ホーム > 未分類 > 入塾テスト

入塾テスト

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年11月8日 6:47 PM
  • 未分類

先週より、来年度から入塾を希望されている方の入塾テスト・面談がスタートし、毎週多くの生徒が来校してくれています。毎年、11月はこれでスケジュールがいっぱいとなってしまうため、私はGS生の保護者面談を10月中に終わらせて、こちらに専念できるようにしています。短期間でこれだけ多くの新たな出会いがあることはとても幸せなことだと感じています。今日はどんな生徒・保護者の方が来てくれるのだろう?と考えると、とてもわくわくします。(先週1週間は、弟妹生や私のご近所さんの知り合いが多かったので、初対面の方は少なかったのですが、今週はまったく新しい出会いがたくさん予定されています) 入試まで一緒に戦って行くことはもちろんですが、生徒によってはその後もかなり長い付き合いになるのだと思います。最近も、30歳代の教え子何人かと食事をしながら話をする機会がありました。婚活や起業の相談に乗ったり、逆にこちらが仕事を発注したりという関係ですが、彼ら彼女たちとも20年以上前にそういう出会いがあったわけです。私が35年間で直接指導した生徒だけでも数千人になっています。その1人ひとりとの出会いが、私の中でとても大きな財産になっています。これからも、1人ひとりとの出会いを大切にして行きたいと考えています。

ただし、入塾テストについては、全員の方が合格点をクリアできるわけではありません。むしろ、合格ラインに届かない生徒の方が多いのが現状です。特にここ数年で感じているのは、小学校や担任教師による指導格差です。コロナ休校の影響等もあり、進度が大幅に遅れている学校や、基本的な読み書き・計算すらまともに指導されていない学校(先生)が増えています。すでに通って来ている生徒たちの様子を見ていても、学校間格差・クラス間格差がかなり大きいように感じます。いわゆる当たり・はずれが大きいということです。
あまりにも酷い場合を除き、点数が足りないから即入塾不可ということにはなりません。面談で様々話をして特に生徒本人のやる気・意志を確認しますし、苦手科目については、来年2月まで待たずに、今すぐ学習を始めて取り戻すことを条件に入塾を許可する場合もあります。そういう意味では、ガウディアコースがあるのは大きいですね。受験勉強を本格的に始める前のウォーミングアップとしては最適な内容だからです。
新中1の残席が数名となっています。満席になったら、しばらく募集停止となる可能性があります。ご検討いただいている方は、お早めに(今ずぐ)ご連絡をお願い致します。中学入試をする予定の方も、入試が終わった後では満席となってしまっている可能性があるので、ご承知おきください。(過去に何度かそういう年がありましたので…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=17573
トラックバックの送信元リスト
入塾テスト - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 入塾テスト

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る