ホーム > 未分類 > ゲーム依存症が正式に病気として認定されました!<その1>

ゲーム依存症が正式に病気として認定されました!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年6月9日 2:10 PM
  • 未分類

5月のWHO(世界保健機関)の総会において、「ゲーム依存症」が正式な精神疾患して認められることになりました。ちょっと遅きに失した感はありますが、これはとても画期的なことだと思います。あと数年先になるようですが、日本でも「アルコール依存症」とかと同じように、医療機関において予防・治療が(保険診療で)受けられるようになります。脳の病気だということが認定されたので、投薬も可能になります。薬によって、ゲーム依存症を治す時代がやって来るということです。

私が塾講師を始めた頃と較べて一番違うのは、携帯・スマホ・パソコンのネット環境が整備され、それに付随してゲームが手離せなくなった子どもたちが増えたことです。私が小中学生の頃は(昭和40年代から50年代にかけてです)、携帯はもちろんファミコンすらまだない時代でしたので、毎日日が暮れるまで外を走り回って遊び、家に帰ったらご飯を食べながらテレビを観るというのが唯一の娯楽でした。私は自分の部屋はありませんでしたが、他の子どもたちも、自分の部屋に籠ったら勉強するか、本を読むしかなかったと思います。そういえば、文通が流行っていたような記憶が… 女の子と月に1回ペースで手紙のやり取りをしていて、毎回ドキドキして封を開けた記憶がうっすらと…
この文明の利器の発達には、当然良い面もたくさんあるわけですが、子どもたちがゲームやスマホ(SNS等)にはまってしまい、正に勉強が手につかなくなるケースが増えていることには、我々も毎年頭を悩ませています。ここ数年は、「ユーチューブ」が一番の大敵です。「毎日1時間はユーチューブを観ないとやっていられない」というような生徒は、(GSに通っているような生徒の中でも)決して少なくありません。都立中の作文で将来の希望職業を書かせると、「ユーチューバーになりたい」と書く生徒が出始めたのもここ数年のことです。

ただし、ゲームやネットをやっているからと言って、それが即「病気」だというわけではありません。息抜き程度にゲームを嗜んで、受験勉強をやる時はやるという状態であれば、あまり心配する必要はありません。(そうは言っても、小6・中3の夏以降は完全に封印させたいというのが我々の認識です)
どこからが「病気」になるのか、今回WHOが明確に基準を出しているので、以下にまとめます。

<WHOが公表したゲーム障害の定義>
〇ゲームをする時間などを、自分でコントロールすることが難しい。
〇ゲーム以外の出来事や関心事の優先度が低くなる。
〇日常生活に支障をきたしても、ゲームを優先する。
〇こうした状態が、1年以上続く。(深刻な場合は短期間でも診断)

いかがでしょうか、お子様がゲームにはまっているのであれば、この定義に当てはめて確認してみてください。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=13322
トラックバックの送信元リスト
ゲーム依存症が正式に病気として認定されました!<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > ゲーム依存症が正式に病気として認定されました!<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る