを絶対に上げる」という意思表示が出てきません。今とほとんど変わらない偏差値や内申を次学期の目標のところに書いたりします。
そういう生徒に対しては、まずそれを変える働きかけをするところからスタートしなくてはなりません。そうなると、当然やるべきことも変わってきますし、今まで以上に気合いを入れて勉強に向かうことが必然になってくるわけです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=4873
トラックバックの送信元リスト
絶対に〇〇すると決めること<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 絶対に〇〇すると決めること<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る