ホーム > 未分類 > 入試問題グループ作成の影響

入試問題グループ作成の影響

  • 投稿者: gs_staff
  • 2014年2月26日 5:28 PM
  • 未分類

都立高校の入試問題自校作成校は、今年からグループで問題を作成することになりました。進学重点校・単位制・中高一貫校等、それぞれのグループで大問ごとに2パターンずつ問題を作り、高校側がどちらかの問題を選択する形式です。大問で1問は自校作成問題と入れ替えることができます。ある程度の予測の下に対策を進めてきましたが、正直どんな形になるのか、蓋を開けてみないと分からないという感じでした。

進学重点校の7校に絞って、内容・難易度等を分析します。(すべての問題に目を通すのに時間がかかってしまいました…)

英語
①リスニング/全校共通。昨日書いた通り、少し読むのが速くネイテイブっぽくなっています。内容も少しだけ難しくなっているようです。
②対話文/国立と青山が同じ問題。西・戸山・立川・八王子東が同じ。日比谷が自校作成か? 内容的には国立のグループの方が難しかったと思います。日比谷は記述問題の割合が高かったです。
③説明文/西・戸山・青山が同じ問題。日比谷・国立・立川・八王子東が同じ。明らかに西のグループの方が取りにくいです。
④全体を通して/トータルで見ると、青山が一番難しいと思います。平均点も一番低いのではないでしょうか。逆に、立川・八王子東が一番解きやすそう。しかし、受験者のレベルからすると、平均点は他とそんなに変わらなくなるのかもしれません。リスニングで点数を落とした生徒が例年より多いので、その分平均点が下がりそうです。それ以外の部分は、レベル・内容とも例年並みと考えていいと思います。

数学
①計算・小問/自校作成も含めると、9問の中から3問選んでいる形です。すべての学校において、正答率はかなり高いと思います。ここでミスをした生徒は苦しい戦いとなっています。確実に、かつ迅速に処理をしないといけません。
②確率/西・戸山・立川・立川・八王子東・青山が同じ問題。日比谷と国立が単独。ほとんどの高校で、サイコロの目を数える問題ですが、国立は図形と絡むのでちょっと考えにくいかもしれません。西のグループ6校は易しいです。正答率も高いです。
③作図/日比谷・国立・戸山・立川・青山が同じ問題。西・八王子東が同じ。2問とも例年よりは難しいです。パッと見できそうな気がするのでしょうが、いざ書こうとして手が止まってしまった生徒が多かったと思います。√2倍・√3倍の作図がポイントでした。
④関数/西・立川が同じ問題。国立・戸山・八王子東・青山が同じ。日比谷は自校作成。日比谷は難問です。他はどちらも例年通りの感じです。(1)(2)は落とせません。(3)が勝負なのですが、無理そうであれば時間をあまりかけない方がいいでしょう。
⑤平面図形/日比谷・西・国立・立川・八王子東が同じ問題。戸山・青山が同じ。全体的に証明も含めて取りやすいと思います。特に(1)は絶対に落とせません。
⑥立体図形・その他/日比谷・国立・戸山・八王子東・青山が同じ問題(立体)。西と立川が別の問題。(おそらく、西が自校作成) すべての学校で(3)が難問です。できなくても大勢に影響はありません。さっさと捨ててしまった方がいいかもしれません。西はおそらく自分のところで作った反射の問題でした。(立体図形の出題がない!これは事件ですぞ) 私の授業でも、直前に反射が出ると予測して様々なパターンをやりましたが、これはちょっと… 特に女子は、見た瞬間に捨てた生徒を褒めました (^_^)/
⑦全体を通して/やはり、日比谷・西は難しいですね。学校が問題を選んでいるので、ほぼ学校のレベルと難易度が比例しているようです。ということは、平均点はどこも同じような感じになるのではないでしょうか。そういう意味では、このグループ作成という制度は「当たり」なのかもしれません。先生方の負担がかなり減ったでしょうし… とにかく平均点は高くないので、どこの高校でも、男子は60点、女子は50点取れば十分です。男子40点、女子30点くらいでも、他の科目次第では十分チャンスがあります。

国語
①漢字/読み・書きともすべての学校で同じ問題です。例年と同じようなレベルですが、ということは日比谷・西あたりは例年より易しく感じたはずです。四字熟語がなくなりました。
②物語文/西だけ違う問題。他の6校が同じ。問題のレベルは例年並みです。6校の方で、何と何と!GSの授業でやったことがある長文が丸々出ました。(中杉の過去問ですけど…) しかも傍線部まで同じというすばらしさ。生徒たちが、やったことがある文章が出たと喜んで帰って来ました。これは大きいですね。
③説明文/日比谷・西・国立・戸山が同じ問題。立川・八王子東・青山が同じ。やはり、上位校グループの方が文章・問題が難しいです。記述・作文は例年通りの感じです。作文の配点が10点から15点に変わったのがビックニュースです。そのことを生徒たちは知らずに受けているので、捨てた生徒はショックだったかもしれません。
④古文・解釈文/日比谷・国立・立川が同じ問題。西・戸山・八王子東・青山が同じ。レベル・形式とも例年通りの感じです。正答率も高いと思います。ここではずしていると苦しい戦いとなります。
⑤全体を通して/トータルで見ると、例年通りと言っていいと思います。漢字が易しく取りやすくなった分、もしかすると平均点が例年より多少上がる高校があるかもしれません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=2783
トラックバックの送信元リスト
入試問題グループ作成の影響 - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 入試問題グループ作成の影響

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る