ホーム > 未分類 > 過去問三昧<その1>

過去問三昧<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年10月26日 7:46 PM
  • 未分類

本日も、小6・中3の受験生たちは、ほとんどの生徒が早い時間から集まって勉強をしています。何をやっているのかと言うと、ほとんどの生徒が自分が受ける学校の過去問に取り組んでいます。やはり過去問は、土曜日や日曜日に集中して取り組むのが効率的だと思います。可能であれば、同じ年度の問題を3科目なり4科目なり続けて解いて、その場で採点して合格最低点と見較べて合否を確認するのが理想です。最終的には、全科目トータルで志望校との距離を測らないと意味がないからです。
GSでは、小6私立中コースと中3の生徒たちは「過去問管理シート」を持っていて、自分でやったら結果を記入して講師に提出することになっています。小6都立中コースは、授業の中ですべて取り組むので、その必要がありません。自分で解くのは、「銀本」と呼ばれている全国の公立中高一貫校の問題集です。何と、今年度のものは839ページ(!)まであります。今生徒たちは、四国地方の学校の問題を解いています。ほぼすべてが記述問題なので、もちろん採点はすべて講師が行っています。
塾で過去問を解くメリットはいくつかありますが、家でやるより緊張感を持って集中して取り組めるということと、記述の採点や分からなかった問題等を、講師にすぐに聞けるとことが大きいと思います。

それと並行して、授業の中でも過去問を解く機会がとても多くなっています。というか、この時期はもうそれしかないと言ってもいいくらいです。過去問レベルのテストで、どうやって点数を取れるようにするのかということがすべてです。
本日、中3理科の授業は、都立高校の過去問バトルでした。来週社会をやって、2教科で合格発表(?)をすることになっています。本日の理科は、とりあえず全員の平均点で90点は余裕でクリアしています。夏の前と較べたら、見違えるほど力がついて来ているのですが、100点が1人しかいませんでしたし、つまらないミスも目立つので、講師(私です!)としては少し不満です。

明日も日曜特訓で過去問に取り組んでもらうクラスが多いです。正に過去問三昧の週末です。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14451
トラックバックの送信元リスト
過去問三昧<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 過去問三昧<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る