ホーム > 未分類 > 都立中応募者数確定!<その5>

都立中応募者数確定!<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2015年1月27日 12:08 AM
  • 未分類

「それでも中学受験をした方がよい理由」

前回までのブログで、都立中の応募者数が減ってきている理由についてまとめてきましたので、今後都立中を受検すること、そこに向けて勉強をしていくことに迷いが生じている保護者の方がいるかもしれません。私は、それでも都立中受検にはチャレンジするべきだと考えています。(今回は都立中高について書いているので、「都立中を」という表現になりますが、私立中についても同じように考えています) その理由を以下にまとめます。

〇都立高校の入試において学力以外の要素の割合が高くなること
来年度の入試(今の中2)から、都立高校の入試のシステムが大きく変更となります。ひと言で言うと、学力(ペーパーテスト)以外の要素の割合が高くなるのです。進学重点校も例外ではありません。具体的には、内申点で実技科目の点数が2倍されることと、特別選考の1割枠(内申に関係なく本番の点数だけで合否が決まる)が廃止されます。今までは極端なことを言えば、内申点がどんなに悪かろうと、実技科目が全然ダメでも、本番で高得点を取りさえすれば合格できたのですが、来年度からは難しくなるということです。
中学校ですべての科目に真面目に取り組んで定期テストで常に90点以上を取り、先生たちと仲良く(?)し、部活や生徒会や学校行事等あらゆることに積極的に取り組めるような生徒でないと、進学重点校は受検することすらできくなってしまうかもしれません。当然、あのレベルの問題で点数を取れるようにするためには、進学塾に通うことも必然となるでしょうから、中学校生活における負担が相当大きくなるのです。

〇進学重点校に進学できなかった場合の選択肢がとても少ない
都立高校では、進学重点校とそれ以外の高校の格差がとても大きくなってきています。大学入試では学区2番手校ですらとても苦戦している高校が多く、3番手以下の高校からは難関大学には実質ほとんど進学者がいない状況です。高校で進学重点校を受検して不合格となった場合は私立高校に進学することになりますが、私立の進学校(大学受験で一定の実績を残している高校という意味です)は、中学校からの募集のみで高校募集を停止・あるいはごく少人数しか募集していない学校がほとんどなのです。特に女子にその傾向が強く、最難関レベルで高校募集を一定数しているのは、豊島岡のみとなっている状況です。
もちろん、付属高校という選択肢はありますが、早稲田と慶應は(ここでも特に女子は)定員が少人数でかなりの難関となりますし、国立大学への進学を希望している生徒・保護者が増えている現状を考えると、決して高校受験での選択肢は多くないのです。

〇中1ギャップで苦しまずに済む
公立の中学校では、中1の最初で勉強につまずいてしまい、3年間苦しんだまま進んでしまう生徒がかなり多いようです。小学校との学習レベルの違いや、部活とのバランスを取れない(中学校が取らせない)ことが理由です。人間関係で苦しむことも含めて、この時期に子どもたちが壁にぶち当たることを「中1ギャップ」と言います。これを解消するために、小中一貫校や、4・4・4の学制が前向きに検討されています。
しかし、中学受験をした生徒たちにとっては、この中1ギャップは心配無用でしょう。学力的にはもちろん、塾通いや受検生活の中で社交性が養われ、精神的にも強くなっているからです。「英語や数学は初めての科目だから関係ないのでは?」という声を聞くこともありますが、そんなことはありません。数学は中1の最初の半年間は計算に終始するのですが、やはり中学受験をした生徒としていない生徒では小学校レベルの計算力に大きな差があり、これはそう簡単に埋めることができません。割合の感覚や処理、図形の基礎知識についても同じことが言えます。英語は確かに初めて学習する科目ですが、中学受験の勉強で培った学習習慣、暗記する要領、テスト慣れ等が大きなアドバンテージとなります。私の経験で言えば、小学校の時に英会話を下手にかじっている生徒たちの方が、中学校に入ってから苦労しているように感じています。
もう1つ、中学受験組(特に進学塾に通っていた生徒たち)は、2月から中学生としての勉強を本格的に始めることになりますが、このことも大きいのではないかと思います。4月中学入学時に、既に1学期の範囲の学習を終了していて確認テストや偏差値テストで揉まれている生徒たちと、まったく初めて英語や数学に接する生徒たちでは、初めての中間テストや1学期の内申点で大きな差がつくのは当然の帰結だと思います。それがそのまま、高校受験に向けての学力の差になってしまっているケースが多くなっているのです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=4551
トラックバックの送信元リスト
都立中応募者数確定!<その5> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 都立中応募者数確定!<その5>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る