ホーム > 未分類 > 映画「生まれる」のご案内

映画「生まれる」のご案内

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年4月14日 4:45 PM
  • 未分類

映画「生まれる」が八王子で観られることになりました。そのご案内です。
以前にこのブログでご紹介したため、「内容をもう少し詳しく教えて」とか「どこで観られるの?」というお問い合わせを何件かいただいていました。「ぜひ親子で観に行きたいけど、日程と場所がうまく合わない」という方もいらっしゃいました。
興味のある方は、この機会にぜひ。予定が合うのであれば、無理にでも子供を引っ張っていくといいと思いますけど…
この秋には、2作目が公開される予定です。

日時/5月24日(土) ①10:00~ ②13:30~ ③17:00~
場所/北野市民センター
料金/1,000円
申込/幹事の藪下様に連絡(090-5436-5055)

<再掲>
〇「生まれる」…実話に基づいたドキュメンタリー映画です。登場するのは、4組の夫婦・家族です。主に、子供の出産を通しての夫婦愛・家族愛を描いています。無事に生まれたケースだけでなく、出産当日に生まれてくるはずの赤ちゃんが不幸にして亡くなってしまったケースや、不妊で苦しみ葛藤する夫婦の様子も取り上げられたりしています。
胎児の「体内記憶」も1つのテーマとなっています。生まれてきた子供たちが、2~3歳になって、母親の胎内にいた時の記憶を語るケースが結構あるそうです。それをインタビュー形式でまとめています。「私は、お母さんを選んで生まれてきたんだよ」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。
ズバリ、テーマは家族愛です。私は、ぜひ親子で、家族みんなで観に行くことをお勧めします。実際、私が観に行った時も、親子で一緒に来ている方が多かったです。照れくさいかもしれませんが、もしかすると、劇的に親子関係が変わるかもしれませんよ。親が子供に対して、「産まれてきてくれてありがとう…」。子供は親に対して、「産んでくれてありがとう…」。こんな無条件の親子愛が確認できれば、家庭内のすべての問題は解決できるのではないかとさえ感じます。私は、受験生(小6・中3)のこの時期であっても、1日つぶす価値は十分にあると思います。
まぁ、「映画を一緒に観に行こうよ」という誘いに乗ってくるくらいであれば、その時点でそんなに親子関係は悪くないわけですけどね…

コメント:2

薮下 2014年4月21日

突然の投稿で失礼します。

この度はご紹介ありがとうございます。

こちらのブログを見てのお問い合わせをいただきました。

映画「うまれる」八王子自主上映実行委員会の薮下と申します。

この映画を観たら、大切な人に「ありがとう」と思わずにはいられないのではないでしょうか。ぜひ、親子で観ていただけたらうれしいです。

gs_staff 2014年4月22日

薮下様
ご丁寧にありがとうございます。
私が昨年観てとても感動したので、うちの塾の生徒・保護者や、ブログの読者にもぜひ観て欲しいと思って紹介させていただきました。
おっしゃる通り、親子で一緒に観て欲しいですね!
塾の中でも、もう少しプッシュしてみますので、何卒宜しくお願い致します。
後藤高浩

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=2966
トラックバックの送信元リスト
映画「生まれる」のご案内 - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 映画「生まれる」のご案内

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る