ホーム > 未分類 > 都立高校のスピーキングテストはベネッセが実施!<その1>

都立高校のスピーキングテストはベネッセが実施!<その1>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年6月4日 3:28 PM
  • 未分類

このブログでも既報の通り、現在の中1生の年から、都立高校の英語の入試にスピーキングテストが導入されます。中3全生徒を対象として、12月頃に民間テストを外部の会場で受験させることは決定していましたが、先日都教委から、委託会社が「ベネッセ」となることが公表されました。また、それに伴って、受験の形式がタブレット端末を1人1台持って、ヘッドホンとマイクを装着して行う形式になることも判明しました。委託先も形式も、ほぼ想定内ということてす。

大学入試でも同じことが言えるのですが、「そもそも、入試に民間企業のテストを利用するのはどうなのよ!?」という大きな問題があります。民間企業との癒着について、今となってはあまり問題視すらされていないような感じもします。国や自治体の方針として、そういう意図を隠そうとしていないのです。自分たちの負担を減らすという視点もあると思います。(その考え方はある意味正しいとも思います) しかし、英語の入試改革という一番重要な、そして肝入りで進めなくてはならない部分について、ポンと民間企業に丸投げしてしまって、その利用方法等についてあやふやにさせたまま時間が過ぎてしまうのを見ると、「仏作って魂入れず」ではありませんが、改革という形の「お題目」だけ先行させて、中身や利用の仕方、その後の効果については誰も真剣に考えていないのではないかとすら感じてしまいます。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=13291
トラックバックの送信元リスト
都立高校のスピーキングテストはベネッセが実施!<その1> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 都立高校のスピーキングテストはベネッセが実施!<その1>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る