ホーム > 未分類 > 非受験学年もこの時期がとても重要です!

非受験学年もこの時期がとても重要です!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2019年1月28日 3:53 PM
  • 未分類

今週金曜日からいよいよ「入試本番」を迎えます。さすがに校舎の中にはピリピリムードが漂って来ています。非受験学年の生徒たちも、そのことを敏感に察知取っているのか、普段元気な(?)生徒たちがとてもおとなしくしています(笑)。
実は、この時期は非受験学年の生徒たちにとってもとても重要な時期なのです。小学生は今週から新しい学年としての授業がスタートします。今の学年の総まとめをきちんとして、新しい学年の学習にスムーズに入って行けるかどうかはとても大きいです。中学生は、学年末テストまであと1ヵ月を切りました。1年間の内申点が確定する重要なテストです。早めに準備をして、結果を出さなくてはいけません。

ところが、多くの塾(特に大手塾)では、この時期に非受験学年の生徒たちは、ちょっと大袈裟に言うと放ったらかし状態になってしまいます。小6・中3の入試が始まるので、それどころではなくなるからです。講師たちの頭は受験生とその結果にほぼ100%行ってしまいます。ひどいところになると、非受験学年は問題をやらせっ放しで、講師たちは受験生の対応をしているケースもあります。授業中に合格発表がバンバン入って来るので、気持ちは分からないでもないのですが… そうなっていない塾も、非受験学年はペーペーの大学生講師に任せて、核となる講師たちは受験生の方にどっぷり浸かっているようなケースも多いようです。

自分のところを棚に上げたような書き方をしてしまいましたが、こういう部分では、GSは少人数指導(1クラスの人数もそうですが、1学年2クラスまでしか作れません)に加えて、社員講師の数が多いので、入試期間でも余裕を持って対応することができています。現在生徒数は110名あまりですが、社員の講師が6名在籍しています。(1名は育休中で授業を担当していないので、実質5名です) 大手塾と較べると、1(社員)講師あたりの生徒数はかなり少ない 状況で運営できているはずです。(そうは言っても、ここから1ヵ月は、ある程度受験生優先にせざるを得ない部分はあるので、一定ご理解はいただきたいと思います)

1月のGSテストの結果(偏差値等)が出揃いました。GSの中で、冬休みを挟んで一番成績(クラス平均偏差値)が伸びているのは、小4と中1です。この学年は、春のスタート時から見ても相当成績が伸びています。小5については、今回も全国トップレベルの成績を取っている生徒が複数出ています。このことによっても、GSが非受験学年にも注力していることがお伝えできるのではないかと考えています。前述したように、非受験学年について、多くの塾はこの時期の指導に手を抜いています。なので、ちょっと気合いを入れて勉強させれば、簡単に成績が上がるように感じています。受験学年になると、みんなそれなりに頑張るので(塾がきちんと指導するので)、そう簡単には成績が上がりません。非受験学年の生徒たちも、今がチャンスです!

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=12298
トラックバックの送信元リスト
非受験学年もこの時期がとても重要です! - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 非受験学年もこの時期がとても重要です!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る