ホーム > 未分類 > ネット選挙の恐ろしさ<その2>

ネット選挙の恐ろしさ<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2013年7月26日 12:09 AM
  • 未分類

そういう意味では、大勝した自民党も含めて、既存政党はネット選挙の影響を過小評価しすぎていたのだと思います。はっきり言って、舐めていて対策が甘かったということです。
候補者個人で言うと、それこそネットやSNSを自分で使ったことがないというレベルの方も少なくありません。(報道番組の特集で、初めてメールを使ったお爺ちゃん候補者の様子を見ましたが、ちょっとほのぼのとしてしまいました)
そっち方面に造詣が深くても、大政党に所属していると、なかなか自分だけ「抜け駆け」することができないこともあると思います。次回からは、政党としてもう少しきちんと対策を立ててくると思いますが、今回の山本さんのようなレベルで徹底できるかというと、甚だ疑問です。20万人のフォロワーは簡単に作れないでしょうし…

考えてみたら、この現象は選挙だけのことではないのだと改めて感じます。今の世の中、ネットを味方につけられるかどうかはとても大きいのです。I T業界やゲーム業界等、直接それを仕事にしている職種はもちろんですが、我々のようなお客様を相手にする仕事(特に信用商売)では、ネットの影響は甚大です。

ホームページがなければ、勝負の土俵にも乗れない時代です。まず最初は、ホームページの情報でじっくり検討するという方の割合は年々増えてきています。フェイスブックやツイッター、ライン等の公式アカウントを持っている企業・お店も増えています。(GSはありません(ーー;)) ブログによって、思いを伝えられるケースも多いでしょう。(これは引き続き頑張ります!)

お客様とのメールでのやり取りも大変重要です。GSもそうですが、ホームページから初動の問合せができる場合が増えています。それに対する対応の上手い下手で、集客は変わってきます。まずはスピード(GSでは必ず24時間以内にフィードバックをしています)、そして誠意ある対応ができるかどうか…
GSでは、小6・中3の受験生のご家庭の保護者とは、メールでつながっています。ご希望の方に登録していだたいて、ご相談等をメールでも受けられるようにしています。こちらから緊急でお伝えしたいことがあって、電話がつながらないような時にも、とても重宝しています。結果として、ほとんどの保護者の方が登録をしていただいています。これも、ネットがここまで普及したからこそできることです。(私がこの仕事を始めた頃には考えられなかったことです)

仕事を離れた個人としても、この時代にネットを使えない(使わない)のでは、確実に損をしていると思います。今後も、どんどん新しいサービスは普及してくるでしょう。一定の取捨選択は必要だと思いますが、そのためにも、まずは積極的に手に取ってみることが必要なのではないでしょうか?

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=1648
トラックバックの送信元リスト
ネット選挙の恐ろしさ<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > ネット選挙の恐ろしさ<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る