ホーム > 未分類 > 講習会は事前の準備が重要です!<その2>

講習会は事前の準備が重要です!<その2>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年12月18日 1:26 PM
  • 未分類

受験生にとってはそれほど重要な冬休みの期間なわけですが、実は直前の1~2習慣の時期の重要性はあまり知られていません。長期休みの期間に向けて、明確な目標と学習計画を立てると共に、「絶対に成績を上げる!」(受験生の場合は「絶対に合格する!」)という気持ちをしっかり作って行くことが必要です。ちょっと精神論のように感じるかもしれませんが、それほど事前の「準備」が重要だと考えているということです。それこそ講習会の初日の様子で、講習会での成果がほぼ決してしまうくらいに感じることもあるくらいです。「おっ、この生徒は講習会で気合いのギアを2段階上げて来たな」と感じるような生徒は、かなり力がついて成績が大きく上がる場合が多いです。

特に受験学年の生徒は、模試や過去問をかなりこなして来ているので、自分の弱点や克服すべき課題等はだいたい掴めているはずです。それを科目ごとに具体的に整理して、どうやってそれを克服するのかを明確にしておかなくてはなりません。いつ、どこで、何を使って、どうやってやるのかという5W1Hを具体化しておくということです。受験生にとっては、この冬休みが最後のチャンスです。
非受験学年の生徒は、まず授業でやったことを完璧にするということが最重要テーマです。確認テストで毎回しっかり満点(近く)取ることが1つの指針になりますが、宿題をおざなりにこなしている程度の生徒にはそれを達成することはできません。復習をしっかりやって、分からないところをつぶし、問題を解いて練習をして、「これで大丈夫!」という状態にしておくということを毎日繰り返して行く必要があります。講習会の期間は、それに加えて自分の苦手なところをつぶすことがとても重要になります。昨日中1の授業で繰り返し伝えたのですが、「計算が苦手な生徒は、この冬休みの期間で何としても克服しないと、中2になってからかなり大変な思いをしてしまうよ」というようなことです。もちろん、そのためにはある程度の練習量をこなして行くことが必要であることは言うまでもありません。そのあたりの計画を事前に立てておかないと、成果にはつながりません。講習会に入ってから、「さてどうしよう?」などと言っていたら話にならないのです。

GSでは、小5から中3の生徒限定で「GSシート」という計画表を作成させています。2週間前に配付して一旦提出させて、内容がまずい生徒はやり取りをしながら書き直しをさせたりしている最中です。やはり、意識が高い生徒は、的確な内容のものをピシッと作り込んで来ます。さすがに、中3生はほぼ完璧な計画を立てている生徒が多いです。長いこと通ってくれている生徒が多いので、作り慣れているということもあると思います。「こんな抽象的なことを書いたら先生に突っ込まれるぞ…」と考えながら書いているのかもしれません(笑)。一方、オイオイと突っ込みを入れざるを得ないものも結構あります。最悪なのは、精神論のみで終わってしまっている計画です。「とにかく気合いで苦手なところを全部完璧にするぞ!」みたいな… これでは計画の意味がまったくありません。(小6・中3の受験生は、ここまで来たら精神論「も」必要だとは思いますが…) そのまま講習会に突入何するわけにはいきません。今週中が最終リミットです。そういう意味では、ここから数日間はとても重要な期間なのです。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=12077
トラックバックの送信元リスト
講習会は事前の準備が重要です!<その2> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 講習会は事前の準備が重要です!<その2>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る