ホーム > 未分類 > 私立付属高校志望者が半分を超えました!<その3>

私立付属高校志望者が半分を超えました!<その3>

  • 投稿者: gs_staff
  • 2018年11月6日 12:18 PM
  • 未分類

4つ目の理由は、都立高校からの大学入試の状況(合格実績等)がだいぶ知れ渡って来たことです。
日比谷・西等一部の高校は、東大をはじめとする難関大学の合格者数を大きく伸ばしています。しかし、それも一部の高校に留まります。進学指導重点校の中でも苦戦している立川・八王子東あたりも、一部の上位生は頑張っていますが、その他大勢に入ってしまうと、大学入試はなかなか厳しいということが周知の事実となって来ました。難関国立大学はもちろん、ここ数年は私立大学でもとても苦戦しているのです。文科省の定員遵守の方針による合格者数削減の影響によって、早稲田・慶應はもちろん、MARCHあたりでも、数年前と較べると合格基準の偏差値が大きく上がってしまっている大学・学部が多くなっています。この煽りを一番受けてしまったのが、これらの都立高校の「普通」の成績の生徒たちなのです。
高校受験で進学指導重点校に合格することはなかなか大変なことです。中学校で(実技教科も含めて)きちんと取り組んで内申で5をたくさん取って、難しい自校作成問題の対策をしっかり立てて、2倍近い倍率を乗り越えなくては合格することができません。しかし、そんなに苦労して入学したとしても、その後もかなり頑張って行かないと、3年後に早慶にすら(場合によってはMARCHにすら)行けないのか…というような雰囲気が蔓延しつつあります。このことが、中学生が高校選びをする際に、少なからず影響を与えているということです。
「そんなに苦労して都立のトップ校に入ったとしても、3年後がどうなるか分からないのであれば、高校受験の段階で系列大学にほとんど進学が保障される付属高校に入ってしまった方がいい」と考える生徒・保護者の方が増えているのです。高校に入学した後も、部活や生徒会、個人的な活動等、勉強以外のことにもとことん打ち込みたい(勉強漬けの高校生活を送るなんて絶対イヤだ!)と考えている生徒が増えていることもあります。
(次回に続く)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.gssk-h.com/blog/wp-trackback.php?p=11808
トラックバックの送信元リスト
私立付属高校志望者が半分を超えました!<その3> - GS進学教室 より

ホーム > 未分類 > 私立付属高校志望者が半分を超えました!<その3>

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る