ホーム > 未分類 > 自校作成模試の結果<その2>

自校作成模試の結果<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年10月31日 9:21 PM
  • 未分類

以前から指摘されていることなので今さらだと思いますが、都立高校の共通問題は、実力の差が点数に反映されないのです。進学指導重点校に合格するような生徒たちであれば、みんなが90点くらいは取ってしまうので、あまり差がつきません。仮に100点を取ってもあまりアドバンテージにはなりませんし、逆につまらないミスをした生徒から落ちて行く入試だという言い方もできます。そのことが問題だということに気付いて、都立難関校が自校作成問題に切り替えたのが18年前の話です。
自校作成問題は共通問題に較べると内容がかなり難しく、進学指導重点校を受ける生徒たちでも平均点が50点前後になることが多いようなレベルの問題です。当然、中学校の範囲のレベル勉強しかしていなければ合格点を取れないので、初めて過去問に挑戦した時は、それこそ20点~30点くらいの点数を取ってしまう生徒も少なくないのです。

進学指導重点校を受ける生徒でも、まだこの時期はそういう感じの生徒が結構いるはずです。多くの塾では、中3のカリキュラムがようやく終了するかしないかという状態なので、共通問題レベルの問題ならともかく、自校作成問題にはまだ慣れていないため、なかなか結果に出ない時期なのだと思います。
GSは、都立で言うと自校作成校の専門塾なので(私立はMARCH付属以上です)、中1のうちからそこにターゲットを合わせたカリキュラムを組んでいます。中2までに3年分のカリキュラムをほぼ終了し、中3の1年間は難関校の入試問題レベルに特化した授業を行っています。1学期のうちから、実際の過去問を解いてもらう機会も多いですし、夏の終わりには生徒たちにある程度結果を求めています。具体的には、私立で言うとMARCH付属高校の問題で合格点、都立では(自校作成問題で一番組みしやすい)国分寺高校で合格点を取ることを目標として取り組んでいます。今年も、夏の終わりの時点でかなりの生徒が合格ラインをクリアしました。
何を言いたいのかと言うと、自校作成問題のレベルに照準を合わせて早い時期から取り組んで来たので、この時期には(一般の受検生たちと較べると)ある程度アドバンテージがあるということです。自校作成模試になると成績が跳ね上がる生徒が多いのは、ある意味必然であるということです。
今回は、とても良い結果が出た生徒が多いですが、これからの時期、周りの生徒たちも自校作成レベルの問題に慣れて来るため、まだまだ上を目指して戦って行かなくてはなりません。ここからが本当の正念場となります。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14463
トラックバックの送信元リスト
自校作成模試の結果<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 自校作成模試の結果<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る