ホーム > 未分類 > 都立高校男女枠撤廃正式決定!<その3>

都立高校男女枠撤廃正式決定!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年10月2日 3:55 PM
  • 未分類

皆さんは、この都立高校の男女枠撤廃による一番の「被害者」は誰だと思いますか? 「来年以降ボーダー付近で女子にはじき飛ばされてしまう男子」でしょうか?、「今まで男子より点数が高いのに不合格とされた女子」でしょうか? 確かに、ちょっとかわいそうな側面はありますが、(事前に公表されている)その時その時のルールに従って選抜を行っているのですから、仕方ありません。大学の医学部の入試で、女子を不利益にする不祥事がありましたが、あれは、事前にそのこと(男女別の定員等)を公表せず、裏でこっそり男子を優遇していたから大きな問題になったのです。
実は一番の被害者は、私立の女子校です。東京都全体で、今と較べると女子が600名も多く都立高校に合格(入学)してしまうのですから、影響はかなり大きいのです。特に、(単願が少なくて)都立高校併願者が多い中堅校です。都立の進学率が高い地域の方が影響が大きくなります。ということは、八王子地域の女子校は軒並み影響を受ける可能性があるということです。男子校は、歩留まりを間違えると大変なことになります。今までと較べると手続き率が高まる可能性があるので、定員オーバーというような事態に注意が必要です。それは共学校でも同じです。手続きの男女比率が変わって来るからです。

何人かの高校の先生とこの件でお話ししましたが、やはり女子校の先生方は大変な危機感を持っています。今までだったら、ぎりぎり都立高校に落ちて入学してくれた比較的優秀な生徒が、今後はぎりぎり都立高校に合格して逃げられてしまうことが多くなることが想定されるからです。高校の魅力をより高めて、受験生と保護者にしっかり伝えて行こうという動きが強化されています。来年度から、新しいコース・入試形態をスタートする高校も多くなっています。このレベルの私立高校は今後、第一志望(単願)の生徒をどうやって増やすかがポイントになるでしょう。合格した時点で入学を決めてくれれば、都立高校の定員変更などまったく関係ないのですから…

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=17391
トラックバックの送信元リスト
都立高校男女枠撤廃正式決定!<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 都立高校男女枠撤廃正式決定!<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る