ホーム > 未分類 > 日曜日も追い込みに入ります!<その2>

日曜日も追い込みに入ります!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年11月25日 3:24 PM
  • 未分類

昨日の日曜特訓で、私は小6都立中クラスの作文の授業を担当しました。昨日も書いた通り、1日で作文の得点力を大きく伸ばすチャンスの日だと位置づけていました。前半は、過去問を1本解いて点数を出して、解説→やり直しといういつもの流れで授業が進みましたが、途中休憩を挟んで残り時間が2時間半となったところで、「都立中作文マラソン」の時間となりました。都立中の作文頻出テーマを書いたカードをたくさん用意しておいて生徒に引かせて、そのお題について400字の作文を書かせるというちょっと遊び心ある企画です。書けたらその場で採点して、合格点(70点)を取れたら次のカードを引いて…ということを繰り返して行きます。2時間半と言えば、だいたい一流のマラソンランナーが42km余りを走り切る時間です。その時間、休憩も取らずに作文を書き続けたわけです。
こんな経験をめったにできないと思いますが、マラソンで言うところのフローの状態になって書き続けると、作文に対する感覚が変わって来ることがあります。書くことへの抵抗・怖さがなくなって、自信を持って書くことができるようになることもありますが、言葉にできない「書ける感覚」が掴めて来る場合があるのです。あまり頭を使わずに、手が勝手に動いて行く感じでしょうか… この感覚を身につけるためには、とにかく1日に絶対的な量をこなすことが大前提なので、毎年この時期にこういう時間を取るようにしています。

ちょっと皆さんに考えてみていただきたいのですが、生徒たちは2時間半で400字の作文を何本くらい書き切ると思いますか? 点数にならないものをいくら書いても意味がないので、70点という合格点を取れた枚数です。
昨日は、一番書けた生徒で9本合格でした。16分で1本書き切るペースです。なかなかのハイペースだということがご理解いただけると思います。全生徒の平均は6本くらいです。これでも、普通の感覚からすると「書くのが速いなぁ」と感じる方が多いと思います。これには、一般の方があまりご存知ない「秘密」があるのです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14581
トラックバックの送信元リスト
日曜日も追い込みに入ります!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 日曜日も追い込みに入ります!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る