ホーム > 未分類 > 突然の停電で感じたこと<その2>

突然の停電で感じたこと<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年4月30日 12:03 AM
  • 未分類

今回の停電で様々感じたことがあるのですが、大きく分けると3つ挙げられます。

まず1つ目は、東京電力の危機管理体制が相変わらず脆弱だということが分かったことです。今回の停電の原因は、八王子の石川町にある南多摩変電所の設備トラブルとのことですが、ここでは数年前にも同じトラブルがあり、やはり八王子一帯が停電したことがあります。その時にも再発防止云々…という文書を読んだ記憶がありますが、今回もまったく同じレベルのトラブルが起こり、その復旧に手間取ってしまっているのです。具体的に言えば、変電所にトラブルがあった時は、その地域の電気の供給元を、他の変電所に切り換えることになっているのですが(ものの本によると瞬時に切り替わることになっているとか…)、今回もそこがうまく機能していませんでした。一説によると、日曜の夜という時間帯だったために(職員の出勤体制とかの問題?)、原因の特定やその後の対処において人手が不足していたという話もあります。
福島の原発のトラブルにおいても、東電側の人為的なミスで信じられないようなことが次から次へと報じられていますが、日常の運営レベルにおいても、同じようなレベルのことはあるのだということを認識しました。

2つ目は、防災の視点で、備えをもう少しきちんとしておかなくてはならないということを強く感じたことです。震災以来、そのことはかなりの方が意識するようになっていると思いますが、実際に昨日のような場面に遭遇すると、慌ててしまったのではないでしょうか? 我が家も、茶箪笥や本棚の転倒防止を講じたり、非常持ち出し袋を用意したりということをしていましたが、前回のブログに書いた通り、肝心の懐中電灯すら点かないというありさまで、初歩の初歩のレベルで失格であることを認識しました。震災以降、ソーラーシステムも含めて、自家発電の装置が飛ぶように売れているそうですが、それも昨日のような場面になるとリアルに納得できます。それ以外にも、避難所の確認や、何かあった時の家族との連絡手段の確立等、やるべきことは非常に多いということを改めて感じました。
生徒たちが校舎にいる時に、震災レベルの地震が起きたり、(GSは火の元はありませんが…)近所で火災が起こったりした時の、イメージトレーニングは再度しっかりしておこうと思います。

3つ目は、ちょっと情緒的なことなのですが…
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=3006
トラックバックの送信元リスト
突然の停電で感じたこと<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 突然の停電で感じたこと<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る