ホーム > 未分類 > 新しい出会いが毎日続いています<その1>

新しい出会いが毎日続いています<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年11月13日 6:34 PM
  • 未分類

はい。ブログが滞っている言い訳から入っています。

保護者面談がピークを迎えています。現在小4・小5・中1・中2の面談が続いていますが、月末からは高校生と低学年の生徒、それと並行して中3の受験校最終決定のための三者面談が予定されています。小6は、私立中コースは個別に、都立中コースは全体会で入試に向けた最終確認を行うことになります。
私の立場でこの時期忙しいのは、新規入学を希望される方の来校が続いているからです。どこの塾でもそうだと思いますが、この時期来年度から入塾を考えている方が動くので、1年間で一番新規問い合わせ・来校が多い時期なのです。毎日のように、入塾テスト・体験授業・三者面談が続いています。この1週間で7名の方に新規お問い合わせをいただき、7名の方に入塾手続きをいただきました。ここから1週間も、ほぼ同じペースで来校予定が入っています。毎日1人ずつ生徒が増えている状況ですが、このままのペースが1年間続くと、生徒数が500名くらいになって、大変なことになってしまいます…(笑)。
毎日新しい出会いがあって、ワクワクする毎日です。ほとんどの方がGSにお通いの方からのご紹介のため、ある程度GSのことはご存知の方が多いのですが、入塾テストの結果を踏まえてお話をさせていただくので、生徒本人も保護者の方もかなり緊張してご来校いただいている感じがします。ちなみに、入塾テストの点数が入塾基準に足りない場合でも、新年度の授業が始まるまでの数ヵ月「補習」を受けていただくことを条件に入塾許可を出させていただく場合が多いので、(本人が)やる気さえ持って来ていただければ大丈夫です。

それ以外にも、学校行事がピークを迎えているため、午前中はそちらに出かけていることが多くなっています。先週は学校公開(授業参観)、今日・明日は学芸会・合唱祭、来週も別の学校の学校公開の予定が入っています。地域の学校の生の様子を見られる機会は、とても貴重です。最近感じているのは、学校・クラスによって雰囲気がまったく違うということです。「管理の強さ」に濃淡があるという言い方が正しいと感じています。学級崩壊を起こしているクラスが少なくないことも分かって来ました。
そんなこんなで、私の手帳は予定で真っ黒になってしまっているということをお伝えしたかったのでした…
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=16387
トラックバックの送信元リスト
新しい出会いが毎日続いています<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 新しい出会いが毎日続いています<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る