ホーム > 未分類 > 内申確定!

内申確定!

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年12月4日 3:02 PM
  • 未分類

一部中高一貫校の生徒を除いて、中3生の内申点が確定しました。やはり今年も、最後の最後で上がった生徒が多く、中2の時と較べると5ポイント以上上がっている生徒が結構います。中には9教科で10ポイントも上がっている生徒がいます。逆に言うと、最後にこれだけかなりの中学校で内申バブルになると、(周りの生徒が上がったという声も聞こえて来るので)1学期と変わらなかった生徒たちは落ち込んでいたりします。
中1・中2で内申が良くない生徒たちも、絶対に諦めてはいけないということです。中3になってから各教科1点ずつ上がるような生徒も出るのですから… ただし、1つお伝えしておかなくてはならないのは、内申点の要素は定期テストの点数だけではないということです。最近は平常点の割合がとても高くなっているので、大きく内申を上げるためには、提出物の質や授業態度、積極性等が目に見えて変わらないと難しいのです。もっと言ってしまえば、それぞれの先生に認められないと(気に入られないと)ダメだということです。中学生にとって、この部分の努力は結構ストレスになるようです。しかし、覚悟を決めて頑張らにないと、内申点が大きく上がることはありません。

GSの今年の中3生は、都立高校第一志望の生徒が少ないのですが、私立高校の併願確約を取れるかどうかという部分も大きいので、内申が上がった生徒が多かったのはとても良かったです。帝京大学高校を滑り止めとしたい生徒が多いのですが、5科で24ないと併願が取れません。(GSでは英検準2級を持っている生徒が多いので、23でいいのですが…) 都立高校志望の生徒は、内申点で受けられる高校が変わって来ます。特に西や国立の受験を考えている場合は、少なくとも5と4が半分ずつはないと苦しい戦いになります。

このブログで何度も書きましたが、現在の内申点の制度はとても理不尽で、子どもたちにとってはマイナスのものでしかありません。実技教科の点数2倍というバカなルールに見られるように、「中学校での授業を成立させるため」「子どもたちを内申点で縛ってしっかり取り組ませるため」という大人側の論理によって作られた制度です。
しかし、「悪法も法なり」ではないですが、入試制度がそうなっている以上、(特に都立高校に行きたい生徒は)内申点を取らせに行かなくてはいけません。定期テストで点数を取らせることは当然として、「授業を大袈裟に頷いて聞く」とか、「先生とアイコンタクトを取って目が合ったら笑顔を作る」とか、「先生のギャグに真っ先に反応する」とか、「分かっていることを質問に行く」とか、「先生の機嫌の良い時を狙って勉強の相談に行く」とかいう指導を真面目にしていると、本当に嫌になる瞬間があります。しかし、それによって内申点が上がる生徒が多いのも事実なので、止めることができません。

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11981
トラックバックの送信元リスト
内申確定! - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 内申確定!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る