ホーム > 未分類 > 学校や塾が覚悟を決め始めています<その2>

学校や塾が覚悟を決め始めています<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年11月23日 7:11 PM
  • 未分類

前回、埼玉県の学校の入試の状況について触れましたが、2月に入試が行われる東京の学校はまだ態度を表明していないところがほとんどです。冬休み頃に休校要請が出たとしても、2月の入試までには落ち着くだろうと考えているのかもしれません。知り合いの先生方に問い合わせをすると、判を捺したように「現時点では通常通り実施する予定です」という返答が返って来ます。都の私学協会から受け答えマニュアルが配られているのではないかと感じるくらいです(笑)。
しかし本音としては、東京の学校の先生方も、どこかで「入試を行うことができない可能性」を考え始めているように感じます。そうなった場合は、どうしていいか分からないというのが本音のようです。
大学入試の方では、私立大学や国立大学の2次試験においては、入試日程の延期を検討し始めているところも増えて来ました。中には、「1ヵ月程度の延期もあり得る」ということを公表している大学もあります。3月中旬までに実施できれば…ということのようです。共通試験の方は、今のところ延期の話は出ていません。あれだけの規模になると、そう簡単には延期の判断はできないのでしょう。
2月の中学入試・高校入試についても、そろそろ延期や中止の可能性を視野に入れた検討が必要になって来ます。文科省や教委、そして各学校の判断に注目したいと思います。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=16419
トラックバックの送信元リスト
学校や塾が覚悟を決め始めています<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 学校や塾が覚悟を決め始めています<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る