ホーム > 未分類 > 重要なテストが続きます<その2>

重要なテストが続きます<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年9月6日 1:27 PM
  • 未分類

この時期の小6・中3の模試が重要なのは、夏の頑張りの成果を問われるということもありますが、その結果によって受験校(志望校ではない!)を絞り込んで行くことになるからです。1学期の時点では、偏差値で20くらい足りなくても「まだ上を目指して行こう!」という話になることはありますが、この時期になってその状況だと、さすがに断念せざるを得ません。ここから5ヵ月で偏差値20近く上がる事例は、さすがに私の33年間の経験でも記憶にありません。もう夢物語を語る時期は終わったということです。
偏差値10足りないくらいであればまだ可能性は残っていますが、苦しい戦いであることは間違いありません。非常に分かり易い指標で言えば、志望校の合格判定でC以上、40%以上が1つの目安だと考えています。毎年、この時点でそのくらいの判定をもらった学校に合格して行くケースは結構あります。しかし、D・E判定や合格率20%以下だと、ここからなかなり頑張ったとしても、届かない場合が多いのが現実です。そのあたりを勘案しながら、受験校の併願パターンを確定して行くことになります。
中3生の場合は、この時期の模試の成績が、私立高校の併願推薦(確約・優遇)の基準になる場合もあります。(埼玉県・山梨県の高校を受験する場合は必須です) 内申点が良い生徒はそちらでOKをもらえる場合もありますが、内申点が足りない生徒の場合は、ここの模試で一定の成績を取らないと、滑り止めのつもりでいた高校ですら苦しくなってしまう場合があるのです。(トップレベルの高校は、V模擬・W模擬の2回平均の偏差値で70が必要だったりします) そういう意味でも、この時期の模試はとても重要だということです。夏に頑張った成果を、何としても数字に結び付けなくてはいけません。

今週の様々なテストの結果を見ていて感じることは、夏期講習会が終わった後のモチベーション・気合いが、そのまま点数に表れているということです。宿題で手を抜いていたり、提出する過去問が滞っていたり、「この1週間明らかにぶったるんでいただろ?」と感じる生徒は、やはり模試の成績でも大変なことになっています。逆に、「1週間でこんなに勉強して来たの?」と私が驚いた生徒たちもいましたが、それらの生徒はやはりきちんと結果に結び付いています。「頑張っている生徒が結果も出る」という当たり前のことを、改めて確認できた1週間でした。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14127
トラックバックの送信元リスト
重要なテストが続きます<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 重要なテストが続きます<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る