ホーム > 未分類 > 過去問対策本格的にスタート!<その3>

過去問対策本格的にスタート!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年7月17日 10:10 AM
  • 未分類

唐突ではありますが、私は最近マンガをよく読みます。難解なビジネス書を分かりやすくマンガでまとめたものや、教育・受験関連のものが中心です。子どもの頃にあまりマンガを読まなかったせいか、若い頃はマンガを読むのが苦手で、コマ割りがどうつながるか分からなかったり…ということがよくありました。一生のうちで今が一番マンガに接しているかもしれません。
受験関連で、最近欠かさず購入しているのは、「ドラゴン桜2」と「二月の勝者」です。「ドラゴン桜」は第1シリーズから漏れなく読んでいます。正直に言うと、第1シリーズの方が直接仕事に役立つことが多かったような気がします。マンガを読んで、「おー、これはいい!」と思って、次の日に早速授業で取り入れたこともありました。弟2シリーズは、新しい大学入試のことやスマホを使って…みたいな話題が多く、どちらかと言うと「塾に通わなくてもいいんじゃね?」というノリを感じます。
一番はまっているのは、「二月の勝者」です。中学受験塾の1年間を舞台にしたマンガなのですが、これがとにかく「リアル」なのです。私は作者の高瀬志帆さんはよく存じ上げないのですが、業界内部の方(しかも身近な方)がペンネームを使って書いているのではないかと感じるくらいです。実在する2~3の塾をモデルとしているのは間違いありません。
入試情報や受験勉強の実態についても、リアルすぎて、「下手な塾講師はここまで分かっていないだろ?」と感じる場面もあります。もし内部の方でないとすると、どういう取材をしたらあそこまでリアルに書けるのかお聞きしたいです。
そんな「二月の勝者」の最新刊の表紙(帯)が、ちょうど今書いているテーマとかぶっていて、ドキッとしました。
「タイムリミットがあります。その目標に届く可能性があるのは夏の終わりまで」

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=13758
トラックバックの送信元リスト
過去問対策本格的にスタート!<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 過去問対策本格的にスタート!<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る