ホーム > 未分類 > 都立高校一般入試応募者数確定!<その2>

都立高校一般入試応募者数確定!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年2月8日 12:38 PM
  • 未分類

今年の都立高校全体の倍率は1.40と倍となりました。これは、今の入試制度となってから26年間で最低の倍率です。定員割れの高校が62校にもなる異常事態となっています。高校統廃合の話が一気に進むことになると思います。
このブログでは何度も書いて来ましたが、これは少子化の影響ではありません。(東京都は子どもの数は少しずつですが増えています) 今まで生徒の方を向いた努力を怠って来たつけが、大学の入試改革と私立高校の無償化によって、一気に噴出したということです。ここ数年の入試改革(改悪)が諸悪の根源です。(知り合いが多いからフォローするわけではありませんが)現場の先生方は頑張られている方が多いのに、とても残念に思います。
今日は、多摩地区の学区2~3番手校を中心にまとめます。
    
       昨年 → 今年
町田 男子 1.3→1.5
町田 女子 1.5→1.5
日野台男子 1.4→1.3
日野台女子 1.2→1.5
南平 男子 1.8→1.9
南平 女子 1.8→1.7
昭和 男子 1.9→1.5
昭和 女子 1.9→1.7
武蔵北男子 1.5→1.4
武蔵北女子 1.8→1.4
小金北男子 2.2→1.6
小金北女子 1.9→1.5
調布北男子 1.2→1.7
調布北女子 1.3→1.7

このレベルの高校は、毎年ほぼ同じ水準で推移しているところが多いのですが、ここ数年は大きく受検者数が上下している高校も目につきます。
南平が今年も高倍率を維持しています。
昭和の応募者数には隔年現象が見られるのですが、今年は少し落ち着きました。
いわゆる「3北」の中では、ここ数年は武蔵野北・小金井北の倍率が高く、調布北の倍率が低かったのですが、今年は逆転しました。
このレベルの高校が、MARCH付属高校人気急騰の影響を一番受けているのは間違いありません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=12352
トラックバックの送信元リスト
都立高校一般入試応募者数確定!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 都立高校一般入試応募者数確定!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る