ホーム > 未分類 > 情報収集の重要性<その5>

情報収集の重要性<その5>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2020年6月2日 10:49 AM
  • 未分類

情報の信憑性を担保するにはどうしたらいいのか? そこで重要となるのが、人脈・コネクションです。私には今までの教え子が数千人いますが、30歳・40歳になっても付き合いがある者も結構います。(これもSNSが発達したおかげです) 優秀な生徒が多かったので、医者や弁護士になった者は多いですし、公務員で言うと、内閣府・文科省・厚生労働省・都庁・八王子市役所に今も音信がある教え子がいます。(偉くなって、それなりの立場についている者も…) 最近では、ベンチャーに就職して経営に携わったり、自分で起業してバリバリ頑張っている者も増えて来ました。
教え子の保護者の方が、官僚も含めて様々重要なポジションについていて、情報をいただけるケースもあります。過去では、総理の側近として働いていた方もいました。私は保護者の方と飲みに行くケースがとても多いのですが、やはり社会の前線でバリバリ活躍されている方のお話はとても勉強になります。私は大学卒業後(在学中から)ずっとこういう狭い世界で働いているので、最近は意識して他の世界の方から学ぶように心がけています。とてもありがたいことですが、これが自分にとってものすごく大きな財産なのだと改めて実感しています。
学校の先生との人脈も大きいですね。中学・高校の先生だけでも、数十人くらいの方とは懇意にさせていただいています。ラインやフェイスブックでつながっていたり、(接待ではなく)個人的に飲みに行ったりすることもあります。現職の先生はなかなか情報を漏らせないので、今までのケースでは退職した先生からの情報がとても貴重でした。都立進学指導重点校の元校長の方3名と、退職後(私立高校に再就職された方もいました)も連絡を取り合える関係だったのですが、様々勉強させていただきましたし、とても貴重な情報をいただきました。時には、現職の都立高校の校長に口聞きをしていただいたこともありました。(法に触れるようなことや道義的に問題があるようなことではありません)

不確かな情報については、これらの人脈を活用させていただいて、真偽や今後の可能性を確認してからブログに書くようにしています。直近で言えば、コロナの影響による学校の休校や企業への支援、9月入学への制度変更、来年の入試の変更点等について、メディアに正式に公表され前に、情報の真偽について確認することができたので、ブログに書くことができた次第です。
今後も皆さんのお役に立てるように、「重要な情報をどこよりも早く正確にお伝えする」ということにこだわっていきたいと考えています。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=15577
トラックバックの送信元リスト
情報収集の重要性<その5> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 情報収集の重要性<その5>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る