ホーム > 未分類 > 高校2年生の皆さん、大学入試の手続きがスタートします!<その1>

高校2年生の皆さん、大学入試の手続きがスタートします!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年9月7日 12:17 PM
  • 未分類

タイトルは打ち間違いではありません。高校「2年生」の皆さんです。
英語民間試験の「共通ID」取得の申込関連の書類が、高校2年生に対して配付され始めたのです。この共通IDというのは、来年度からスタートする新しい大学入試における、「英語民間試験」の成績を管理・集約・大学への提供を行うための個人番号です。このIDを持っていないと、そもそも(英語民間試験の成績が必要な大学の)入試は受験すらできなくなるので、とても重要な手続きです。最終的な申し込み期限は11月となっていますが、高校で取りまとめて申し込みをすることになるので、その高校への提出期限が9月末頃になっているところが多いようです。もうあまり時間がありません。くれぐれも忘れることのないように注意してください。(私は、高校の先生が預かったまま忘れるケースが出るのではないかということを危惧しています。実際、毎年のようにセンター試験ではそういうケースが出てしまいます。その場合、救済措置はありません。受験をできなくなるということです)
申し込みの説明書を私も目を通しましたが、はっきり言って分量が多すぎて(数十ページもあります!)、何が何だかよく分からない感じです。2点ほど、私が重要だと感じた項目がありました。1つは、「当日、番号を書き間違えたら、その試験の成績は使えない」ということ。もう1つは、このIDを利用しての受験は、(4月から12月のうちに)最大2回までしかできないということです。今までの私の認識では、いくつか民間試験を受けて、その中で成績の良い2回分を選べるものだと思っていました。ところが、実際はそうではなくて、受験自体を2回までしかできないということが明記されています。(当日欠席の場合は、この2回分にはカウントされないということも明記されています)
ということであれば、との試験をいつ受験するかがとても重要になって来ます。(まだ力がついていないうちに)あまり早い時期に受け過ぎるのも良くないのかもしれませんし、点数を取り易い試験をチョイスして受けることも必要になるのかもしれません。
私が気になった2つの点を合わせて考えれば、英語民間試験のテスト中にあまりできなくて、「これはダメだ…」と思ったら、共通IDの番号を書かずに提出して来ればいいのではないか?と考えたりしています。(そういう裏技の話が出て来る時点で、制度としては不備があるということです)

現時点で、高校の先生方やGSの卒業生たちの話を総合すると、90%以上の生徒が「ベネッセ」か「英検」(あるいは両方)での受検を考えているようです。特に私立高校の先生方は、ベネッセ推しの方が多いように感じます。営業(接待?)の成果が如実に表れていますね(笑)。
で、その英検についても、9月18日から申し込みがスタートします。再度確認します。現在の高校2年生が受検する、来年の英検の申し込みがスタートするのです。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14152
トラックバックの送信元リスト
高校2年生の皆さん、大学入試の手続きがスタートします!<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 高校2年生の皆さん、大学入試の手続きがスタートします!<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る