ホーム > 未分類 > 4月より子ども英語教室を併設します!<その2>

4月より子ども英語教室を併設します!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年3月23日 2:10 PM
  • 未分類

大学入試が(英語で4技能が必修となり)変わるということが確定してから、「話せる英語」については、何らか対応が必要だと考えていました。ただし、GSとしては小学生の中途半端な英語クラスの開設については否定的な立場でした。近隣の大手塾で小学生の時に英語をやっていたという生徒が、新中1となるタイミングで入塾して来るケースが増えていたのですが、はっきり言って「やっていない方がマシ」と感じるようなケースが多かったこともあります。1年間やっていたのに、まったくしゃべれない、書けないという生徒もいました。その後、その塾の講師の方とお話しする機会があったのですが、とんでもない話を聞きました。「中1で合流した時にあまり差がつくと指導がしにくいので、小6のうちはあまり力をつけないようにしている」と言うのです。こうなると、ほとんど詐欺ですね…
英会話教室に通っていたという生徒も似たような感じでした。ただ楽しく歌を歌ったり、カードで遊んでいただけで、結局中学生になった時に、「何のアドバンテージもない」という状況の生徒が少なくなかったのです。それなのに、「自分は英語を早くから習っていた」というプライドがあるせいか、中1の最初の段階できちんと取り組まず、授業でついて行けなくなってしまったような生徒もいました。GSで英語教室を開講するのであれば、それなりのものを提供しないと意味がないと考えていました。

そんな状況下で、昨年からガウディアを始めたことが大きな転機となりました。幼児や小学生の低学年、中学受験を考えていなくて長い目で学習習慣と基礎学力をつけたいという生徒など、新たな層の生徒がたくさん集まってくれるようになりました。当然この生徒たちは、行く行くはGSに入塾してくれる生徒たちですから、経営的にも安定するわけです。もちろん、そのことに味を占めたということもあります(笑)。
ガウディアに通ってくれている幼児や低学年の保護者の方と話をしていると、ほとんどの方から「英語が不安だ」という話が出てくるのです。学校でも小3から英語の授業が本格的に始まるにあたって、「うちの子はついて行けるのだろうか…」と考えている保護者の方がとても多いのです。
また、大学入試で英検が必修となることも結構知れ渡っていて、「小学生のうちから英検を取った方がいいのか?」「対策は自分ではできないし、どうしよう…」という声も聞くようになりました。「GSで英語教室を始めてくれればすぐにやらせるのに…」という声をいただいたことも、少なくありません。周囲の状況によって、真剣に検討せざるを得なくなったというのが正直なところです。「これなら、すぐにある程度の人数が集まる」という確信が持てたこともあります。

一番問題だったのは、担当講師についてです。GSには優秀な英語の講師が2名いますが、小6・中3の受験生も担当していて忙しいこともあり、幼児や低学年の英語を始めるとなると、どうしても専属の(できれば若い女性)の講師が必要な状況でした。教え子や(今は仕事をしていない)昔の部下等に声をかけてみましたが、ネイティブに近い発音ができることが最低条件のため、なかなか見つかりません。そんなタイミングで、朗報が飛び込んで来たのです。現在GSで、産休→育休中だった講師が1名います。まだ子どもが小さいのでしばらくの間は職場復帰は難しいと考えていたのですが、先日連絡があり、「仕事をするのであれば4月から保育園に入れられることになったので、仕事を再開したい」と言うのです。数年前までGSで英語を教えていたのですが、1年間のイギリス留学経験もあり、英語の日常会話OKというレベルの講師です。これは、「英語教室を始めろ!」という神のお告げに違いありません(笑)。

その後、様々調べました。幼児から高校生まで対応できて、楽しいだけの英会話で終わるのではまったく意味がなく、読んだり書いたりする力もつけることができて、英検の対策指導まで行うことができる。なかなか条件に当てはまるシステムは見つかりませんでした。そんな折、たまたま偶然に出会ったのが、「ステップワールド」だったのです。以前の旺文社のLL教室ですから、もちろん実績も抜群です。
本社に出かけて、直接話を聞いてきました。教材(テキストやDVD等)も自分の目で全部見て来ました。実際の指導の様子も動画で見せてもらいました。(一応事前に職員たちには根回しをしていましたが)その場で、FC契約の決断をしました。(こういうスピード感で仕事をできるのは、個人事業主の最大のメリットだと思います)
しかし、その後もすぐに話がまとまったわけではありません。まず、結構レベルが高い講師採用試験に(少なくとも1人は)合格しないといけないのです。その資格を持っている講師しか指導をすることはできません。筆記試験に加えて、リスニングとスピーキング(オーラルコミュニケーションも含む)のテストもあります。講師3名が受験し、3名とも無事に合格しました。先方がおっしゃるには、3名ともかなり高い水準だったとのことでした。ちなみに、私も講師たちと一緒に(一応)チャレンジしてみましたが(したんかい!)、筆記の1問目は自信があったものの、その後は自信がなく、リスニングとスピーキングについては、始まって速攻で「ごめんなさい」しました(泣)。後で聞くと、英検の2級レベルの力が必要だったようです。そりゃ、無理だわ…
その後、法務局に必要書類を取りに行った上で様々な書類を提出し、昨日審査に通って、告知OKをいただいたという状況です。この後講師たちは、研修→試験→レポート提出が控えています。それを完了しないと、授業を始めることができません。(研修は)春期講習と重なり、かなりハードワークですが、講師たちもとてもわくわくしているようで、前向きに取り組んでくれています。
(次回に続く…)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=12703
トラックバックの送信元リスト
4月より子ども英語教室を併設します!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 4月より子ども英語教室を併設します!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る