ホーム > 未分類 > 大学入試改革続報<その2>

大学入試改革続報<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年1月31日 12:03 AM
  • 未分類

前回、大学入試の改革について書いた時に、大学の出口(卒業要件)が厳しくなっていくであろうことについて触れました。確かに現在日本の大学は、入学することに較べると卒業することがとても楽なのです。時代は違いますが、私は大学の4年間は体育館と食堂にいた記憶しかありません(笑)。でも問題なく卒業できました。専門科目では2~3度しか開かなかった教科書が何冊かあったような気がします。あの頃と較べたら、今の大学生の方が真面目なのかもしれませんが、私の教え子たちで4年間で卒業できないという話はほとんど聞いたことがありません。(望むような就職ができなかったという話はたくさん聞きますが…)

大学入試改革と併せて、今回は文科省が本気で改革に取り組もうとしている様子が伝わってきます。最終的な卒業の要件は、各大学に任されることになるのでしょうが、どういう部分で判断されるようになるのかを考察してみます。
1つは、英語力です。一時よりはだいぶトーンダウンしてきた感じは受けますが、社会のグローバル化に伴い、とにかく英語の本質的な力をつけさせようとしている様子がありありです。今までの暗記・ごまかし英語ではなく、「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を限りなくネイティブに近いレベルで使いこなせるような力をつけさせたいという意図があります。その1つの目安として、TOEFLの点数を使うという案が依然として有力です。大学の入学試験において、改めて英語のテストは実施せず、TOEFLの点数で判断するというようなことが、まことしやかに語られています。その流れで考えると、大学の卒業要件にも、TOEFLで何点以上というような基準が設けられてもおかしくないでしょう。特に英文科や国際関係の学部では、このレベルが必須条件になる可能性すらあります。今でも、海外への長期留学と、その海外の大学での単位取得が卒業要件になっている大学は結構あります。

ただし、すべての学部でこのレベルの英語力が必要だとは思えませんし、この話が出始めた頃から、世論でも「いくら何でもそれはやり過ぎでしょ」というような声が大きくなっていることも事実です。このあたりを文科省が今後どう判断していくかが、大変興味深いところです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=4570
トラックバックの送信元リスト
大学入試改革続報<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 大学入試改革続報<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る