ホーム > 未分類 > 自校作成模試の結果<その1>

自校作成模試の結果<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年10月29日 6:05 PM
  • 未分類

中3V模擬の1回目の自校作成模試の結果が出ました。GSの生徒たちは、都立高校はほとんどの生徒が進学指導重点校を受検するため、毎年この模試の結果をとても重要視しています。実際、過去何年かの結果を振り返ってみると、このタイミングでB判定以上を取っている生徒は本番でほとんど合格していますし、逆にD判定以下の生徒はここから先の時期なかなか厳しい戦いとなっています。(進学指導重点校を受検するのであれば)共通問題の模試に較べると、かなり信憑性が高いということです。

で、結果は、クラス全体で言うともうこれ以上ないというくらい良い結果が出ています。5教科トータルで都立高校志望者全員の平均偏差値が70近くあります。第一志望校の合格判定でS判定・A判定を取った生徒が多いです。苦しい判定となっている生徒は、例外なく内申点がかなり低い生徒です。全員そこそこ点数は取れるようになって来ているだけに、本当にもったいない感じです。最後期末を頑張って、何としても内申点(特に実技科目)を上げることが、合格の絶対条件です。
9月・10月にV模擬の都立共通問題模試もほぼ全員が受験しているのですが、ほとんどの生徒がそれよりは今回の自校作成模試の方がかなり成績が上がっています。中には10ポイントくらい上がった生徒も何名かいます。我々は、そのことにあまり驚いていません。これには、明確な理由があるからです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14459
トラックバックの送信元リスト
自校作成模試の結果<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 自校作成模試の結果<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る