ホーム > 未分類 > 道徳のことを忘れていました<その5>

道徳のことを忘れていました<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年8月19日 12:32 PM
  • 未分類

評価の正当性の話を一旦脇に置いたとしても、学校の道徳教育には大きな問題点が内在していることは間違いありません。1つの価値観を押しつけることが道徳教育だと勘違いしている(思い込んでいる)節があるのです。もちろん、「挨拶はきちんとしよう」とか、「他者に対して思いやりの気持ちを持とう」とか、「いじめは絶対にしてはならない」等、最低限共有化しなくてはならない価値観があることは当然です。しかし今の道徳教育では、明らかに教師の個人的な価値観を生徒に押しつけている場面がとても多いのです。私が実際に自分の目でいくつも実例を見てきました。いくつか例を挙げてみます。

〇友達の選り好みはせず、誰とでも仲良くしなければならない。時には自分とは合わないと感じる友達と遊ぶようにする必要がある。
→これはある意味怖い話です。小学校の低学年くらいまでならいいと思いますが、特に中学生以降は友達を選ぶことも社会に出る準備として必要だと思います。仲間はずれの子を救済することと、つき合う友達を選ぶことはまったく次元が異なる話だと思います。

〇女子サッカーの澤選手が30歳を過ぎても現役で頑張っているという新聞記事を基にして。恋愛等、自分の幸せを犠牲にして、チームのため、日本のために頑張っていることがとてもすばらしい。皆さんも将来、澤選手を見習って頑張りなさい。
→私は、この件について2つ驚いたことがあります。1つは、澤選手が自分の人生を犠牲にしてサッカーの現役を続けていると決めつけていること。本当にそうなのでしょうか?自分がサッカーをやりたいからやっているのではないのでしょうか? 澤選手の人生は幸せではないのでしょうか? もう1つは、そういう(自己犠牲の)生き方がすばらしく価値があることだと子供たちに注入していること。早く結婚して子供を産んで、幸せな家庭を築きたいと考える子供もいるでしょう。女性が仕事を早く辞めることが悪いことだという刷り込みもどうなのでしょう? ちなみに、この教師は年配の女性の方でした。(既婚か未婚かは分かりませんでしたが…)

〇プロ野球松井選手の子供時代の体験談を読んで。やっぱり成功している人は、みんな子供の時に努力をしています。皆さんも頑張れば必ず大きな夢が叶えられます。頑張って松井選手のようになりましょう。
→子供の頃の努力が大切だということはその通りです。しかし、誰もが松井選手のようになれるわけではありませんし、その必要もないでしょう。人生の中では、時には努力が実らないこともあります。そういう時にどうやって生きていくのか、社会の現実をきちんと伝えることの方が重要だと思いますが… こういう発言をすると、学校の先生からは「子供たちの夢を砕くのか?」という反論が返ってくることがあります。

〇学歴の高いエリートと呼ばれる人たちが、社会で様々な問題を起こしています。世の中には勉強よりもっと大切なことがあります。そこが分からないのに勉強ができてもまったく意味がありません。皆さんも勉強ばかりしていると、そういう頭でっかちの人間になってしまいますよ。注意しましょう。
→勉強を頑張ることやいい大学に行くことが悪いわけではありません。こういう理屈を論点のすり替えと言います。

私が一番お伝えしたいことは、子供たちには様々な価値観があるので、テーマによってはそれを無理矢理1つの方向に統一するべきではないということです。その違いをみんなで共有化し、自分の価値観と異なる考えを尊重した上で、議論を深めていくことが本当の道徳教育なのではないかと思います。「自分はこう思うけど、そうかそんな考え方もあるんだ…」という学びが、子供を社会的にも成長させるはずです。それが、答えが客観的にも1つに決まる他の科目との根本的な違いではないでしょうか。

今のまま進んでしまうと、結局、教師の価値観に当てはまる生徒の評価が高くなり、そこからはずれている生徒の評価が低くなるのではないかと危惧しています。もっとはっきり言ってしまえぱ、教師の「好き嫌い」で評価が決まってしまう可能性を感じているのです。
4年後(内申書に道徳の評価が記載される時)までに、この懸念が払拭できるようになるといいのですが…

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=3643
トラックバックの送信元リスト
道徳のことを忘れていました<その5> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 道徳のことを忘れていました<その5>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る