ホーム > 未分類 > なぜ今日部活の大会が…?

なぜ今日部活の大会が…?

  • 投稿者: gs_staff
  • 2021年6月20日 7:49 PM
  • 未分類

前回も書いた通り、今週ほとんどの中学校で期末テストが予定されています。中3生はもちろん、中1・中2生にとっても、今回のテストと1学期の内申点はとても重要なのです。担当の先生が変わった科目が多いこと、単元的に努力が報われる内容が多いこともあり、テストの点数や内申点が大きく変動するケースが多いからです。
この週末にどのくらい時間を取れるかが大きいことは間違いありません。定期テストの対策は、最後はどのくらい時間をかけられたかの勝負になるからです。

ところが…
本日部活の大会に出かけている生徒が多いのです。当然、(公式戦の前日ですから)昨日も長時間練習で拘束されているケースがほとんどです。運動部(球技)が多いのですが、吹奏楽部もコンクールが近いということで、長時間拘束されている生徒が多いです。期末の勉強が捗るはずがありません。
夜帰って来てからやれよという話になるわけですが、この暑い中朝から夕方まで走り回っていて、帰宅してから長時間勉強に取り組める生徒はそんなに多くありません。意志の問題ではありません。子どもたちは、体力的に限界に近いところで戦っているのです。
ほとんどの中学校が今週期末テストであることは、当然把握できているはずです。都内全域で見ても、ほぼ同じ感じでしょう。なぜ今日のタイミングで公式戦を入れるのか理解に苦しみます。高校野球ですら、期末テストが終わってから本格的に試合が組まれています。中学生はなぜそのあたりの配慮がなされないのでしょう。まったく子どもたちのことを考えていない大人たちが、運営しているからです。
生徒に聞いたのですが、中学校としては、定期テストの1週間前から部活の活動停止となるそうです。勉強に時間を取れよということです。ただし、大会がある生徒は例外として活動を黙認しているそうです。私は、この対応が間違っていると思います。中学校としてそういう方針で行くなら、大会があろうが何だろうが、同じように禁止するべきです。その上で、公式戦の日程変更を連盟に具申すべきでしょう。それが教育の一環としての部活のあり方です。
こういう状況になっている以上、自衛が必要です。生徒本人には難しいので、保護者の方が子どもを守らなくてはいけません。すべて学校や顧問の言いなりになる必要はないということです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=17130
トラックバックの送信元リスト
なぜ今日部活の大会が…? - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > なぜ今日部活の大会が…?

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る