ホーム > 未分類 > たまには映画でも…

たまには映画でも…

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年8月16日 10:17 AM
  • 未分類

皆さんこんにちは。エセ映画評論家の後藤です。まさか、夏期講習会中にこのテーマで書けるとは…

受験生が夏期講習中にちょっと息抜きをしたいのであれば、映画を観に行くことを勧めています。映画だけで言うと2時間、移動や食事・お茶の時間を含めても、4時間もあれば十分に楽しめます。塾がお休みの日であれば、残り時間で勉強はいくらでも挽回することできます。いい映画を観て、リフレッシュできたり、体の奥底から「やる気」が漲って来るのであれば、受験勉強のプラスにもなると思います。テレビやDVD、ゲーム等だと際限がなくなって歯止めが効かなくなってしまうことがあるので、それに較べると受験生の息抜きとして相応しいのではないでしょうか。

私は、先日のクール休みで「やる気」を漲らせることができました。「ライオンキング」を観て来ました。前回も書いた通り、ディズニー映画は最優先なのです。今回は、「天気の子」と一瞬迷いましたが… (以下ネタバレあり。これから観る予定の方は読まないでください)

ライオンキングはアニメ版も観ていますが、やはり私は実写(CG?)版の方が良かったです。子どもたちは、アニメ版の方が良かったと感じる場合も少なくないようです。ライオンや登場する動物たちがコミカルで可愛いからだと思います。確かに、実写版の方は夜のシーンが多いこともあり、小学生以下の子どもたちにはちょっと怖いかもしれません。(私の周りで「メスのハイエナが怖かった~」と泣いている子がいました…)

もちろんメインテーマからすれば、百獣の王の息子として生まれた幼いライオンの成長物語なのですが、私の中では他にいくつかの「ツボ」がありました。
1つは、前回観たアラジンでも同じことを感じたのですが、「女性の強さ」についてです。主人公の「シンバ」を本気にさせたのは、幼馴染(許嫁?)の「ナラ」の存在があったからです。シンバが「僕にはもう無理さ…」と祖国へ戻ることを拒否した際に、ナラがシンバの心に火をつけました。その後、祖国に戻ってから、体を張って一緒に戦ったことも含めて、本当に強い「女性」でした。
特にこれからの時代は、家庭でも組織でも、強い女性の存在が必要となる場面が増えて来ると思います。塾で33年も子どもたちの様子を見て来ていますが、近年は女子生徒がクラスの雰囲気を作ったり、周りの男子生徒を引っ張って行ったりする場面が増えていると感じます。入試の直前期や本番の様子を見ていても、女子生徒の方が(気持ちが)強いです。はっきり言ってしまえば、男子が相対的に弱くなって来ていることもあると思います。私はこの映画から、「(弱い)男性は(強い)女性との出会いによって変われる」というメッセージを受け取りました。

もう1つは、何と言っても「ハクナ・マタタ」です。これは、主人公が森で出会った「イボイノシシ」と「ミーアキャット」に教わった生き方・考え方なのですが、私も結構これに元気をもらいました。帰りの車の中でつい「ハクナ・マタタ」の歌を口ずさんでしまったり…(笑) 詳細はここでは書かないので、ぜひ映画を観て、「ハクナ・マタタ」の世界を体感して欲しいと思います。特に、人生に悩んでいる方(?)にお勧めです。
やはり音楽がすばらしいです。この何日かは、朝「サークル・オブ・ライフ」を聞いて立ち上がっています(笑)。真面目に、体の底から元気・勇気が湧いて来て、今日も頑張るぞ!」と気合いが入ります。「ライオンキング」は、まず音楽から入るのもありかもしれません…

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=14005
トラックバックの送信元リスト
たまには映画でも… - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > たまには映画でも…

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る