ホーム > 未分類 > 付属高校でも英語民間試験を導入!<その2>

付属高校でも英語民間試験を導入!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年9月30日 10:45 AM
  • 未分類

この週末も、高校の先生を中心に、メール・コメント等をたくさんいただきました。ありがとうございました。高校内部での生徒たちのリアルな様子が分かって、とてもありがたい情報が多いです。改めて「なるほど!」と合点が行ったこともありました。ただし一部の先生からは、今回の英語改革の件や私のブログの内容(趣旨)をまだきちんとご理解いただけていない様子が伝わって来ます。一番多いのは、「高校受験をしている生徒の方が英語はできる」「英検準2級くらいは(高校受験で難関校を目指すような生徒は)ほとんど持っている」というような論調です。
このご指摘いただいている点については、私も異論はありません。私立中高一貫校の生徒は(高校受験をして来た生徒に較べると)英語で落ちこぼれている生徒が多いですし、GSでも中3生はほとんどの生徒が英検準2級は合格します。(中には2級に合格する生徒もいます) 違うんです。私が主張しているのは、制度が変わって民間試験が新しいタイプのものになると、(今までに較べて)私立中高一貫校の生徒が有利になるということです。例えば、英検を1つ取っても、今までの英検と新しいタイプの英検はまったく違うものです。今までは、1次試験は筆記とリスニングだけしかなく、2次試験で(なんちゃって)面接があって、合否が決まっていました。生徒たちが受検した様子を見ていても、まともにしゃべれなくても、面接官が優しく何度かチャンスをくれて手助けをしてくれますし、(何とかごまかして)合格をもらうことができました。新しい英検は、2次試験を行うことが認められていないため、1度のテストで4技能すべての力を問われることになります。そもそも、バソコンに向かってヘッドホンとマイクをつけて解答するのです。解答はタイピングで入力する形式ですし、マイクに向かってしゃべるという経験も、慣れていないとなかなか難しいのです。
その新しいタイプの英検(次年度のものとまったく同じではありませんが…)がスタートしているので、GSの高2の生徒(卒業生)たちが受検をし始めています。その生徒たちから報告が入るのですが、やはり今までとまったく違うのでかなり戸惑っている様子です。テストの中身もそうですが、様々な級の生徒が同じ教室で受検するので、他の級の受検生に対しての監督者の説明や退室する物音、周りの生徒のタイピング音やしゃべる声等が気になって集中できなかったというような話を聞くことが多いです。
つまり、来年度から始まる新しい英語民間試験は、今までの英語の力、特に高校受験の入試問題での得点力とはまったく別物だと考えて対策を進めて行く必要があるということです。リアル英会話の能力も必要ですし、バソコン上での解答についてもかなり練習しないといけません。さらに言えば、周りが多少ざわついても動じないで対応できるような訓練すら必要だと感じます。
そんなこんなをすべて併せて考えた時に、高校に入学してから慌てて対策するよりも、中学校の段階から長い目でじっくり取り組んだ方が有利であるという結論は、(少なくとも私の中では)揺らぐことはありません。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14345
トラックバックの送信元リスト
付属高校でも英語民間試験を導入!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 付属高校でも英語民間試験を導入!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る