ホーム > 未分類 > 幼児教育無償化は正式に決定しています!<その3>

幼児教育無償化は正式に決定しています!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年4月20日 4:40 PM
  • 未分類

昨年から実際に幼児を指導するようになって改めて感じるのですが、4歳~8歳くらいまでの時期の教育・しつけが、子どもたちの将来を大きく左右します。読み書き・計算等の基礎学力をどのくらいつけられるかが大きいのですが、読書の習慣があるかどうか、自分から勉強に向かえるかどうか、一定時間集中して取り組めるかどうか、一度失敗しても粘り強く取り組めるかどうかというような部分は、小学校3年生くらいになってしまうと、改善するのがなかなか難しいように思います。小4・小5になって、中学受験の勉強を本格的に始める段階で、この部分が全く確立されていない子は、中学受験の土俵にすら上がれない場合も多いです。

そういう意味では、(手前味噌ですが)1年間やってみて、ガウディアはとてもいいシステムだと感じています。計算や漢字たけでなく、じっくり考える問題も多く含まれていますし、授業を聞いて終わりではなく、自分の頭で考えて自分の手でこなしていかないと、先へ進むことができません。また、学年の縛りがないので、幼児で小学校3年生くらいのレベルまで進んでいる子もいますし、逆に基礎力が著しく欠けているために、自分の学年より下の学年配当の教材に取り組んでいる子もいます。すべての生徒が、自分に合っているところ、自分が分からなくなっているところから取り組んで達成感を得られるようになっています。宿題も、毎日取り組んでもらうようになっています。1日分はそんなに多い量ではありませんが、家庭で継続的にコツコツ取り組む習慣をつけるのにも最適です。
授業中に、講師とコミュニケーションを取らなくてはならない場面も結構あります。それこそ、宿題の量についても、生徒本人と相談しながら決めることもあります。小学校低学年で、「今週末は出かける予定があって忙しいので少し減らしてほしい。その分来週多めに頑張るから」というような交渉をできる生徒がいたりします。
集団授業だと、極端なことを言ってしまえば、ただ座っているだけでも授業は進んで行きますが、ガウディアのような個別自学システムだと、自分ができるようにならないと先へ進めないのです。否応なく、積極的に勉強に取り組めるようになります。

ステップワールドも含めて、今後幼児や小学校低学年の生徒を指導する機会が増えて来ると思います。目の前の学習習慣や基礎学力の養成はもちろんですが、子どもたちの10年後・20年後をイメージして指導して行きます。子どもたちが、将来自立して頑張れるようになり、自分の手で幸せを掴めるようにさせてあげることが、我々の使命だと考えています。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=12897
トラックバックの送信元リスト
幼児教育無償化は正式に決定しています!<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 幼児教育無償化は正式に決定しています!<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る