ホーム > 未分類 > 慶應義塾高校入試日程変更

慶應義塾高校入試日程変更

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年9月24日 2:59 PM
  • 未分類

中学入試も高校入試も、来年度の入試要項がほぼ出揃いました。都立高校の変更点については以前にこのブログでもお伝えしました。私立高校で言うと、一番影響が大きいのは慶應義塾高校(通称日吉)の日程変更でしょう。今まで1次試験が2月13日に行われていましたが、来年度から2月12日に変更となります。神奈川県立高校の入試日程が変更となったことによる玉突きの変更のようですが、今まで帰国生のダブル受験が多かった慶應湘南藤沢と同日入試となる異例の形です。

一番大きいのは、国立大学の付属高校(13日実施)との併願が可能となることです。今までは入試日が重なっていたため、上位生はどちらかの選択をせざるを得なかったのですが、来年度から両方受験することが可能になります。地理的に言うと、一番影響を受けるのが学芸大付属です。慶應の受験者の一部(理社をきちんと勉強しているという条件がつきます)が参入してくることになります。逆に慶應も学芸大付属の受験者が参入してくるため、普通に考えたら上位層のレベルは上がると考えるべきでしょう。一方で、都内の付属志向の受験生の動向次第では、逆の目が出る可能性もあります。日程変更となった初年度の入試(受験者の動向・難易度の変化等)は、蓋を開けてみないと分からないケースが多いのです。

人気校が日程変更をした時に注意しなくてはならないのは、当該の学校以外も大きな影響を受けることがあることです。前述したように、国立大付属高校(特に学芸)は受験者増・難度アップとなる可能性があります。私立高校で一番影響が大きいのは、12日に入試を実施する明大明治と青山学院(もちろん男子)です。この2校については、応募者減・難度ダウンとなる可能性が高いと思います。私の過去の教え子たちの受験パターンを思い出すと、かなり優秀な生徒でも12日には明大明治や青山学院を受験していた生徒が多くいました。もし12日に慶應の入試があったら、おそらくそちらを受験したであろう生徒も少なくなかったと思います。そういう生徒たちは、明大明治や青山学院では上位で合格するはずの生徒たちですので、この層の受験者がかなり抜けると、ボーダーラインも下がる可能性があるのです。(その分、歩留まりが高くなるのかもしれませんが…) もしかすると、久我山や明大中野あたりまで同じような影響が出るかもしれません。

慶應義塾高校を受験予定の生徒はもちろんですが、上で名前が出てきた高校の受験を考えている方も、このあたりの情報には敏感になっておいた方がいいと思います。それなりの塾に通っている方は、面談等で先生からきちんとした情報が入るでしょうが、そうでない方は、中学校からは絶対に情報が入りませんし、しっかりとした「情報源」を確保しておく必要があるのです。

コメント:3

もつけ 2014年9月24日

はじめまして
八王子市内の中3男子の母です。
息子は自校作問題の高校進学を目指していますが、個人の補習塾のような所に通っているため(本人の強い希望)
ほとんど情報は入りません

gs_staff 2014年9月24日

コメントありがとうございます。
このブログが少しでもお役に立つといいのですが…
GSでは、塾にお通いでない方でも、有料(初回60分3000円)の受験相談を承っておりますので、もし必要であればお声をかけてください。
後藤高浩

もつけ 2014年9月26日

すみません
コメントの後半部分が切れてしまいました。相談もできるのですね。残念ながら家が京王線でちょっと遠いもので‥
こちらのブログは私の大事な情報源です

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=3802
トラックバックの送信元リスト
慶應義塾高校入試日程変更 - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 慶應義塾高校入試日程変更

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る