ホーム > 未分類 > オンライン授業継続中…

オンライン授業継続中…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年9月8日 8:30 PM
  • 未分類

オンライン授業を継続しています。校舎内が密にならないように、受験学年や人数が少ないクラス等一部のクラスのみ校舎でのリアル授業で、全体では2/3くらいがオンラインになっています。例えば、本日この時間は、5クラスのうちリアル授業は2クラスだけで、3クラスがオンラインになっています。平常時であれば、すべての教室が生徒でほぼ埋まってしまっている状況なので、校舎内がとても静かに感じます。(GSはもともと黙々と勉強しに来ている生徒が多いので、すべての教室が満席状態になっても、そんなに騒々しい感じにはなりません)
講師たちはもちろん生徒たちも、昨年からオンライン授業には慣れているので、あまり問題は感じていません。学習効果にもほとんど差はないと確信しています。逆に、オンラインの方が集中して授業を受けられると言っている生徒がいたり、校舎への通学時間がかからないので当日すぐに復習ができたりと、良い部分もあったりします。1つ言えることは、講師たちはリアル授業の倍くらいは疲れるということです。準備の段階もそうですが、GSのオンライン授業は「完全双方向」なので、授業をやりながら(共有ホワイトボードやプリント書き込み等で)板書をして、その合間に生徒たちの表情を確認して集中していない生徒に声をかけたり、指名して(ミュートを解除させて)答えさせたりと、なかなか忙しくなるのです。リアル授業に較べて目や神経が疲れるので、(私の場合は)夜オンライン授業をやった日は睡眠が浅くなるような気がします。リアル授業だし、さぼっている生徒はその場で呼び出して締めたり(あ、話をしたり…)できるのですが、オンラインだと、(みんなの前ではそれができないので)最後にちょっと残したり、授業が終わった後ラインに連絡したりと、こういう部分でも手間がかかってしまいます。

とにかく、1日でも早くこの状況が終息して、すべての授業を校舎で通常通り行える日が来ることを心から願っています。しかし、2学期が始まってからの学校での様子を聞く度に、本当に腹立たしい思いを持ってしまいます。学校によってだいぶ濃淡があるようですが、特に小学校においては感染防止対策がほとんど徹底されていないと感じる場合が多いです。生徒たちが、(給食の時など)ノーマスクで至近距離でおしゃべりするのが当たり前になっていたり、手洗い・うがい・消毒もほとんどしていないと言っている生徒もいます。驚いたのは、今週・来週あたりに修学旅行に出かける生徒も少なくないのです。これも学校(校長?)によって対応が異なるようですが、特に小6は日光に出かける生徒が何人かいます。この状況だと、いくら塾で感染防止対策を徹底していても、ほとんど無に帰するようにすら感じます。近隣の市と較べると、明確に八王子だけ対応がぬるいのですが、これが今後悪い結果につながらないことを祈るしかありません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=17300
トラックバックの送信元リスト
オンライン授業継続中… - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > オンライン授業継続中…

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る