ホーム > 未分類 > <重要>台風19号接近に伴う校舎の対応について

<重要>台風19号接近に伴う校舎の対応について

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年10月10日 12:43 PM
  • 未分類

台風19号は、多少勢力が弱まったものの、変わらず「過去最大級レベル」を維持したまま、接近して来ています。現段階では、土曜日から日曜日にかけて、関東地方(今のままだと東京西部付近!)を通過するとの予報です。特に土曜日の午後から日曜日の朝にかけては、「命に関わる危険がある」という言い方を多くの専門家がしています。とにかく、厳重な警戒をしてください。

GSでは以下の対応を取りますので、ご確認ください。

10月11日(金)は平常通り授業を行います。
ただし、夜から雨が激しくなる可能性もあるので、状況により登下校が難しい場合はご家庭でご判断ください。

10月12日(土)・13日(日)については、完全に休校とし、授業は行いません。
※この両日は、保護者面談・GSタイム・自習室開放等も行いません。完全に校舎をクローズします。

10月14日(月)に、小6・中3日曜特訓の振替授業を行います。いつもと同じ、13:00~17:10です。校舎開校は12:30~です。

13日(日)は、台風が早めに行ってしまえば、晴れて授業ができる可能性がありますが、その場合も休校とします。
前回同様に電車が止まる可能性がありますし(そうなると講師が出勤できません)、様々台風の爪痕が残る可能性もあるからです。

以上ご確認の上、くれぐれも日程を間違えることのないようにお願い致します。

<後藤が考えている週末への備え>
①家の周囲を点検し、風で飛びそうなものは家の中に入れたり、修繕が必要なところ(雨樋を縛りつけるとか…)は事前に行っておく。
→明日から雨が降り始めるので、今日中にやっておいた方がいいと思います。
②土曜日の朝からは雨戸を完全に締め切る。雨戸がないところは、段ボールを貼るなり、ガムテープで補強するなり、割れないような対策をしておく。
→前回の台風では、ものが飛んで来て当たってガラスが割れたケースが結構あったそうです。
③網戸が雨戸の中ではなく外に面している場合は、事前にはずしておく。
④ベランダの物干し竿や吊るし紐等、固定されていなくて危険なものは事前にはずしておく。
⑤懐中電灯を準備しておく。(電池を交換して使えるように)
→停電時にろうそくが倒れたりしたことによる火災が少なくないそうなので、使用する場合は注意してください。我が家は、電池で結構明るく光るLEDを買いました。
⑥スマホの充電をフルにしておく。
⑦水は多めに買っておく。お風呂にもいっぱいに水を溜めておく。(トイレが使えなくなると大変です)
⑧最低限の食料を備蓄しておく。(スーパー・コンビニ等が営業停止しても当面困らないように)
⑨川やがけの近くに住んでいるご家庭は、いつでも避難ができるように準備しておく。(自治体の指示に従ってください)
⑩とにかく外出しない。
→まさか土曜日に授業を行う学校・塾はないと思いますが、もしあったとしても、保護者の判断で休ませるべきです。仕事もお休みになる会社が多いはずですが、こんな時に無理に出勤させる会社は間違いなくブラック企業です。「客商売だから休めない」などどいうのは理由になりません。社員の身の安全を第一に考えない会社は、どんどん淘汰されるべきでしょう。市民の安全を守るために出勤される方(公務員の方に多いと思います)がいらっしゃることは理解しています。頭が下がる思いです。ただし、これらの方は普段からこういう時のために訓練を積んだりして準備をされているのです。一般の方が、(会社のために)それと同じ奉公をする必要はまったくありません。自分の身は自分で守ってください。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14395
トラックバックの送信元リスト
<重要>台風19号接近に伴う校舎の対応について - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > <重要>台風19号接近に伴う校舎の対応について

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る