ホーム > 未分類 > なぜ志望校が決められないのか?<その2>

なぜ志望校が決められないのか?<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年7月7日 6:35 PM
  • 未分類

志望校をなかなか決められない理由の3つ目は、「学校のことがよく分からない」という理由です。数年前までであれば、「それも含めて受験ですよ。親子で自分に合う学校を見つけてください!」と厳しい言い方をしていたのですが、昨年からは、「それも仕方ないな…」と感じるようになりました。コロナの影響で、学校説明会や公開授業、文化祭等の受験生が見に行ける学校行事がことごとく中止になってしまっているからです。今までであれば、自分に合う学校がわからないと言っている生徒は、遅くとも小5・中2の段階で学校説明会や学校行事にいくつも出かけてもらい、在校生たちの様子も含めて、校風や入学後の詳細をじっくり見て来てもらいました。そうすれば、学校による雰囲気の違いや、自分に合う・合わないという部分が皮膚感覚として掴めて来るので、その中で「どうしても行きたい!」と思える学校が1つ・2つは見つかったケースが多かったのです。
昨年は、学校説明会をオンラインで行っている学校がほとんどでした。オンラインでは、学校の情報は手に入りますが、通学路を実際に通ってみての印象や、先生方の熱意、在校生たちの活動の様子等、受験生たちが一番知りたい「学校に実際に足を踏み入れての感覚」がわからないのです。学校行事でそのあたりの雰囲気は掴みやすいのですが、昨年は、そもそも中止となってしまったり、部外者立ち入り禁止となった学校が多く、その機会も奪われてしまいました。
今年度に入ってからも同じような状況が続いていて、この夏休みくらいからはリアル説明会や公開授業を再開する予定だと言っていた学校が多かったのですが、またここに来て感染者が増えて来ているため(本日東京の新規感染者は900名以上となっています。八王子でも中高生の感染者を少しずつ耳にするようになりました)、夏休みに向けて緊急事態宣言の再発令も検討されているようです。そうなると、学校としても、受験生や保護者を学校に呼んでのリアル説明会はさすがにできなくなってしまいます。10月・11月の学校説明会や学校行事がピークとなる時期までには、(ワクチンが行き渡ることもあり)コロナも少し落ち着くのでは…と言われていますが、さてどうなるでしょうか…

こんな状況の中で、学校の情報を集めるのはなかなか大変です。特に、子どもたちが自分に合う学校を見つけることは、とても難しいです。ホームページやオンライン説明会等で、集められる情報を集める必要がありますが、そこから先は、「リアルな口コミ」に頼るしかないと考えています。実際にその学校に通っている生徒・保護者の方から話を聞ければ一番いいのですが、それが難しい場合は、塾講師の経験・ネットワークをフルに活用するのがいいと思います。受験生に長いこと真剣に向き合って来た講師であれば、その生徒に合う学校・合わない学校を的確に示してくれるでしょう。ちなみに、GSの講師たちの指導経験年数の平均は20年くらいです。まぁ、おじさん集団だということです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=17159
トラックバックの送信元リスト
なぜ志望校が決められないのか?<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > なぜ志望校が決められないのか?<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る